2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« ペパーミント | トップページ | バルサムファー・ティートリー・シベリアンシダー »

2015年8月11日 (火)

ローズマリー&ローレル

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング 

昨夜、次女と姪が到着し、

今日は、朝から勉強です。

 

そのせいか、

今日のご指名は、

スペイン産のrosemary

フランス産のlaurel

 

ローズマリーは、早朝+勉強にはピッタリな精油。

香らせたところ、

二人ともモリモリ勉強しております。

このハーブを、

チキンやポテトのお料理に使うのが皆大好きです。

 

そして、ローズマリーにまつわるお話も素敵です。

マリアが、野宿のため白い花の茂みに自分の青い衣をかけて休むと、

それまで白かった花が青く変わった。

という「ローズオブマリア」の話。

ハンガリーの70歳の女王が手足の痛みのために愛用していたハンガリアンウォーターは、

ローズマリーで作られていましたが、

愛用していたところ、

痛みもとれ、さらにみるみる若く美しくなり、

あまりの美しさに隣国の王子にプロポーズされたお話。

実際に、日本でハンガリアンウォーターを扱っていらっしゃった素敵なマダムは、

70過ぎて未だ真っ赤なドレスを身に纏って軽々とタンゴを踊っていらっいました。

その方の傍にいくと、

いつもほのかにローズマリーの香りがしたものです。

 

スペインからやってきたローズマリーは、

香りは甘くすっきりと脳へ進んで軽やかなベルをならすような爽やかさ。

もう一方で、まったりとした質感でとろりとハートに染み込み、

血液に乗せて体中を修復していく。

という二重奏です。

 

 

そして、ローレル。

私の大好きな精油です。

こちらも煮込み料理には欠かせません。

 

ローレルは勝利の象徴の月桂冠。

もちろん集中力も上がります。

古代ギリシャのアポロンの神殿の屋根は、

この月桂樹で覆われていたそうです。

そして、アポロンの予言は一人の特別な巫女によって行われていたそうですが、

その巫女は神託を告げる前にはこの葉を口にしたそうです。

また、アポロンに追い詰められたニンフのダフネの化身が月桂樹とも。

いずれも素敵なお話です。

ブループリント協会のエッセンスにも随所にこのオイルが用いられています。

 

さて、フランスからやってきたローレルは、

スパイシーさと甘さのちょうど良いバランス。

後頭部に流れ込み、

螺旋のエネルギーが、

脊椎を通って身体を降りていきます。

骨盤内に入って身体の中心にあるルートから頭頂部へと抜けていきます。

程よい暖かさが内側から放射されていきます。

私はこの品の良い甘さが大好きなのです。

 

 

さて、2人の勉強も集中したまま続いています。

恐るべし精油の効果。

夏休みの宿題にお困りのお母さま方、

よろしかったら、お試しください。

 

Image

« ペパーミント | トップページ | バルサムファー・ティートリー・シベリアンシダー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/62060570

この記事へのトラックバック一覧です: ローズマリー&ローレル:

« ペパーミント | トップページ | バルサムファー・ティートリー・シベリアンシダー »