2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« ホワイトロータス | トップページ | 精油の禁忌 »

2015年8月26日 (水)

ヘリクリサム

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング 

ブループリント協会

こちらの精油の禁忌もご一読ください。

 

 

 

うっとりする精油が続いたところで、

実力のある堅実派です。

 

バルカン産 helichrysum italicum

 

地味なお花

地味な香り

しかし、高価。

 

非常に優秀な精油です。

特にこのitalicum

打ち身

傷の修復

お肌の若返り

耳の不調

などなどお世話になっています。

旅行の際には必ず一本持っていきます。

 

面白かったのは、

かなり、癖のある香りですが、

耳の不調を訴えるクライアントの方に香りをかいでもらうと、

「匂わない」

とおっしゃる。

この香りが匂わないとは・・・

凄いことです。

その方は、ヘリクリサムを購入なさり、

しばらく使っていたところ、

香りを感じ始め、

同じころ、

耳の調子も戻られました。

面白いですね。

 

わたしが、

「頼れるヤツ」

と、絶大なる信頼をおいている精油なのです。

 

そして、

身体への作用だけではなく、

エネルギー体への作用も優秀です。

胸の中にシュルシュルと吸い込まれていって、

様々な元素の滞りをほぐしていってくれます。

 

ヘリクリサム

という名は、

helios(太陽)+chryso(金)

から来ているとか。

そして、乾燥した岩場で育つこの花は、

イモーテル(不死)という名も付けられています。

その環境背景や、

乾燥しても鮮やかな黄色が色あせることがない様子からもうかがえますね。

Image_2

« ホワイトロータス | トップページ | 精油の禁忌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/62158161

この記事へのトラックバック一覧です: ヘリクリサム:

« ホワイトロータス | トップページ | 精油の禁忌 »