2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« エネルギーの学校と魂の蒸留 | トップページ | トウキョウ 死者の書 2 »

2016年6月14日 (火)

トウキョウ 死者の書 1

 
 
 
眠りにつくとき、
 
仰向けになり、
 
両腕と両足を均等に軽く開き、
 
手のひらを上に向ける。
 
呼吸に意識を向けながら、
 
ゆったりと身体のチカラを抜いていく。
 
そして、丁寧に眠りの中に入っていく。
 
一呼吸ごとに、
 
呼吸の質が変化し、
 
こちらの世界とあちらの世界の狭間へと入っていく。
 
それは小船が波間を揺れるように、
 
通常の意識と、
 
物質を超えた意識の間をゆったりと行ったり来たりする。
 
狭間に恐怖を持ってはいけない。
 
そこにしがみつけば、
 
行かれるところは決まってしまう。
 
私たちはただその狭間に存在するエネルギーに身を委ねる。
 
そして注意深くその状態を感じていく。
 
ひとつひとつゆっくりと。
 
 
 
 

« エネルギーの学校と魂の蒸留 | トップページ | トウキョウ 死者の書 2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/63703833

この記事へのトラックバック一覧です: トウキョウ 死者の書 1:

« エネルギーの学校と魂の蒸留 | トップページ | トウキョウ 死者の書 2 »