2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 宝珠の香り Guru Rinpoche year 9 | トップページ | 宝珠の香り Guru Rinpoche year 11 »

2016年12月18日 (日)

宝珠の香り Guru Rinpoche year 10

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)10 
 
 
 
午前3時。
 
屋上に出てみると
 
Th_499486591228978
 
 
 
息を飲む星空が広がります。
 
生き物の気配は一つもなく、
 
静謐なエネルギーがあたり一帯を包み込んでいます。
 
私は、まるで絵本の中に入ってしまったようなふしぎな感覚を覚えます。
 
(ディズニーとかじゃなくってアジアの)
 
『御伽の国』
 
それが一番しっくりくる言葉です。
 
「むかしむかし、神が宿るという 遠い地の果ての国に ・・・」
 
と始まるにふさわしい空気感。
 
読み進みたいのと、ちょっと怖いのが入り混じるワクワク感。
 
ページをめくる手がちょっと震えるような。
 
自分の原初の記憶に触れるような・・・
 
人間の私が、神々の世界に迷い込んでしまったような・・・
 
この感じ!
 
「すべて叶えてくれてありがとうございます」
 
と叫びたい感じ。
 
あぁ、今思い出しても喜びに打ち震えてしまいます。 
 
 
 
そして、一人お堂の探検に出かけるのでした。
 
同じお堂でも昼間の世界ではありません。
 
何が待っているのでしょうか。。
 
「落ち着くのよ」
 
と、はやる気持ちを抑えて
 
手探りで梯子を下ります。
 
(屋上への移動は木をくりぬいた梯子です。真っ暗だから注意が必要)
 
 
 
 
Th_499492110612709
 
 
屋上の下のお部屋。
 
外から見ると蔵のような感じ。
 
3段階段を上がって
 
ギギギーッと観音開きの屈まないとくぐれないような小さな扉を開けると、
 
真ん中にたくさんの経典が積み上げられています。
 
壁には、25人の成就者の石版画が所狭しと並べられ、
 
違う世界からやってきた闖入者を見つめています。
 
「お邪魔してごめんなさい、私は日本からやってきました。
 
静かにしていますから、ちょっといさせてくださいね」
 
と、ご挨拶して入り口の脇に座ります。
 
なるべくお邪魔しないように。
 
ベルベットのような漆黒の夜。
 
バターランプの明かりが灯るお部屋に浮かび上がる神々。
 
伝説の地のエネルギーはやはり素晴らしく。
 
これ以上の至福があるとは到底考えられない世界です。
 
 
 
 
 
 
 
裏・宝珠の香りはこちらから(見えない世界を鼻で笑う人は見ちゃダメ)

« 宝珠の香り Guru Rinpoche year 9 | トップページ | 宝珠の香り Guru Rinpoche year 11 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/64639920

この記事へのトラックバック一覧です: 宝珠の香り Guru Rinpoche year 10:

« 宝珠の香り Guru Rinpoche year 9 | トップページ | 宝珠の香り Guru Rinpoche year 11 »