« フランスに残る神聖を巡る旅4 ラ・サント・ボーム | トップページ | フランスに残る神聖を巡る旅6 サン・ピロン »

2012年7月 3日 (火)

フランスに残る神聖を巡る旅5 ラ・サント・ボーム

王の道と女王の道の二通りの登り方があって、
王の道は険しく、女王の道はなだらかです。
P5161126


登っているときもおしゃべりは禁止です。

P5161136


P5161139

今では、洞窟に壁が取り付けられています。
向かって右側には、ドミニコ修道院。左側には休憩所があります。

とても広い洞窟内は外の日の光と対照的に、薄暗くしっとりとした空間です。
洞窟内は、子宮の中を思い出すような暗さとしっとりとした安心感に包まれています。
いくつか祭壇があり、静にろうそくの光が揺れています。

P5171297
いくつか美しい祭壇がありますが、これはマグダラのマリアを天使が天に運んでいるところかな?

P5161143

簡素な椅子に座っていると、水が滴る音が聞こえてきて、
自然がはぐくんだ洞窟なのだけれども、
そこに響く音は、聖堂に勝るとも劣らない美しさです。

P5161149

洞窟を訪れる人たちは、この中に入った途端、
内側の世界を感じずにいられなくなるように、
息をひそめて、足音にすら気遣いながら、
無意識に、物質的な自分がこの空間を邪魔しないようにするのかもしれません。
街からここまでの道のりは、自分の内側に入るための過程として存在するようにも思えます。

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・内臓のヒーリング

« フランスに残る神聖を巡る旅4 ラ・サント・ボーム | トップページ | フランスに残る神聖を巡る旅6 サン・ピロン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/55087060

この記事へのトラックバック一覧です: フランスに残る神聖を巡る旅5 ラ・サント・ボーム:

« フランスに残る神聖を巡る旅4 ラ・サント・ボーム | トップページ | フランスに残る神聖を巡る旅6 サン・ピロン »