« 聖水は一滴でも効果があるのか? | トップページ | フランスに残る神聖を辿る旅2 サンマクシマン  »

2012年6月10日 (日)

フランスに残る神聖を辿る旅1 ラ・サント・ボーム

ミュンヘン経由でマルセイユに21時着。
手続きを終えて外に出た時には、すでに空港は閑散として、薄暗く人気もない。
タクシーを拾って、一時間かけて、サン・マキシマンの「ホテル デュ クヴェン ロワイヤル」に着く。
ここは、サント・マリー・マドレーヌ・バジリカの回廊がホテルになっています。
P5161071

翌朝、バジリカを覗くと人けは殆どなく、
静かな中で、味わうことができました。

P5161076

このバジリカは、1279年に400年前にヴェズレー修道院(スペイン巡礼の出発地)の修道士が持ち帰ったとされていた、マグダラのマリアの遺骨がそのまま発見され、1295年にヴァチカンから「聖マリー・マドレーヌはサン・マクシマンに葬られている。」とする正式な教皇判断が下され、今では、クリプトに安置されているマグダラのマリアの頭蓋骨を見ることができます。

P5161111


P5171272

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・気内臓(内臓のヒーリング)


« 聖水は一滴でも効果があるのか? | トップページ | フランスに残る神聖を辿る旅2 サンマクシマン  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/54928469

この記事へのトラックバック一覧です: フランスに残る神聖を辿る旅1 ラ・サント・ボーム:

« 聖水は一滴でも効果があるのか? | トップページ | フランスに残る神聖を辿る旅2 サンマクシマン  »