2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« オークモス | トップページ | イランイラン »

2015年9月 9日 (水)

ジュニパーベリー co2

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング  

ブループリント協会

こちらの精油の禁忌もご一読ください。

 

雨が続きますね。

毎朝、ニマさんのお香を焚きますが、

雨の日は香りがいつも以上に濃厚に感じられます。

そのお香の中にも

この香りを感じます。

 

今日の精油は、

インド産 ジュニパーベリー co2

 

浄化に最適なオイルですよね。

このひと瓶は、

濃厚なベリーの香りがまったりと

肉体→エーテル体→アストラル体

へと染み渡り、各々のエネルギー体に絡み付いていきます。

そして、

滞りを搦め捕っていくような濃厚さがあります。

本当に濃厚。

 

ヒマラヤの僧院や洞窟では、

ジュニパーの枝が良く焚かれています。

Th_img_6123

少し青臭い匂いがして、

私は少し苦手です。

 

昨年の10月のヒマラヤでは、

ニマさんの村でジュニパーベリーの蒸留をしました。

Th_img_3794

生のジュニパーベリーを口に入れると、

甘く芳しい香りがあがってきます。

青臭い香りが少しもありません。

その時に取れたオイルを空けてみると・・・

 

何という違いでしょう!

同じジュニパーベリーとは思えないエネルギー!

完全に上に抜けます。

何という周波数。

 

ジョンの精油も素晴らしいけれど、

これは・・・

 

これがヒマラヤの周波数であり、

ボン教医学を背景にした薬草との関わりなのだ。

という事を、

今朝、改めて認識しました。

本当に特別なものなのです。

 

今回のヒマラヤにも、

大きい蒸留器頑張って持っていくので、

ヒマラヤ蒸留プロジェクトによって、

ヒマラヤの方々も、

それを手に取る方々も、

多くの方が少しでも良い方向に行くように頑張ります!

 

 

Image

Image_3

« オークモス | トップページ | イランイラン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/62246130

この記事へのトラックバック一覧です: ジュニパーベリー co2:

« オークモス | トップページ | イランイラン »