2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« オートクチュール・オードパルファン・セッション 1 | トップページ | エネルギー体は存在するのか 3 »

2017年4月 2日 (日)

エネルギー体は存在するのか 2

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
ヒーリング以外にも多くの素晴らしい治療法がありますが、
 
この20年余りの日々で、
 
「これはヒーリングの手法でなければ難しい」
 
と一番に感じている手法は、
 
『オーラフィールドの亀裂、漏れの修復』です。
 
ふいの事故や精神的な苦痛を味わった方の一部の方々には、
 
オーラフィールドに亀裂が見られます。
 
体に触れてみても、
 
エネルギーが充実していく感じがしません。
 
おそらくは、ショックを受けた際
 
無意識にその場から去ることを選択なさったのだと思います。
 
その後、元の状態に戻ればいいのですが、
 
「ここにいたくない」という傾向がある場合、
 
そのままの状態で生活することに慣れてしまうのです。
 
これは正しい形での修行による体脱とは異なりますので、
 
多くの障害が出てきます。
 
エネルギーの充実感が得られなかったり、
 
(疲れやすくてやる気が出ない)
 
アストラルや他の影響を受けやすかったりします。
 
(一部には亀裂から見た歪んだアストラルの世界を見聞きし
 
「見えないものが見える」ことを生業にしている方もいらっしゃいます)
 
この亀裂の修復が、
 
他の手法を試みる前にしておくべき第一歩です。
 
どんなにエネルギーを注ぎ込もうと、
 
亀裂があるのですからすぐに戻ってしまいますし、
 
抜け出た状態の場合には、
 
何を言っても耳に届きません。
 
いずれもご本人は全く気付かないのです。
 
ですから、
 
この修復しただけで全く状態の変わってしまわれる方がいるのです。
 
 
 
 
 
5月から医療関係者の方々向けのクラスでもここから話を始めます。
 
 
まだ、お申し込みいただけますので、
 
こちらにご連絡ください。
 
ky.yamamoto(①)nifty.ne.jp(①)を@に変えてください。
 
4月18日から5月11日までヒマラヤに参りますので、
 
その前にご連絡頂けますとスムーズです。
 
 
 
 
 

« オートクチュール・オードパルファン・セッション 1 | トップページ | エネルギー体は存在するのか 3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/65097021

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギー体は存在するのか 2:

« オートクチュール・オードパルファン・セッション 1 | トップページ | エネルギー体は存在するのか 3 »