2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 宝珠の香り Guru Rinpoche year 22 | トップページ | 宝珠の香り Guru Rinpoche year 24 »

2017年1月 5日 (木)

宝珠の香り Guru Rinpoche year 23

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
 
ムクティナートから降りる朝、
 
早朝に裏口から岩山に登りダウラギリにご挨拶。
 
本当にダウラギリは私にとって特別な山です。
 
Th_fullsizeoutput_26af
 
奥の院まで降りると、
 
中からアニさんの声がするので
 
そっと中に入ると年長のアニさんがお一人でプージャをしていらっしゃいます。
 
隣に座るように手招きされたので、
 
お隣に座らせていただきます。
 
「あなたは運がいい。今日はパドマサンバヴァのプージャの日ですよ」
 
との事。
 
アニさんの染み渡る声と法螺貝、リンの音が、
 
早朝のピンとはったヒマラヤの山々に響き渡ります。
 
それから2時間あまり
 
パドマサンバヴァのプージャを独り占めさせていただきました。
 
身も心も生まれ変わったように新鮮なエネルギーで満たされます。
 
ゴンパの正面には、
 
パドマサンバヴァがダーキニーのために彫り残した
 
彫像がこの地を見下ろしています。
 
Th_img_3002  
 
 
他で拝見する
 
パドマサンバヴァよりも人間味のあるようなお顔です。
 
アニさんたちがこの地でずっと守り続けてきたのですね。
 
とてもロマンティックなお話です。
 
 
 
奥の院から出て歩いていると、
 
アニさんから
 
「パドマサンバヴァの身体表象の五宝は見た?」
 
とお話しくださいます。
 
「いいえ、存じませんでした」
 
とお答えすると、
 
「ぜひ、行ってごらんなさい連絡しておくから」
 
との事。
 
また、パドマサンバヴァのご縁が繋がります。
 
 
 
 
 

« 宝珠の香り Guru Rinpoche year 22 | トップページ | 宝珠の香り Guru Rinpoche year 24 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/64722387

この記事へのトラックバック一覧です: 宝珠の香り Guru Rinpoche year 23:

« 宝珠の香り Guru Rinpoche year 22 | トップページ | 宝珠の香り Guru Rinpoche year 24 »