2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月30日 (水)

ブループリント協会ブログ

陽子ちゃんが日々、
ブループリント協会のブログをアップしてくださっています。
 
 
毎日のように更新されるので、
私も楽しみです!
是非、ご覧になってください。

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・内臓のヒーリング(気内臓)・NES 

2014年7月29日 (火)

神さまからのこたえ

ブループリント協会が立ち上がり、
立派なホームページも出来ました。
今度の土日には、癒しフェアにも出展します。
HealingChakra-7も多くの方の元に届くべく、
沢山の箱の中に準備万端、待ち構えています。
 
 
ここまでの事。
たった、半年たらずでカタチになったのです。
勿論。
私の力ではなく、
多くの仲間のチカラによって。
しかも、すべてボランティアなのです。
と、言ったら信じてもらえるでしょうか?
 
でも、本当なのです。
 
様々なアイディアも、
HealingChakra-7のロゴやパッケージデザインも。
ホームページを 一から作る作業も。
認可を取る手配も。
商標の下調べも。
箱詰めも。
イラストも。
説明文も。
写真撮影も。
シフト表も。
様々な書類作成作業も。
もう、何もかもが!
 
仲間のチカラが集まって、
一人では成し得ないような展開が次々と訪れてくるのです。
 
面白い事に、
どこかに自我が関与しだすと、
動きがストップするのです。
 
「今までこうだった。」
というやり方は通用しないのです。
 
そして、上からの唯一の指示は、
楽しんでいるかどうか、
そこに、完璧を求めるのではなく、
それによって、一人一人が、
昨日より成長しているかどうか。
 
 
神さまは、
誰一人として、
見落としてはいないのです。
 
 
なんともエキサイティングでしょ?
 
 
次なる目標は、
癒しフェアの売り上げで、
ネパールに寄付する水蒸気蒸留の装置!
 
 
たとえ不可視の世界からの声が聞こえなくとも、
日々のプロジェクトの実践のなかに、
神さまからのこたえ 
が、あるのです。
 
 
 
 

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・内臓のヒーリング(気内臓)・NES 

2014年7月25日 (金)

優位に立ちたい心

不可視の世界を認識すると、

それは、

一つの世界ではなく、

様々な周波数による世界が多重に存在している事を、

何度も、お話ししてきています。

そして、

どの世界もその周波数も役割も異なりながらも、

絶妙にハーモニーを作り上げているのです。

自分の周波数と違うものを打ち消そうとはしません。

むしろ何かが起きたら違う周波数の世界もそれに連動し、

バランスをとっているようです。

 

さて、

この地球ではどうでしょうか?

様々な土地で、

様々な種族が存在し、

様々な価値観があります。

そして、それは他に取っては異なるものでも、

その地にとっては正しいものだったりもします。

そして、それを一つに統一する事は出来るでしょうか?

長い人類の歴史を見ても、

それはとても難しい事です。

しかし、お互いを認めながら、

バランスを取って行く事は、

「自分が優位に立ちたい。」

という、自我の叫びを徹見していけば、

可能な事です。

 

優位に立ちたい。

という個人の思いが、

怪物のように大きくなり、

この地球を覆っているように思います。

あまりに大きくなりすぎて、

自分とは違う「悪」として見てしまいがちです。

しかし、

これは人間の一人一人の心が集まったものだという事を

忘れてはいけません。

 

と、今朝教わりました。

 

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・内臓のヒーリング(気内臓)・NES 

2014年7月24日 (木)

ヒマラヤンヒーリングプラクティショナークラス

先日、
ブログで、お知らせしたところ、
既に3分の1の枠が埋まりました。
8月中旬から、東京を離れるため、
クラス参加希望の方は、
早めにご連絡頂けると助かります。
と共に、
大変、申し訳ありませんが、
定員になりましたら、
閉め切らせて頂きます。
次回の開催は、
来年の4月の予定です。
こちらの都合で申し訳ありませんが、
よろしくお願いいたします。
 
 

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・内臓のヒーリング(気内臓)・NES 

2014年7月23日 (水)

安心

あらゆるところで、
富のあるものが、
更に富を得ようとしている。 
 
この瞬間も、
多くの弱きもの達を犠牲にして、
更に富を得ている。
 
 
しかし、
彼らは気づいていない。
富を得ても、
それは限定された世界の中でしか
機能させる事が出来ない事を。
 
 
病に倒れれば、どんなに富があろうと、
それをうち消す事は出来ず、
死が訪れれば、
その富を持って向こうの世界へ移行する事が出来ない事を。
 
 
たった、数十年の自分の人生の為に、
太古の時代から大切に育まれてきた自然や人類を犠牲にして、
彼らは、どんな安心を得ようとしているのだろう?
どんな幸せを得ようとしているのだろう?
 
 
弱きものは知っている。
隣に信頼出来る存在がいる事こそが、
どんな病にも打ち勝つ勇気に繋がる事を。
病に倒れた時、札束や金塊が傍らにあっても、
それが自らの不安を打ち消してはくれない事を。 
 
 
毎日。
毎日。
弱きものがこの世を去っている。
「安心を買いたい」
不安に駆られた者によって。
しかし、
安心は買うものではない。
安心を得るには、
隣の者と分かち合わなければならない。
 
彼らは、
安心を買おうとして、
安心を得る為に一番大切な隣の者を搾取している。
 
彼らはいつになったら気づくのだろう?
 
そんな方法で安心が得られない事を。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・内臓のヒーリング(気内臓)・NES 

2014年7月20日 (日)

蒸留器がやってくる!

HealingChakra7の売り上げの一部を使って蒸留器を購入し、
10月にネパールに持ち込み、
ボン教医の方と蒸留作業をする事になったので、
いかなる植物にも対処出来るように!
と、蒸留作業を習いに行ってきました。
 
今回は、
檜(チップ)
Th_img_2118
ゼラニウム(生)
Th_img_2104
ボンタン(冷凍保存したもの)
Th_img_2123
の3種類の蒸留を2日間に渡ってご指導頂きました。
 
 
それぞれ持ち味があり、
それに合わせて量や蒸留時間、火加減を調整しながらの作業。
30分毎にハイドロゾルを取り、
どのように変化していくか観察していきます。
精油の量も、
フレッシュさや植物の持ち味により変わります。
(取れたものは、送って頂けるので、
クラスの時にエネルギー実習ですよ!)
また、高度によっても気圧が変わるので、
熱の影響を抑えられ、
ヒマラヤの高地で蒸留するのは非常に楽しみです。
 
一日目の夜。
またまた眠れず。
「今日も早朝から飛行機に乗ってきたから、
絶対に寝る!」
と、無駄な抵抗をしてみますが、
寝させてくれるはずもなく、
アドバイスくださる存在のお話し傾聴することに。。。
錬金術をふまえた上での蒸留方法をしっかりとレクチャーされました。
如何に様々な「界」の存在達と共同作業をしていくか、
なるほど、
そうして作り上げたものが、
「ただの物質次元の精油」
ではなく、
「背後にエネルギー的な存在を持つA-MRITA」
になるのか。
 
と、関心していると、
「だから、あなたが扱う蒸留器は、
こうした要素を取り入れられるものにするように。」
と、ご指示くださいます。
「いいえ、ネパールに寄付する蒸留器ですから。」
と、申し上げると、
「あなた用のものです。」
との事。
自分用の蒸留器など、
全く考えていませんから。
(ただでさえ、HealingChakra7の製造で場所がない)
と、押し問答が続くも、
ようやく就寝。
 
翌日、
「こんな感じの作りで、
火と水の要素をふんだんに生かす蒸留が可能で、
蒸留の過程が手に取るようにわかるガラスの丸い蒸留器はありませんよね?」
と、昨日のレクチャーで伝え聞いた蒸留器のイメージを何気なく聞いてみると、
「うーん、特注になるから、
かなり高額になります。」
との事。
「そうですよね。」
と、話が終わったと思っていたら、
 
暫くして、
「あ、ちょっと待ってください。」
と、大きな段ボールの箱が運び込まれ、
中から出てきたのが、
Th_img_2129
これ。
「ご自分で組み立ててみてください。」
と、もう私のものになったかのようにご指導いただき、
直火を使っての蒸留が可能なように、
台の加工まで業者の方に連絡を入れてくださり、
さらに私のイメージに近づくべく、
部品の細部の変更までサクサクとしてくださり、
瞬く間に、
希望通りの品が、手に入る事になってしまいました。
以前、ハーブ園の方が、蒸留を見学の方にお見せする為に、
特注でお作りになったものが、
一つ、残っていたそうなのです。
 
日本での蒸留作業で一番気になっていたのが、
放射能の問題です。
植物を非常に高い濃度に変容させていくのですから、
農薬や放射能は大変危険だと思っていたのです。
しかし、
ある大学の研究室で、
放射能が蒸留過程でどのようになっていくのかを
研究されているチームが既に存在し、
結果、
その問題もクリアに。
 
あれよあれよと、
この子が私の元にやってくる事になりました。
私が一番最初に手に入れたオイルを作ったジャックの蒸留器のように
美しい蒸留器が!
 
ことしの山中湖は、
日々、蒸留作業の予定です。
 
Th_img_2112
 
私はどこへ向っているのでしょう?
神のみぞ知る
ですね。
 

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・内臓のヒーリング(気内臓)・NES 

2014年7月19日 (土)

デトックス続行中

5日間の断食から始まった
アーユルベーダのデトックスプログラムは続行中です。
 
最初の5日間で大腸のデトックス。
自分の大腸の姿形が実感出来る5日間。
大腸が出てきちゃったかと思います・・・
 
実は、デトックスを始める少し前に、
右手親指の第一関節に軟骨のようなものが出来、
触るだけでも痛みを伴うので、
整形外科に行ってみると、
ヘバーデン結節
という診断を受けました。
武術のお稽古でご一緒している先輩に見て頂くと、
「食べ過ぎ。」
との事。
 
デットックスを初めて3日目。
親指の結節は跡形もなくなくなりました。
 
断食中は非常に調子が良く、
私たちは、元気がないと
ついつい、食物を取り、
調子を回復しようとしますが、
消化するエネルギーを使わないですむので、
疲れもなく、
冷えも無くなり手足がほかほかと暖かくなります。
 
その後、
肝臓と副腎、寄生虫のクリーニングの週を経て、
今週は、肺、腎臓、胆のうのクレンジング。
来週は、リンパ、血液、皮膚のクレンジングへ進みます。 
 
お酒を飲みはじめて、何十年となりますが、
6月22日から飲んでいません。
飲めません。
塩加持のお陰と、デトックスの効果でしょうか。
 
とにかく、
現代人は食べ過ぎであるという事が、
よくわかるデトックスの日々です。
 
施設に入らずして、
全身のデトックスをする事が出来るのは
本当に幸せな事です。
 
なお、このデトックスをご紹介下さった方は、
11月までインド滞在です。
デトックスご希望の方は、
11月以降になります。
 
 

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・内臓のヒーリング(気内臓)・NES 

2014年7月14日 (月)

HealingChakra7 その6 新しいクラス始めます。

HealingChakra7を使ったヒーリングを学ぶ、

ヒマラヤンヒーリングプラクティショナークラスが、
9月から始まります。
 
 
 
HealingChakra7は、
今まで、ヒーラーでも的確な周波数を体現し、
扱うことが困難だった、
チャクラへのヒーリングを
誰でも的確な周波数でヒーリングすることを可能にするエッセンスです。

2014年9月から、月2回6ヶ月のクラスを新設します。

全クラスご出席頂くことが条件ですが、
補講等のフォローもいたします。

また、プラクティショナーになった方は、
プラクティショナー価格でヒーリングチャクラ7をご購入頂けます。

クラスの内容は、
3回目までは、「自己を知る」ということがテーマです。
ヒーリングにおいて一番の障害は「自我」に他なりません。
まず、そこを徹見していきます。
そして、ご自分の持つエネルギーの質(周波数)を知り、
更に多くの周波数を身につけて頂きます。
それ以降は一回毎にチャクラの概念及びヒーリングチャクラを使っての実習になります。

日時 :2014年9月より
クラス1  9月 6、   7日
クラス2 10月 4、   5日
クラス3 11月 8、   9日
クラス4 12月 6、   7日
クラス5  1月17、  18日
クラス6  2月14、  15日

料金 : 1日2万円

場所 : お問い合わせください

定員 : 15名(満席になり次第閉め切ります。)

お問い合わせ : 山本までMailください。

nefer1⃣angel.nifty.jp(①を@に変えてください。)

また、地方でのクラスをご希望の方は、
ある程度の人数が集まれば、地元開催いたしますので、
お問い合わせください。

注)他者へのセッションを行うことが困難だと判断した場合には、
  クラスへの参加をお断りすることがございます。

 

 

 

2014年7月 7日 (月)

HealingChakra7 その5

さて、
ヒーリングチャクラ7は、
7つのチャクラの周波数を的確に現し、
それぞれのチャクラの状態を変容させていきます。
 
 
 
ヒーリングチャクラ1 
 
全てが生まれる前の漆黒の闇。
私たちはそこを経験してきた
何ともいえない懐かしさがある。
それは少しも恐れる事のない根源の世界。
聖なる蓮は土の中から生まれる。
母なる蓮の眠る場所だ。
これは、再生のエネルギーを持つブラックベルベットの世界であり、
「イシスの息吹」
と、呼ばれるエネルギーそのものだ。
大いなるものの生命力の中に再吸収されていくような、
吸い込まれていくような。
そんな心地よさに包まれる。
 
 
 
ヒーリングチャクラ2
 
包み込まれる安心感。
母体の中で安全に 
ただ「ある」ことだけに満たされる。
だから、我々は物質的な世界でそれを求めようとする。
そこは、YESもNOもない。
私たちは、このただ安全に包み込まれ、
YSEもNOもない世界にいた記憶がある。
ここは私たちがまだ
「個」
ではない世界の記憶。
「個」になる前の最終的な段階。
蓮は聖なる水を経てこの世に現れる。
ここは、母体の中の周波数なのだ。
 
 
 
ヒーリングチャクラ3
 
私たちは、初期の段階で、
魂の記憶を手繰りその使命を遂行しようと、
自らを広げていく。
それは水に広がる波紋のように伸びやかに広がっていく。
すべての存在が波紋を広げる事によって、
自分以外の存在を感じるようになる。
そして、
それが共鳴して更に美しい波紋も作れば、
打ち消すような大きな波紋が襲ってくる事もある。
しかし、全ては、
神の計画をここで体現しようとする、ベクトルにすぎないのだ。
伸びやかに、そして、他の伸びやかさとも共鳴していく事により、
美しい波紋は永遠に広がり、
美しき大いなる波へと変わっていく。
 
 
 
ヒーリングチャクラ4
 
再び「個」を】超えた世界へ再統合されていく。
我々は、「個」を体験したからこそ、
それを超えたものの構成要素が
「愛」
だという事に気づく。
この世を満たすものは「愛」そのものなのだ。
区切りや資格や地位に関係なく、
全てものの構成要素が「愛」なのだ。
だから自らの想念により、
神の愛をケチってはいけない。
これは、物質世界の次元を超えたところに続く世界へと広がる。
「愛」という視点からその世界へ広がれば、
金色に滴る蜂蜜の中にいるような濃厚なエネルギーの世界が繰り広げられる。
ここに来るには何の資格もいらない。
ただ、この周波数のなかに身を置けば良いのだ。
 
 
 
ヒーリングチャクラ5
 
伸びやかなラインが無限に広がる世界。
私たちは、ここで神の美しい秩序の世界に気がつく。
全てのものが神の計画により、
完璧なまでに美しく存在し、
滑るように滑らかに その計画に沿って流れている。
それは完璧なまでに無駄なく美しいラインの世界。
氷の上を滑っていくように
滑らかに伸びやかにそのラインを生きる事が出来るのだ。
それは、永遠に続いていく。
ラインが交わる時、
美しい光の衝突があり、
力を得たそのラインは更に力強く進んでいく。
 
 
 
ヒーリングチャクラ6
 
私たちは思い出す。
天井画の世界がここにある事を。
「美」
という言葉以上のものは見当たらない世界。
常に光に溢れる荘厳な色で満たされ
芳しい香りに包まれる。
全ての細胞が打ち震えるような音色を奏でる音楽が響き渡り
天使の羽でそっと触れられるような軽やかさを感じる。
我々のインスピレーションは、この世界からやってくるのだ。
芸術家の愛する世界。
この世界に身を置き、
天界を見通す目を持てば、
全ての者が、芸術家であり、
この天界を体現する事ができるのだ。
 
 
 
ヒーリングチャクラ7
 
さぁ、私たちは源へと戻っていく。
しかし、その世界に気づく時、
それは常に
ここに存在するものだったという事に気づくのだ。
それは常にここにあり、
そのあまりの大きさ故に、
「無」
「空」
「すべて」
としか表現する事が出来ない。
我々はその小ささ故に、
その大いなるものに気づく事が出来なかった。
しかし、それは等しくいつでもここに存在し、
扉を開き、
我々の全てを満たしているのだ。
 
 
 
さぁ、小さき鎧を脱ぎ捨て、
その下に眠る神殿である
自らの身体を
この世に体現するのです。
そして、その神殿の使い手になるのです。
すべてを満たす大いなるエネルギーと一体になりながら。
 
 
 

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・内臓のヒーリング(気内臓)・NES 

2014年7月 6日 (日)

HealingChakra7 その4

 
作っている最中には、
どのような意図がありどのようなパワーがあるのかは、
全く教えられていないので、
出来上がってから、
一つづつ、秘密が明かされていくのは、
何とも楽しく、
日々ワクワクしています。
 
まずは、
クライアントの方のチャクラのヒーリングの方法を明かされ、
次は、
クライアントの方の神聖を顕現させる方法を明かされました。
そして、
最近、
呼吸法や瞑想に使う方法も明かされました。
イダとピンガラのバランスを取り、
チャクラの周波数を自ら顕現させ、
その中で瞑想する方法です。
 
恐らく、これからもこのヒーリングエッセンスの
新たな使用方法を明かされていくでしょう。 
 
多くの方にこのエッセンスが届き、
自らの中に宿る神聖を顕現させ、
そして、魂のブループリントを思い出し、
この人生を生きてほしいと思っています。
 
9月からは、
このヒーリングエッセンスを使ったヒーリングの
プラクティショナー養成クラスも始まります。
新しくなったホームページをご覧ください。
 
 
 

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・内臓のヒーリング(気内臓)・NES 

2014年7月 5日 (土)

HealingChakra7 その3

周波数が如何に大切かをお話ししたところで、
少し話を変えて、
HealingChakra-7がどのように出来たかを、
お話ししたいと思います。
 
2013年の1月、
7年ぶりに沖縄の師匠にお目にかかったことは、
ここでも、何回かお話ししたと思います。
その後、
次々と、不思議な声に導かれ、
様々なところに旅することになりました。
 
2013年11月。
盟友直ちゃんのところで、
直ちゃんの師匠であるジェーン・アンなどの、
恐ろしくパワフルなクリスタルに出会い、
(直ちゃんは、ジェーン・アンの一番弟子。
かつ、ミカエルの友人でもあります。
今回本当にお世話になりました。))
そのクリスタルをチャクラに組むように上に指示されました。
7つのチャクラに組んだクリスタルは、
それはパワフルで、
その横を歩くだけで周波数が音階のように変わるほどです。
そして、そのクリスタルでエッセンスを作るように指示されたのです。
 
元来面倒くさがり屋の私ですが、
不思議な声の指示には逆らえません。
そのクリスタルをお借りして、
隠岐島へ向いました。
 
隠岐島に行くように指示があったものの、
全く初めての土地。
プロペラ機で空港に降り立ち、
さぁ、どこに行くのでしょう。
といった感じです。
でも、置いてけぼりにされる事はありません。
次から次に指示があるからです。
 
声に導かれ、
先ず一カ所目は、
次は、
幽玄の森の中にひっそりと800年前から息づく、
乳母杉に抱かれるように作られました。
そして、
神さまの足跡 が残るような、
荘厳な空間の摩天崖。
 
今、思い出すだけでも、
太古から続く大いなる自然の力が漲ってくるような場所です。
これらの場所で、持参したクリスタルを転写。
 
その後、
数々のご指示頂いた旅を経て
ヒマラヤの聖なるエネルギーが濃厚に入る3種のエッセンスが加わりました。
 
更にエネルギーを安定させる為に、
ミカエル・ザヤットとジョン・スチールの精油を贅沢にブレンドしたオイルが加わり、
(このブレンドも全て上のご指示のブレンドです。その芳しき香りを是非味わって頂きたいです。)
 
ここまでの過程、
すべて「上」の指示通りです。
出来上がったものを試すまでは、
私も確信が持てませんでした。
 
しかし、
 
試してみると。
 
想像を遥かに超えたエネルギーを持つエッセンスだったのです。
今まで非常に手間のかかる作業だったチャクラへののヒーリングが、
非常に的確に短時間で行う事が出来たのです。
 
これは、長年ヒーリングをしてきた私だけの事だけかもしれない、
と、思いましたが、
クラスの中で試してみると、
全ての方、同じようにヒーリングをする事が出来ました。

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・内臓のヒーリング(気内臓)・NES 

2014年7月 3日 (木)

HealingChakra7 その2

パワースポットに行くと、
何だかリフレッシュする。
 
パワーのある人の近くに居ると、
充電されたように元気になる。
 
これも、
そこにある周波数の影響を受けた為です。
 
ですから、人によって、
合う場所
合わない場所
があるのです。
自分の周波数に呼応するものとしないものがあるからです。
 
では、
より良い状態にするにはどうしたら良いか?
 
 
まずは、
現段階で合う合わないはありますが、
もともと
「周波数は、良いものでも悪いものでもない。」
ということを
固定観念を外して、知ることです。
 
そして、その周波数の世界へと入っていくのです。
 
固定観念をはずして、
ただ、その周波数の中に入ってみると、
意外に、合わないと思っていたものが、
それほど嫌な感じではないことに気づかれるかもしれません。 
 
周波数を意識して生活してみると、
例えば、
お買い物に行った時、
野菜一つ選ぶにしても、
今の自分に呼応してくれるものがすぐに分かるようになります。
どこかへ行く時にも、
その周波数を感じてみると、
流れがわかります。
ですから、間違ったところへは行かなくなるのです。
 
しかし、この時に大事なことは、
自分の固定観念を外すことです。
外さないと、
今までのパターンになってしまいますからね。
 
 
 
 
 
 
 

2014年7月 1日 (火)

HealingChakra7 その1

Th_dsc_0483

ヒーリングの仕事をしてきて、

確信が得られた事は、
「この世の全ては周波数である」
ということです。
 
見えない世界は、
多くの人たちにとって非常に神秘的なものであり、
畏敬の念を抱くものでもあり、
見えないからこそ、
「見える」
という人の言葉を鵜呑みにしてしまいがちです。
 
なぜなら、
それは、
「特別な人だけに許された才能」
だと思っているからです。
私も以前は、
そう思ってきました。
 
セッションやクラスでの
「ある瞬間」
 
死を目前にした方が、
宙を見つめ、
一瞬にして辛い時間から至福の中に入っていかれる
「瞬間」
 
それらを傍らで見させて頂くと、
その方たちは、確実に見えない世界をご自分で感知しているのです。
 
しかし、意識のレベルが通常の状態に戻ると、
その世界は消えていきます。 
 
何が起きたのでしょうか?
【周波数が合った】
のです。
全ての界層はここに存在しています。
 
大いなる創造主の周波数も、
恨みを残してこの世を去った人の周波数も、
鉱物の周波数も、
地球の周波数も、
お花の周波数も、
もちろん、あなたの周波数も。
 
全てのものには周波数があるのです。
ですから、
その周波数を感知出来れば、
そこにある世界が開けてくるのです。
 
しかし、
周波数を感知するのに、
私たちには大きな障害があります。
それは、
ご自分の「想念」
なのです。
 
すでに自分の周波数をご自分で限定してしまっているのです。
 
ご自分がどんな周波数を発しているか気づかずに
殆どの方々は生活なさっていますが、
ご自分の周波数に応じたものが
当たり前のように感知され、
ご自分の目の前の世界を創っているのです。
 
 
 
 

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »