2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

エネルギーの学校 第3期 4月より開催のお知らせ

エネルギー3を書くつもりが、途中でお知らせを入れてしまって申し訳ありません。
「エネルギーの学校 第3期」を4月より開催します。
1期のときも、ひろひろが発起人となってくださり、
2期のときもタオゼンが、
そして、第3期もてっしーが場所を提供してくださることになり、
本当に感謝しなければ! と気を引き締める今日この頃です。

スケジュールは6ヶ月目までは1期、2期と変わりません。
HPにアップしたのですが、なぜかGoogleのほうがアップが上手くいっていないので、
こちらで失礼します。

以下、文章貼り付けます。
よろしくお願いいたします。
(少々長いです。Google以外だったらHP内でもアップされているようです。どうてかなぁ?)

エネルギーの学校第3期 4月より開催

自分で自分のエネルギーを知り、感じていますか?

エネルギーの世界と親しくなり、感じられるようになったら?
・ 自分が苦手な人、場所、行動など 何故苦手か理解することが出来、変化を促す行動をすることができる。
・ パターン化した人生にあらたな視点を設けることにより、人生をより豊かにする。
・ 物理的な行動範囲が広がる。
・ エネルギー的な行動範囲が広がる。

エネルギーは、様々な世界(異なる波動)があることを知ったら?
その一つ一つが私たちが生きている環境に作用し、その一つ一つが果てしなく興味をそそる世界である。
・ 様々な施術をする際に、自分がどこのエネルギーの作業を行なっているか、明確になることにより、より効率的な施術になり、無駄なエネルギーを使わなくなる。
・ 自分の得意なエネルギー、不得手なエネルギーを知る。
・ エネルギーをうけて、具合が悪くなる事の原因を知り対処できるようになる。

自分が伸び悩んでいる部分を伸ばせたら?
私たちが通常認識している世界は、ごく限られた部分でしかありません。
しかも、それを更に狭くしているのが自分自身だったら?
自分の枠組みを認識して広げることにより、
より広い世界からのアプローチが可能になります。

具体的には・・・?
私たち人間は肉体という物質的な身体だけでなく、さまざまなエネルギーの身体も持っています。
けれども、私たちの大半は「自分=肉体」と何も疑わず生きています。
エネルギーの学校では、一回目のクラスから「自分=肉体」という概念は崩れ始めます。
そして、「もしかして自分は、肉体だけの存在ではない。」ということが頭ではなく身体やエネルギーで実感し始めると、
『本当のこと』が知りたくなってきます。
「今まで自分が縛られてきた世界感はもしかして小さな箱の中の世界だったのかもしれない。」と。
エネルギーの学校は、『本当のこと。』を探検していく仲間が集まるところです。
その過程で、まず、自分という存在を色々な角度から見つめていきます。
そうするうちに、エネルギーを当たり前のように感じることが出来るようにもなるでしょう。
様々なレベルのエネルギーを自在に作り出すことが出来るようにもなるでしょう。
タロットやカバラに興味を持ったり、
ヒーリングが出来るようになるかもしれません。
でもね、それは『本当のこと。』を見つけていく途中経過にしか過ぎないのです。
そこで途中下車するのも良いでしょう。
でも探検は続きます。
「自分の中にあるゆるぎない神聖。」に辿りつくまで。

エネルギーのレイヤーは、私たち一人一人の個性、傾向性、魂を表し、また形作っています。
肉体だけでなくそれぞれの質、波動、感覚をつかむことにより、ご自分の仕事、施術、恋愛、家庭等それぞれの生活をさらにエネルギッシュに生きてほしいという願いもこめられています。
なぜなら、肉体だけでなくエネルギーの世界を知ることにより、自分の人生が何倍にもパワフルになっていくことを知っているからです。
このクラスは、知識だけでなく実際に「特定のエネルギー」の中に浸ることによって、自分の頭で、肉体で、エネルギー体で体得していただくようにすすめていきます。
基礎クラス6か月を終えるころには、自分の想念がいかにエネルギーを作り出しているかという事実が当たり前のように感じられるでしょう。
月に一回(土曜日)でまず6カ月の基礎コースがあります。全参加が基本で、単発受講はできません。

■詳しいスケジュール
【エネルギーの学校 第3期】 by 山本ユキ
※まず、基礎コースから始めます。
基礎コースは、月に一回で6カ月のコースです。全参加が基本で、単発受講はできません。
開催日:4月より 月第2土曜日。
開催場所:輪屋(大岡山駅より徒歩5分)http://www.rinya.jp/info/
時間帯:12時から5時半。(早めの昼食を取ってお越しください。)
受講料:一万円。(毎回ごとの支払いで大丈夫です。)

一番近くにありながらも、なかなか気づくことのできない、もっともこの世で興味深く、愛すべき「自分」という存在を読み解いていきます。

☆season 1:性格構造から見た自分
(この世に生まれ、育ち、今の自分になるまでの過程をエネルギーや身体から読み解きます。)
1回目
肉体、エネルギー、性格パターンを見ることにより、自分の性格構造を見つけていきます。
2回目
自分で見つけた傾向性が他者との関係性の中でどのように反応して行くのかを実際に自分の身体を使って体験してもらいます。
3回目
性格構造のパターンの中から、自分の魂がこの世にどんな課題を持って来たのか、自己実現するためには何が必要なのかを見ていきます。

☆season 2:チャクラから見た自分
(それぞれのチャクラの波動を感じ、自分のタイプチャクラを見つけ、さらに、自分にとって不得意なチャクラを見つけることにより、さらにパワフルに自己実現していくツールにしていただきたいと思います。)
4回目
7つのチャクラの概要。
ムーラダーラチャクラについて(この人生を歩むコミット、肉体)
実際にムーラダーラチャクラを活性させる動き、呼吸法、意識を体得していきます。
5回目
スワディスターナチャクラについて(自己感情、性的な解放)
実際にスワディスターナチャクラを活性させる動き、呼吸法、意識を体得していきます。
6回目
マニプラチャクラ(社会性、人間関係)
実際にマニプラチャクラを活性させる動き、呼吸法、意識を体得していきます。

以降、アナハタチャクラの「アストラル界」に進んでいきます。
アストラル界は自分の想念が非常に重要になっているために、基礎クラスを学んで得たエネルギー的体力、知識、自己との取り組みが必要になります。


その後は・・・
アストラルの想念の部分のチェックをしていくと、自分の想念がいかに自分の人生に影響を及ぼしているのか明確になってきます。
自分で自分の人生を創造している感覚が出てきます。
99%は自分が作り出した世界かもしれない。
今度は、まったく逆転の発想からエネルギーを感じていきます。
そして、これこそが「自らの中の神聖。」と繋がる秘密なのです。


詳しくはお問い合わせください。

※ 精神的な疾患をお持ちの方は事前にご相談ください。
※ ご相談、ご質問はお手数ですが、HPの問い合わせのほうからお願いいたします。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・気内臓チネイザン・エネルギーの学校

2012年1月29日 (日)

おすすめの本

エネルギーの学校に関西から通ってくれているみさをちゃんが、
ステキなイラストを沢山(半分以上のページ数!)書いている本が
発売されました。
今日、読ませてもらいましたが、本当にステキなイラスト。
みさをちゃんのあたたかさ、美へのつながりが感じられるステキなイラストです。
本の内容も、子育てに非常に参考になる内容なので、
興味がある方は是非!


山本ユキHP ハンズオンヒーリング・気内臓チネイザン・エネルギーの学校

2012年1月25日 (水)

エネルギー2

ということで、(って、続きが遅すぎ。)
自分のあり方がいかに自分自身のエネルギーに影響を及ぼしているか、
「自分で自分のイマを知らず知らずに選択してしまっている可能性。」
に目を向けてみるのは非常に大切なことのように思う。

水分に限らず
その人の身体の外側まで存在するエネルギーにも 勿論影響し、
周りにも影響を及ぼすのである。

sun
さて、ざっくりとエネルギーという言葉で表現してみたのだけれども、
この辺で、実はエネルギーにも様々な種類があるのだということも知っておくと とてもお得である。
これが明確になっていればいるほど、無駄なエネルギーを使わずに的確に様々な作用が起こってくる。
エネルギーには、実に様々な波動があり、
それは色や音でも表現されたりするけれども、
芸術を見ても、それが絵画として表現されたり、音楽として表現されたりして、
1つだけのエネルギー(波動、色、音)ではなく、勿論様々な色合いを持ってそれぞれに影響し合っているけれども、
テーマの中心となる所は、やはりあって、
その部分にレーザービームのように的確に焦点を当てて、
的確な波動のエネルギーを流すことが出来れば、
エネルギーの無駄使いをせずにすむし、効果も明確になる。
この「的確さ。」すらある種のエネルギーの領域である。
肉体に近いエネルギー。
自分の想念が色濃く影響するエネルギー。
意図の的確さを左右するエネルギー。
神聖な部分とのつながりを感じるエネルギー。
などなど、バラエティに富んでいる。
だから、自分がどの部分のエネルギーにアプローチしているか、
と言うことは非常に大切であるように思う。
肩のコリにしても、それがエーテル体だけの問題か、アストラルなのか、
それとも、もっと違うところからの問題なのかを見極めれば、
永遠にマッサージしなくても、短時間でその部分を変化させることが可能になる。

まだまだ続く。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・気内臓チネイザン・エネルギーの学校

2012年1月 9日 (月)

エネルギー1

私が何よりも大切にし、かつ 大好きなのはエネルギーを感じること。
それがあるからこそ、毎日の瞑想も呼吸法も様々な行も至福のときへと続いていく通路となる。

エネルギーを「感じる。」には、ある程度の訓練が必要になる。
全てはここにある。
と言っても、心地よい環境の中に何時もいられるわけではないし、
長年、自らを守るために なるべく傷つかないように麻痺させてきた部分も多々ある。
だから、いつも全てを感じることは危険なことでもある。
しかし、少しづつ見方やあり方を変化させ、
エネルギーを感じるための あらゆる意味でのスペースを作ってあげることは、
この人生を何倍も楽しむツールを手に入れることにもなる。
そして、またそれは魂のための需要にもなる。

たいていの人は、自分はエネルギーなど感じることが出来るわけがない。
と思っているのが普通だと思うが、

たとえば、

満員電車にギュウギュウ詰めになって乗っている時に周りの人から伝わってくる「何がしかの心地よくない雰囲気。」と、

大自然の景色を見ながらゆったりとした座席に座って心地よい風を受けながら乗る電車。

この文章を見るだけでも自分の中に何らかの変化が起きるのではないだろうか?


先日、高校生にエネルギーのことを知ってもらうために簡単な実験をした。
彼らはエネルギーに対しての知識も感じることも興味もそれほどない普通の高校生なのだが、

自分がネガティブでいる時のこと
自分がステキな気分でいることに事

それぞれ思い描いてもらい、思い描いている間に同じように水を入れたコップをそれぞれ持ってもらった。
さて、結果は。

エネルギーなど感じられないと思っていた高校生たちは、
自分が持っていたコップの水の味や濃度の違いに驚いていた。
ネガティブなほうの水は、塩っぽかったり、ネットリと絡みつくようだったりした。
ステキな事を思い描くほうは、甘く、スッキリとしている。
という意見が多かった。

私たちの身体は、少なくとも半分以上は水分で構成されている。
自分がどのような意識で日々を送っているかは、自分の身体に影響しないはずはないのではないだろうか。

続く・・・

山本ユキHP エネルギーの学校・ハンズオンヒーリング・気内臓チネイザン

2012年1月 4日 (水)

お正月断食

ウフフ 丸々4日空いている!
「お正月は断食します。」
という私の無謀な提案から、我が家ではお正月断食。
より肉体の意識の強い人から、
一人づつ、通常の状態に戻り、みな2日で通常に戻り、
4日目は私一人。
どこで止めようと自由です。
(しかし、復食管理など食事の用意は各自が行う。)

だんだんと、身体のこりや滞りが取れていくのが分かり、
身体が軽い。
(体重ではなく、感覚が。)
内臓の位置が上がってくる。
特に横行結腸の位置は今日までで4~5cm上がっている。

時間を追うごとに、
中心となるチャクラの状態が変化してくる。
下のほうのチャクラからだんだんと上のほうのチャクラに移行してくる。
下のほうに留まろうとすると、車酔いのような感じがする。
今日は、朝からサハスラーラにいないと、調子が悪い。
しかし、サハスラーラーに居ると、
何ともいえない至高状態が続く。
子どもの頃はこっちの世界のほうが優位だったから、
「これは、自分で意を決して通常の状態を選択しないと、戻らないな。」
とうっすら感じる。
明日からは仕事だから、午後辺りから少しづつ戻します。

恐らく断食をする前には、プラーナの呼吸を体得し、
全てのチャクラの鍛錬(身体、精神、エネルギー全てにおいて。)を怠りなくしておくと、
苦しくなく快適な断食をすることが出来るように思います。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・気内臓チネイザン・エネルギーの学校

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »