2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

みんな活躍している!

今日も 無事エネルギーの学校終了。

毎回、生(ナマ)な予想だにしない存在の介入に主催している私が感動しています。

みんな相当にイケてます。

まっちゃんからの素敵なフィードバックもありますので、

後日、メーリングリストにて回します。

そんな、まっちゃんのお知らせを、やる事がたくさんありすぎて、

失念してました。

こちらです↓

Yuichiro Matsui, installation

今夏のまっちゃんのパリでの活躍が東京でも見られます。

sun

もう一つは、

これまた素敵な展示が江古田のフライングティーポットにて。

えこだかるた展

私は月曜日に見に行く予定。

sun

大好きな人たちが、素敵な世界を作り出すのは本当に心の底で繋がっている何かを揺さぶられるようで感動します。

本当に感謝しています。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年10月25日 (月)

疑いようもない幸せ

私は小さい頃、相当に変わった子で、

母は、何度も先生に呼び出されて

「どこか異常でも?」と聞かれていた。

それでも、私は母にガミガミ言われた覚えがない。

それどころか、

「ユキは必ず幸せになります。」と先生方に言い続けてきた。

どこに根拠があるのか解らないのだけれども。。。

高校の面談では、母がいつものようにそう言うと先生が

「いや、お母さんそんなことわかりませんよ。」と言うにもかかわらず、

「いいえ 先生 ユキは絶対に幸せになります!」と言い放って帰ってきた。

だから私は、引き算のテストが0点でも高校で先生に怒られようとも、

家の骨組みだけで建築会社がお金を持ち逃げしても

疑いようもなく「大丈夫だ。」 と思う。

同じように、自分の子どもたちも「幸せになる。」と疑いようもなく思っている。

クライアントの方も、クラスに来てくださっている方も

疑いようもなく「幸せになる。」と当たり前に思っている。

私の構成要素の基礎は、

母の「絶対に幸せになる。」の念かもしれない。

昔は、その天然ぶりに呆れていたが、

今は、超尊敬する人です。

サチコ ありがとう!

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年10月23日 (土)

手術

友人の医師と話していたら、

「ハードな手術は、肉体への虐待ですよ。あり得ないことをして、長時間内臓をさらけ出しておくんだから。」

本当に大変な経験なので、術後のケアはしっかりと との事。

なるほど、手術後こそ身体の声に耳を傾け、ケアすることが大切。

術後すぐのヒーリング、有効だと思うなぁ。

と、自分はハードな歯科治療のあと、夜遅くまで仕事していたら

今朝、顔が半分腫れている。。。

半分ムーミンだ。

「あなたもですよ。」と鏡に向かって呟くのでした。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年10月22日 (金)

12月のエネルギーの学校

12月のエネルギーの学校 その2は、

12月20日です。

↑ 間違った!18日でした。

ごめんなさい。

2010年10月16日 (土)

聞く耳のあるものは聞きなさい。

i-padをメモがわりに使う事に慣れて、

だって、ボタンひとつですぐに検索できるし、

好きな音楽を聞きながらどこでも作業できるし、

何て便利なんだろう~。

と思っていたけれども、

今日もあたり前のようにi-padでメモを取り始めると、

横にいた女性が(どうやらもう一人の先生だったらしい。)

「電子機器はご遠慮ください。」との事。

時代的にどうなの?

と思い、

「どうしてですか?」と尋ねると、

「講義に集中して汲み取ってほしいものがあります。」

渋々、i-padを閉じて 講義に聞き入る。

今日の内容は、「渋々の私」には耳の痛い、

口伝で伝えられた体系について。

久しぶりにペンを使ってノートにポイントを記していくと、

なるほどキーボードを打つのとは違う世界が目の前に広がってくる。

コンパスと三角定規を使って図を書いていくと、

果てしなく広がる世界が目の前に現れてくる。

pcならばおそらく指一本で作図する所が一本一本の線を入れていくことで、

網目のように広がる世界を体感できる。

マリアの福音書の中に

「聞く耳のある者は聞きなさい。」とあるが、

言葉の背景にあるものを読み取る大切さが身にしみました。

便利なものを使うことが「当たり前」になってはいけない、

使い分けなくてはね と反省。

さらに、面白い発見は。

そうして、講義を聞いていると、

メガネをかけていて気にならないところと、

物凄く違和感のあるところがある。

物質的なところではメガネは不自由ないのだが、

高位の情報のあたりではメガネが邪魔になる。

面白いので、帰ってから遠隔ヒーリングをした時も、

メガネをかけてやってみたら物凄く違和感があった。

視力とエネルギーの関係性 大いに実験してみよう!

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年10月12日 (火)

遠隔ヒーリング

術後の方に遠隔でヒーリングさせていただいて気づくことは、

実際の施術は目の前にある肉体が意識の中心になるが、

遠隔の場合、肉体にとらわれず、エネルギーの広がりにも意識が向きやすいし臓器の状態も3Dでつかみやすい。

実際にメスを入れたところは、肉体のグリッドがずれているような手ごたえがあり、

それを、いくつかのレベルに同調させて、

施術を重ねていくと、着実に「本来ある状態」へと同調していくような手ごたえがある。

それは、内臓でも同じように感じる。

地あるものは天にもある と言った感じが手ごたえとして響いてくる。

音の周波数もとても有効に感じる。

取り去った後の臓器のエネルギーを各レベルのエネルギーと同調させていくことは、

術後の回復に向けて有効に感じる。

対面、遠隔いずれにしろ大切なことは

クライアントとヒーラー双方の「存在の力」のあり方なのだろう。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年10月11日 (月)

子宮・卵巣

そつか先生の解剖生理学。面白かった。

昨日は、子宮卵巣だった。

卵子の老化を食い止める方法はないものかとの質問から派生して、

(これはなかなか難しく、若い頃に卵子の冷凍保存が一番有効か?)

MHCクラス1分子のついての話に。

これが解りやすくて面白い。

人類が種を存続させるために、身体の中で行われている事って凄い!

sun

朝、瞑想後にふと思ったこと。

瞑想の最中に、

ハートの奥深くに入っていくような瞑想をすると、

まず、「これを求めていたのよね!」

と言うような安心感と愛に包みこまれ、

トンネルのようなものの中に吸い込まれていくようなヴィジョンを見ることがある。

その後、身を任せていると、得も言われぬ全体性の中に入っていくのだが、

これは非常に、人間が母親のおなかの中で胎児として宿る過程リバースではないかしら と思いを馳せる。

卵子と精子が結びつくのって物凄い確率の奇跡的な出会いだと思うし、

それはそれは「巡り合えた体験。」だろう。

卵巣から、卵子がポンと外に出て、すっと吸い込まれ卵管を通って着床するのが

逆回転で見えている感じかなぁ?

もしかしたら、私たちのどこかにはその頃の残っているはずない記憶も残っているのかもしれない。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年10月 8日 (金)

久しぶりの翔子先生

メールでのやり取りはあったものの、

3月のモロッコから久しぶりにお目にかかれた岡本翔子先生。

翔子先生の話は、ただの知識ではなく人生の経験が織り交ぜてあるからずっしりと響いてくる。

私が甘えられる数少ない人でもある。

砂漠で私が噴水のように吐いたことも目撃され、ボロボロで寝込んでいる時に

部屋に訪ねてきてくれてカウンセリングしてくださったこともある。

ダメな私も見た上で、ホールドしてくれる大きな存在です。

どう見ても自分の利にならない事でも一肌脱いでしまう可愛らしい一面も!

色々なものを見てきたからこその「静かなる存在の力」 世の中を全体的に見ている感じも大好き。

昨日発売のCREAにも先生の特集記事があります。

身体のケアと占星術をリンクさせた面白い記事なので、是非!

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年10月 7日 (木)

負けず嫌いの親子

夕食時に祥平が、

「今日12時半ごろ、物凄く背の高い美人がお前の家の方に歩いていった。」

と言うので、

話をよく聞くと、

今日は遠隔ヒーリングだけだったので、大好きな餃子を食べに行って帰ってきた私のことだった。

「それ、私だよ。」

と言うと、

「そんな筈はない!」

と言い張る祥平。

「じゃあ、どんな風貌?」

と聞くと、

サングラスをかけて、

(サングラスをかけていてどうして美人がわかるのだろうか?)

& 

(「この時期、この辺りをサングラスをかけて歩くのはお母様くらい」by mika)

背が高く、

(お母様は信じられないくらい高いヒールをはいてるよ!」by risako)

「こういう」黒いバッグ、

(「餃子を食べに行くのにシャネルのバッグ」バブルだ。)

だった。by 祥平。

「だから、それは私だって!」

「いや、違う!!」

どうしても負けを認めたくない祥平でした。。。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年10月 5日 (火)

三日経てば。。。

初日ぐったりしたけれども、

3日間過ぎてしまえばあっという間だったなぁ。

特に自我の切り口は面白い。

内容も充実していたけれども、妥協を許さない,

「常に正直であること。」の姿勢は、参加者の無意識の操作とて妥協なく表面化させる。

勿論 ご自分の事も常に常にチェックされているように見受けられる。

「しつこいオシュウトメさんみたいな人ですか、吉福さんは?」

は私の中でまだ存続しているけれども、

とにかく気持ちが良かった。

ここまでの事が出来る器の大きさ。

エネルギーと言葉が近い人、見ないなぁ。

でも、今の自分じゃなければ受け取れなかったかも。。。

温泉と美味しいもの!

と思って参加したけれども、今は大きなもの見つけた充実感です。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年10月 1日 (金)

温泉

温泉に入って骨休めだ!
とおもって参加した合宿。
超ハード。
三日間私は残れるだろうか?
始まって半日で疲果てご飯を食べる氣にもならず、
海に出て来てしまった。
海はいいなぁー。

楽しいよ!
とお誘いいただいた言葉いつ味わえるんだろうか?

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »