2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月23日 (火)

初心

ショウヘイの大切な「声」がかれてしまい、久しぶりにヒーリング。

もともと「ヒーラーになろう!」と思っていたわけではなく、、

トレーニングに入った時にも、

「家族に貢献出来るくらいになれば。」

と思って勉強を始めた。

父は20年前に大きな病気をして、常に病気が傍らにあったから。

あれよあれよと、沢山のクライアントの方に恵まれ、

ここまで来たけれども、

久しぶりにショウヘイにヒーリングしたことで、初心を思い出した。

文句を言いつつも、今の私はショウヘイが居たから今の私で居られる。

父と比較され、グレた(?)時期もあったけれども、

父の名のおかげでどれだけ恩恵を受けたかは、言葉で語りつくせない。

今でも、娘たちは父の名で様々な恩恵を受けているし・・・

ヒーリングをしてあげられる事で、少しはお返し出来ているかな?

今日は、「ヒーリング」というツールを持てている事に心から感謝しつつ、

少しでも皆様のお役に立つことが出来るのは嬉しい!

と再確認出来た一日だった。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年11月16日 (火)

恩寵1

答は一つではない事を、

以前にも話したと思うが、

カバラの生命の木を見ていると本当にその事が目の前に如実に現れてきて面白い。

物事を学ぶ時に、その人(魂)の進捗度によって、その答えは自ずと違ってくる。

一本の木の中でも自分が浮かび上がってくる。

現在の状況、欲望、知性、情念、という物質的なところに近いレベルから、

もう少し、心理的なところ、良心、慈悲心、

更に、霊的なところとの関係性が見えてくる。

ある物事に対して、自分の中で木を立てていくと、

自ずと自分の中の盲点がその先へ行かせない力となって立ちはだかる。

違うテーマで木を立ててみても、やはり、立ち止まるところは同じところになる。

そのテーマに取り組み、手放すことが出来た時、また、違うテーマが浮かび上がってくる。

まさに原初の渦巻き、らせん状に、進んでいく。

そして、上下のレイヤーの他にも、奥行きのレイヤーもある。

この木を何百本か立てて初めてこの木が理解できるという。

自分のテーマを中心に持ってくるのだから、目をそらさず、コツコツと積み上げていくことこそが「魔術」を知ることの正体なのだろう。

そうした時に、立体的な木が自分の中で立ち上がり、

と、同時に自分という存在が3次元のみならず多次元、無限であることが

「ここにある」事がゆるぎないものとして ここにあった事が思い出されるのであろう。

実際の、クラスの中でも 質問の答は一つではない。

受け取る側の今の状況によって、それを見極めて答えていくことが必要になってくる。

肉体的なところに存在している教師は、肉体的な答を用意してくれるだろう。

心理的なところもしかり、

エネルギー的なところもしかり、

しかし、最終的に良い教師とは、相手の物質的に見えている所だけではないレイヤーを掴み、どの部分からの質問であるのかを見極め、

ガイダンスに繋がり(それは自分だけが得られるというエゴに基づいた特定のものではなくすべての根源であるところのガイダンス)答えてくれる存在なのだろう。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年11月14日 (日)

常に歓喜を感じられるよう自分を磨くこと

考えられない事が、、、

誘導瞑想に出てきたノート(マジカルな)を用意しなければいけない事を

すっかり忘れてしまっていた。

想念の現実化のワークなのに・・・

しかも、思い出したのが 皆がシェアしだしてから!

何事も、素早く、シャキシャキ物事を運びたい私としては 大失態。

何ということかしら。

しかし、これも何かを気づかせてくれる一コマ と思い、

皆に素直に「すっかり、今まで忘れていました。ごめんなさい。」と謝り、

心の中では、

「謝る事が嫌いな私が素直に謝ったから きっとすぐに見つかるだろう。きっと、今回の学びは素直に謝る事だ。」と思って、

和光に行けど、三越に行けど、伊東屋に行けど、

同じようなノートは見つからない。

途方に暮れる私に、伊東屋の店員さんが「作る」事を提案。

小学校の時から家庭科と図工は幸子と好(初登場の祖父)が、制作していたくらいだから、

「作る」などと言う文字は私の中にはないのですが、仕方ない。。。

moon3

夕食後、作業開始。

Ca6vro5z 2mmの厚紙をノートの大きさにカットして、布表紙にアップリケと王冠のマークを縫い付けるところから始まり、計算機と布、厚紙との格闘の2時間半の末、

出来ました! 初手作りノートが!

Ca7zcn49 Ca43qed5 結構、楽しい作業だし、思ったよりも綺麗に出来たものだから、

「老後は、製本の内職が出来る。」とノートを皆に見せびらかし、豪語する私でした。

「常に歓喜を感じられるよう、自分を磨くこと。」

今日、一番感動した言葉だったけれども、

ノートが出来上がった瞬間は、歓喜に満ち溢れました。

快楽ではなく、歓喜。

大切です。

moon3

秋も深まってきましたが、11月のご予約はいっぱいになりました。

12月も土日はあと6枠だけなので、今年中のセッションを希望される方はなるべくお早めにご予約いただけると助かります。

ご迷惑おかけします。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年11月13日 (土)

チネイザン文化祭

素敵なカードを頂きました。

セッションの時の世界を描いてくださったとの事。

綺麗なお魚の中に、深海魚のような、

「ナウマン象の頃からいるよねー、この海にすむ生命体!」

というような私好みのものまで、

そして、海底には不思議な「道」が更に続いていく構図。

果てない感じがいいなぁ~。

ステキすぎる!

Cas16uo6_4   Caunworm

そして、チネイザン文化祭で、私が先生の手を借りて作ったカード。

Cak1ih3l Ca2wpzeo

家のクリスタルを置いてみたのですが、どうでしょう?

チネイザン文化祭は多彩な才能の持ち主が次から次へと

素敵な世界を披露してくれました。

BIBIのダンスパフォーマンス。

つかツンのカード作り。

杉本さんのワイン講座。

順子さんのお煎茶道講座。

なぎささんのフェイシャル(恐ろしいほどに顔が変わる。)

マリッペのタイマッサージ。

何だか文化満載の日だった。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »