2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月28日 (水)

帰国

 
 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
ハワイから戻りました。
 
今回は、娘の結婚式の前にマウイにちょこっと寄って、
 
友人やジャックと会ってきました。
 
Th_img_1167
 
マウイ友達の作った美味しいお料理を毎晩ご馳走になり、
 
Th_img_1178
 
ジャックの蒸留所で新たなオイルを堪能し。
 
前回も凄かったフラワーエクストラクト、
 
今回はなんと60日の肯定で作られた益々貴重なもの!
 
 
 
そして、写真の左側に見える
 
新たな宇宙船のような銅製の蒸留機で蒸留した、
 
オマーンのフランキンセンスとレッドタンジェリンのオイルにノックアウトされ、
 
(本当にまろやかで品の良い陶酔のエネルギーです)
 
もちろん!
 
その場で、この蒸留器の小さいサイズをオーダー。
 
これを使ってヒマラヤで蒸留するのが当面の目標になりました。
 
Th_img_1182
 
とにかく、
 
かおりさんと
 
「やばい」「ヤバイ」「ヤバイ〜!」と言い続ける至福の時間。
 
 
 
 
その後、オアフに移動して、
 
家族と落ち合い、
 
ミカの結婚式。 
 
Th_img_1436
 
父も写真で参加。
 
「ミカのドレスは僕が買うから」
 
と言って、6月に買ってくれたドレスです。
 
 
Th_img_1506
 
 
日本からたくさんのお友達が駆けつけてくれました。
 
友達がいない私の結婚式の時とは大違いsweat01
 
 
Th_img_1374
 
臆することなく愛を振りまく二人。 
 
私たち以上に娘を愛する人にこの世で巡り会えたことを実感しました。
 
見つめる時間の長いこと長いこと。
 
こんなに見つめる人を映画以外で久しぶりに見た。
 
 
 
 
Th_img_1574
 
娘を嫁に出して腑抜け状態でプールで浮かぶワタクシ。
 
最近はホノルルに寄ることがほとんど無かったけど、
 
ここでは、懐かしきバブルが健在であることが確認できました(笑)
 
 
 
帰りの飛行機、
 
機内食美味しくなくて食べなかったら、
 
干し鱈入りの辛ラーメンをお肌がツルツルの綺麗なCAさんが作ってくれました。 
 
マシッソヨgood
 
 
Th_img_1585
 
 
 
マウイから始まって、
 
心の籠ったお食事を堪能した旅でしたhappy01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年9月18日 (日)

エーテル体でリフトアップ?

 
 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 

みなさま、ごきげんよう。
 
今月のエネルギーの学校は、
 
肉体、エーテル体、アストラル体をしっかりと感じ分ける練習をしたのですが、
 
エーテル体の質感や自体にまだ自信のなかった皆様が
 
一番目をキラキラさせて食いついたのが、
 
『エーテル体によるリフトアップ』
 
でした。
 
エーテル体を扱うと、お肌が内側から光を発し始めますし、
 
エーテル体を扱う方向性によって、
 
明らかにリフトアップします。
 
いつもは、
 
「ちゃんと練習してきてくれるかしら?」
 
と、少々疑いの目を持っていますが(笑)
 
エーテル体リフトアップ効果によって、
 
エーテル体の取得は確実だろうと、
 
内心喜んでいます。
 
ここで大切なのは、
 
確実にエーテル体に働きかけることです。
 
何となくこの辺? ではなく、
 
ビシッと決めましょう。
 
 
 
 
 
 
 

2016年9月16日 (金)

腹八分

 
 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
朝一番の慣習が昼過ぎになってしまいました。
 
 
友達の少ないワタクシなので、
 
夜出かけることはほとんどないのですが、
 
昨夜は、お稽古の諸先輩がたの、
 
「肉と日本酒」 
 
というマニアなお店の集いの末席にご一緒させていただきました。
 
 
 
お肉と日本酒だけをいただくことは、
 
人生の中でもなかった経験なので、
 
お肉の消化に非常にエネルギーを使うことを、
 
身をもって知りましたsweat01
 
消化にエネルギーが流れるので、
 
他に使うことができません。
 
だから、おなかいっぱい食べちゃダメなんですね・・・
 
エネルギーワークをするときも、
 
瞑想をするときも、
 
お食事はほどほどにしないと、
 
消化のエネルギーが勝ってしまうのですね。
 
だから空腹時の早朝が上のエネルギーを感知するには最適なのだ。
 
ということを身をもって知った朝でございます。 
 
 
 
しかし、「肉と日本酒」は、
 
1つ上のレベルの美味しさでした。
 
 

2016年9月15日 (木)

1+1=?

 
 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
今月のエネルギーの学校では、
 
 
陰陽統合の石を使って自分の周波数を変える練習をしました。
 
土日・平日クラス共に多大なる変化がありましたが、
 
平日クラスでは、
 
「これを、うちでも体験するにはどうしたらよいか?」
 
ということになり、
 
「どうしたらいいと思う?」
 
と質問してみると、
 
「この石を使ってエッセンスを作ったらいいと思う」
 
との意見が出て、皆が同意したので、
 
「では、明日皆が作ってみましょうか」
 
ということで、
 
翌日のクラスでは、
 
クリスタルのボールに富士で汲んできた霊水と陰陽の石を使って、
 
クリスタルエッセンス作りをしました。
 
私は物の提供だけで一切口出しも手出しもしません。
 
(「自分たちでやらせるように」と、上からの指示)
 
 
Th_img_1123
 
さて、出来上がったエッセンスを試してみると。
 
 Th_img_1124
 
富士の霊水パワーです。
 
石を手で触れた時の感じはありません。
 
 
 
なぜでしょう?
 
これは平日クラスの宿題ですが、
 
みなさまも一緒に考えてみてください。
 
なぜ、陰陽統合の石のエッセンスができなかったか(笑)
 
 
 
回答は来月クラス後になります!
 
 
 
 
 
 

2016年9月14日 (水)

岩泉頑張れオイル! ご協力ありがとうございました。

 
 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 

 
みなさま、ごきげんよう。
 
岩泉頑張れオイル にご協力いただきまして、
 
ありがとうございました。
 
オイルご購入いただき、
 
17万円の寄付を集めることができました。
 
このうち3万円を気仙沼のヒーリングボランティアに
 
14万円を岩泉の復興のためにお渡ししようと思います。
 
その後の詳細は、
 
気仙沼に行ってくれているメンバーや
 
岩手のリッちゃんにお願いしようと思います。
 
今回、本当に嬉しかったのは、
 
お目にかかったことのない方やしばらくお目にかかっていなかった方が、
ご賛同下さり、
 
御心を向けてくださったことです。
 
みなさまのお気持ちがこもった寄付、
 
しっかりと渡させていただきますね。
 
素早いご対応
 
本当にありがとうございました。
 
 
 
 

2016年9月13日 (火)

裏・イシスの息吹更新中

 
 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
2005年5月からこのブログを始めました。
 
見えない世界のことは、
 
言葉で伝えきることができないし、
 
誤解を招くことも多いし、
 
簡単に見えることも、
 
その背景には、
 
日々の自己内省が必須だということ。
 
そして、それを怠った途端に足を踏み外すということは、
 
自分自身も20年間日々痛い思いをして試行錯誤しながら、
 
過ごしてきました。
 
だから、私のブログは、
 
「エゴに満ち溢れている私の歴史」です(笑)
 
 
 
 
週末のワークショップなどの短期で習うことのできるインスタントな、
 
ヒーリングやリーディングへの
 
見えない世界へのアクセス方法が間違っているわけではありせんが、
 
自分の「エゴ・自我」中心に生活していれば、
 
エゴの状態が生み出すアストラルの世界にしか行かれない。
 
その時だけ都合よく、エゴを手放すことは不可能です。
 
そして、太古の時代からこのエゴを手放すことこそが、
 
人間にとっていちばん難しいことは、
 
歴史を見ても政治の世界を見てみても、
 
明らかでしょう。
 
 
誰にでも可能だけれど、
 
「私を見て」
 
「私ができるようになりたい」
 
「私の仕事にしたい」
 
というように、
 
主語に「私」があるうちは、そのエネルギーにも言葉にも
 
正当性は感じられません。
 
なぜなら、私たちが一番欲しい情報もエネルギーも、
 
「私」という個を超えたところにあるものだからです。
 
それには、
 
「私」
 
が主役を張っているうちは難しいでしょう。
 
ですから、
 
「私」が頑張らなければいけない、人生の前半は、
 
こういうことには不向きだと思います。
 
「私」は社会で揉まれて足腰つけてください。
 
始めるのは40過ぎ、
 
一人前になるのは60過ぎでしょうか。
 
私もそこに向かって自分に向き合う毎日です。
 
 
 
 
こうした理由からここで書くことに抵抗のあった、
 
エネルギーのやりとりの話を、
 
今回裏ブログをつくって載せることにしました。
 
「死」
 
に対する恐れこそが、
 
「私」
 
を手放すことのできない最大の理由に思えたからです。
 
 
 
 
まずは、あちらに逝った父との会話を載せています。
 
 
YEメソッドやってから読んでください(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年9月12日 (月)

今月のエネルギーの学校 2016/9

 
 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
今月のエネルギーの学校 2016/9
 
 
1日目
・ チベット死者の書は死者だけでなく生きる者のための書
  世界の秘儀参入とチベット死者の書
    チベット死者の書 視聴
・ アストラルのエネルギーから陰陽統合のエネルギーへの変化を感じ取る瞑想
 
 
2日目
・肉体を繋げる part1 
・肉体のエネルギーを読む part1 
・エーテル体を繋げる part1
・エーテル体のエネルギーを読む part1
・アストラル体を繋げる part1
・アストラル体のエネルギーを読む part1
 
来月はpart2の予定。
 
 
以上。
 

2016年9月11日 (日)

凝り固まってパターン化した脳を柔軟に

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
昨日のクラスでお話しした映像
 
 
 
今、森美術館で体験することができます。
 
 
 
さて、
 
私たちは、日々の生活を送る中で、
 
そして、歩んできた人生の中で、
 
どうしても、パターン化した思考に囚われています。
 
偏った思考を続けていると、
 
アストラルレベルでのエネルギーの動きに偏りが見られ始め、
 
その後、エーテルレベル、肉体レベルと、
 
その影響が及んできます。
 
そして、脳のある特定の場所が滞り精神的に苦しくなったりします。
 
このような精神疾患の方の
 
アストラルレベルの脳の滞っていたエネルギーを解放するだけで、
 
さっきまで感じていた辛さが思い出せなくなったりします。
 
もう1つの切り口として、
 
物質的な3次元(いや思考的には2次元に近いかもしれない)
 
の世界にどっぷりと浸かっていると、
 
それはまた脳のエネルギーが偏り、
 
限定的な思考や発想しか生まれなくなります。
 
脳の滞りといっても、それもまた偏った視点ではなく、
 
多角的な視点で見ていく必要があります。
 
そして、
 
「良い意味で3次元や固定観念で凝り固まった脳をだます」
 
ことで滞っていた部分を解放していくような働きかけが必要に思います。 
 
 
 
 
 
 
 

2016年9月10日 (土)

陰陽統合石

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
裏・イシスの息吹 (マニアックな記事はこちら更新中 YEメソッドせずして見るべからず
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
 
 
Th_img_1113
 
お越しになった方はご存知だと思いますが、
 
我が家には子どもの頭くらいの大きさの石が2つあります。
 
1つは、隠岐島の黒曜石。
 
いつもお世話になっている宮本さんがくださいました。
 
今では、こんなに大きな黒曜石は取れないそうです。
 
 
 
そして、もう1つは、
 
その数年後に日本にやってきたヒマラヤン水晶。
 
これは私がヒマラヤのルブラの村に行く途中、河原で見つけました。
 
 
 
なんとなく隣に置いておいたのですが、
 
上からの指示で、
 
両手をそれぞれの石の上に乗せると、
 
それはそれはダイナミックなエネルギーの流れが起こります。
 
視覚と音とともに、
 
これを味わうと凄いことになりそうです。
 
特別なものと思われていた世界をいかにここに下ろしていくか。
 
非常に楽しみです。 
 
 
 
 
 

2016年9月 9日 (金)

岩泉頑張れオイル!

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
裏・イシスの息吹(マニアックな記事はこちら更新中)
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
岩手応援オイル、
ご賛同下さりありがとうございます。
 
お目にかかったことのない方まで、
 
ご賛同いただけて本当に感動しています。
 
 
 
少し、このオイルの説明をさせていただくと、
 
これはヒマラヤの3000メートル付近に生息する桜の実を
 
手作業で絞って作ったオイルです。
 
Th_img_4358
 
とても周波数の高いオイルです。
 
大量生産はできません。
 
ヒマラヤの方の大切な資源を搾取したくない気持ちもあります。
 
ヒマラヤに行くたびにお譲りいただける分を少しづつ分けていただいています。
 
この貴重なオイルを私は、
 
酵母液➡️化粧水の後にブラックシードオイルと交互に使っています。
 
桜の花のようにサラリとしたオイルなので、
 
べたつかずとても気に入っています。
 
ただし、私はお肌がとても強いので、
 
他の日本の方がお顔に向くかどうかは定かではありませんので、
 
まず、足や手などのマッサージから使い始めてください。
 
 
昨年、岩手で研修をした際に摘み取った桜の花を塩漬けにしたものを、
 
3月にヒマラヤへ持って行きました。
 
ヒマラヤの方も、
 
桜に対する思いがとても強く、
 
何か橋渡しをしたくて、
 
岩手の美しい桜の花びらを味わっていただきたくて持参したのです。
 
Th_img_6351
 
 
ですから、今回何かお手伝いをできないかな?
 
と考えた時に、
 
みなさまの温かいお心にピッタリなこのオイルを思いついたのです。
 
今日締め切りですが、まだ、若干お譲りできますshine
 
 
 

2016年9月 8日 (木)

トウキョウ 死者の書 11

山本ユキHP エネルギーの学校

 
トウキョウ死者の書
 
これ以降は別のブログで展開していきます。
 
もしよかったら、
 
以下のページでご覧ください。  
 
 
 
http://ameblo.jp/sunandmoon42/entry-12197861134.html

2016年9月 6日 (火)

岩泉頑張れブレンド!

山本ユキHP エネルギーの学校

 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
昨年一昨年と、
 
研修やボランティアでお世話になった岩手県の岩泉が大変なことになっています。
 
クラスのりっちゃんは、隣町に住んでいますが、
被害は甚大なようです。
 
何かできることはないかと思い、
 
寄付を集めようと思います。
 
私の秘蔵品のヒマラヤで手絞りされる桜の実のオイルと
 
ブループリント協会から販売されているクリアを入れたものを 
 
特別にお譲りします。
 
30ミリで5000円です。
 
桜の実のオイルは本当に貴重なものです。
 
 
 
収益は被災された岩泉や気仙沼のボランティアに寄付します。
 
月末から海外に出るので、
 
9月9日までにお申し込みください。
 
発送ご希望の方は、
 
申し訳ありませんが、着払いとさせていただきます。
 
よろしくお願いいたします。
 
お申し込みは、
 
ky.yamamoto(☆)nifty.ne,jp←(☆)を@に変えてメールしてください。
 

 
数に限りがありますので、
 
先着順になります。
 

 
 
 
 

2016年9月 3日 (土)

トウキョウ 死者の書 10

山本ユキHP エネルギーの学校

 
 
 
 
私が物質世界と物質の世界ではない世界を日常的に行き来していることを、
 
ほとんどの人は、
 
「本当なのか?」
 
「本当ではないのか?」
 
と、無意識のうちに二択していると思うのですが、
 
私の中で大切なのは、
 
「滞らせるのか?(立ち止まるのか)」
 
「無限に広がるのか?」
 
なのです。
 
 
 
 
宗教のように、
 
「私の言っていることを信じろ」
 
ではなく、
 
「あなたの可能性の有限を無限の方向に」
 
少しでも動かせたら素敵だと思います。
 
だから、
 
これから書いていく父との会話が、
 
「本当なのか?」
 
という視点ではなく、
 
「これを読んでいると在り方や世界観が広がるのか?」
 
という視点を持っていただければ、
 
とても嬉しく思います。
 
 
 
 
 
 
 

2016年9月 2日 (金)

トウキョウ 死者の書 9

山本ユキHP エネルギーの学校

 
 
 
テレパシー能力は退化したけれど、
 
スマホを使って遠くの人と瞬時に繋がれるようになり、
 
見えない次元移動が出来なくても、
 
こうして向こう側の世界を誰でも垣間見ることができるようになった。
 
私たちの身体とエネルギーの境界線はどんどん曖昧になり、
 
見えない世界の質感や共通言語は、
 
ビジネスの世界で通用するようになっている。
 
何かがそれを押しとどめようとしても、
 
すでに流れができている。
 
そして、特別なものではなくなっている。
 
 
 
もしかすると、数年先には、
 
死後の世界がここに映し出され、
 
故人と当たり前に会話できるような日が訪れないとも限らない。
 
私たちの中で、
 
「それはないでしょ」
 
という固定概念は、
 
私たちの能力を最も低く見積もり、
 
ものに縛り付ける。
 
 
 
しかし、
 
携帯電話やスカイプで会話することは便利であっても、
 
孤独は拭えず、自らを変えることはできない。
 
この異次元の世界を生活に取り入れたとしても、
 
心の闇を無くしてはくれない。
 
手軽な便利さは自らに鎧を作り麻痺させる方向に向かいがちだ。
 
 
 
本来私たちが持つこの世界にたどり着くには、
 
自己の透明化が必要だから。
 
自らが使う側になるのか、
 
使われる側になるのかは、
 
自らの透明化の有無なしにはありえない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年9月 1日 (木)

トウキョウ 死者の書 8

山本ユキHP エネルギーの学校

 
  
人は夜になると、 
 
自分の内面の世界に意識が向かい出すのでしょう。
 
 
 
 
皆が寝静まった病院での夜の時間は、
 
父との素敵な時間になりました。
 
 
亡くなる10日ほど前、
 
「無の境地だな」
 
という言葉が父から出てきた時には、
 
一瞬どういう返事をして良いものかと戸惑いました。
 
普段クラスでは、
 
無であることの重要性を常に語ってきましたが、
 
全くそういったことに関心のなかった父からの言葉です。
 
 
 
私は、
 
「あら、私はいつも無の境地で居られるように頑張っているけど、
 
パパは、すんなりとその境地になれて凄いわね」
 
と、返しました。
 
すると、
 
「いろんな幻想は、どうしたらいい?」
 
と、父。
 
「私は毎日1時間は、見えない存在と話をしているわよ。
 
パパのことも宜しくって言ってあるからね」
 
と、話すと 声を上げて笑って、
 
「迷惑だって言ってないか?」
 
と、父。
 
「大丈夫よ。仲良しだから」
 
と、私。
 
父はゆっくりと眠りに入っていきました。
 
 
 
今にして思えば、
 
「無の状態」
 
になれば、
 
様々な周波数の世界が当たり前に広がっている
 
と、説明したほうがよかったかな? 
 
とか、
 
どの状態の時に何が見える?感じる?
 
と、聞けばよかったかしら?
 
と思いますが、
 
あの時の会話は、
 
父との時間の中で一番好きな時間です。
 
 
 
父である鎧と娘である鎧を必要としないとてもシンプルな時でした。
 
 
 

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »