2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

2017年4月17日 (月)

対象のない愛

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
今月のクラスでは「対象のない愛」について検証しているのですが、
 
これは非常に難しいことで、
 
なぜなら私たちが「愛」と言えば、
 
子ども、親、パートナー、友人 etc
 
対象のある愛だと思ってきたし、
 
その愛には「期待」がつきものだからです。
 
その期待があるからこそ、人間は成長するのだとも言えます。
 
しかし、その愛ではアストラルラインへと向かってしまいます。
 
ヴィンテージラインを選択するには、
 
非対象の愛を選択する必要があるのです。
 
この時に「100%OK、100%認めてもらった経験」
 
が必要不可欠になります。
 
これは心身エネルギー共に必要だと思います。
 
 
 
YEメソッドの2チャクラメソッドでは心理的な100%を。
 
肉体的、エネルギー的にはヒーリング。
 
私の知る範囲ではこれらが最適だと思います。
 
また、ヒーリングスクール(週末ワークショップではなくしっかりとした体系のある)
 
で必須の定期的な心理療法のセッションは、 
 
(ということは4年以上定期的に通うということ)
 
同じように心理的な100%を満たすべく存在するものだと思います。
 
 
 
 
 
ヒーリングは、本意
 
「本来の姿に戻す」
 
ことを意図するものであるべきだと思うのです。
 
 
 
そして、そのような道のりを歩んでいれば、
 
自ずと一般社会では考えられないような手技やワークが
 
当たり前に可能になるということは、
 
長年クラスに参加し、
 
いわば自己の内面の取り組みのみを追求してきた
 
とも言えるメンバーが証明してくれました。
 
 
 
今回のクラスで、
 
針を使わなくても鍼灸治療と同じようにツボや経絡のエネルギーの 
調整が可能になることや、
 
ダイレクトにチャクラの花弁にアクセスし調整できることを
 
体感、実感として得たことでしょう。
 
 
 
ヒーリングは、自己の内面の取り組みを成し続けるものには、
 
当たり前に顕現する能力であることが証明された瞬間に居られることは、
 
無上の喜びでもあります。
 
そして、さらに洗練されたヒーリングや周波数を体現したいのであれば、
 
恐れながら申し上げれば、
 
「対象のない愛」に向かうヴィンテージラインにしか、
 
その答えはないでしょう。
 
 
 
 
対象物に対する愛や「自分は知っている」「自分ができる」
 
「自分は見える」「自分は聞こえる」「私は幸せ」
 
と主語が自分になるならば、
 
間違いなくアストラルライン上に存在していますし、
 
そこで、どんなエネルギーを感じ、見ることができ、聞こえてきても、
 
それはアストラルの世界限定のものでしょう。
 
 
 
 
 

2017年4月14日 (金)

4月のクラス

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
ヒマラヤが迫っているので、土日がまだだけど内容を。
 
来月まで補講時間取れそうにありません。
 
2017/4
明鏡止水
香箱車
身体を作ることによってのエーテル体の質と量の差のデモ
アストラルラインとヴィンテージラインについてさらに考察
チャクラの選択
YEメソッド
(自分の器の状態を俯瞰して確認する作業)
仏の座(富士山との関係性)
呼吸法
瞑想・火を燃やし続けるとは
チャクラによる火の変化
ハートでの火の変換
エーテル体
 エネルギーの流れと回転
 チャクラ(一つのチャクラの中にある階層・さらに内部の渦まで)
 エーテル体とツボ
 

2017年4月11日 (火)

内なる基準性とハンズオンヒーリング

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。 
 
昨日のお稽古での大発見eye
 
六年間通わせていただいていて、
 
今になってハンズオンヒーリングにおいて非常に大切な身体の使い方が、
 
コロリと転がっていたことに気づくなんて!
 
内側に作る基準性というお話の中に、
 
骨盤の水平性と共に、
 
「そういえば、いつも先生と諸先輩がたにご注意を受けていた」
 
身体の使い方が、
 
ハンズオンをする時に絶対不可欠なものだと今になって
 
気づきました。
 
今までなんとボーッとお稽古を受けていたのでしょうか・・・
 
エネルギーの質・濃度共にレベルアップしてしまう身体の使い方を、
 
ここまで詳細に提言し、
 
忠実に内側に作る基準性の作り方を教えてくださる存在!
 
偉大です。
 
詳細は明日から始まるクラスで!
 
しかし、簡単にはいきませんから、
 
一緒に内なる基準性を作ってきましょう。
 
これで、手法を
 
「知っている」
 
から、
 
「身体を器としていかに質の高いエネルギーを生成していくか」
 
という、
 
今まで内的な部分が注目されがちだったハンズオンの世界に、
 
新たな時代がやってきたとも思える素晴らしさです✨
 
『光の手』か『癒しの光』では本山博先生の経絡体操が紹介されていたような記憶があり、
 
私もお教室に通わせていただいたのですが、
 
小用先生の内なる基準性は、
 
長年武術の道に身を置き、
 
さらに自らを俯瞰し続けなければ見つからないのだろうなぁ と思われるような世界。
 
歳を重ねてさらに身体を器として作り上げていかれる本当に素晴らしいものです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年4月 9日 (日)

アストラルラインとヴィンテージライン

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
先日、東京でも更年期とヴィンテージラインのお話会を開催させていただきました。
 
週末に向かう曇り空の中、
 
たくさんの方にお越しいただきまして本当にありがとうございました。
 
Th_img_4121
 
一部は、
 
更年期をエネルギー的に読み解き、
 
いかにヴィンテージラインに向かわせるかというトピックです。
 
これは、正しいチャクラ認識の上でも非常に大切な情報が含まれています。
 
ハートのセンターでの選択。
 
アストラルラインに向かうのか
 
ヴィンテージラインに向かうのか。
 
現在の日本において95%以上(by白川先生)が認識しているチャクラの概念が
 
いかに商業用にアレンジされたものであるかがお分かりいただけると思います。
 
ヒーリングにしても、チャクラにしても、
 
日本においてエネルギーの世界になんとなく胡散臭さがあるのは、
 
商業用に人を呼び込む意図によって
 
日本に放り込まれた情報によるものだと思っています。
 
本来の4チャクラ以降の状態は、
 
週末ワークショップに参加したり、
 
怪しいイニシエーションでは無し得ないのです。 
 
遥か古代から人間が積み上げ修行によって開花させてきた世界です。
 
アストラルラインでチャクラを語り続けていても、
 
抜けられない天井があり、その向こう側に行くことは難しいでしょう。
 
(エゴは「分かった」と思って大満足して間違った情報と状態を放言しますcrying
 
今回は概念だけの説明だったので、
 
方法論も今後お伝えできればと思います。
 
 
 
 
第2部は、
 
エーテル体リフトアップ。
 
たくさんの方がいらしてくださったので、
 
エネルギーの学校のメンバーが両端と真ん中から いっきにやらせていただきます。
 
Th_img_4116
 
 
私は「アンチエイジング」という言葉が嫌いなので、
 
(なぜ、抗うのか。自然のリズムに抵抗すれば滞りが生まれます)
 
美容方面からのアプローチは興味がないのですが、
 
これは、エーテル体の滞りを本来の状態に戻してあげる
 
ということによって、自然にリフトアップし肩周りまで緩みます。
 
若返るのではなく、
 
滞りがなくなったありのままの状態になるのです。
 
全員の方がご自分の変化に感嘆の声をあげてくださり、
 
エーテル体が「ある」ということを認識してくださいました。
 
この活動も、
 
多くの方に
 
「思い込みのエネルギーの世界から、
 
実際にエネルギーが存在することを認識し、
 
抗うことなく自然の状態がいかに内側からの潤いと輝きになるのか」
 
ということをご理解いただくために続けて行きたいと思っております。
 
 
 
 
素敵なのは、クラスのメンバー全員が均等に変化を起こすことができること。
 
正しい周波数認識によってのみ成されることです。
 
 
 
 
このようなエネルギーの学校メンバーの入り口であるクラス開催があります。
 
さらに詳しく本来のチャクラやエネルギーのことを学びたいという憧憬があれば、
 
エネルギーの学校に入る前程となる
 
 
 
 
 
 
 

2017年4月 7日 (金)

医療関係者クラス

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
おかげさまで、医療関係者の方のためのクラスは満席になりました。
 
以降、キャンセル待ちとさせていただきます。
 
本当にありがとうございました。
 
できれば、症例を多方面から検討するような研究会ができたらいいなぁ。
 
と思っています。
 
お申込みいただいた方には、ご連絡差し上げています。
 
もしも、まだメールが届いていない場合にはご連絡ください。
 
ky.yamamoto(①)nifty.ne.jp ←(①)を@に変えてください。
 
(*  講習費は当日お持ちください)
 
 
 
また、本日4月7日の更年期をエネルギーで読み解くお話会
 
白い花の場所の連絡が入っていない方も、
 
ky.yamamoto(①)nifty.ne.jp ←(①)を@に変えてください。
 
こちらにご連絡ください。
 
 
 
本当にありがとうございました。
 
 
 
 
 
 

2017年4月 6日 (木)

ジイチカシラ

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
沖縄の師匠のところに行って参りました。
 
3月下旬にジイチカシラから沖縄に呼ばれ、
 
数時間後に師匠から
 
「山本さんが沖縄に来ている夢を見ました」
 
とお電話をいただき、馳せ参じました。
 
 
 
思えば5年前。
 
7年ぶりにお電話した師匠から、
 
「明日いらっしゃい」
 
と声をかけられたのが発端となった私のヒマラヤまで続く
 
見えない世界への旅でした。
 
それまでの私は、
 
エネルギーワークを生業にはしていましたが、
 
あくまでも周波数を扱って物質に変化を起こすことあり、
 
見えない世界(アストラルでのチャネリング)を語る人々を
 
「現実世界で勝負できない負け組」
 
とバッサリ切っていました。
 
 
 
しかし、師匠に再開した翌日に寝込み、
 
体を一ミリも動かせない状態が続いたのです。
 
仕方ないので窓から覗く巨大な顔のアストラルの存在の言葉を
 
「聞いてあげた」のです。(当時上から目線)
 
(それまでもアストラルの存在が
 
周りをウロウロしていることは知っていましたが、 
 
絶対に耳を貸さなかった)
 
その「聞いてあげた」ことが発端となって、
 
次から次へと指令が出るのです。
 
師匠にその巨大な頭の 見えない存在に対する疑念を話すと、
 
「それを否定することは神様を否定することですよ!」
 
と怒られました。
 
しかし、私が一番大切にしているのは今も昔も周波数の階梯なので、
 
低い周波数の存在には開きません。
 
 
 
師匠も
 
ユタ(ただ自分で名乗っているだけの霊能者。師匠に切って捨てられる)
 
ノロ(琉球王国から指名されたその土地の管理者のようなもの。
 
   本物のノロは、全員集められ葬られてしまったという隠れた歴史がある
 
   ご神事の時には師匠の後ろに控えていらっしゃる )
 
神人(その土地に根付き、神の声を下す人。その土地から認められ拝みを取り仕切る。
 
    沖縄の自分の土地以外で神人を名乗ることはあり得ない)
 
と、沖縄の世界での階梯のことを教えてくださいます。
 
私も師匠にお目にかかるまで、
 
全部一緒だと思っていましたが、
 
大変な違いのようです。
 
 
 
また、今回ライターの方をお連れして、
 
沖縄の民族や風習についての下調べを元にご質問なさっていましたが、
 
史実と事実と文献と伝承は

必ずしも一致しないことを
改めて思い知らされ、
体験と対話、そして

文字に残す重みを実感。」
 
との言葉を残されました。
 
まさにその通り!
 
一見、効率悪く、馬鹿馬鹿しく思える足を運ぶという行為。
 
これなくして、本物の伝達はあり得ないと思います。
 
 
 
今回も、ジイチカシラから前回言われた指令に後ろ向きな私に、
 
体を動かなくして←こうなると動けないしご飯も食べられなくなります(涙)
 
そして、師匠を通して、
 
さらに進むように強く強くご支持を受けました。
 
 
 
 
 
 

2017年4月 3日 (月)

エネルギー体は存在するのか 3

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
昨日は、オーラフィールドの亀裂のお話をしましたが、
 
もう一つ医療関係者クラスで試みたい手法があります。
 
それは、舞扇によるボディワークです。
 
私の敬愛する師匠、武術家である小用先生が
 
様々な武術のエッセンスを抽出精錬し
 
纏めたとても純度の高いボディワークの手法の中の一つですが、
 
(高無さんの言葉をお借りしています)
 
例えばエネルギー体がずれてしまっている方に、
 
数分舞扇のワークをやっていただくと、 
 
そのズレが収まってきたり、
 
骨盤を水平にし、体の歪みが整うことで精神の安定が見られたり、
 
と、興味深い事象が見られます。
 
現在、舞扇を使って その方達にお伝えしているのが、
 
「骨盤の水平性」
 
です。
 
この骨盤の水平性を保つということが、
 
いかに心身に影響を与えていくのか。
 
ということを与え手、受け手の双方から検証していきたいと思っております。
 
また、舞扇の意稽古によって培われるエーテル体のエネルギーの強化は、
 
(小用先生のお稽古では「エーテル体」という身体以外の曖昧な言葉は、
 
言葉は一切出てきませんが、私が常々感じていることです)
 
エネルギーを扱う際に非常に大切なものです。
 
知識だけではエネルギーは扱えず、
 
いかに鍛錬しエネルギーを動かしていくかが重要です。
 
エネルギー強化のために様々な試みをしてきましたが、
 
この舞扇を使っての骨盤の水平性は、
 
エネルギー強化のために最短最速の手法のように思います。
 
 
 
また、日本古来の身体の使い方が、
 
心身にどのように影響を与えていくのかは、 
 
私たちのような一般人には、
 
忘れ去られた未知の領域であり、
 
是非とも、お伝えしていきたいものです。
 
 
 
  
 
まだ、お申し込みいただけますので、
 
こちらにご連絡ください。
 
ky.yamamoto(①)nifty.ne.jp(①)を@に変えてください。
 
4月18日から5月11日までヒマラヤに参りますので、
 
その前にご連絡頂けますとスムーズです。
 
 
  
 
 
 
 
 
 

2017年4月 2日 (日)

エネルギー体は存在するのか 2

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
ヒーリング以外にも多くの素晴らしい治療法がありますが、
 
この20年余りの日々で、
 
「これはヒーリングの手法でなければ難しい」
 
と一番に感じている手法は、
 
『オーラフィールドの亀裂、漏れの修復』です。
 
ふいの事故や精神的な苦痛を味わった方の一部の方々には、
 
オーラフィールドに亀裂が見られます。
 
体に触れてみても、
 
エネルギーが充実していく感じがしません。
 
おそらくは、ショックを受けた際
 
無意識にその場から去ることを選択なさったのだと思います。
 
その後、元の状態に戻ればいいのですが、
 
「ここにいたくない」という傾向がある場合、
 
そのままの状態で生活することに慣れてしまうのです。
 
これは正しい形での修行による体脱とは異なりますので、
 
多くの障害が出てきます。
 
エネルギーの充実感が得られなかったり、
 
(疲れやすくてやる気が出ない)
 
アストラルや他の影響を受けやすかったりします。
 
(一部には亀裂から見た歪んだアストラルの世界を見聞きし
 
「見えないものが見える」ことを生業にしている方もいらっしゃいます)
 
この亀裂の修復が、
 
他の手法を試みる前にしておくべき第一歩です。
 
どんなにエネルギーを注ぎ込もうと、
 
亀裂があるのですからすぐに戻ってしまいますし、
 
抜け出た状態の場合には、
 
何を言っても耳に届きません。
 
いずれもご本人は全く気付かないのです。
 
ですから、
 
この修復しただけで全く状態の変わってしまわれる方がいるのです。
 
 
 
 
 
5月から医療関係者の方々向けのクラスでもここから話を始めます。
 
 
まだ、お申し込みいただけますので、
 
こちらにご連絡ください。
 
ky.yamamoto(①)nifty.ne.jp(①)を@に変えてください。
 
4月18日から5月11日までヒマラヤに参りますので、
 
その前にご連絡頂けますとスムーズです。
 
 
 
 
 

2017年3月31日 (金)

エネルギー体は存在するのか

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
私は「エネルギー体は当たり前に存在する」
 
と確信して、いいえ当たり前にそう思っていますが、
 
その確信はどこから来ているのか、
 
それはこの20数年に及ぶエネルギーの世界の探索の日々から生まれたものでしょう。
 
よくクラスの中でも言うのですが、
 
確信や自信は、
 
ある時、目が醒めるようなヒントがもたらされた後、
 
その事象を、薄紙を重ねるように日々積み上げていくからこそ、
 
揺るぎない確信や自信へと繋がっていくのだと思います。
 
ですから私も、20年前よりも10年前、
 
そして現時点が最も見えない世界への確信や自信がありますし、
 
今後さらに大きくなっていくでしょう。
 
 
 
そして、その中でも大きな変換点となったのが、
 
白い花での白川先生との協働でした。
 
エネルギーワークの初歩である非常に簡単な手法で、
 
変化が起こることに、私自身驚きました。
 
 
 
約2年白い花に毎月通わせていただき、
 
ある確信を持ちました。
 
それは、白川先生はじめ医療部門担当の方々によって築かれる
 
絶対的な信頼。
 
ここに肉体にまで影響する足腰のあるエネルギーの手法がプラスされた時、
 
非常に大きな変容が生まれるということです。
 
そして、エネルギー体の状態が精神に非常に大きな影響を及ぼしている。
 
という可能性であり仮説です。
 
多くの方々は、
 
エネルギー体という概念に触れる機会がなく人生を終えていかれると思います。
 
しかし、もしもその存在に気づくことができたら、
 
非常に大きな変容を生み出すきっかけになるのではないかと思うのです。
 
 
 
 
その架け橋となるような機会になればと
 
5月から医療関係者の方々向けのクラスを始めます。
 
 
まだ、お申し込みいただけますので、
 
こちらにご連絡ください。
 
ky.yamamoto(①)nifty.ne.jp(①)を@に変えてください。
 
4月18日から5月11日までヒマラヤに参りますので、
 
その前にご連絡頂けますとスムーズです。
 
 
 
 

2017年3月30日 (木)

肉体とエネルギー体

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
肉体はエネルギーの最終形態というお話をしましたが、
 
もう少しわかりやすくお話ししましょう。
 
私たちは養育過程において様々な壁に遭遇します。
 
しつけ、規則、友人とのやりとり、兄弟が生まれる、学歴、親の期待etc
 
100%受け入れてもらえると思っていた柔らかな心は、
 
傷を受けると同じ事象によって傷つかないように
 
自我(鎧)を形成していきます。
 
これは3チャクラにおける対外関係の部分と関連します。
 
そして、2チャクラ領域の溢れ出る自己感情を抑え込むことになり、
 
1チャクラ領域に流れる生命エネルギーを滞らせていくのです。
 
1チャクラの周波数とリンクするエーテル体のエネルギーは滞り始めます。
 
 
 
ですから、リフトアップ1つ取ってみても、
 
エーテル体の滞りの解放→感情体の滞りの除去
 
まで行なってみると、
 
(もちろん7レベルまでやるに越したことはありませんが)
 
私たちの顔の表情まで変化します。
 
いかに長年対外的な部分に一番晒されてきた顔が仮面化してきたかが、
 
お分かりになると思います。
 
これはとても面白いのですが、
 
ローエンの性格構造論のサイコパス、リジットタイプの人たちの
 
表情の緩み方は特筆に値します。
 
歯を食いしばって生きてきたのでしょう。
 
そして、歯を食いしばって生きるのは、
 
人生の前半までにしましょう。
 
と、更年期のパートではオススメします。
 
 
 
 
4月7日のお話会そろそろ定員に達して締め切ります。
 
これ以降はキャンセル待ちになります。
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 

2017年4月7日(金)
第1部 19:00~20:00
第2部 20:15~21:00 

場所:東京・阿佐ケ谷 スペース白い花
(詳しい場所はお申込の方にお知らせします)

料金:
第1部 5,000円
第2部 3,000円(当日精算)

お申し込み:
フェイスブックイベントページの参加ボタンを押すか、
メール で承ります。
メールアドレス bpahc7@gmail.com に

「お名前・参加人数・参加する部(1部、2部、両方)・ご連絡先電話番号」をお知らせ下さい。