2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月29日 (金)

名古屋セッションのお知らせ 

 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
8月6日(土)午後
   7日(日)午前
名古屋でヒーリングの個人セッションをします。
 
ご希望の方は、 
 
下記ホームページの連絡先よりご連絡ください。
 
 
 
 
 
以下、facebookでの募集告知を貼り付けますね。
 

【2016年8月6日(土)山本ユキさんin名古屋】

スペース白い花で精神科疾患をもつ方にヒーリングをしてくださっている山本ユキさんが、名古屋でヒーリングセッションを持ちます。

肉体レベルから非常に高い領域における問題、関係性のヒーリング、全てにおいて評価の高い先生です。ヒーラーズヒーラーでもあります。何でもお出来になるのでこれといえないのですが、とりわけ私たちの領域において、脳神経系領域の肉体レベルからHEFのレベル、そしてそれに干渉するアストラルのレベルのヒーリングをここまで精度をもって行う方には、私は今迄外国人の方を含めてであっていません。詳しくはプロフィールをご覧ください。

今回は単回の名古屋行きですが、アセスメントと基盤的な治療を行い(当クリニックでの施術では、大体1回でほぼ結果がでます)、あとは、ユキさんの知人の名古屋の方に紹介してくださるそうです。

2016年8月6日(土)〜要望が多かった場合7日(日)も可能

場所:名古屋近郊のホテルもしくはヒーリングスペース

料金:1時間1万5000円前後(交通費等を分け持っていただくことになります)

山本ユキさんプロフィール
http://homepage3.nifty.com/emeraldnefer/pg67.html

実はこころとからだ・光の花クリニックより紹介した小さなお子様のいる慢性疼痛の方のヒーリングセッションのために、出張をしてくださることになったことから、より多くの方に私たちが信頼しているユキさんのヒーリングをお届けしたいということになり広報させていただきます。

ご希望をされる方は、スペース白い花:070-6480-3387にお電話ください。

2016年7月28日 (木)

ありがとうございました

 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
父のお別れの会も無事に終わり、
 
毎年の沖縄の五穀豊穣のご神事にも参加し、
 
事務処理を終え、
 
怒涛のような日々がどうにか終わりそうです。
 
 
 
お別れの会は、
 
30年以上前に退職したにもかかわらず、
 
NHKのお弟子さんたちがサポートしてくださり、
 
家族の私たちまでもが楽しく過ごせる会になりました。
 
父の好きだったショパンのピアノ曲の演奏もあり、
 
父は大満足です。
 
 
 
亡くなってから、毎朝父との会話を続けているのですが、
 
あちらの世界の詳細はなかなか面白く、
 
いつかお話しできればと思います。
 
しかし、あちらの世界でもYEメソッドをやっているかやっていないかは、
 
相当な差が生まれるようです。
 
しっかりとやってからあちらに向かいましょう。
 
チベット死者の書は、
 
ごく初心者のためのものだということもわかりました。
 
夏休みのお供にいかがでしょうか?
 
 
 
 
暑くて読む気力のない方は、こちらはいかがでしょう?
 
 
 
漫画もあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年7月 8日 (金)

7月7日

 
 
 

My father passed away on July 7th.

みなさま、ごきげんよう。
昨日7月7日午後2時20分に父が彼方に旅立ちました。
肉体の機能を余すところなく使い果たし、
穏やかに身体を離れていきました。
その亡骸はヨギのように美しかったです。
ちょっとオシャレな演出が好きな父の旅立ちには、
ちょうど、ショパンの別れの曲がかかっている最中でした。

身体が思うように動かなくなってきた頃、
「どうしてみんな、こんなに僕のことを好いてくれるのかね?」
と、病院のベッドの上で父が尋ねてきたので、
「パパを嫌いになる要素がないから仕方ないわね」
と答えると、ちょっと嬉しそうに微笑んでいました。

常に人から見られる職業についていた父にとって、
毎日少しづつ いろいろな事が出来なくなっていくことは、
葛藤もありましたが、
最後には、
「ありのままの状態・存在するだけの自分」
でも愛されるということを実感して旅立ったようです。
そして、それを共に体験させてもらった日々は私の人生の中でも、とても大切な時間になりました。
一分一秒が本当に大切な日々でした。

父から喪主を仰せつかりました。
普通の葬式はやめてくれという父のリクエストで
14日夕方6時からピアノ演奏でのお別れの会をします。
私の親友のピアニストが父のために演奏してくれます。
演奏は七時頃から始まります。
お香典も会費も喪服もなしです。
よかったら、父と一緒に美しい演奏を聴いてやってください。

お別れの会
7月14日(木)午後六時〜八時
青山NHK青山荘

Th_img_0806
 
   
 
 
 
 

2016年7月 7日 (木)

7月10日

 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
だいぶご無沙汰してしまいました。
 
人生の中でこれほどまでにないほど一瞬一瞬大切な時間を過ごしているので、
 
家でPCを開く時間がないのです。
 
ごめんなさい。
 
 
 
さて、 
 
日本では、
 
「宗教と政治の話をすると友達を無くすぞ」
 
暗黙の了解です。
 
いつ頃からそうなったのか。
 
遠い昔の話ではないと思います。
 
その裏には、私たちには、
 
「洗脳されないように」
 
という思いがありますが、
 
もしかすると、
 
その思想こそが、
 
「洗脳されている」
 
のではないだろうか?
 
と思うのです。
 
自由に思想を語ることは、
 
生き物の中で人間だけに許されていることではないでしょうか?
 
しっかりと自分の足で立ち、
 
しっかりと自分の意見を持つことは、
 
とても大切なことです。
 
 
 
さて、あと数日 7月10日は参院選です。
 
あと3日あります。
 
しっかりと自分の足で立ち、
 
しっかりと自分の思想を確認しましょう。
 
今ならば、まだ間に合います。
 
自分が、子どもたちが
 
今の損得だけでなく、
 
未来の生活を描けるように、
 
しっかりと候補者の言葉を聞いて、
 
しっかりとそのエネルギーを感じて、
 
見極めてください。
 
エネルギーのことに精通しているみなさまだからこそ、
 
それができると確信しております。
 
 
約2000年前、
 
大衆はヒッピー上がりのパワフルな若者の道を閉ざしました。
 
そして、その後政治的に利用するために、
 
神格化しました。
 
恐れながら、申し上げると、
 
私はその一人の若者を神格化すべきではなく、
 
その言葉こそが「一つの思想」になるべきだったと心から思っています。
 
私たち大衆は、
 
当時から情報操作に弱かったのです。
 
さて、今の私たち。
 
しっかりと自分の足で立ち、
 
しっかりと自分の思想を確認しているでしょうか?
 
大丈夫。
 
まだ、3日あります。
 
 
 
未来を思い描ける選択をしていきましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »