2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« アストラルラインとヴィンテージライン | トップページ | オートクチュール・オードパルファン・セッション 2 »

2017年4月11日 (火)

内なる基準性とハンズオンヒーリング

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。 
 
昨日のお稽古での大発見eye
 
六年間通わせていただいていて、
 
今になってハンズオンヒーリングにおいて非常に大切な身体の使い方が、
 
コロリと転がっていたことに気づくなんて!
 
内側に作る基準性というお話の中に、
 
骨盤の水平性と共に、
 
「そういえば、いつも先生と諸先輩がたにご注意を受けていた」
 
身体の使い方が、
 
ハンズオンをする時に絶対不可欠なものだと今になって
 
気づきました。
 
今までなんとボーッとお稽古を受けていたのでしょうか・・・
 
エネルギーの質・濃度共にレベルアップしてしまう身体の使い方を、
 
ここまで詳細に提言し、
 
忠実に内側に作る基準性の作り方を教えてくださる存在!
 
偉大です。
 
詳細は明日から始まるクラスで!
 
しかし、簡単にはいきませんから、
 
一緒に内なる基準性を作ってきましょう。
 
これで、手法を
 
「知っている」
 
から、
 
「身体を器としていかに質の高いエネルギーを生成していくか」
 
という、
 
今まで内的な部分が注目されがちだったハンズオンの世界に、
 
新たな時代がやってきたとも思える素晴らしさです✨
 
『光の手』か『癒しの光』では本山博先生の経絡体操が紹介されていたような記憶があり、
 
私もお教室に通わせていただいたのですが、
 
小用先生の内なる基準性は、
 
長年武術の道に身を置き、
 
さらに自らを俯瞰し続けなければ見つからないのだろうなぁ と思われるような世界。
 
歳を重ねてさらに身体を器として作り上げていかれる本当に素晴らしいものです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« アストラルラインとヴィンテージライン | トップページ | オートクチュール・オードパルファン・セッション 2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/65135352

この記事へのトラックバック一覧です: 内なる基準性とハンズオンヒーリング:

« アストラルラインとヴィンテージライン | トップページ | オートクチュール・オードパルファン・セッション 2 »