2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月23日 (金)

しあわせの入り口。

ユイさんに数年前に教わった言葉、

「親にとって一番の仕事は、子どもに『神聖な傷をつける。』こと。」

moon1

「子どもにとって一番の不幸は、すべてを与えられる事。」

と最近私に語ったのは誰だったかしら?

moon1

どちらもとても深いところから、

その人の成長を見守っている大好きな言葉。

sun

もしも、私が原因不明の頭痛にならずに「お受験ママ」のままだったら、

ウチの娘たちはどんなふうに成長していただろう?

ものすごい不良になっていたかも!?(←いやないなぁ)

いや、東大に入っていた!?(←これもないだろう)

二人とも、自分の生きる道を私とは比べ物にならないほど早々に見定め、

一歩づつ歩きだしている。

細かい文句はこれからも言うけれども、

二人の歩もうとする道を何も心配していない。

(私より、数段しっかりしている。)

今思うと、あの頭痛は幸せへの入り口だったのかもしれない。

sun

何かを学んでいる事を傍らで見せてもらっている機会が多くなってきたけれども、

学んでいると誰でも、辛い状態になる事があります。

学ぶって成長したいってことだと思うから。

でも、それはもしかしたら、幸せの入り口かもしれないです。

だから、あとちょっと頑張ってみましょう。

それを「辛い。」だけの体験に終わらせてしまうのは勿体ないような気がします。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年7月19日 (月)

またまた祈り。

暑い日が続き、セッションに足を運んでいただくのが本当に申し訳ない。。。

とくに駅からの一本道は日影がなくすみません。

と思う日々です。

sun

想念と祈りの話を何度もしているけれども、

この間のクラスでも、あらためてその二つの大切さが浮かび上がる。

祈りの宿題で、

それがシンプルでわかりやすく、自分の過去の想念がその背景に渦巻かない場合、

その祈りの答が瞬時に返ってくる。

という傾向がみえた。

この「自分の想念」は、

生まれてきてからの周りからの影響による数々のパターン。

魂の質。

過去の人生があるのであれば過去からの持ち込み。

世の中の倫理。

等などパーセンテージは様々だけれども、これらが絡み合っていて

もともとは自分を防衛するために働いてくれようとするのだれども、

どこかでそれが独り歩きしてしまう。

どこにそれがあるかを認識して手放し、

シンプルな祈りに取り組めば、

非常に高い確率で祈りは実現化する傾向がみえる。

(だから心理療法や質の良いカウンセリングは非常に重要!)

sun

かくいう私も、

「そういう形でくるかぁ。」

と、思ってもみない形での祈りの成就で、

「祈りのパワー恐るべし。」

と感慨に浸るのでした。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年7月 2日 (金)

キレーション(ハンズオンヒーリングによる)

久しぶりにフルのキレーション(ハンズオン・ヒーリングのエネルギー・キレーションは、医学治療として行われる点滴キレーション療法とは別のものです。)を受けた。詳細はこちら↓

様々な、代替療法があるけれども、

キレーションを受けて その汎用範囲の深さ、広さに改めて感じ入った。

キレーションは、「近代ハンズオン・ヒーリングの母」ロザリン・ブリエール博士により世に出され、現在世界中のヒーリングスクールで基本のプロトコルとなっているハンズオン・ヒーリングの手法です。当校では、ブリエール博士の「肉体に焦点を置く」本来のキレーションを忠実に実践し、これには心身のバランスを穏やかに整え、生体エネルギーを充実させる効果があります。(SECTA ORVIS VITAE SECTA VITAE ALKEMIAより)

肉体レベルのレイヤーはもとより、

エネルギーレベルのレイヤーにも確実に働きかけるのが実感できる。

ある部分には、筋肉に、ある部分では筋膜に、骨髄に、感情に、エネルギーに。

必要なところに必要なものが届けられる感じ。

今受け取れるものを受け取るような感じかな?

今手放す用意が出来たものを手放す感じかな?

終わった時には、マッサージ、瞑想、心理療法 どれともちょっと違う 統合感を感じた。

(おそらくやってくれる人の、持ち味によって違ってくるだろうけれども。。。)

いいなぁ、ハンズオン。

自分がその手法を学び、実践できることの幸せ。

そして、この手法がおそらく一生を通して自分が成長していかれるツールになるものであること。 変化や成長がそこに見えるツールになる事。

久しぶりにヒーリングしてくれた方の、歩みがそこに見えて嬉しかったです。

たまに自分も受けなければいけませんね。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »