2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 更年期の様々な症状をどのように変容させていくか | トップページ | 金の延べ棒さらにその後 »

2017年3月23日 (木)

真人→人間→真人

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
昨日の投稿の中にあった
 
『人生88年。
 
生まれた時は「真人」
 
1歳から「人間」
 
になり「間」を一年づつ重ねていく、
 
そして、44過ぎたら「間」を一つづつ返していって
 
あちらに還るときに真人に戻る 』
 
の件ですが、
 
『間』
 
について少々追記しますね。
 
 
 
 
『間』とは、おそらく自我のようなニュアンスでお話しされていましたが、
 
この『間』を作ることは、
 
文明社会の中で機能していくには必要不可欠だと思います。
 
しかし、人生半ばになるとそれを手放した方が上手くいくようになる。
 
『間』を増やしながらの人生に耐えうるほど、
 
ありがたいことに、
 
まだ人間は機械化していないのではないかと思うのです。
 
『間』
 
とは、人生の中で金の延べ棒のようなものだと思うのです。
 
 
様々な試練の中で一本づつ貯めてきた金の延べ棒(鎧・自我)は、
 
それがあるからこそ
 
社会や家庭の中での自分の立ち位置を確立することができたのです。
 
しかし、その重みに耐えられなくなってくるのが人生半ばではないかと。
 
そして、心身の不調や
 
今までのやり方がうまくいかないというウェイクアップコールが鳴り、
 
その金の延べ棒を一本づつ取り出して脇に積む作業が始まる
 
ミッドライフクライシス。
 
(YEメソッド2チャクラ編)
 
積み上げた金の延べ棒は誰かの手に渡ってしまうのではなく、
 
自分で持ち歩いていた重荷を一旦置いて、
 
必要な時には、それを利用していくことになるのだと思います。
 
だから、多くの人が感じる「捨てることに対する恐怖」は不要です。
 
より広い視野からの投資であり、
 
ふさわしい洋服を選ぶようなものですから。
 
(YEメソッド3チャクラ編)
 
より人生がうまく回り始めるのです。
 
そして一つづつ『間』をとった内側の空間にヴィンテージラインを作り、
 
真人 になるのでしょう。
 
(YEメソッド4チャクラ以降)
 
 
 
4月7日には、このYEメソッドの話もさせていただこうかと思います。
 
 

2017年4月7日(金)
第1部 19:00~20:00
第2部 20:15~21:00 

場所:東京・阿佐ケ谷 スペース白い花
(詳しい場所はお申込の方にお知らせします)

料金:
第1部 5,000円
第2部 3,000円(当日精算)

お申し込み:
フェイスブックイベントページの参加ボタンを押すか、
メール で承ります。
メールアドレス bpahc7@gmail.com に

「お名前・参加人数・参加する部(1部、2部、両方)・ご連絡先電話番号」をお知らせ下さい。 
 
 
 
 

« 更年期の様々な症状をどのように変容させていくか | トップページ | 金の延べ棒さらにその後 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/65054459

この記事へのトラックバック一覧です: 真人→人間→真人:

« 更年期の様々な症状をどのように変容させていくか | トップページ | 金の延べ棒さらにその後 »