2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« ヒマラヤ 宝珠を納める旅 37 | トップページ | ヒマラヤ 宝珠を納める旅 39 »

2014年6月 8日 (日)

ヒマラヤ 宝珠を納める旅 38

どんなにこの地に残りたくても、
次のスケジュールに進まねばなりません。
それでも、一応ここにもう少し滞在したい。
と、希望するも、
「NO!」
 
早朝、空港に向って山を下ります。
空港までつくと、
風が相当吹いているので、
ポカラからの便がまだ飛んでいない模様。
ポカラから飛んでないと、
折り返し便である、ここからの便も飛びません。
 
1時間待ち。
まだ飛ばない模様。
狭い空港の中、
みな、暇。
 
Wi-Fiのパスワードをカウンターの女性に教えてもらって、
youtubeを見ていたら、
私の周りに気配が。
空港に居る女性陣が覗き込んでいる。
イヤフォンで聞いていたので、
みなに聞こえるように取ってみる。
 
 
強面の検査員の女性や陽気なカウンターの女の子達と、
それから3時間あまり、
お菓子食べたり、
ネパールの音楽聞かせてもらったり
しながら時を過ごすので、
通過するだけだったら見られない
彼女たちの一面と触れる事が出来て、
彼女たちの中に流れるリズムと、
自分の中のリズムがだんだん一緒になって行くのが分かって、
 
何だか、こういう時間って良いなぁ。
と、思ったりしたのだけれど、
とうとう飛行機は飛ばず、
お昼前に、四駆で移動する事に。
 
およそ、6時間。
途中、車を乗り継ぎながら移動。
でも、
Th_img_1599
この地方の桜が満開で、
素朴な美しさを感じる事が出来たり、
Th_img_1600
村のみんなで道や塀を作っている場面に立ち会えたり、
Th_img_1602
山羊飼いのおじいさんと可愛い子やぎ達に会えたり、
谷を挟んでの
山羊飼いのおじいさんとおばあさんのやり取りが、
何ともかみ合っていなくて面白く、
Th_img_1604
趣き深い滝で休めたり、
 
飛行機では味わえない場面を沢山堪能する事が出来ました。
 
ここでは、
スケジュール通りに事を運ぼうとピリピリする事自体が、
非常に滑稽な事に思えてくるのです。
 
「効率」
って、何だろう?
と、思ってしまう。
 
だって、
自然は自由なのだから。
 
ここには、
枠組みがないのだから。
 
 

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・内臓のヒーリング(気内臓)・NES  

« ヒマラヤ 宝珠を納める旅 37 | トップページ | ヒマラヤ 宝珠を納める旅 39 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/59779015

この記事へのトラックバック一覧です: ヒマラヤ 宝珠を納める旅 38:

« ヒマラヤ 宝珠を納める旅 37 | トップページ | ヒマラヤ 宝珠を納める旅 39 »