« フランスに残る神聖を辿る旅1 ラ・サント・ボーム | トップページ | フランスに残る神聖を巡る旅3 サンマクシマン  »

2012年6月27日 (水)

フランスに残る神聖を辿る旅2 サンマクシマン 

P5161094_2
バシリカはマグダラのマリアがそこここに配されています。
入口の扉の上にも、やはりマグダラのマリアが。
香油壺と骸骨はマグダラのマリアをあらわします。

P5181407

1279年、サン・マクシマン教会堂の地下を掘り返すと4つの美しい彫刻の施された大理石の石棺が見つかりました。石棺の中に残されていた羊皮紙には、8世紀の初め、それまでアラバスター(雪花石膏)の石棺に収められていた聖マリー・マドレーヌの遺骨が大理石の石棺に移され、別人の遺骨をアラバスター石棺に収めた。さらに異教徒の破壊から守るために、聖マリー・マドレーヌの大理石の石棺は土中に埋められた、と記述されていたそうです。
確認されたもう一方のアラバスターの石棺は「空」で、200年前、ヴェズレー修道院からの修道士がマグダラのマリアの「聖遺物」として、別人の遺骨を掘り出してヴェズレーへ持ち帰ったと正式に教皇が判断したそうです。
地下のクリプトには、大理石の石棺と共にマグダラのマリアの頭蓋骨が安置されています。P5171261

P5161109

P5181414


P5181417
ゴシック様式の曲線の美しさは息をのむばかりです。
音の響きを設計の段階ですでに読んでいたようにも思えます。
祈りの言葉は大聖堂に響き渡り、天井から天に向けて登っていくようです。
また、「凍れる音楽」という美しい言葉を生み出す建築内は、
音のない音が常に響き渡る美しい空間でした。


P5181419

P5181413_2

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・気内臓(内臓のヒーリング)

« フランスに残る神聖を辿る旅1 ラ・サント・ボーム | トップページ | フランスに残る神聖を巡る旅3 サンマクシマン  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106167/55016761

この記事へのトラックバック一覧です: フランスに残る神聖を辿る旅2 サンマクシマン :

« フランスに残る神聖を辿る旅1 ラ・サント・ボーム | トップページ | フランスに残る神聖を巡る旅3 サンマクシマン  »