2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« エーテル体と肉体の時差 | トップページ | 真人→人間→真人 »

2017年3月22日 (水)

更年期の様々な症状をどのように変容させていくか

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
40を過ぎるあたりから多くの方が感じ始める
 
「違和感」
 
それは身体の変調かもしれませんし、
 
心の変調かもしれません。
 
または、
 
「今まで通りやっているのに、なぜかうまくいかない」
 
という感覚かもしれません。
 
日本では男性は42歳に厄年があります。
 
日本以外でも、
 
「ミッドライフクライシス」
 
という言葉があり、
 
人間にとって人生の大きな転機があるように思います。
 
 
 
 
沖縄の師匠の甥御さんがおばあさまから聞いたお話の中に、
 
『人生88年。
 
生まれた時は「真人」
 
1歳から「人間」
 
になり「間」を一年づつ重ねていく、
 
そして、44過ぎたら「間」を一つづつ返していって
 
あちらに還るときに真人に戻る 』
 
というものがありました。
 
(「間」は自我でしょうか)
 
 
 
ミッドライフクライシスという言葉は、
 
心理占星術の岡本翔子先生から
 
ご自分の人生の変容のお話を交えて伺いました。
 
天体はライフサイクルにどのように影響を与えるのでしょう。
 
天王星の公転周期は84年。
 
そのちょうど半分が42年。
 
「変革の神ウラノス」の名が与えられた天王星は、
 
私たちが新たなステージに立つために
 
大いなる変革を呼びかけているように思えます。
 
 
 
 
お話会では、
 
この変調の時期をネガティブなものとして捉えるのではなく、
 
「新たなステージに立つためのウェイクアップコールである」
 
という視点からお話を始めます。
 
より熟成した人生を歩む道であるヴィンテージラインに向かうべく、
 
新たなエネルギーを不調としてではなく、
 
先に進むためのエネルギーにどのように変容させていくか、
 
そのためのワークもお伝えしていきます。
 
 
 
 

2017年4月7日(金)
第1部 19:00~20:00
第2部 20:15~21:00 

場所:東京・阿佐ケ谷 スペース白い花
(詳しい場所はお申込の方にお知らせします)

料金:
第1部 5,000円
第2部 3,000円(当日精算)

お申し込み:
フェイスブックイベントページの参加ボタンを押すか、
メール で承ります。
メールアドレス bpahc7@gmail.com に

「お名前・参加人数・参加する部(1部、2部、両方)・ご連絡先電話番号」をお知らせ下さい。 
 
 
 
 

« エーテル体と肉体の時差 | トップページ | 真人→人間→真人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/65050354

この記事へのトラックバック一覧です: 更年期の様々な症状をどのように変容させていくか:

« エーテル体と肉体の時差 | トップページ | 真人→人間→真人 »