2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« サバトから沖縄へ 17 | トップページ | 連絡事項と参考までに精油の本と座布のご紹介 »

2013年4月 2日 (火)

サバトから沖縄へ 18

私がランニングマシーンをぶつけた事で傷つけてしまった事が発端になり、

ウチに新車がやってくる事に。

3年前に事故を起こし、前々車を廃車にして新しい子が来たけれども、
右ハンドルだったから家から出せず、
一度も運転する事なくサヨウナラを言わなければならなくなった
旧BMWを見送りにショールームに向かう。
優しい言葉一つかけてあげずに申し訳なかった。
 
新しい子の説明を受けると、
浦島太郎になったかと思うくらい、
新たな機能がいっぱい。
触るだけでキーが開いたり、ロックされたり、
キーは車の中に置くだけでエンジンかかるって知らなかった・・・
既に前の子の時からそうだったらしい。
トランクは足を車体の下に入れると開くとか。
信号で止まると、エンジンが止まっちゃうとか、バスかと思った。
日々、進化しているのに3年間も振り向きもしなかった。
ごめん。。。
 
という事で、
試運転に中央高速をドライブ。
モチロン私は運転せずですが・・・
昇仙峡の先に行ってみたい所があったので、
奥に奥に向かってひた走る。
 
山道を登っていくと、
エネルギーが活性化しているのが分かる。
小雨の昇仙峡は人影もなくちょっと寂しいけれど、
エネルギーは凄い。
 
頂上から少し下った所に神社があり、
中に入るけれども、
上り龍と下り龍がいくつかあって面白い。
この山自体の龍体をあらわしているのだろう。
 
しかし、この神社のエネルギーの源は山道の先。
行こうとしたけれども、
お札とかを燃やしている山があって、
道がなくなっているのであきらめ、
そこから上を見上げると、
身体の中を上下に動くエネルギー。
 
細胞の一つ一つがくるくると回転する感じがする。
くるくると回転するから、
何だか身体が軽く感じる。
面白いから、暫く味わう。
エネルギー体のままで身体がある感じ。
 
その後、麓で見かけた源泉かけながし温泉に。
お湯が素晴らしく、
入っていると、やはり細胞がくるくると回転する。
時間の感覚も普通じゃなくて、
15分かと思うと1時間も時間が過ぎている。
(「この地に日本に二つとない特殊な温泉が湧く。」と、宝生山八津御嶽神社の大神・元無極体天之御中主国常立之命様からのご神言で湧き出した、身体に最も優しいph7.9アルカリ性食塩泉です。」
と、書いてあった。)
 
帰りの車中でも身体の軽さに驚いた。
とにかく、計画したわけではないけれども、
行く所行く所で、龍のエネルギーを感じる。
楽しいし、そればかりかエネルギーが活性化されてさらに精妙なエネルギーの扉が開き始める。
ありがたい事です。
 

« サバトから沖縄へ 17 | トップページ | 連絡事項と参考までに精油の本と座布のご紹介 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/57077209

この記事へのトラックバック一覧です: サバトから沖縄へ 18:

« サバトから沖縄へ 17 | トップページ | 連絡事項と参考までに精油の本と座布のご紹介 »