2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 石割神社 | トップページ | 風呂での会話 2 »

2013年8月24日 (土)

風呂での会話 1

その具合の悪さは、
沖縄に行くと必ず起こる例の感じと同じもの。
しかし、説明しようにも具合が悪く口も聞けない私には、
両親に説明する気力もなく、
両親は、
「熱中症だ。」
と、その対策をしてくれた(。-_-。)
   
目を向けるベキことに目を向けないと、
こういうことが起こるので、
重々反省して、やるべき上のことをやりますと、
治りますの。

さて、山中湖での一番好きな場所は、お風呂。
大きな一面の窓からは、
湖越しに山の稜線が美しいカーブを描いている姿が一望できる。
だから、暇さえあればお風呂に入っているのだけれど、
一日の最後のお風呂の時、
それは始まった。
すでに窓の向こうは真っ暗で、
窓に映るのは自分だけ。

ここに来て、自分に
「ある修行」
を課しているのだが、
その日、それがどうも上手く進まなかったなぁ。
と、ボンヤリと自分の顔を見ながら思っていた。

すると、
「ユキ、
私以上にあなたの身体を愛しているものはいない。」
と、曰う声が。

窓越しの私の姿にオーバーラップするように、
声の主がいる。

私と言えば、私。
私〜?
いや、見た目はそうでもない。

実は、
「どうして、すべてが完璧であるのならば、
3月の娘の卒業式の時に転んだ傷治ったけど、痕が残るのかしら〜?」
と、考えていた。

 

« 石割神社 | トップページ | 風呂での会話 2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/58049049

この記事へのトラックバック一覧です: 風呂での会話 1:

« 石割神社 | トップページ | 風呂での会話 2 »