2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 神人とユタ 4 | トップページ | 戻りました »

2013年8月 2日 (金)

神人とユタ 5

 
 

今朝の具合の悪さも御嶽に着いた途端にスーッと消え、

またしても、沖縄の濃密なパワーは これでもか! と、
見えない世界を目の前に突きつけてくれます。
 
さて、斎場御嶽。 数年前に師匠との出会いがあったところです。
麓のお家でお茶とお昼をご馳走になりました。
一度ご挨拶に伺いたいと思っていましたが、
機会がなかったので、ちょっと寄ってもらいます。
 
伺うと、お嫁さんらしき方が出てこられてご挨拶すると、
ご主人は七年前に亡くなられたとの事。
歳月を感じながら、 ご挨拶させていただきました。
 
斎場御嶽は、非常に混んでいます。
駐車場も一杯だし、 ゆっくりお参りできるかしら? と、
思いつつ中に入ります。
 
拝所に着くとザワザワとしていますが、
前の方が終わるまで待ち、
喧騒に呑まれず、 意識を変えて、
前に立たせていただきます。
 
ここで師匠にお目にかかり、
今があることなどご報告し、
ご挨拶させて頂きます。
 
すると、不思議な事に周りが静まり始めます。
 
近くまでおしゃべりしていた人も、
波動の変わったことに気づき始め、
見えない世界の波動が濃くなっていきます。
察することができるか、できないかは、
見えない世界の知覚を広げるためには必要不可欠です。
 
日本人は本来、察することのできる民族だったと思います。
しかし、昨今の文明的な生活は、
察しなくても良い環境にいくらでも逃げ込むことができます。
勿体無い事です。
 
最後の拝所は非常に混んでいたので、
メンバーに 自分のタイミングでお参りするように勧めます。
それぞれがタイミングを見てお参りしています。
 
タイミングとは?
これがわからない人も多いと思いますが、
特にエネルギーの濃い沖縄では、
自然が様々な事象をもって、
それを教えてくれるのです。

« 神人とユタ 4 | トップページ | 戻りました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/57877572

この記事へのトラックバック一覧です: 神人とユタ 5:

« 神人とユタ 4 | トップページ | 戻りました »