2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月29日 (火)

いろいろな移行

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング  

ブループリント協会

 

PCにつづいてiPhoneも移行していたところ、

お目にかかった事がなかったり、

しばらく会っていなかった方々から次々とLINEにメッセージが入り、

おかしいなぁ。

と思っていたら、

「通知をオフにするのです」

と、アドバイスいただき冷や汗をかきました。

届いた皆様、ご迷惑を御かけしました。

 

こういう事に不慣れだと、

スルスル出来る方を本当に尊敬します。

しかし、iPhoneが新しくなるたびに感じるさらに増す電磁波(?)

手のひらから体感部へ入ってくる感じが、

とても気持ち悪く、

直接手で持たなくてよいカバーを誰かが開発してくれないかと思います。

 

さて、移行の時期である事は多くの人が感じている事かと思います。

主催しているエネルギーの学校でも、

新たな段階に入りました。

「5レベルのガイド」との作業です。

期せずして始まったのですが、

からだの中にヒーリングガイドが入って作業します。

(電磁波は気持ち悪いけれど、ガイドはすばらしいです)

すると、通常自分の力では及ばないようなヒーリングが成されます。

一人ずつ聞いてみたところ、

全員が(ヒーリングする側、受ける側ともに)

ヒーリングガイドを確認できたとのこと。

(平日クラスは今日明日)

 

 

言い続けてきましたが、

人間が出来る事は、本当に小さな事。

上とともに作業するための足腰をつける努力は必要です。

ただ委ねても、

週末に習得できるナンチャッテヒーリングになりますから。

しかし、順調に頑張って人生を過ごし、

自分の内面との葛藤、

ミッドライフクライシスを過ぎたあたりからは、

我を少しずつ和らげ、

ゆだねる方向へ移行する事が望ましく感じます。

非常に我の強かった私が、

そう感じるのですからね。

思い切って大いなるものにゆだねた時、

自分では起こせないような変化が起こり始めるのです。

 

さて、これからもどんな移行が始まっていくのか、

楽しみです。

2015年9月20日 (日)

陰陽

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング  

 
世の中は刻々と変化し、
私たちがエネルギーの波間を漂う
小さな波であることを否定しようがない事に気づきます。
また、その一部である事にも気づきます。
 
どのように変化しようとも、
それをこの場で陰陽で判断すると全体が見えなくなります。
感情に任せるのではなく、
常に俯瞰しながらより大きなエネルギーの流れを見ていくと、
小さな自分ではなく、
より大きな自己の目で周りを見る事ができます。
 
そして、
自分が「ここ」で何をしようとしているのか。
見つめます。
 
そして、
流れにゆだねる。
 
毎朝、常に行う私の習慣です。
 
 
 

2015年9月18日 (金)

エネルギーの変化

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング  

ブループリント協会

 

みなさま、ごきげんよう。

 

この数日、imacのウィルス感染復旧作業にかかりきりでした。

macもウィルス感染する時代です・・・

事の始まりは、

ウフィッツィ美術館の「7つの美徳」

この絵のエネルギーがどうしても感じてみたくなって、

検索し、ボタンを押したとたんに、

「ピピピッ!」

という音と共に

「ウィルスに感染しました」

との警告文が。

セキュリティソフトの作業かと思うと、

マックキーパー

なるもの。

怪しく思い、

すぐにセキュリティとappleに連絡し、

探っていくと、

「それ」はたいした事がないものの、

とある海外のヨガ団体から届いたメールが原因だったようです。

しかし、

みなさまのご尽力により、

昨夜、復旧いたしました。

奥深くまで入り込み、セキュリティを何度も消し去るので、

「もう過去のデータはいらない」

と、早々にあきらめがつきました。

 

という事で、

タイムマシーンから引っ張ってくるデータは、

4月から9月まで戻していませんので、

その間の情報は、残っていません。

 

しかし、

今朝、この部屋のエネルギーが全く違う事に気づいたのです。

一瞬恨んだ「7つの美徳」も、

潜むウィルスに気づかせてくれた大事な絵です。

一見、「黒」

と思えるものが、

実は、

「白」

を気づかせるための一石である事。

大きなヒントです。

 

そして、

もう一つは、

ここ最近のエネルギーシフト。

自分の周波数の状態を変化させていないと、

不協和音。

だから、

周波数の修正をしながら生活しています。

すると、

隠れていた本来のじぶんが 浮かび上がり、

その状態で生活をしていると、

ことの外、

様々な気づきが生まれます。

 

皆様の中にも、

「なんか最近変だ。」

と、思っていらっしゃる方がいらしたら、

是非共、

エネルギーシフトさせてみてください。

 

考えてみると、

前回のヒマラヤでの大きな宿題がエネルギーシフトだったので、

来月再来訪までに間に合わせてもらった感があります。

 

ありがたい事です。

 

いいですか、

一見「黒」が「白」への布石ですよ。

 

 

2015年9月14日 (月)

アレックス・グレイ

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング  

ブループリント協会

 

今月のアレックス・グレイのカレンダー↓

Image

ドルジェです。

 

アレックス・グレイ。

まだ、ヒーリングトレーニングに通っていた頃、

自分が周波数を変えて見ている世界が

本当なのか確信がもてなかったとき。

この画集をクラスで紹介されて、

「あぁ、私が見ている世界が描かれている!」

と、安堵したものです。

 

それから、

何となく毎年カレンダーは、

アレックス・グレイ。

月が変わるごとに、

「そうそう、そうだよね。」

と、そこに描かれている世界に安堵します。

 

今月は、ドルジェ。

トレーニングの卒論で手印について取り上げようと、

少し調べた事がありました。

だから、仏像や彫像、絵画のポーズには少なからず、

情報が含まれていると思っています。

(結局、卒論は違うテーマになったけれど、

その時の資料は、姪っ子の夏休みの宿題に活躍しています(笑))

 

今回のこのドルジェの位置、

非常に素晴らしいです。

仏具としては様々な伝統的な使い方があると思うのだけれど、

私はこの位置がとても気に入って、

エネルギー調整に使っています。

 

ドルジェは、とてもパワフルなエネルギーを持つ仏具だと思います。

新たなヒーリングチャクラ7のクリスタルのエッセンスは、

ヒマラヤンクリスタルで作られたドルジェのエネルギーが、

入り、更にパワフルなものに成長しています。

Th_img_2772

真ん中のドルジェが手のひらにあまるサイズ。

両脇の大きなものは大きなダンベル級です。

もしも、地震で壊れていなかったら、

ネパールにまだあるはず・・・

 

再会するのが楽しみです。

 

 

2015年9月11日 (金)

イランイラン

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング  

ブループリント協会

こちらの精油の禁忌もご一読ください。

 

大きな自然災害の中、大変な思いをされている方々。

どうか、一日も早く平安な日が訪れますよう

お祈りしています。 

 

大きなエネルギーの前で、

人間の作り上げたものはあっけなく崩れ去ってしまう

私たちはこの地球で自然の力をお借りして生きている。

 

という事を改めて感じます。

 

 

 
今日の精油は、
マダガスカル産 イランイランextra organic
 
甘さが表面に立つイランイランは、
そんなに興味を引く精油ではありませんでしたが、
この小瓶の精油、
トップノートがひと味違います。
とても品があるのです。
 
トップノートに集中していると、
しっとりと前頭葉にエネルギーが流れ込み、
緊張をほどき、
ゆったりとしたリズムへと導いてくれます。
 
ミドルノートで初めて甘さがヒタヒタと染み入ってくる感じ。
鼻腔からゆったりと体幹を下に向って流れていきます。
身体の緊張をほどき、
気づかないうちに、
イランイランのエネルギーで満たされていきます。
滑らかな身のこなしになっていることに気づくのです。
たゆたうエネルギーが身体にまとわりつき始めます。
 
そして、いつの間にか、
イランイランの魔力に嵌ってしまった自分に気づきます。
やられた!
 
これも、
また、
抗えない、
自然の大いなるエネルギーの一部です。
 
 
 
 

Image

2015年9月 9日 (水)

ジュニパーベリー co2

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング  

ブループリント協会

こちらの精油の禁忌もご一読ください。

 

雨が続きますね。

毎朝、ニマさんのお香を焚きますが、

雨の日は香りがいつも以上に濃厚に感じられます。

そのお香の中にも

この香りを感じます。

 

今日の精油は、

インド産 ジュニパーベリー co2

 

浄化に最適なオイルですよね。

このひと瓶は、

濃厚なベリーの香りがまったりと

肉体→エーテル体→アストラル体

へと染み渡り、各々のエネルギー体に絡み付いていきます。

そして、

滞りを搦め捕っていくような濃厚さがあります。

本当に濃厚。

 

ヒマラヤの僧院や洞窟では、

ジュニパーの枝が良く焚かれています。

Th_img_6123

少し青臭い匂いがして、

私は少し苦手です。

 

昨年の10月のヒマラヤでは、

ニマさんの村でジュニパーベリーの蒸留をしました。

Th_img_3794

生のジュニパーベリーを口に入れると、

甘く芳しい香りがあがってきます。

青臭い香りが少しもありません。

その時に取れたオイルを空けてみると・・・

 

何という違いでしょう!

同じジュニパーベリーとは思えないエネルギー!

完全に上に抜けます。

何という周波数。

 

ジョンの精油も素晴らしいけれど、

これは・・・

 

これがヒマラヤの周波数であり、

ボン教医学を背景にした薬草との関わりなのだ。

という事を、

今朝、改めて認識しました。

本当に特別なものなのです。

 

今回のヒマラヤにも、

大きい蒸留器頑張って持っていくので、

ヒマラヤ蒸留プロジェクトによって、

ヒマラヤの方々も、

それを手に取る方々も、

多くの方が少しでも良い方向に行くように頑張ります!

 

 

Image

Image_3

2015年9月 8日 (火)

オークモス

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング  

ブループリント協会

こちらの精油の禁忌もご一読ください。

 

みなさま、

ごきげんよう。

東京に帰ってまいりました。

翌日からのクラスでは、

メンバーの顔を久しぶりに見る事が出来て、

あまりの嬉しさに、

このひと月の隠遁生活で得たものをついつい披露してしまいました。

 

ヒーリングチャクラ7も

驚かれるほどパワフルにマイナーチェンジ。

「このエッセンスは、いきている」

と、実感しております。

このエッセンスに負けないように

わたくしも歩み続けたいです。

 

さて、夏を通して精油とのやり取りをしておりましたが、

箱の中から主張してくる精油がまだ居りまして、

少しづつそのメンバーをご紹介して参ります。

 

今日は、

フランス産 オークモス

 

数年前に山の中に流れる滝の下で採取した苔のエッセンスが、

花粉症の方々に大好評で、

その時に苔に興味を持ち、

手に入れた精油です。

 

樫の木にはえる地衣類から抽出した精油です。

アメリカの先住民は呼吸器系の疾患に使っていたそうです。

精油はトロリとした深い緑色。

しっとりとした能登島の森の中で

寝転んだ時に味わったような

深い呼吸を導くような香りです。

そして、

6チャクラに周波数を上げていくと、

その奥にキラキラとした細かい独特の光があります。

 

朝から降り続く雨も

この精油のエネルギーで

その奥にある光に変わっていくようです。

 

この精油は、

持続性があり、

ブレンドに奥行きを出す為に使われるようです。

 

しっとりとした大人のブレンドが出来そうです。

 

 

Image

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »