2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

2017年6月20日 (火)

巴 △ トリスケル 18

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水
 
 

 
 
 
最後の日は、ウエサク祭。
 
こちらでは街をあげてのお祭りです。
 
 
Th_img_5131
 
 
日本ではニューエイジの香りのするイベントですが、
 
こちらでは
 
 
 
 
街中でパレードまであります。
 
カトマンズの街はとにかく人がいっぱいですごい喧騒です。
 
しかし、ここ最近クラクションを鳴らすと罰金を取られる法律ができたとかで、
 
常に鳴り響いていたクタクションの音が聞こえないので、
 
まるで水槽の中から喧騒の街を見ている気分です。
 
 
 
 
前回、頼んでいた仏像が今ひとつしっくりこないので、
 
お月様が出るまで、自分で探しに行くことにします。
 
パタンの街は、職人さんの街です。
 
仏像を作る店、タンカを描いている店etc
 
長屋の様に連なる天井の低い建物が続きます。
 
こちらの建物内部はとても暗いのです。
 
暑いところも寒いところも。
 
山の上も下に降りても。
 
風が強いから?
 
暑いから?
 
寒いから?
 
誰に聞いても明確な答えは返って来ません。
 
天井の低いお店の中は、ちょっと穴ぐらの様です。
 
そして、とても高い確率で、
 
その中でおじさんたちが集まっておしゃべりしているのです。
 
 
 
一件一件覗いていきます。
 
ほとんどが型に流し込んで作る金属で作られた仏像なので、
 
お顔が同じです。
 
そこにしっくり感がないので、悩んでいたのですが、
 
唯一木彫りの店を見つけました。
 
しかし、ウエサク祭のために店はクローズ。
 
名刺が挟んであったので、電話してもらうと、
 
職人さんは、お国に戻ってお祭りを祝っているとか。
 
しかし、息子さんが近くにいるのでお店を開けてくれることになりました。
 
中に入って、工房まで見せてもらうと、
 
素晴らしい木彫りの作品が数多に広がっています。
 
 
Th_img_5146
 
 
細かい細工、素晴らしいでしょう?
 
皆さんも、ここに来たら虜になってしまうかも・・・
 
その中でも私が惹きつけられてやまなかった。
 
こちら。
 
一目惚れです。 
 
 
Th_img_5788
 
 
なぜなら、この仏像を見たときに、
 
スーッと上から入りました。
 
開眼供養は?
 
と聞かれ、「師匠が入っていますので結構です」と申し上げました。
 
 
 
 
ご機嫌なワタクシは、この方とともにボーダナートへ乗り込みます。
 
Th_img_5152
 
 
カオス状態のボータナートは、
 
こんな状態。
 
驚くことには、ラマさんの横に(ここには写っていませんが)
 
物乞いの方が並んでいます。
 
 
 
 
 
 
これは、
 
クラスのみんなへのお土産です。
 
 
 
 
無数のろうそくに火が灯り、
 
 
 
Th_img_5163
 
 
太陽が沈み。
 
 
Th_img_5167
 
 
 
そして、月が上がって来ました。
 
 
 
Th_img_5178  
 
ウエサク祭は、
 
お釈迦様の生まれた日であり、悟りを開いた日であり、入滅の日でもあります。
 
ヴァイシャカ月の満月の夜 旧暦の4月15日。
 
すなわち、太陽暦では4月から5月の満月にあたります。
 
その日に、
 
ヒマラヤ山中のウエサク渓谷にお釈迦様が降臨してお祭りに臨席されるということです。
 
 
Th_img_5177
 
 
ボーダナートのストゥーパの周りにはたくさんのお店が囲みますが、
 
レストランの屋上に上がって、
 
人々が時計回りにストゥーパの周りを回る姿や、無数のろうそくの灯り、
 
ストゥーパの向こう側に登って来た満月を眺めます。
 
至る所で法螺貝やカンリン、シンバルの音とマントラが響き渡り、
 
だんだんと変性意識状態になります。
 
ウエサク峠でこれを味わったらどうなってしまうのでしょう。
 
 
 
Th_img_5182  
 
 
満月を見上げながら、
 
そういえば前回の最後の夜も満月だったことを思い出し、
 
ヒマラヤの質感が少しでも手のひらの中に残る様に、
 
仏像を抱きしめてみます。
 
いつものことですが、名残惜しくて名残惜しくて・・・
 
その気持ちを紛らわせるために、
 
次回の打ち合わせをして、
 
トランジットの香港で飲むスイカジュースの店を思い出し、
 
空港へ向かいます。
 
毎回、アッパームスタンから日本へと戻る過程は、
 
竜宮城から人間界へ戻る様な心地がします。
 
そういえば、ヒマラヤに来るきっかけは、
 
与那国島の大きな別荘での不思議な体験から始まったのだと思い出しながら。
 
次回は10月です!
 
 
帰国して、仏像は私のベッドの横に鎮座しています。
 
家族は既読スルー状態ですwww
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年6月17日 (土)

巴 △ トリスケル 17

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水
 
 
 
 
カトマンズに戻ると、
 
それはそれで忙しいのです。
 
まずは、ちびっこに僧院におやつを届けにいかなければ。
 
スーパーでお菓子を買い込み、
 
尼僧院に着くと、ちょうどお昼ご飯の時間。
 
天気の良いこの日は、ベランダに敷物を敷いてお外でのご飯です。
 
 
 
 
なんと可愛らしい。
 
ちょっとメンバーが変わっているので、
 
聞いてみるとお母さんが迎えに来て連れ帰った子もいるそうです。
 
昼休みに遊んでいる様子を見ると、
 
仲間に入れない子がいたり、
 
転んで泣いてしまう子がいたり、
 
いつもお利口さんな子どもたちですが、
 
ちらりと年相応な子どもらしさが垣間見えてホッとします。
 
 
 
私は小さいころ友達と遊ぶことも少なかったので、
 
こういう時に仲間に入らないで一人座っていた時の事を思い出します。
 
入りたいわけではないけれども、
 
誰かに見られていると「仲間はずれになっている」と思われているのではないか。
 
と気にしてみたり、
 
でも、遊びたくないのに遊びに入るのも嫌だなぁ。
 
と思ったり、
 
入れてもらって本当に仲間はずれになったら嫌だなぁ。
 
と思ったり・・・
 
グルグル考えることに疲れて、
 
その場を後にしたり。
 
頑張って鎧をつけて仲間に入っても鎧が空回りして上手くいかなかったり、
 
結局私は、鎧をつけて仲間入りすることは今でもしていないなぁ。
 
と 子ども達の様子を眺めながらつらつらと考えます。
 
 
 
結局私は、小さいころ空を見上げてその向こう側に想いを馳せることが
 
1日の生活の中で何より大好きだった子ども時代から、
 
半世紀を過ぎても、相変わらず同じ様に
 
見える世界の向こう側に想いを馳せていることに気がつき、
 
自分の歩んで来た半世紀ちょっとの日々の重さと、
 
小さい頃の私がすぐ隣に存在する感じの軽さを、
 
両方の手のひらに乗せてみるのです。
 
 
 
 
 
その後、この尼僧院をサポートしているリンポチェのお家に伺い、
 
バルト・トドルのお話を伺います。
 
リンポチェからは一冊の本をいただきました。
 
Th_img_5130
 
 
 
誰か翻訳してくれませんか?
 
もしくは、チベット語を教えてください😊
 
 
Th_img_5142
 
 
 
 
 
 

2017年6月16日 (金)

巴 △ トリスケル 16

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水
 
 

 
ムクティナートからジョムソンまで降りて一泊してから、
 
ポカラまでのフライトは約30分。
 
 
 
このポカラ→ジョムソンのフライトは、ヒマラヤの谷間の運行と風によって、
 
よくキャンセルになるし、乗っていても揺れるのでちょっとヒヤヒヤするのだけれど、
 
絶景が楽しめる大好きなフライトです。
 
ここから最後にダウラギリにご挨拶します。
 
ポカラに着いたら、
 
行きは調子が悪くて味もよくわからなかったお姉さんのダルバートに直行。
 
 
Th_img_5091
 
 
このために朝ごはん抜き。
 
ゴーヤのアチャールの美味しさは間違いありません!
 
 
 
この日は、ホテルで伝統的な結婚式をするというので、
 
ちょっと覗かせていただきます。
 
Th_img_5095
 
女性たちは色とりどりのサリーを身にまといお花畑のようです。
 
この護摩焚きは私が知る限りでは4時間は続いてました。
 
会場の真ん中に屋台みたいなのを作って、
 
お坊さんとお婿さんで執り行われていました。
 
途中から花嫁さんが入ります。
 
Th_img_5098
 
会場の前の方では、
 
花嫁さんのご両親が、
 
花婿さんの親族
 
(これが何人いるの?というほどの人数で若者からお年寄りまで)
 
に贈り物をしています。
 
ビジネスバッグから封筒に入ったお金まで様々なプレゼントです。
 
こうした儀式が午前中の10時ごろから5時近くまで続くようです。
 
その間、ホテルの中庭では小楽団がずっと演奏をしています。
 
大変・・・
 
最後にカップルは、
 
Th_img_5094
 
この車に乗って去って行きました。
 
これほどの催しですが、
 
花はセロテープで貼られていますw
 
 
 
 
 
長いこといた人気のないヒマラヤから一気に人が溢れる場所にやってくるので、
 
立て直し作業です。
 
だから、
 
「お姉さんのダルバートが食べられる!」
 
というのは謂わばそれを帳消しにするための一つのおまじないのようなもの。
 
(「それ」とは何を指すのか20字以内で答えなさいw)
 
ここで潤沢なお湯でお風呂に入るのも、
 
ダウンを着ないで寝られるのも、
 
同じことです。
 
それは、カトマンズに帰る時も同じこと。
 
ホテルのエジプト綿のシーツやスイカジュース。
 
ちびっこ尼僧の僧院。
 
リンポチェへのご挨拶。
 
これを一つ一つ数えて彼の地から遠ざかる寂しさを紛らわせます。
 
 
 

2017年6月15日 (木)

巴 △ トリスケル 15

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水
 
 
 
 
みなさまのお心遣いは、アニさんたちに暖かさをお送りすることができました。
 
Th_img_4737
 
このストーブを2台ご購入されたそうです。
 
今までは小さな竃だけでしたから、
 
調理もできるこのストーブをとても喜んでいらっしゃいました。
 
今回も、みなさまのお心遣いから200ドルをお渡しして来ました。
 
 
 
 
Th_515629850010986
 
 
いくつかの星空と、
 
 
 
 
いくつかの夜明けを迎え、
 
たくさんの師との会話とインスピレーションと、
 
この地のエネルギーを味わい、
 
私はより一層この地に惹きつけられます。
 
 
 
次回アッパームスタンに来るまでに
 
与えられた課題をどのくらいこなせるか。
 
ワクワクすることでもあります。
 
冒険は外にあるものだけでなく、
 
内にもあるのです。
 
与えられた課題をしっかりとこなすことで、
 
内にある未知なる領域に足を踏み入れるのです。
 
内なる闇を見る作業は、私にとって洞窟探検のようにワクワクする作業です。
 
そしてそれによって、さらにまた一歩先に進むことができるのです。
 
今回は、私だけでなくエネルギーの学校のメンバーにも課題が出ているので、
 
これは新たな展開が楽しみです。
 
 
 
面白いのは、 
 
課題が、昔ながらの「瞑想」や「内的葛藤を徹見する」だけでなく、
 
現代の社会情勢に沿った成長が盛り込まれているところです。
 
いかに柔軟に意識を広げていくか。
 
そして、それは瞑想的で固定観念を手放していかなければ
 
見えてこない領域です。
 
私たちが知ることはほんのわずかなことでしかないことを、
 
毎回思い知ります。
 
 
Th_img_5039
 
毎日開けるこの扉も、
 
Th_img_5038
 
目にする宝具も
 
Th_img_47252
 
今回のテーマでもある巴を象徴するこの3人も。
 
10月までお別れです。
 
 
 
 

2017年6月14日 (水)

巴 △ トリスケル 14

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 

#ヒマラヤ#冒険家#研究家#アッパームスタン#ガリゴンパ#チベット#バルトトドル#ローマンタン#ネパール#蒸留#ヒーリング#エネルギーの学校#blueprint#ヴィンテージライン#ナウリコット#ヒーリングチャクラ7#Adventurer#瞑想#秘境#tibet#unexploredarea#nepal#distillation in Himalaya

 
 
 
小さいと思っていたヤンジも、
 
もう立派にアニさんの仕事をこなしています。
 
この日のお昼ご飯は、ヤンジが作ってくれるそうです。
 
私がお堂に入っている間 太陽光調理器を使って器用に作っています。
 
Th_img_4843
 
ご飯やダルスープはもちろんのこと、揚げ物まで出来てしまいます。
 
Th_img_4845
 
さて、出来上がったダルバートのお味は・・・
 
ポカラのお姉さんのお店に匹敵する美味しさ!
 
Th_img_4846
 
私が食べるのを心配そうに見ていたヤンジに
 
「おいしい〜!!!」
 
と伝えると、とっても嬉しそう。
 
スパイスの使い方、塩加減絶妙です。
 
あまりの美味しさにお代わりしてしまいました。
 
陽の入ってこないお堂に
 
長時間座っていると深々と冷えて来ますが、
 
ちょうど良い頃合いでお茶を持って来てくれるのも、
 
ヤンジです。
 
 
 
 
 
アッパームスタンは、
 
まるで大きな掌に乗っているかのように、
 
「何か」
 
に包まれ、この上ない安心感に満たされます。
 
世界中に素敵な場所はたくさんあります。
 
でも、この安心感を味わえるのはここだけです。
 
掌から砂がこぼれ落ちるように、
 
ここでの日々が残り少なくなっていることを横目で見ながら、
 
毎朝、ヤンジに連れて行ってもらったパドマサンバヴァの秘跡に向かい
 
時を過ごします。
 
 
 
Th_img_4928
 
 
 
早朝、聞こえてくるのは風の音と鳥のさえずりだけ。
 
自分の呼吸の音が頭蓋骨を伝わって聞こえるほどの静寂の中、  
 
パドマサンバヴァの調理場の横に座って、
 
さらに意識を広げていきます。
 
呼吸の音がだんだんと変化し始めゆっくりと新たな世界が開き始めます。
 
一旦、何もない至福へ行ってから いつどの階層を選ぶかは
 
日々の楽しみでもあります。
 
 
 
この日は、
 
巴の意味、
 
トリスケルのエネルギーの流れ、
 
を味わいます。
 
 
 
Th_img_4900
 
 
 
「光 3 7」
 
面白いエネルギーと浮かび上がる仮説。
 
本当に時が経つのを忘れてしまいます。
 
チャクラの周波数を扱うヒマラヤンヒーリングの
 
さらに先にある深遠なヒーリングがエネルギー身体から
 
現れて来ます。
 
(このヒーリングは帰国してからすでにセッションで使っていますが、
 
クライアントの方は、ご自分が肉体だけの存在ではないということを実感し、
 
すでにそれを認識している方は、さらなる広がりを感じられるようです )
 
 
 
 
私たち人間が認識している世界は、
 
本当にこの世の中のごくわずかな部分だけ。
 
こうしたエネルギーの世界の話だけでなく、
 
ホワイトカラーの仕事はどんどんコンピューター化され、
 
人間が、コンューターの下で働く日がすでに(Uber etc)訪れる中、
 
今まで価値があると思われていた知識も、権力も、ネットワークも、
 
あっという間にコンピューターに取って代わられてしまうでしょう。
 
そうした中、私たちはどのようにシフトしていく必要があるのか。
 
西洋医学も代替医療の世界にしても、
 
同じこと。
 
「常識」「固定観念」にどれだけ縛られないで、
 
柔軟に意識を広げていかれるかは、
 
今後の人類にとって欠くことのできない要素でしょう。
 
 
 
 
そして何より大切なことは、
 
古いパラダイムを手放さなければ、
 
エネルギーは感知できません。
 
 
 
 

2017年6月 1日 (木)

巴 △ トリスケル 13

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 

#ヒマラヤ#冒険家#研究家#アッパームスタン#ガリゴンパ#チベット#バルトトドル#ローマンタン#ネパール#蒸留#ヒーリング#エネルギーの学校#blueprint#ヴィンテージライン#ナウリコット#ヒーリングチャクラ7#Adventurer#瞑想#秘境#tibet#unexploredarea#nepal#distillation in Himalaya

 
 
 
さて、ムクティナートは私が初めてヒマラヤを訪れた時、
 
ヒマラヤの師から声をかけられたところです。
 
Th_1549279_299846663501049_19462422
真ん中に私が座っているのがわかるかしら?
 
最初に教わったのが、
 
高所での歩き方でした。
 
当初、「なぜ、そんな声が聞こえるのか、
 
なぜそんなことを教えるのか」
 
不思議でなりませんでした。
 
しかし、その教えは必ず次の日に必要になるのです。
 
翌日、私は予定外にグル・サンポの洞窟まで上がることになり、
 
当時の私だったら通常の状態では上がりきることができなかった場所にまで、
 
その歩き方を使ってたどり着くことができたのです。
 
それからも、ヒマラヤに来ると様々なアドバイスをしてくれます。
 
そして、そのアドバイスに従っていると、
 
次々に新たな扉が開かれ、
 
こうして毎年2回もヒマラヤを訪れる幸運な日々を送ることができる様になりました。
 
だから、ムクティナートは私にとって師に出会った大切な場所なのです。
 
この地に座れば師匠との息吹を感じることができ、
 
懐に包まれる感じがするのです。
 
 
Th_img_4719
 
 
あらゆるものに対する愛おしさを味あわせてもらったのもここです。
 
 
今回新たに連れて行ってもらった場所があります。
 
「パドマサンバヴァが滞在した跡があるから、
 
明日の朝、ヤンジに連れて行ってもらいなさい」
 
年長のアニさんに言われて、
 
翌日の早朝、さらに上のその場所に連れて行ってもらいました。
 
早朝のこの地の空気は、身体を刺す様に冷たいのですが、
 
しばらくすると汗が滲み始めます。
 
立ち止まって 大きく呼吸すると冷たい冷気が口から身体の中に入って来て、
 
この寒暖差が意識と身体を分けていく様な感じがするのです。
 
さらに上がっていくと空気がさらに薄くなって来て、
 
今度は意識とエネルギー体が分かれていく様な感じがするのです。
 
だからちょっと負荷をかけることは私にとって 
 
内なる冒険なのです。
 
 
さて、これがパドマサンバヴァが煮炊きしたと言われる竃です。
 
Th_img_4781
 
当時と同じように火をつけ、ヤンジが採って来た低木のジュニパーの葉を燃やします。
 
煙とともに途端に辺り一帯ジュニパーの香ばしい香りが広がります。
 
360度山に囲まれ、人の姿はありません。
 
Th_img_4786
 
ヤンジが持って来たルンタをつける作業をお手伝いしていると、
 
時間感覚がなくなり、
 
おそらく数千年も前からほとんど手をつけられていないエネルギーが
 
ジワジワと足元から上がって来る感じがします。
 
そんな場所を私が気に入らないはずがなく、
 
「私を置いて先に帰って」
 
とお願いして、
 
座り心地の良さそうな石を見つけ、
 
自分の呼吸の音しか聞こえない時間を味わいます。
 
そうしていると、
 
自分が身体の中にいるのか
 
身体の外にいるのか
 
自分が上にいるのか
 
自分が下にいるのか
 
自分が存在するのか
 
自分が存在しないのか
 
曖昧になってきます。
 
身体はの感覚はなくなり、
 
自分がエネルギーであることを実感します。
 
私のエネルギーは土地のエネルギーと一体になり、
 
大いなる大地と一体になります。
 
力強く鼓動するこの地のリズムは
 
地球が生命体であることを
 
再確認させてくれるとともに、
 
この生命体をまるで命などないものの様に扱ってはいけないことを
 
思い出させてくれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年5月31日 (水)

巴 △ トリスケル 12

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 

#ヒマラヤ#冒険家#研究家#アッパームスタン#ガリゴンパ#チベット#バルトトドル#ローマンタン#ネパール#蒸留#ヒーリング#エネルギーの学校#blueprint#ヴィンテージライン#ナウリコット#ヒーリングチャクラ7#Adventurer#瞑想#秘境#tibet#unexploredarea#nepal#distillation in Himalaya

 
 
 
ジョムソンまで降りて、久しぶりのシャワー。
 
と言っても、ぬるいお湯なので比較的暖かい日中覚悟して入らねばなりません。
 
ネットも繋がり、
 
最近のニュースを確認します。
 
Th_img_4653
 
ジョムソンは、
 
この辺り一帯では最も栄えているところ。
 
朝方の飛行機がつくたびに賑やかになります。
 
といっても、2つの航空会社が運行していたところが、
 
シムリックの方はなくなりタラだけになり、
 
それも12人乗りなので大した人数ではありませんが、
 
降りて来た旅行客は、小さなロッジに吸い込まれていきます。
 
たった12人の乗降客とはいえ、
 
バスやトレッキングでやってくる人もいるので、
 
人里離れた場所から見れば都会ですし、
 
標高も下がるので「あの」感覚はなくなります。
 
明日、ムクティナートに行ってギリギリまで戻らないことにしましょう。
 
とお願いして、
 
翌日の早朝にムクティナートに向かいます。
 
しかし、夜には綺麗な星空だったにもかかわらず上に上がると大雪。
 
 
 
ムクティナートも真っ白。
 
車から降りると道はぐちゃぐちゃ。
 
ロッジまでの道のりがなんと長いことか。 
 
それでもロッジについて
 
「おっ、来たね!」
 
と迎えられいつもの部屋に通され窓の外を見ると、
 
雪に覆われたムクティナートの美しさに、
 
時を忘れて見入ってしまうのです。
 
夕方近くに雪は止み、
 
なまった身体を動かすべく、
 
山の上に作られたパドマサンバヴァのところまで行ってみました。
 
Th_img_4687
 
少々、趣のない様に感じますが、
 
こちらの方はとにかく「金」がお好きです。
 
そして、夜になると色とりどりのライトアップがなされます・・・ 
 
Th_img_4673
 
チョルテンもあるので、
 
元々は何らかの聖地だった様に思いますが、
 
今では、一気に観光地風に
 
併設された休憩所からネパリポップスが大音響で流されています。
 
Th_img_4688
 
こんなイイところなのにね。
 
 
夜になると、ロッジには様々な国の方々が集まっていらっしゃいます。
 
今回はロシアのご一行。
 
チベット仏教を信仰していらっしゃる様で、
 
食堂でリーダーの方のお説教を20人近くの方々が何時間も聞いていらっしゃいます。
 
最初は、静かにしないと申し訳ないと思っている他の宿泊客も、
 
あまりの長さに通常のトーンに戻りますが、
 
それから、みんなでマントラを唱え始め、
 
夜も更ける頃には、音楽をかけてダンスタイムが始まります。
 
異様な光景にサクサクと部屋に引き上げる私たちでした。
 
 
翌朝はとても気持ちよく晴れ渡りました。
 
上のゴンパまで朝のお参りです。
 
Th_img_4689
 
いつもよりもひと月夏に近いのですが、
 
日の出も早いので門が開く頃にはすっかり明るくなっています。
 
ダウラギリもこちらからは女性的な顔になります。
 
Th_515391579762971
 
いつもの場所まで一気に登り息を整えながら座ると、
 
やっとムクティナートに帰って来た感じがします。
 
凍えそうになるまで座った後、下に降りると、
 
Th_img_4736
 
ヤンジちゃんが!(左)
 
カトマンズの尼僧院で一緒に買い物に行ってくれたちびっこ尼僧です。
 
こんなに立派になってここでおつとめしています。
 
下のちびっこ尼僧院ではお姉さんの役割を立派にこなし、
 
「こんなに小さいのに。。」
 
と驚きましたが、
 
こちらでは思春期に差し掛かった女の子特有の
 
バウンダリーを作り上げている感じが見えて、
 
少し安心しました。
 
私がお堂の中に座っていると、
 
なんどもお茶を運んで来てくれたり、お世話をしてくれます。
 
ムクティナートに来ても、一番上のお堂までやってくる人たちは少なく、
 
静かに座ることができます。
 
Th_img_4725
 
そして、ここのパドマサンバヴァもガリゴンパ同様、
 
メンダレワとイシソギャルが左右にいらしたことに、
 
気づきませんでした。
 
お顔がガリゴンパと似ています。
 
人間味あるパドマサンバヴァです。
 
 
 
 
 

2017年5月28日 (日)

巴 △ トリスケル 11

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 

#ヒマラヤ#冒険家#研究家#アッパームスタン#ガリゴンパ#チベット#バルトトドル#ローマンタン#ネパール#蒸留#ヒーリング#エネルギーの学校#blueprint#ヴィンテージライン#ナウリコット#ヒーリングチャクラ7#Adventurer#瞑想#秘境#tibet#unexploredarea#nepal#distillation in Himalaya

 
 
 
ガリゴンパを発つ朝。
 
Th_img_4574
 
ラマさんと弟さんとも暫しの別れ。
 
「また、秋に来ますね」 
 
と、約束します。
 
変わり者の私を受け入れてくださるお二人の優しさは日々じわじわ染み入りました。
 
そして、私がこの日々を送るために多くの方々にご尽力いただいていることにも
 
本当に感謝しています。
 
(見える存在見えない存在含めて)
 
 
 
アッパームスタンに出入りするときには必ず立ち寄る食堂があります。
 
そこで食事しないと数時間食べ物には有り付けないのです。
 
Th_img_4601
 
そこで前回見かけたこのパネル。
 
洞窟がそのまま僧院になっている様です。
 
チョンシランツェン。
 
「帰りに寄ってね」
 
とお願いしていたので、早めに狩りゴンパを出発したのです。
 
お食事をいただいてから、
 
Th_img_4602
 
久しぶりに青いものを食べました。
 
美味しかった・・・
 
さて、出発。
 
村のおじいさんにどのくらいかかるか聞いてみると、
 
「すぐだよ、30分」
 
しかし、こちらの方々の「すぐ」と時間感覚に騙されてはいけません。
 
どうも親切でそう言ってくださる様ですが、
 
「すぐ」でも、その時間内にもつくことはありません・・・
 
怪しさを感じた私たちは、車で行かれるところまで行こうということになり、
 
 
下ります。
 
「よかったね〜。車で来て」
 
という距離。
 
そして、車を降りてからさらに下ります。
 
 
 
渓谷の崖の上から下を見ると谷底は遥か下方に見えます。
 
「すぐって、どのくらいのすぐなのかしら?」
 
と聞いても誰も答えてくれません。
 
「こんなに降りて帰りは大丈夫なのかしら・・・」
 
と心配になる私。
 
なぜなら、ガリゴンパでほとんど歩いていないので、
 
身体が鈍っているのです。
 
しかし、谷底まで下りてさらに絶壁に沿って登ります。
 
石造りの簡素な門をくぐると、巨大な鍾乳洞が現れます。
 
 
Th_img_4611
 
見事です。
 
 
内部には様々なチョルテンや自然に出来たと言われるターラ菩薩が
 
Th_img_4622
 
自然にできたドルマとのこと。
 
Th_img_4623
 
「ここは、パドマサンバヴァがグル・サンポで修行した後に
 
身代わり五宝を残してムクティナートで火を灯してからチタンに立ち寄った後に、
 
いらした場所」
 
とのこと。
 
自然信仰の時代からの聖地だった様です。
 
「よくこんな場所を見つけたわね」
 
と、感心するほど空からでも見ない限り見つからない様な谷底です。
 
Th_img_4627
 
私的には、
 
現在ここで修行なさっているチベット出身の現代風のラマさん
 
(ちょっと伊勢谷さん風な)の自室にある
 
この柱が、最もパワフルに感じました。
 
「ここで寝るのはどんな感じ?」
 
と伺うと、
 
「素晴らしい体験です」
 
と仰います。
 
 
Th_img_4649
 
「ここで修行してどうですか?」
 
と伺うと、
 
「まだ、来て日が浅いのでわかりません」
 
とのこと。
 
「どうしてここで修行することになったのですか?」
 
と伺うと、
 
「本で知って来ました」
 
とのこと。
 
「えー、自己申告で来ていいんだ」
 
と驚く私。 
 
しかし、ここでの生活は相当大変な様で、
 
谷底なので冬は太陽がささず、
 
雪が降ると寝床にまで雪が降り積もるそうです。
 
Th_img_4638_2
 
予想通り、
 
帰り道は辛く長い距離になりましたが、
 
私以上に辛そうなお二人でした。
 
車についたときは全身ジャリジャリはもちろんのこと。
 
ハァハァした口の中までジャリジャリでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年5月27日 (土)

巴 △ トリスケル 10

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 

#ヒマラヤ#冒険家#研究家#アッパームスタン#ガリゴンパ#チベット#バルトトドル#ローマンタン#ネパール#蒸留#ヒーリング#エネルギーの学校#blueprint#ヴィンテージライン#ナウリコット#ヒーリングチャクラ7#Adventurer#瞑想#秘境#tibet#unexploredarea#nepal#distillation in Himalaya

 
 
 
ガリゴンパのお堂での時間は、
 
私のエネルギー実験のための時間でもあります。
 
Th_img_4544
 
この扉の向こう側も私の実験室。
 
どの様にしたらエネルギーが変容していくのか、
 
仮説を立て、実験、実証していくのは、
 
私のライフワークでもあります。
 
今回も、お堂の中で
 
座った状態でのエネルギーの感知と
 
立った状態(骨盤の水平性を保ち)でのエネルギーの感知の
 
実験をしてきました。
 
すると、座った状態でのエネルギーの中心軸となる位置と、
 
立った状態でのエネルギーの中心管
 
(この軸と管との分け方がポイントですが)
 
の差異があること。
 
管と軸との差異によってのエネルギーの伝達内容が変わること、
 
また、その先への繋がりかたが変わること、
 
介在する存在の変化、
 
座ればある程度骨盤は水平になるけれども、
 
小用先生の教えてくださる骨盤の水平性は、
 
それとは明らかに別物なので、
 
ただの水平性ではないこと。
 
など、さらに先生にお話を伺い検証していきたい材料が集まりました。
 
今回の最大の発見は、
 
管と軸によって介在するエネルギーが変わってくることでしょうか。
 
果てしなく続くエネルギーの冒険に目眩がするほど心踊ります。
 
 
 
エネルギーの学校に関しての言及もあり、
 
メンバーの研究科昇格とともに、
 
今後の研究課題を提示されました。
 
いずれも、考えたこともない様な課題なので、
 
これを考察し、仮説を立て、実験、実証していく作業をまとめれば、
 
ものすごい資料になっていくだろうな と推測します。
 
 
新たなヒーリングも教えてもらいましたが、
 
これは、ヴィンテージラインのエネルギーが必須になり、
 
そのエネルギーの状態であれば、
 
手法はあってない様なものでした。
 
(すでにこのヒーリングをヒマラヤでも日本でもカナダへの遠隔でも試していますが、
 
エネルギーの量、質、濃度ともに桁外れです)
 
 
 
こんな目眩く日々も、
 
あっという間に過ぎ去っていきます。
 
私が私という鎧を必要とせず、
 
高い周波数を体現し、
 
さらに高みへと誘ってくれるこの地に
 
指一本でもぶら下がって残りたい気持ちです。
 
しかし、この地で培ったものを運び伝える仕事があることは重々承知しているし、
 
この暫しの別れを前に、
 
余すところなくこの場を味わおうと、 
 
嘗め尽くしたキャンディの棒をいつまでもくわえ続ける子どもの様な心持ちになるのです。
 
 
Th_515169238819414
 
 
 
 

2017年5月26日 (金)

巴 △ トリスケル 9

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 

#ヒマラヤ#冒険家#研究家#アッパームスタン#ガリゴンパ#チベット#バルトトドル#ローマンタン#ネパール#蒸留#ヒーリング#エネルギーの学校#blueprint#ヴィンテージライン#ナウリコット#ヒーリングチャクラ7#Adventurer#瞑想#秘境#tibet#unexploredarea#nepal#distillation in Himalaya

 
 
当初、3泊で失礼するはずでしたが、
 
「滞在できる限りここにいたい」
 
とお願いして、パーミットギリギリまでお世話になることに。
 
次回からはもっと食料を買い込んでこなければなりません。
 
 
Th_img_4494
 
無口だと思っていたラマさんも、
 
ご飯以外は出てこない私についてきてくれた二人と
 
無二の親友のように語り合っています。
 
朝から晩まで一緒なのですからね。
 
 
 
前回は「よく分からない」
 
とおしゃっていた埋蔵経に関しても、
 
経典を持ってきて調べてくださいます。
 
Th_img_4457
 
 
 
ラマさんによると、
 
ここで見つかった埋蔵経は二つ。
 
バルトについて書かれた経典ではあるが、
 
「バルト・トドル」
 
単体ではなく、
 
バルドについての6つのパートからなり、
 
「バルト・トドル」はその一項目として存在する。
 
とのこと。
 
とても興味深いパートからなる経典です。
 
そして、マントラの中に存在する5大元素についての話や、
 
もう一つの埋蔵経のお話。
 
虹の身体の話。
 
パドマサンバヴァがチベットから追ってきた魔女の話などなど。
 
私の質問ぜめに丁寧にお答えくださいました。
 
 
 
知識でお腹いっぱいになると、
 
また、お堂に戻ります。
 
お堂は子宮のように私を包み込み、
 
私が私であることを解除していってくれます。
 
 
Th_img_4484
 
 
そういえば、私はここでの日々この建物からほとんど出ることがありませんでした。
 
二階の窓が私のお部屋。
 
あの窓から満天の星が見えるのです。
 
数日に一回は雪がちらつきますが、
 
それもまた美しい光景です。
 
 
Th_img_4504
 
 
自分のお部屋→ストーブのある食堂→お堂→屋上の繰り返しです。
 
 
Th_img_4500
 
 
お堂で、誰よりも親しくエネルギー交流してくださったのが、
 
この方。
 
 
Th_img_4472
 
メンダレワです。
 
そのエネルギーは第3の目を音がするほど活性化させてくれます。
 
それはまるで曇った鏡を磨くようなものです。
 
そのエネルギーすらここでは大きい粒子です。
 
だから少し下りてきます。
 
エネルギーの周波数を行ったり来たりする必要はなく、
 
そのあたりでずっと生活できることは本当に貴重で幸せなことです。
 
Th_img_4534
 
Th_img_4536
 
Th_img_4546  
 
Th_img_4540
 
Th_img_4548
 
 
 
 
 

より以前の記事一覧