2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

2011年8月17日 (水)

30年後の未来。

次女が、「未来構想キャンプ」に参加してきた。
高校生が大学の先生の下で、
5つのグループに分かれテーマに沿ってワークショップを行う。
次女は、「2040年の世界を構想する。」というグループ。
2040年というと、約30年後。
参加するために高校生はそれをテーマにした小論文を書く。
応募したことも、参加資格を得たことも事後承諾なので、
詳しいことは分からないが、未来の教育について書いたらしい。

30年前、私は高校生だったが、
携帯電話もなく、PCはモチロン、ワープロさえあったか? の世界だった。
あの頃、私は30歳より長生きしている自分が想像できなかったけれども、
「30年後の世界。」を思い描いたとしたら、
どんな世界が思い浮かんだのだろう?
恐らく、今の世の中の半分も想像できなかっただろう。

今から30年後の世界。
果てしなく先のように思う。
私が生きているかどうかすら分からない。
30年後の世界を描けるなんて凄いことだ。
と共に、確実に30年後の世界はやってくる。
その時に、生きていてもいなくても、
その時に、そこにいる人たちが「幸せだ。」と思えるような世界になっているかどうか。
毎日の選択がそこに結びつい行くのでしょう。

30年後を思い描くことが難しかったら、
10年後を思い描いてみる。
10年後に私は何をしているのだろう?
そして、その時に 
その10年を後悔してるだろうか?
満足しているだろうか?

私は、そのために「今」何を選択していくのか、
無意識に生きていくことと意識的に生きていくこと。
その選択を瞬間瞬間にしていくことなのだろう。


山本ユキHP ハンズオンヒーリング・気内臓チネイザン・エネルギーの学校