« お願い | トップページ | 富士山だより 2 »

2014年8月17日 (日)

富士山

みなさま、ごきげんよう。

毎年恒例、 山中湖の日々です。

こちらで 蒸留作業をするために、
ステキな蒸留器を持ち込んでいます。

さて、何を蒸留しようかと アドバイスをもらいに
お世話になっている治さんにご挨拶に伺ったところ、

昨年まではなかったのですが、
富士山の清流で育った一面のレモンバームが(^_^)
そのほかにも甲斐ミントという新種のハーブが
生き生きと育っています。
 
 
まずは、ここから始めるのでしょう。
いつも、周りの方に用意してもらっている感じです。
 
本当にありがたいことです。
 
治さんからは、 蒸留の素晴らしいアイディアを 次々にいただき、
どんどん広がる壮大な構想に 私自身が制限をかけたり、
自我の枠組みにとらわれないようにしなければ!
と、気を引き締めています。
 
 
今日は、ヒマラヤ参加メンバーが、
足慣らしのために 富士山まで来てくれました。
 
クラス以外で仲間に会うのはとても新鮮です。
 
流れを大切にするエネルギーの学校なので、
今日も無理せず流れに乗っての楽しい時間になりました。
 
きっと、メンバーは、
ヒマラヤ前に 富士山にご挨拶に行く必要があったのでしょう。
瞬く間に計画され、
瞬く間に実行です。
 
このフットワークの良さが流れに乗る為には必要です。
なぜなら、
「上」は、
やりたい事が沢山あって、
それを実行に移せる人を求めているからです。
 
途中、 歴史民俗博物館の方に偶然にお目にかかり、
富士山の植物の事を調べていただける幸運にも恵まれました。
 
本当にロールプレイングゲームの世界です。
制限をかけなければ、
新たな世界の扉が次々と開いていきます。
 
自分の可能性を最大限に生かしたければ、
自分の制限を外す以外にありません。
 
いま、出来ることをやるだけです。
 
流れに乗ることか出来ない唯一の障害は、
自分が自分に、かしている制約です。
 
昨年から続く本当に壮大な流れが 未だに続き、
今までも、
これからも、
関わっていく人たちは、
もれなく、 実行メンバーになっていくのだなぁ。
と、そのメンバーの一員として これからの流れにワクワクしています。
 
何かが始まっています。
後で振り返ると、 あの時にもう始まっていたんだね。
というような何かが。
 
 
それは、私が思いつく範囲の事ではない程、

« お願い | トップページ | 富士山だより 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/60132324

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山:

« お願い | トップページ | 富士山だより 2 »