2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

あさいちカクテル

あさいちでシェーカー振って

飲むのです!

緑色の元気を。

Cid_01110730_074721_____sh02bdocomo

中身は、
クサカゲロウ、ヒル、満月草、ニワヤナギ、二角獣の角の粉末、毒ツルヘビの皮の千切り、変身したい人物の一部
あっ、これはポッターのポリジュースか・・・
変身したい人に一時間なれます。

ここのところ毎晩、ユーモアを駆使した作品作りがつづいているので、ついつい。。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・エネルギーの学校


2011年7月30日 (土)

朝の音

いただいた風鈴のフォルムが、

あまりに美しく、

音色も素敵なので、

朝一番に、部屋をクリアにするお道具になっています。

Cid_01110730_073558_____sh02bdocomo


山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・エネルギーの学校

2011年7月22日 (金)

グラウンディングとは?

あぁあああぁあ。
まさか先生がブログをごらんになっていたとは。
自己満足で書いているブログだから、先生が立ち寄ってくださっているとは思いませんでした。
今後は、心して書きます。

私が何故いま全く足を踏み入れたことがなかった武術のお稽古をしたくなったのかは、
震災後、なかなか明るい兆しが見えない中、
セッションに来てくれるクライアントの方や
エネルギーの学校に参加してくれている仲間たちを支えていく底力が
さらに欲しかったからかもしれない。
欲しいという自我があるのだからまだまだ修行が足りないけれども、
正直にそう感じた。

インドでの経験によって手放すことを学んだけれども、
実際に動かしていく物質的な力はどうしても必要に感じた。

お稽古を始めてから腰痛が改善しただけでなく、
施術をしている際にも、身体の芯を通す感覚が効果を発揮しています。
チネイザンの施術が続くと立っての施術に疲れてくるのですが、
武術のお稽古でだんだんと分かってきた感覚を使うと、
何セッションも疲れ知らずで、
その上、流れ込むエネルギーの質が変化して面白いです。
グラウンディングという言葉は、
ヒーリングトレーニングにいる時から耳にたこが出来るほど聞いていたし努力もしていたけれども、
質とパワーが,
お稽古をして間もない私ですら違っているのを感じます。
足腰を鍛える。
自分自身がここに存在することに同意しているか確認する。
エネルギーを下ろす。
しかし、グラウンディングという言葉が横行する以前から
恐らく昔の日本ではその「あり方」が、生命を守るために必要不可欠だったのかもしれませんね。

人に教えるというのは、
ただ技術を伝えるだけではなく、
教える方のあり方が、生徒に伝わっていくからこその伝授なのかもしれません。
先生のご様子を見てくると足が大地と一体になっているのが目でも見えるように感じます。
大地をも自らの力とし、という以上に、
大地こそが自分であるという感じでしょうか。

毎週のお稽古というものは子どもの頃以来したことがなかったけれども、
積みあがって行くのがわかって
毎回、楽しい発見があります。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・エネルギーの学校


2011年7月16日 (土)

型にはまってみたら、腰痛が。

毎朝起きるとすること。
まず、腰痛の調整。
それから、、瞑想と運動。
ふと気づくと、調整をしない日々が続いている。
ロルフィングを受けても、整体に行っても、ドクターフリッツに見てもらっても
何をしても治らなかったのに・・・
どうも調子が良い。。
そう、あの日から。

ここ最近、武術のお稽古を始めたのですが
素人の私が入るにはあまりに敷居の高い場だったらしく、
諸先輩方は武術を追求している「ハラ」の人たちだし、
「はじめから最先端に来てしまいましたね~。」と言われる始末。
女性は私一人だし・・・良いのだろうか?
先生がどうやら凄い人らしい。
しかし、初心者の私に物凄く丁寧に1から教えてくださる先生は、
誰よりも腰が低く、
先生より腰を低くするためにはどれだけ頭を下げたらよいのだろうと思ってしまう。
毎回、少しずつ魂に触れる一言をぽそっと残していって下さる。
その一言に「ははーっ。」と思わず頭を垂れてしまう。

今まで私は広がること、自由を追求して生きてきたように思う。
しかし、武術のお稽古は一瞬の緩みも数センチの足のずれも許さない。
(出来てないけど。。。)
お稽古の時間は「ここ」に存在することしか出来ない。
「2時間近く足の裏の微細な動きに集中すると、暑さも憂鬱な気分もどこかへ行ってしまいます。」
と言うと、「ユキさん、悩みなんてあるんですか?」と言われたが、
本当にスッキリする。

実は、お稽古を始めてから瞑想も非常に調子が良い。
「追い求めなくても、ここにある。」味わいは筆舌に尽くしがたい。


山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・エネルギーの学校


« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »