« フランスに残る神聖を巡る旅6 サン・ピロン | トップページ | ヒーリング覚書1 自己ヒーリング »

2012年7月 6日 (金)

フランスに残る神聖を巡る旅7 サン・ピロン

天使と共に天の音を聞いていたという場所には、今、礼拝堂が立っています。
P5161166

ただ、香油壺を持ったマグダラのマリアの彫像だけがそこにあります。

P5161172

風の強い岩山を登り、ここに辿りつくと、
周りには眺望を隔てるものは何もなく、
遥か下に、地中海まで見下ろせます。
向こうへのアンテナが立ちやすい場所が、この世にいくつかあるといいますが、
ここは、間違いなくそのアンテナが立つ場所でしょう。
ここまで来ると、殆ど人の姿もなく、
ただ、自然と空と大きなエネルギーに包まれる場所です。
ありがたいことに、長い間、静かな時間を過ごすことができました。


連日ここに来たけれども、
お腹が空かない。
朝、コーヒーとクロワッサンを食べて、簡単なランチを用意して登っても、
「おなかが空いたね。」
という気持ちにならない。
街に降りても、夕食をたっぷりと食べる気にならない。
これは、この旅の間ずっと続いたことでした。
といっても、元気がなくなることもなく、モリモリと山登りはできます。
「人間は食べなくても生きていけるかもしれない。」
と思えるような自然エネルギーの滋養に満ちた場所でした。

エネルギーのサポートもあり、アンテナも立つ。
いや、アンテナが立つからエネルギーが溢れているのか・・・
とにかく、こんな素敵な事はありません。

しかし、街からここに来るのには交通手段が車しかなく、
タクシーに往復の交渉をして迎えに来てもらいます。
サン・マクシマンで唯一英語が話せるタクシーは、予約制。
知的で素敵な女性でした。

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・内臓のヒーリング

« フランスに残る神聖を巡る旅6 サン・ピロン | トップページ | ヒーリング覚書1 自己ヒーリング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/55117175

この記事へのトラックバック一覧です: フランスに残る神聖を巡る旅7 サン・ピロン:

« フランスに残る神聖を巡る旅6 サン・ピロン | トップページ | ヒーリング覚書1 自己ヒーリング »