2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月25日 (水)

まんまる人間


出先なのですが、
ここの所調子が出ない人が多いので(^_^)

背面の不調がある場合には、
自分の後ろ側の自分を統合。
要は、まんまる人間を思い出し、
エネルギー的に繋げること。



Image


2015年2月21日 (土)

ヒマラヤ 水晶が導く旅48

次回のヒマラヤまで残す所ひと月。

しかし、何だかラインに乗っていない感が私の中で、

日ごとに大きくなっていたのです。

蒸留器もOK、

メンバーもOK,

何だろう、この乗っていない感じは・・・

と、色々チェックしてみる。

 

そんな中、不思議な具合の悪さが襲ってきて、

一日起きられず。

と言っても眠れず、

夜中も眠れず、

刻々と時間は経てども、

しかし、目も頭も冴え渡る。

 

仕方なく、早朝からお風呂に数時間かけて入る。

お風呂に入ると、

いつも 何故だか違う視野から物事を見る事が出来るのです。

 

そこで見えてきたものが、

こちら。

Th_img_2629_2

今回のタイトルにもなっていながら、

しっかりと導きを受ける事を忘れていました・・・

 

早速、しっかりと膝の上に抱くと、

水晶から鼓動が溢れはじめ、

行かなければならない所を指南されました。

 

そして、洞窟のラマが仰って下さっていた事の意味も、

やっと

「そういう事だったの!」

と、理解出来ました。

とても大切な事を教えて下さっていたのでした。

何気なく流していたお話の中に

大切なポイントがありました。

『1年のタイムラグ』

寸での所で危うくサインを見逃す所。

まぁ、気がついただけ良いか!

と、少々ホッと致します。

 

みなさま、お具合悪くなる前に、

サインを見逃さないように!!!

 

 

 

 

 

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング   

ブループリント協会

2015年2月18日 (水)

葛のオイル

数年前に内くるぶしの内側の漏れをセッションの際に感じ、

多くのクライアントに同じような漏れを感じた時に、

初めて上の声に導かれて作ったのが、葛のオイルです。

薬の作り方をレクチャーしてくれる袈裟を着た老師が導くままに奈良まで出かけ、

葛の花を見つけ、オイルが出来上がるまでは、

それまで自然と触れ合う機会が少なかった私には本当に大変でした。

今、「同じ事をやりなさい。」

と、言われたら出来るかどうか・・・

 

しかし、出来上がったオイルは優秀で、

それを塗るとあっという間に内くるぶしの漏れが塞がってしまうのです。

それをヒーリングの手法で塞ぐならば手間がかかる所を一瞬にして成してしまうのですから、本当に重宝しました。

 

しかし、このところまた同じように内くるぶしの漏れを感じる方が非常に多く、

ご指示もあり、

現在、漏れを塞ぐオイルを開発中。

 Th_img_3567

しかし、何故周期的に

このように内くるぶしから多くの方がエネルギーを漏らすのか、

個々の問題ではないようにも感じます。

地球との繋がりにおいて必要な事なのか、

防衛反応なのか、

自然の流れの中で何かが起きているのか、

何れにしても、

ここから漏れていると、大地からのエネルギーが身体の中に潤沢に登ってくる事が難しく、

エネルギーレベルが低ければ心身共にネガティブになりがちになるので、

身体のチェックを入念にしてくださいね。

 

 

 

 

 

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング   

 

2015年2月17日 (火)

新たなプラクティショナー。

時の経つのは早いもので、

昨年の9月から始めたヒマラヤンヒーリングプラクティショナークラスも

無事に修了。

新たに11人のヒマラヤンヒーリングプラクティショナーが誕生しました。

 

最後のクラスでは、

全員が様々なレイヤーのエネルギーをヒーリングし、

クライアント側は、

自分の身体・心・エネルギーの変化を感じてくれていました。

このヒーリングの後は、

抱えている悩みが気にならなくなり、

身体は軽いのに、足はしっかりと地を踏みしめている。

と、仰る方が殆どです。

頼もしく、嬉しい事です。

 

私のクラスで、

技術を修得する以上に大切にしている事は、

自己の神聖を見つけていく(思い出していく)プロセスです。

その道のりを歩んでいれば、

ヒーリングは自ずと身に付くものだと「確信」しているからです。

しかも、それは机上の空論的なものではなく、

確実に、身体・心・エネルギーにも変化を起こすようなヒーリングなのです。

自己の内面を見つめずして、様々な技術のノウハウを知った所で、

他者に変化を起こすようなヒーリングは難しいでしょう。

 

プラクティショナーになった皆さんも、

更に更に、既にお持ちである自己の神聖の道のりを見つけていく事を

勇気を持って、楽しみながら 歩んでいってもらいたいと思います。

そして、より多くの方々のサポートをしてあげて下さい。

 

 

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング   

2015年2月15日 (日)

秘薬

10月にヒマラヤを訪れた時に、

ボン教医ニマさんに調合していただいたヒマラヤの薬草で作った薬湯の素。

朝晩違う種類なのです。

飲み終わると薬草が口に残る程、ピュアなものです!

Th_img_4778

朝一番に、この薬湯をいただき、

ハニーハンターの蜂蜜

Th_img_5103

をひと匙なめるのが日課です。

蜂蜜というよりもプロポリス。

非常にパワフルで、この二つのお陰で、

寒い冬も健やかに過ごせています。

ヒマラヤの自然は、

文句なくパワフルで滋養に満ちあふれているように感じます。

 

さて、もう一つ気になっているのが、

くるぶし周りのエネルギーの漏れ。

数年前に葛のオイルを作るように支持されて、

奈良に作りにいったのですが、

時期的に葛の花も無く、

どうしたものかと思案していたら、

またまたご指示があり、

Th_img_5102

秘薬を作成中。

中々の使い心地ですが、

今の所作り置きが出来ないので、

何とか作り置き出来るように思案中です。

しかし、一発で漏れが塞がりますから、本当に重宝です。

 

こうした上と自然との作業は本当に至福です。

 

私を助けてくれる数々の品々は

まだそこに自然のエネルギーが生き生きと息づいている

可愛い子たちです。

Th_img_5104

 

 

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング   

2015年2月12日 (木)

ヒマラヤンヒーリングを受けてみました。

みなさま、ごきげんよう。

9月から始まったプラクティショナーコースも大詰め。

昨日は、Yちゃんの補講をしました。

今までは、立ったり座ったりしたまま

チャクラのヒーリングをしていたのですが、

昨日は、ベッドに横になり、

実際にセッションです。

 

手順をお教えして、

まず私がやってみます。

その後、やって頂いたのですが、

受けてみると、

一つ一つのチャクラを調整される毎に、

チャクラに関わる部分が肉体的にも、エネルギー的にも、

心理的にも 実際に変化を始め、

本当に驚く程でした。

「このチャクラにこの部分がかかわり、この部分が滞っていたのだ。」

などの、新たな発見があり、

終わった後には、

何とも言えないエネルギーの充実感があり、

しっかりとした流れ、痛みの緩和、

足腰のドッシリ感、等々。

しかも、実際に触る部分は足と首筋だけで、

後はチャクラのエネルギーフィールドに触れているだけなのに関わらず、

実際の肉体にも変化があるのです。

初めてフルでヒーリングをした人のヒーリングとは思えないような、

素晴らしいヒーリングでした。

ここまでのヒーリングをしてもらった経験はあまりありません。

 

考察するに、

このヒーリングは、

エネルギーのレイヤーを扱っているので、

受け手のあり方が変化すれば新たなチャクラのレイヤーが

ヒーリング対象となり、

新たな世界が開かれていくように感じました。

 

自画自賛のようですが、

私は手となり足となり使われてエッセンスを作らされ、

お手伝いしただけなのです。

本当に素晴らしいヒーリングを与えてもらえた事に、

改めて感謝します。 

 

世の中には、様々なヒーリングがありますが、

私はこのヒーリング、凄いと思います。

実際に習った方も、

習って終わりにしないで、

どんどん周りの人の心、身体、エネルギーをサポートしていって下さい。

なぜ、このヒーリングがこの時期に与えられたのかが、

分かってくると思います。 

 

初心忘れるべからずです。

 

 

 

 

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング   

2015年2月 4日 (水)

GW 岩手でプラクティショナークラス&蒸留

みなさま、ごきげんよう。

今年の5月1日から6日、ゴールデンウィーク、

岩手県の大自然の中で、

ヒマラヤンヒーリングプラクティショナークラスを行います。

 

ゴールデンウィークという事もあり、

大自然の中という事もあり、

お子さまをやご家族をお連れになるのもOK!

エネルギーを一緒に楽しみましょう!

(ただし、お子さまのお世話や責任は保護者の方です。)

 

 

そこは、

空と、木と、星と、月と、海。

Th_image2

とにかく都会生活の私たちには想像を絶する自然の中。

 

漆黒の闇、

ネイチャースピリットのささやき、

芳醇に溢れ出るエネルギーの世界の中に身を置き、

自らの中にある様々な自然のエネルギーと呼応させながら、

エネルギーの世界を堪能しようと思います。

 

近くの山に入り、

植物達とのやり取りをしながら蒸留もしたいと思っています。

 

大人も子どもも、

人間が太刀打ち出来ない圧倒的な自然の果てしなさ、

そして、その自然に包みこまれることにより、

大いなるものとの繋がりを思い出していきましょう。

 

 

 

 

ゴールデンウィークという事もあり、

チケットが取りにくくなります。

早めにチケットを取るのが良いかと思います。

また、盛岡から山の中に入り海の方に向います。

直前のお申し込みは難しい事を申し添えておきます。

費用は、

通常のプラクティショナークラスと交通費、宿泊代、食費ですが、

施設に泊まる場合は、宿泊料金、食事ともに安価になると思います。

(ホテルに泊まりたい方は近くにホテルあり)

施設では、食事をご自分で調理される事も可能です。 

 

詳細は近日中にお知らせします。

 

問い合わせ先

ky.yamamoto[☆]nifty.ne.jp 山本まで。

([☆]を@にかえてください。)

 

 

 

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング   

2015年2月 2日 (月)

大王松の蒸留

みなさま、ごきげんよう。

ボブが七尾のお家から大王松を持ってきてくれました。

Th_img_5082

一本の葉の長さは、何と40センチ!

とても立派な松です。

お正月のお飾りにするそうですが、

今回お持ちくださいました。

 

贅沢にも、その大王松を蒸留させて頂きました。

Th_img_5085

とてもドッシリとした香りは、この松ならではのもの。

日本には、まだまだこの様な素晴らしい自然が残っています。

この趣ある味わいを後世にも残していくのが、

命を紡いでいくものの責任ですね。

 

出来上がった貴重なオイルは、

まるで水墨画を前にしたような深い味わいです。

 

 

 

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング   

 

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »