2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月28日 (水)

カーサームーチ届きました。

昨日は、旧暦の12月8日。

カーサームーチをいただく日。
という事で、
沖縄の師匠から今年も箱一杯のカーサームーチが届きました。
Th_img_5065
セッションに来て下さった方や、
クラスで早いもの順で配っていきます。
どうしても欲しい場合は、
連絡して早めに取りにきて下さい(笑)
 
 
 

2015年1月27日 (火)

視点

大いなるものの視点で物を見て、

大いなるものの視点で行動すること。

神聖なる自己に気づく最良の道です。

神聖なる自己に気づいてからそれをするのではなく、

日々、そうして生きていく事です。

 
 
 
混沌としている時、
自我の枠内での判断をしない。
枠組みの中からの判断
(育った環境、宗教観、国、食べ物の嗜好性等のパッケージ)
より大きな視点から物事を見る事が大切に思います。
 
 
 
 
 

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング   

 

2015年1月25日 (日)

オロ 雪の下の炎 キャラバン

DVD再視聴。

 

オロ

 

2015年1月23日 (金)

空間と密度

物質から空に至るまでの過程に存在する

様々な エネルギーのレイヤーがある 。

 

新たな扉が開き、

新しい風が入ってくると、

今まで感じなかったものを感じ、

その奥にさらに扉がある事に気づく。

それは非常に楽しい過程であり、

たとえそれが自我に根ざした残存物であろうと、

その下にあるものが見えるのだから、

心躍る冒険だ。

 

日々、訪れるたくさんの情報やエネルギーをセッションに用いては、

使い心地や現れる変化を楽しむ。

エネルギーの世界を探るのと、

ヒーリングは非常に相性が良い。

 

後は、私以外でもこれが使えるかどうか確認すること。

きっと使えるはず。

新たな手法を伝える事は楽しい。

 

 

 

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング   

ブループリント協会

 

2015年1月11日 (日)

太陽プラーナと脾臓

今年も早速クラスが始まりました。
今回のクラスのテーマは、脾臓です。
 
脾臓は、西洋医学的には、
「免疫や血液」と、頭に浮かびますが、
波動医学では、
「脾臓チャクラ」
という概念もあり、
太陽プラーナを吸収する場所でもあります。
そしてそれは、
心臓や呼吸器、神経系の働きをコントロールしています。
「やる気」
「気力」
に関わる所なのです。
 
ここ最近、
お子さまや若手の方が、
「やる気が出ない。」
「疲れた。」
と、仰る事が非常に多く、
また、巷では、驚く程インフルエンザが蔓延しています。
 
クラス内で脾臓の様子を見てみると、
人によってその状態は、
様々です。
エーテル体レベルでの滞り、
全体にリズムが弱くなっている、
自己感情によって滞りが出ている、
固くなっている、
アストラルレベルの残存物による滞り、
インフルエンザ後の方の脾臓はざらざらとした手応えがあったり、
などなど。
それぞれのレベルに応じて、
ヒーリングをしていきます。
 
終えた後の方は、
いちように血行が良くなり、
エーテル体のラインがしっかりとしてきます。
実際に殆どの方が軽さを体感されていました。
「やる気スイッチが入った。」
と、仰る方も。
 
 
地球や世の中の急激な変化により、
ヒーリングをするにも、
「今までこうだったから、この手順で。」
というようなパッケージは通用しません。
目の前のエネルギーに耳を澄まし続け、
地球や世の中と対比させながら読み取り、
滞りを改善させていくと共に、
エネルギーから見て、
今はどのような傾向があり、
どのように流れをシフトさせていったら良いのかを、
一人でも多くの方に気づいて頂けたらと思っています。
 
 
 

2015年1月 8日 (木)

ヒーリング

今回のヒマラヤの旅でも、

様々なエネルギーのヒーリング方法を教えてもらい、

再確認しましたが、

私たちの不調を辿っていくと、

何らかのエネルギーの滞りが見られます。

そして、

その滞りがどの部分で起きているのかを見つける事が、

まず必要だという事。

肉体、エーテル体、人間関係、アストラル体、更に精妙な身体など、

その発生場所がどこにあるかを見つけるのです。

それは、物質的なものから天体まで多岐にわたって起こっています。

そして、その滞りを解消していけば、

(その周波数で)

許される範囲の癒しは自然に起こり始めます。

 

しかし、本人がその後も

さらにその滞りを自ら起こし続けたとすると、

それは元に戻ります。

こだわり、パターン化は、ご自分にとって、

精神にも身体にもエネルギーにも

非常に効率の悪いものです。

 

新たな年が始まりました。

今までのご自分のパターンをクリアにして、

新たなエネルギーフィールドを自ら作りましょう!

 

 

 

 

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング   

ブループリント協会

2015年1月 3日 (土)

ヒマラヤ 水晶が導く旅47

日常と、

Th_img_2963

非日常。

Th_img_3781

陰と陽。

喧噪の街、カトマンズ。

人間の生命、生々しさを見せてくれる場所。

そのすぐ向こう側には、ヒマラヤ山脈が広がり、

否応なく神々の世界へと誘われていきます。

 

このコントラストが、

この地の壮大なるエネルギーのレイヤーを織りなす一因なのかもしれません。

 

この地は、

広がりたいだけエネルギーを広げる事を許してくれる

無限という概念を机上の空論から、

実際に体験させてもらえる

私にとって、

なくてはならない土地になりました。

日本という枠組みの中で生きてきた私には、

エネルギーを広げるには縦の感覚が通常のものになっていました。

しかし、

この地に足を踏み入れ、

このエネルギーの中に身を置いた時、

縦横無尽に広がるエネルギーに陶酔し、

もはや、そこにいかなる枠組みも存在する必要がない事を味わいました。

それは自らの空間を呼び覚まします。

 

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング   

ブループリント協会

2015年1月 2日 (金)

ヒマラヤ 水晶が導く旅46

10キロ以上あると思われる水晶は、

スーツケースの中に入れれば割れてしまうかもしれません。

Th_img_4571

ということで、機内持ち込みバッグに入れて出国。

ビルさんは、水晶が検査に通るかどうか心配して、

30分待っているから、駄目だったら戻ってきて。

と、言ってくれています。

無事出国手続きして、

「乗りますよ。」

という所で、

「これは頭を割る凶器になるから、駄目。」

と言われて、

スゴスゴと戻ります。

カウンター迄行って、駄目と言われた事を伝えると、

文句を言いながらも、

荷物を逆流させて私のスーツケースを戻してくれる係員さん。

そして、来ていたパーカーにさらに水晶を包み込んで

スーツケースに入れて、出国。

水晶は無事に家までやってきました。

 

実はこの方、

家で既に待機していた隠岐島の黒曜石と、

もの凄い共鳴場を作ることが発覚しました。

(今朝ですが・・・)

Th_img_4995

並べた途端にクラクラします。

確実にエネルギーの流れを変化させ、滞りを解消してくれます。

 

今回、向こうでレイの師匠から、

様々なヒーリング方法(エネルギーの流れを変化させる方法)

を教えてもらったのですが、

それが裏打ちされるようなエネルギーです。

今も横でキーボードを打とうとしているのですが、

手にチカラが入らない始末。

 

とにかく、

滞り、こだわり、停滞を解消して、

あらゆる方向、レイヤー、可能性に広がっていかなければならないと、

申しております。

 

 

 

 

 

 

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング   

ブループリント協会

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »