« セルフヒーリング@オーストラリア 4 | トップページ | 次回の医療従事者クラスは6月30日 »

2018年2月28日 (水)

セルフヒーリング@オーストラリア 5

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、3月3日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体


 
 
 
 
 
そして、
 
なぜセルフヒーリングが必要なのか。
 
帰国後セッションに入りエネルギーを読み取る作業に入ると、
 
今まで見ていたものよりも詳細に
 
様々なレベルの周波数の世界が読み取れるようになっています。
 
今までが虫眼鏡だったら、
 
今度は顕微鏡に格上げした感じでしょうか。
 
今まで内的なワークをする事によって、
 
「周波数を変化させることが容易になる」
 
というお話はしてきましたが、
 
内的な取り組みによって観る能力も飛躍的に向上する事がわかります。
 
こうした能力は、誰かに与えられるものではなく、
 
自らの内側をしっかりと見て、滞りを取り、繋がる事によって成されるのです。
 
(内的な取り組みをしっかりとせずに、
 
オーラフィールドの穴によって知覚される情報は、
 
ほとんどの場合、自分のアストラルのレベルの
 
偏った情報しか見ていない事はクラス内の検証によって
 
明らかです。
 
「見える」人がクラスにやって来て、皆と同じワークをすると、
 
「見えるはず」の人が一番外れている事がほとんどです)
 
 
 
ですから、皆様。
 
コツコツとYEメソッド。
 
お金もかからず、いかなる時も自分でできるワークです。
 
しっかりとしっかりと取り組みましょう!
 
 
 
Th_img_8364
 
 
 
 
 
 
 
 

« セルフヒーリング@オーストラリア 4 | トップページ | 次回の医療従事者クラスは6月30日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/66442829

この記事へのトラックバック一覧です: セルフヒーリング@オーストラリア 5:

« セルフヒーリング@オーストラリア 4 | トップページ | 次回の医療従事者クラスは6月30日 »