« 香と詩集とフィレンツェ | トップページ | ドナテッロのマグダラのマリア »

2018年1月11日 (木)

たまゆらの奇跡

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 

フィレンツェから戻りました。
 
この時期相変わらず空いているので、
 
たっぷりとエネルギーを味わうことができました。
 
何と言っても朝の散歩は素晴らしく、
 
まだ、月の残る暗闇(7時くらいだけれど)にホテルを出て
 
ウフィッツイやガリレオ博物館の前を通って
 
ベッキオ橋に向かいます。
 
 
ウフィッツイの間の月
 
Th_img_8107
 
ガリレオ博物館前
 
Th_img_7927
 
ドゥオーモの上の月
 
Th_img_7897
 
そして、
 
Th_img_7909
 
Th_img_7926
 
Th_img_7933
 
Th_img_7936
 
Th_img_7952
 
 
 
次の日は、
 
Th_img_7981
 
 
Th_img_7988
 
この美しい一瞬は2度と戻らず。
 
たまゆらの美しさの積み重ねがこの世を作っているのですね。
 
芸術家はこれを作品に残し、
 
その手段を持たない私はiphoneで残します。
 
万葉の世に私が生まれていたのなら、
 
私はこの溢れるほどの素材を
 
迷うことなく歌に綴りたいと思ったことでしょう。
 
うつろう流れの美しさを大切にする一年にします。
 
 
 

« 香と詩集とフィレンツェ | トップページ | ドナテッロのマグダラのマリア »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/66265407

この記事へのトラックバック一覧です: たまゆらの奇跡:

« 香と詩集とフィレンツェ | トップページ | ドナテッロのマグダラのマリア »