2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 宝珠の香り Guru Rinpoche year 18 | トップページ | 今年も一年ありがとうございました »

2016年12月30日 (金)

宝珠の香り Guru Rinpoche year 19

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
この旅で3回目のナウリコット。
 
夢にまで見たお風呂heart04
 
石のように固まった髪からは砂が落ち、泡も立ちません。
 
上と比べると穏やかな気候に少々ホッとします。
 
 
 
マノチさんと精油の打ち合わせもしなければ。
 
今回のヒマラヤに来る前には、
 
「次はヒマラヤに蒸留所ができるといいなぁ」
 
と夢見るように言っていたけれど、
 
実現してしまいそうです!
 
グルサンポのオイルを使った製品は、
 
来年にはお届けできるように頑張っています。
 
 
 
翌日は早朝からグルサンポの守り人であり、
 
精油の蒸留をしてくださっているマノチさんと一緒に、
 
グルサンポにご挨拶とマノチさんの写真撮影。
 
マノチさんはボン教のラマさんなのです。
 
グルサンポを一番最初に訪れた時に    
 
付き添ってくださったのもマノチさんでした。
 
 
パドマサンバヴァが座って瞑想したという場所にご挨拶。
 
その場所から洞窟の入り口を見ると、
 
Th_img_2831
 
美しい「ア」
 
パドマサンバヴァもこの光景をご覧になったのでしょうね。
 
そして、
 
『悪い人だと出てこられない穴』 
 
に「入りますか?」
 
と聞かれたので、
 
「悪い人だから出てこられないと思う」
 
と言って一回はお断りしたものの、
 
マノチさんが出てきたのを見て、
 
「やっぱりやってみる」
 
と挑戦しました。
 
Th_img_2845
 

 
その後、久しぶりにグリーンタラのいらっしゃる
 
水の洞窟に入ります。
 
 
ヒマラヤの雪解け水がゴーゴーと流れる洞窟内。
 
声もかき消されてしまうほどです。
 
 
 
 
 
洞窟内に入り、
 
再度外に出て来るのは『再誕』を意味するそうです。
 
 
 
 
 

« 宝珠の香り Guru Rinpoche year 18 | トップページ | 今年も一年ありがとうございました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/64688271

この記事へのトラックバック一覧です: 宝珠の香り Guru Rinpoche year 19:

« 宝珠の香り Guru Rinpoche year 18 | トップページ | 今年も一年ありがとうございました »