フォト

« ヒーリングチャクラ7 | トップページ | エネルギー体考察 »

2017年2月27日 (月)

シンプルな中の永遠性

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
ここのところ、
 
みなさまにお伝えしている明鏡止水のワークに集中しているのですが、
 
このシンプルな動きの中にある無限の可能性に毎日ワクワクしています。
 
身体の状態を変容させることはもちろん。
 
集中力や上方のエネルギーを開いていくのに必要な練り上げる力が、
 
毎日、薄紙を積み上げるようにヒタヒタと増していくのが楽しいのです。
 
 
 
 
昨今は刺激的なものにしか反応しなくなっている世の中ですが、
 
実は、精妙な周波数を獲得するとき、
 
刺激に慣れていると難しいのです。
 
非常に精妙なる世界への感性は、
 
よりシンプルなものの中に、
 
何を感得していかれるのかにかかっています。
 
ですから、常に新しい刺激を求めている方は反対のことをなさっているので、
 
いつまでたってもその部分が開かれていかないのです。
 
見ているととても残念ですが、
 
ご自分で気づかれない限り、
 
永遠に新たなる刺激を求め続けるでしょう。
 
なぜなら、
 
それが本当のことに気づいてもらっては困る自我の策略だからです。
(というと自我が悪いものと思われてしまいますが、自我は自我の仕事をしているだけです)
 
 
 
見えない世界は様々な周波数の界からなる
 
というお話はさせていただいていますが、
 
単純にいっても 見えない世界は物質を触るような感触がないのですから、
 
1㎝を1mmに、
 
その1mmを0.1㎜に と、
 
さらにさらに精妙に見続けていかれる感性が必要なのです。
 
これはヒーリングをなさる方には必須だということ。
 
いくら新たな技術を獲得されようと、
 
この感性が育っていない方は、 
 
クライアントの方のエネルギーのそれぞれのレベルで何が起きているかを
 
見つけることができません。
 
 
 
そして、エネルギーの世界を知るには、
 
「あっ、わかりました」
 
と、わかってしまった場合、そこで成長が止まるのです。
 
ただ、黙々とシンプルなものを見つめ続けることのみが、
 
その世界を開いて生きます。
 
 
 
私が思うに、私たちに無条件に与えられている、
 
誰でもどんな時にでもできる非常に平等なシステムだと思うのです。
 
 
 
 

« ヒーリングチャクラ7 | トップページ | エネルギー体考察 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/64946567

この記事へのトラックバック一覧です: シンプルな中の永遠性:

« ヒーリングチャクラ7 | トップページ | エネルギー体考察 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ