2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« ネロリ | トップページ | オークモス »

2015年8月28日 (金)

ホワイトセージ

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング  

ブループリント協会

こちらの精油の禁忌もご一読ください。

 

 

長いと思っていた山中湖での生活も、

あっという間に終わりです。

 

生まれた時には神さまだと思っていた両親。

妹が生まれ、

神さまが私だけのモノではなくなってしまってから

こんなに長い間、

独り占めにするのは人生初。

イラッとすることはお互いにありつつも、

私の最大のエゴ「負けたくない」が構築された原初の傷

妹と神さまを共有しなければならない→

何でもできる妹がかわいがられる→

悔しくていじめて→

負けず嫌いになる。

そこにエネルギーを注ぎ込む時間がこの年になって持てたのは、

本当に貴重な貴重な体験でした。

その上、親孝行させてもらえるのは本当にシアワセなことです。

 

そして、山中湖ラストの精油は

new mexico産 white sage

 

ホワイトセージの葉を浄化に使われる方も多いですよね。

我が家でもホワイトセージ育てていましたが、

傍を通るだけで気持ちのよい香りがしました。

知人が作ったボディソープも素晴らしく気持ちのよい一品。

 

ネイティブアメリカンは、

儀式や浄化のほかにも

ホワイトセージを食用にしたり、

燻して風邪の治療に使ったり、

シャンプーにして使ったりするそうです。

 

浄化に関してなのですが、

アストラルの世界にも、

宗派(?)があり、

藁人形もイタコも欧米では有効ではないし、

日本で欧米のエクソシストもブラックマジックも聞きません。

アストラルの世界のなかでも、

その周波数にあった浄化法でなければ有効ではありません。

これは、ヒーリングのアストラルセッションをしてきて、

経験とし得たものです。

もしも、アストラルのヒーリングをしようと思ったら、

アストラルの存在がどこからきた、

どんな性質のものなのかわかっていなければ、

適切な浄化はできません。

それがぴったりはまったとき、

あっという間に浄化は成されます。

面白いですね。

 

なぜ、両親の話からホワイトセージなのか。

それは、出どころがとても大切だと思うのです。

父親と母親の滴より生まれたる私たちの身体。

そして、その両親を育んだ環境。

とても重要です。

私たちの身体をまとめ上げている凝縮力です。

 

さて、このホワイトセージの精油が、

浄化にどれだけ有効かは、

それぞれの背景によるでしょう。

ですから、ご自分に合った浄化法を見つけてくださいね。

 

この一本は、

無条件に気持ちの良い香りです。

 

東京に帰ります!

 

 

 

Image

« ネロリ | トップページ | オークモス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/62161361

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトセージ:

« ネロリ | トップページ | オークモス »