2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月27日 (月)

月のリズムと心理占星術

今年も、ムーンブックの季節ですね。

昨年のルナセラピーとのコラボから早いもので一年です。

本当に、お世話になっている翔子先生!

お忙しい中、ちょこっとアドバイスしてくださる内容に本当に助けられています。

今年も10月7日と12月16日には東急BEにて岡本先生の月のリズムと心理占星術の講座があります。

すでに、「申し込みました。」と仰ってくださる方もいらっしゃり、

嬉しい限りです。

当日、お目にかかれますように。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年9月21日 (火)

至高体験

至高体験を味わうことは容易い。

なぜなら、すべての人の中に神聖があるのだから、

人生の中で幸運ならば何度か味わうことが出来るだろう。

しかし、その感覚を維持し自分がその視点からの生活を送るには、

肉体的な足腰とエネルギーの筋力、自分自身にいかにOKを出せるかにかかっているのではないのかしら?

この自分にOKを出せるというのが、一番の難関だと思うのだけれども。

リサ・ランドールが、

「何となく思いつくのと、突き詰めて考えることは全く違う。」

と若い学生に語っていたのを思い出した。

彼女は、

「インスピレーションを信じて開かれた心を持つこと、勇気を持って楽しむこと。世界をほんの少し違う見方で考えてみること。」

とも言っている。

何と言われようと、新しい次元に向かって自分の仮説を打ち立てていく強さが、

彼女の美しさなんだろうなぁ。

素敵な言葉です

fullmoon

イリアーヌが来ていたのに行きそびれた。ブルーノート・・・http://www.bluenote.co.jp/jp/artist/eliane-elias/

残念。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年9月17日 (金)

今日も一日ありがとうございました。

今日は嬉しい報告が!

大切な親友が結婚することに。

あまりに予想だにしない出来事に本当に驚いたけれども、嬉しくて!

中学から彼女の生き方を傍らで見せてもらって、

自由で、自分の生き方を貫き、カッコ良く、本当に尊敬できる存在で、

未だに私を子供扱いするのは彼女くらいかも。

でも、「私は、もう愛だの恋だの卒業して、老後は沖縄に移住して『Ba Bar(ババァ)』を作る!だからこれからはお金をためる!」

と、豪語していたのに この展開。

いつもやってくれます。

本当に予想できない事をいつもいつもやってくれます。

きっと、お婆さんになってもやってくれるんだろうなぁ~。

結婚祝いと、私の誕生日祝いで年末は3人(ダンサー・ピアニスト・私かぁ ちょっと不思議な組み合わせ)で温泉に。

ただ、楽しむだけの旅行ってエジプト以来していなから楽しみだなぁ。

なので、今年の仕事納めは25日です!

moon3

一日の終わりに、

「あぁ~ 今日も一日終わった。」

といって、聞く曲。

少しでも、この曲で安らぎを感じられますように!

良い夢を!

http://www.youtube.com/watch?v=boHGVV0WT_g&feature=related

">

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年9月13日 (月)

勉強

今年は学びの年。

という岡本先生のアドバイスを思い出す今日この頃。

月に一回、ギュスタフ ドレのThe New Testament  を背景にした勉強をしているが、

アラム語、ギリシャ語、古代ギリシャ語、サンスクリット。

綴りを確かめながらノートを取るのが精いっぱいなのですが、

単語の一つ一つを読み解きながら歴史や思想のなぞ解きをしていくのは楽しい!

先生は、以前大学で教えられていた方らしく、誠実な進め方なのですが、

専門知識に関しては実にキュートにお話し下さる。

無償で提供してくださるのは申し訳なくなるくらい。

祥平とサチコは、

「たとえ子どもたちが今勉強しなくても、ユキの例があるから(学校時代は一向に勉強しないで遊んでばかりいるが、大人になったら急に勉強を始めるの意)、私たちは一向に心配しない!」

と言い切る。

あの時も勉強しておけばさらに世界が広がってよかったと深く思うのですが・・・

秋からは、もうちょっと本格的に学んでいきましょう。

sun

長女が、長旅から帰国。

彼女は毎回危険地帯、危険な事をすることは事前報告がない。

前回も、インドで一番危ない場所に滞在していた事を着いてから報告するし、(乗った次の電車が爆弾テロにangry

今回は、3000メートルからのスカイダイビング。

ダイビングは聞いていたけれども、スカイダイビングは聞いていない。

スカイダイビングで悲しい思い出のある祥平は、そのせいかわからないけれども、熱を出して寝込んでしまいました。。。(それを聞いた長女は「おじいちゃま 相当暗かったよね。」)

しかし、どの国に行ってもたくましく生き、その国の子どもたちと過ごし、たくましくなって帰ってくる彼女を見ていると、

自分も頑張らねば!

と励まされます。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年9月11日 (土)

友人に誘われて、ピアノのリサイタルへ。

ショパンの「別れの曲」がプログラムの中にあった。

20数年前、私の親友のお父様の葬儀の時に、

親友がこの曲でお父様を送りだした。

その後、何度も彼女のリサイタルにも行っているし、

他の人が弾く「別れの曲」も聞いたけれども、

私の中では、あの時の「別れの曲」以上の演奏は未だ聞いたことがない。

今でも、その一音一音に彼女の思いが込められた旋律が蘇ってくる。

その時に見上げた空が、どうしようもなく青かった事とか。

最愛のお父様が入院されてからつきっきりで看病していた彼女の誕生日、

もう一人の親友と彼女を連れだして 近くのホテルのラウンジで誕生日ケーキを食べた時、お父様の話を聞きながら3人でボロボロ泣きながら食べたケーキの塩辛さとか。

あの当時は、身近にある「死」というものの実感がつかめず、

別れ際に何と言葉をかけたら良いのかもわからなかったこととか。

何だか、いっぱい思いだした。

音って、何だか凄い。

意識を「今あるところ。」から

違う空間、違う時間、違う次元に連れて行ってくれる。

それは、実際に耳に聞こえる音であっても、

耳に聞こえない宇宙に漂う音であっても、

思い出の中の音であっても。

今日はマントラ禅に時間を忘れたこともあり、

「音」がテーマの一日でした。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年9月 9日 (木)

年に一回の体力測定?

この猛暑でお具合の良くない方が多く、

「ユキさんは大丈夫なんですか?」

と聞かれたけれども、普通に生活する分には良いのですが。。。

そんな私の健康のバロメーター。

嵐のライブ。

楽しかったけれども、疲れが。。。

去年までは、「嵐、元気をくれてありがとう!」

しかし、今年ばかりは翌日ぐったり。

この夏は、家で夕食を取るのが週に1-2回だったからなのか?(毎年この時期になると夏の食生活を反省しているような気もするが・・・)

9月の夜なのにこの陽気の屋外ライブの暑さでやられたのか?(ウチワは振るためではなく、専ら扇ぐために使っていた。)

と、笑い話で終わっているうちはいいけれども、

こういう気候が続くと、例年通りの体調管理では難しい。

サプリメントも取っていなかったけれども、

気をつけなければ。

と、ここ最近のお気に入りは、ホワイトセージのハーブティ。

取り寄せていたホワイトセージの苗が届いたので、

「暑い中悪いけれども、元気に育って頂戴ね。」と面倒見るのが毎日の楽しみです。

しかし、水をあげようとしても暫くは出てくるのがお湯。

sun

どんなに外的に満たされていたとしても、

自分の中心にある「種」の部分にまで辿り着き、

それが その先にあるものの入り口になっている事に気づかなければ、

常に見えない何かを求めて、砂漠の中で水を求めるかの如く何かを渇望するのだなぁ。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »