2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« ヒマラヤまんまる人間開示の巻 16 | トップページ | ヒマラヤまんまる人間開示の巻 18 »

2016年5月 8日 (日)

ヒマラヤまんまる人間開示の巻 17

 
 
 
 
 
政治的な理由なのか、
 
厳しい気候のせいなのか、
 
高度のせいなのか、
 
それともまた別の理由があるのか、
 
ひと気のないこの地は、
 
何ものにも邪魔されず、
 
真っ直ぐにエネルギーが到達する貴重な場です。
 
かつて地球にはこのような場所が沢山あり、
 
人々は神々の息吹を内に感じながら生活をすることができたのでしょう。
 
この地に来させてもらうようになって、
 
神々の息吹は至る所に存在していることを実感します。
 
 
 
 
さて、ローマンタンまでの帰り道、
 
ニブゴンパに立ち寄ります。
 
このゴンパは断崖に張り付くように作られています。
 
Th_img_9987
 
近づくと。
 
Th_img_0016
 
中に入ると、洞窟特有のしっとりとしたエネルギーに満たされています。
 
Th_img_9988
 
ここの神様には写真を撮っても怒られないようで、
 
ラマさんに写真を撮れるか伺うと、
 
「どうぞどうぞ」
 
とおっしゃいます。
 
Th_img_9990
 
 
 
 
Th_img_9997
 
たくさんの教典。
 
Th_img_9999
 
まだお若いラマさん。 
 
太陽の洞窟という名前に相応しく、
 
太陽が燦々とゴンパに降り注いています。
 
 
 
 
午後になるとすごい風です。
 
 
向こうに見えるローマンタンには砂の柱が何本も立っています。
 
息ができないので、マスクは必須です!
 
「ローマンタンの隣にある」
 
とご説明頂いたナムギャルゴンパに向かうことにしますが、
 
こんなに離れたお隣。
 
目を凝らさないと見えません。
 
 
マウロに乗って向かいます。
 
ゴンパの下には村があります。
 
その村の建物についているトタンが風で揺れて
 
マウロたちが怖がってしまうので、
 
途中から歩いて向かいます。
 
 
ハァハァ言いながらゴンパに着くと、
 
先日お目にかかったケンポがゴンパをご案内くださいました。
 
それがこちらです。
 
Th_img_0051
 
 
 
 

« ヒマラヤまんまる人間開示の巻 16 | トップページ | ヒマラヤまんまる人間開示の巻 18 »

コメント

ユキさん、いつも清々しさをお福分けくださってありがとうございます。この回の動画はとびきり好きです。喜望峰で南極からの風に包まれた時の大きなエネルギーを思い出します。ああ、気持ちいい。ありがとうございます。

玉木さん!
ありがとうございます。
私もこの動画を見て深呼吸しています。
「喜望峰で南極からの風に包まれた時の大きなエネルギー」
のお話、今度聞かせてくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/63594977

この記事へのトラックバック一覧です: ヒマラヤまんまる人間開示の巻 17:

« ヒマラヤまんまる人間開示の巻 16 | トップページ | ヒマラヤまんまる人間開示の巻 18 »