2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月26日 (木)

素晴らしい研究

エネルギーの学校にご参加くださっている大輔さんが、
震災からずっと取り組んでいらした「震災で救援活動を行った医療隊員のストレスに関する研究」
を発表されたところ、今日付けのニュースや新聞記事に取り上げられました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120426-00000018-jij-soci
精神的にも体力的にも大変な中、
ずっとずっと頑張ってる姿を傍らで見させてもらっていたので、
こうして形になっていくのを見させてもらえることは本当に嬉しいです。
そして、クラスの仲間から「載ってます!」や「素晴らしいですね。」とメールをいただき、
自分の事のように仲間の事を喜べる皆の姿にも感動しました。

エネルギーを知ることで、
ご自分の世界に新たな概念やパワーを取り入れ、
それを2倍にも3倍にも広げて欲しいという思いがあります。
どれだけお手伝いできているかどうかはまったくもって定かではありませんが、
こうして一歩づつ自己実現している姿を皆で共有させてもらえることは、本当にステキです。


素晴らしい研究なので、ちょっとシェアさせてください。

山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・気内臓(内臓のヒーリング)


2012年4月23日 (月)

5月後半旅に出ます。

5月15日から
「南フランスに残る密儀を辿る旅(ユキ命名)」に出ます。
就活終了の長女を用心棒につけて、
マルセイユに入り、海岸線を列車で移動していきます。
マグダラのマリアの晩年を過ごしたと言われる洞窟から旅は始まります。
「凍れる音楽。」と言われる建物に残されたエネルギーや絵画や彫刻を中心に、
ゆったりと時間をかけてエネルギーを辿ってみます。

ですので、5月いっぱい留守にします。
既にそれ以前のご予約は殆ど埋まっているので、
今後のご予約は、6月以降になりますので、
ご了承ください。
(ただし緊急の場合はご連絡ください。)


山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・気内臓(内臓のヒーリング)

2012年4月22日 (日)

ひと段落

ここ最近、長女の就職先をどこにするかで私と長女の間では見えないバトルが続いた。
思えば衝突することもなく生命のリズムが似ている長女とは物言わなくても通じる部分が多々あったが、
今回は、通ずる部分がなく、胃が痛くなり、肌はガサガサ。
夜もぐっすり眠れず、ため息をついていた。
8歳の甥っ子に、
「ゆっちー、みっちゃんはもう21歳でしょう?
20過ぎたらもう大人なんだからさ、自分で決めたほうがいいんだよ。
心配しても無駄だよ。
今心配してたら、結婚相手にヤンキーつれてきたらどうするの?」
とやけに大人な発言で私を諭し、
次女は、「あの完璧なみっちゃんは、手抜きはしない。何をやってもきちんとやりぬく、大丈夫。」
とやはり大人な発言。
私以外全員、長女の意思に任せる派。

いつもは「委ねる事。」とか「俯瞰すること。」と言っているけれども、
娘の事となると、どうしても一番安全で困らない道
を整えてあげたくなる。
純粋でまっすぐな長女の思いは社会の中で通用するのだろうか?
毎晩のように「これは私のエゴなのだろうか?」と考えながら寝る。
エゴとわかりながらも、口を出さずにはいられなかった。

あっさりと、長女は自分の選んだ道に進むことになった。
就活終了で意気揚々と久しぶりにネイルに行った。

力が抜けた私に妹は「その時はどう見えようとも、進む道が最善の道。」
と哲学的なことを言って慰めてくれる。

そういえば、しっかりもので私に心配させることのない長女だけれども、
3歳のときにどうしてもピアノのお稽古に行きたくないと、
ドアに鯉のぼりのようにしがみついて辞めちゃったなぁ。
頑固なんだなぁ。
(エネルギーの学校お姉さんチームは「ユッキーの娘だもん。」というコメント。さすが長年のお付き合い!)
と思い出す夜でした。
バリバリのビジネスウーマンになるのかな。

もはや私の枠組みの中に囚われない一歩を踏み出しているのでしょう。
子離れの時期ですね。


山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・気内臓(内臓のヒーリング)


2012年4月14日 (土)

エネルギーの学校 第3期 始まりました。

『ありがとうございました!
第3期 一回目 終了!

随分前、ガイドとの会話の中で
「あなたは、人を教える人になります。」
と言われ、
「絶対いや、私は面倒くさいことがとっても嫌い!
やはり、怪しい見えない世界。」
と心の中でつぶやいた覚えがあるけれども、
エネルギーの学校も第3期のみなさまを向かえるまでになりました。
今現在、3つの学年進行中です。

お知らせを出しただけなのに、満員御礼になり、
お待ちいただいている方もいらっしゃる事に本当に恐縮しています。

最初は、「ユキさんの世界のことを教えてください。」
とのご要望で始め、
どこに向かっていくのか、ニーズを満たしているのか、
確かめながら、一歩一歩進んできましたが、
ここに来て、
自分が伝えたいこと、
導きたいところが明確になり、
遥か悠久の時から脈々と伝わってきた先人達の思いのこもった教えに
本当に頭が下がり、少しでもお伝えできたらと思います。

恐らく先人達も私達も向かいたいところは同じで、
その流れに気づきながら人生を歩む事で得られる彩の豊かさは
私たちの中にある「何か」を揺り動かすに値するもののように思います。

山本ユキHp エネルギーの学校・脳のヒーリング・気内臓(内臓のヒーリング)

2012年4月13日 (金)

本山博先生 シンポジウムのお知らせ

すっかり春ですね。
卒業式、入学式の慌しさがようやく落ち着きました。

さて、来る 6月3日 本山博先生のシンポジウムのお手伝いをすることになりました。

本山先生を知ったのは、ブレナンの「光の手」の中でした。
日本にそんな先生がいらしたことを知らず、早速、門を叩いたのを思い出します。
全てのご本を拝読させていただき、IARPのお教室にも通わせていただきました。
お世話になっている近藤先生もそちらの方です。
日本はもとより、海外での評価も非常に素晴らしいのです。
なかなか、お外にはお出ましにならない先生のお話を伺えるチャンスです。
直に、エネルギーを感じていただきたいと思います。

お席数にも限りがあるので、お早めにお申し込みください。
私のほうでもチケットを扱っておりますので、メールでもクラスの際にでも声をかけてください。
(5月15日から5月いっぱい旅行に行きますので、出来れば4月中にお申し込みください。)

詳細は、樫尾先生のブログをごらんになってください。
当日は、樫尾先生もお話くださいます。パワフルな先生のお話もお楽しみに。

522964_290917797653139_1000020476_2


シンポジウム 「地球時代のスピリチュアリティと宗教  ―本山博氏の仕事をめぐって―」
2012年6月3日(日)13:30(開場15:15)~18:00 
会場:慶応義塾大学三田キャンパス北館1階ホール
入場料:一般 前売り3,000円 当日4,000円     学生 前売り1,000円 当日2,000円
主催:地球公共霊性学会  後援:フィロソフィア+IARP(国際宗教・超心理学会)
お申込み・お問合せ先:  メール:global_spirituality@yahoo.co.jp  ホームページ:http://global-spirituality.net/  


山本ユキHP エネルギーの学校・脳のヒーリング・気内臓(内臓のヒーリング)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »