2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

孤独がなくなる日は来るのか?

何だか、昨夜からのウエサク祭

(ウエサク祭の起源は、釈迦の降誕、悟りを開いた日、入滅の日がすべてヴァイシャーカ(Visakha)と言ってインド暦で言う第2番目の月の第一満月という言い伝えから来ていると言われています。この日は、太陽が牡牛座から登る日であり、旧暦では4月15日。太陽暦では4月から5月の満月にあたります。もともと仏教から始まったので、チベット、タイ、スリランカなどアジア各地で行われています。)

の瞑想の流れで、最近めっきりとっていなかったガイダンスを取ってみた。

深い深い暗闇の中に降りていくと、不思議と「寂しさ」や「孤独」は薄れ、

懐かしくもある「あの場所」へ降りてゆく。

底知れない暗闇と、果てしなさの中、

暗闇の中に見つけるのは「光」ではなく「粒子」

粒子が生まれては消え、消えては生まれ。

その痛いほどの静けさの中に何とも言えない安心感が生まれてくる。

「あぁ。やはりここだったのか。」という安堵と落胆。

今日のテーマは自ら「孤独」を選ぶ。

散々話した揚句に「知る得る限り、傑出した人物は孤独だなぁ。」だって。

「アハハ・・・」という笑いが最終的な今日の答。

門を潜りぬける一日にふさわしい

良い一日だったな。

だんだん、力が抜けてくる。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年5月26日 (水)

タゴール

1988年に開催されたタゴール展の図録を手に入れました。

67歳になって描き始めたという絵は、

絵のことに造詣の深くない私すら身体の中心からこみあげてくる何かを感じます。

「人生という本のあらゆる章が終りになってきた時、今までになかった手段で、私の生命が、この本の附録の部分の著作の素材を提供してくださった。」(プロティマ・デビ宛書簡より)

15168c_4    Capewrn3 (ステキすぎます!)

タゴールが生み出す美しい言葉と私たちが使う言葉。

同じ言葉でありながらも、

人を傷つけるものにもなり得る言葉。

何年の時代を経ても、心を打つ宝ものになりえる言葉。

言葉の背後にあるエネルギーは、ヒーリングのエネルギーと同じように

その人自身、その人の魂の部分までをも顕してしまうのかもしれません。

「世界は私に絵で話しかける、私の魂は音楽で答える。」(詩集「蛍」より)

「絵というものは大地のものであり、歌というものは、大空のものである。

無限が有限内にあるところに絵があり、無限が境界のないところにあって、

そこに歌がある。

形の王国の芸術が絵であり、形のない王国の芸術が歌である。

詩は両面性を持ち、絵の中をも通り、歌の中をも飛ぶ。」(日本紀行ー14より)

タゴールの言葉は、人生の節目節目にいつも滋養を与えてくれます。

個人セッションのお知らせ@仙台

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年5月25日 (火)

人は精神を背後に控えてこそ、偉大なる美を獲得するのだろう。

「人は精神を背後に控えてこそ、偉大なる美を獲得するのだろう。」

以前のHPの名前にもさせていただいた

「The Sea Priestess」の一節です。

ここ数日、少しづつ読み返すのが楽しみになっているのですが、

この言葉のように、自分がどんな状態にあろうとも「品格」を保ち、

相手に心地よさを感じさせてくれる素敵な人がいます。

紡ぎだす言葉は、詩を読むような心地よさがあり、

私はその言葉をついつい反芻してしまいます。

その様子は、エネルギーにもみられ、

内側からの光は、エネルギーを読む人でなくとも、

おそらく気づくのではないかと思う内面からの光なのです。

moon3

人生の半ばを経ている女性は、現代の社会の求める

「美しさ」の範疇とは違っているのかもしれません。

でも、私がもしも魔法の杖を持った魔法使いに、

「20代の若々しい女性か精神性を備えた美しさを持った女性、どちらを選ぶ?」

と聞かれたら、迷うことなく後者を選ぶと思います。

そう思わせてくれる、素敵な女性が近くにいる幸運に感謝しつつ、

自分も次の世代の女性達にそう思わせる女性でありたいと思います。

The Sea Priestessの美の秘密はまた後日。

個人セッションのお知らせ@仙台

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年5月22日 (土)

仙台個人セッションのお知らせ&アライグマ現る!?

ここ最近、朝になるとウグイスの風流な鳴き声が聞こえるなぁ

と思っていたら、

今日はそれどころではない事態が!

ショウヘイが、

関所から5時ごろ外を見ていたら、

アライグマが歩いてきて、去って行った。」

と主張している。

「ラスカルみたいだった?猫じゃない?」などと女性陣。

しかし、ショウヘイは

「いや、あの顔は確かにアライグマだった。」と主張している。

この辺りにも、自然が戻ってきたのだろうか?

誰かのペットなのだろうか?

この辺りにいらして、アライグマを見かけたら

是非、ショウヘイに一票を!

moon3

sun

さて、5月ももう後半戦。

仙台クラスが近付いてまいりました。

翌日に個人セッションをさせていただきます。

クラスでは、出来る限りお一人お一人のご質問にお応えしていきたいと思いますが、時間が限られていますので、個人セッションもご利用くださいませ。

個人セッションのお知らせ(ご参照下さいませ。)

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年5月20日 (木)

丁寧に。

Mint_2

朝日がさしてこない日が二日続く日の朝は、起きた実感が伴わず、身体が起き始めるまでにグズグズする。

そういえば! と。

クライアントの方がお庭から摘んできてくださったハーブがあるのを思い出して、ハーブデティを入れた。 うーん、いい香り!

せっかくだから、モロッコで買ってきたグラスに入れてみる。

このグラスは、ホテルの中のショップで買ったのだが、一つ一つ手作りで、色とファティマの手の模様が微妙に違って可愛い。 長旅を手荷物で持って帰ってきただけに愛着も一入。

Cagavtsp Cayq6byv_2

グラスから立ち上るハーブの香りは、ちょっと憂鬱な感じをサラッと洗い流してくれる。

こうして、今一つな所を素敵な方へフッと変化させる瞬間が小さく嬉しい。

人生の中で固定観念が、新しい視点へとフッとシフトする瞬間もそうだなぁ。

そうしたものの原動力になるものって、「大切に育てたハーブ。」とか「大切に作られたグラス。」とか「大切に持ってきた過程。」とか何だか、流れ作業でないものなんだろうな。

丁寧に生きている順子さんを見ていてもそう思う。

ちなみに、「丁寧」の「寧」という漢字、白川静さんの常用字解で調べてみると。

「廟の中で、台上の皿の上に生贄の動物の心臓を載せて供ええう形である。犠牲にした動物の心臓を備えて寧静・安寧(やすらかなこと)を願って行う儀礼を「寧」といい、「やすらか、おだやか、しずか」の意味となる。甲骨文に「王は今夕寧か」のように、王の寧静を占うことがみえる。」

なるほど、丁寧に辞書を引いてみるのも良いものです。

流されないで大切に一日を過ごそう!

素敵な一日になりますように!

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

 

2010年5月17日 (月)

アストラルの修行

ある人と、小さい頃の話をしていて、

サチコが夕方の4時半頃になると、

私と妹が主役になるお話を毎日少しづつ聞かせてくれていたことを思い出した。

家の庭が、いつも話の世界の入り口になった。

今思えば、そんなに広い庭ではないのだが、

話の中では、森や草原、木のうろの中の地下世界、空へと旅する気球があった。

だから、私にとって実際に庭に出ることは探検であり、ちょっとドキドキする時間だった。

家の庭にある椿の木に張ってある蜘蛛の巣の話の様子は、

今でも鮮明に思い出せる。

蜘蛛の巣の大きさや形、光の加減や露の輝き

本当に鮮やかな色使いや輝きだった。

そのお話の中のイメージの方が実際の椿の木よりも色鮮やかで鮮明に覚えている。

内側からの光がにじみ出るような様々な緑やピンク。

そして、その周りには肉眼では見たこともないような色の洪水がある。

そんな世界の中、私と妹は数々の冒険をしていく。

ある時には、小さくなって蜘蛛と話し、

ある時には、空を飛んで遠くの国まで旅をした。

clover

話している最中に、

「これはパスワークだなぁ。魔術の修行みたいだなぁ。」と思うに至り、

アストラルの世界観を知らず知らずに子ども時代に養ってもらっていた事に何とも嬉しくなった。

その時間になるのが待ち遠しく、母が夕食の用意をする前の数分の時間。

薄暗くなっていく部屋に、3人で寄り添い、

「さぁ、目を閉じて。」と言われて目を閉じ、

私たちが、フーッと一息はきおわるタイミングで始まるドキドキ感は今でも私の一部分に残っている。

ゲームもコンピューターもない時代だったからこその贅沢な時間だったなぁ。

clover

その人と話していると、いつもショウヘイの陰に隠れがちなサチコの存在が

浮かび上がってきて面白い。

もしかしたらサチコは影の大番長かもしれない。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年5月16日 (日)

真空のエネルギー

今日は、エネルギーの学校の日。

新たに昨晩の補習組が加わり、さらにいい味が出た面白いクラスだったなぁ。

何といっても、クラスの面白さ醍醐味は参加者にある。

このくらいの時間の余裕があると、自分のやりたいところまで進めていかれるなぁ。

誰かの発言も面白いけれども、それに反応する周りの空気感。

それが、キワキワになるほど面白くなってくる。

理論は同じであっても、そこに見えてくるテーマは参加者という味付けによって日々変化してくる。

変化に対して、今に留まる事を選択する場合、おのずとそこにはいられなくなってくる。

それはそれで素敵な選択だと思う。

なぜなら私は常に変化する事を選択してきたから、留まる人はある意味羨ましくも感じる。

今日は、個人&関係性に留まらず水瓶座の時代の方向性、人間が向かっていく先の可能性、セクシャリティの今後にまで及んだ。

これは、ここ最近私がはまっている「宇宙の向かう先」にもリンクする予感がして、ワクワクしている。

今日話題に上った「何かに引き寄せられている。」感覚と「真空のエネルギー」がなんとなくリンクする予感がしているのは私だけだろうか。

ヒーリングの際にこの「真空のエネルギー」をリンクさせてみる。

まだ、しっかりとした確証には早いけれども、もしかしたら非常に面白いものになる予感。

今日も、また未知の世界の扉が開かれた。

みんなありがとう!

私にとって、人間こそが宇宙の奥深さなのかもしれない。

表面に見えるものの、その奥にあるものの深遠さ。

人を知るって面白い。 とても、素敵です。

やはり、私の一番のニーズは「新しいエネルギー」を知ることなのだ。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年5月15日 (土)

今日のエネルギー瞑想

エネルギー瞑想 時間が短いのですが、毎回多くの方に来て頂き

本当に恐縮です。

お友達まで連れてきていただき本当に本当に恐縮です。。。

お一人お一人の話をもっと伺いたいし、

語りたいことも 沢山あるのですが、

なにせ時間が短いので、本当に申し訳ありません。

前回のものを見てもらおうにも随分前のものだったので、

今日の誘導瞑想と共に載せておきますね。

あと、牡牛座の満月の日時と思ったのですが、せっかくだから今年の新月と満月カレンダーも載せておきますね。牡牛座の満月は10月23日です。

ではでは、しばらく間が空きますが、

またお目にかかれますように。

love, yuki

(その後、明日の補講を受けに来てくださったお双方も遅くまでありがとうございました。)

★誘導瞑想

会陰

エレベーターでチャクラを一つづつ昇っていく。(その時の色や音などの手ごたえ。)

6階の次は0のボタン。

ドアの向こうの門番。

ゲート

本当の名前

願い

★足裏

湧泉22番(500円玉塗りつぶす)

斜めに降りて24番へ

51番を斜めに。

Ph_04_01_3   Ph_06_01_2

25番中心に15番のあたりまで。

12番の甲状腺、18,19番(左右で心臓、肝臓・胆のう)

4番の脳下垂体を針で刺すように。

2番をリンゴの皮をむくように

足の甲、42番を忘れずに。

あとは、全身くまなく流す。

Ph_07_01

★関節・経絡

足の指、足の甲、足首を回す。

足の指に手の指を入れて、各関節を動かす。

膝と股関節。

手の指、手首、ひじ、肩を回す。

シャバアーサナで身体とエネルギー体の様子を見るのを忘れずに所々に入れる。

★呼吸

息を吐き出し、止めて下腹部の呼吸

息を吐き出し、止めて右回り、左回り、前回り、後回り

1,2,3チャクラが温かくなるのが目安。

新月/満月 新月・満月の日付 新月・満月時刻 旧暦 星座
1 満月 1月1日(金) 4:14 11月17日 蟹座
1 新月 1月15日(金) 16:12 12月1日 山羊座
1 満月 1月30日(土) 15:18 12月16日 獅子座
2 新月 2月14日(日) 11:51 春節 水瓶座
3 満月 3月1日(月) 1:38 1月16日 乙女座
3 新月 3月16日(火) 6:02 2月1日 魚座
3 満月 3月30日(火) 11:26 2月15日 天秤座
4 新月 4月14日(水) 21:29 3月1日 牡羊座
4 満月 4月28日(水) 21:19 3月15日 蠍座
5 新月 5月14日(金) 10:06 4月1日 牡牛座

5 満月 5月28日(金) 8:08 4月15日 射手座
6 新月 6月12日(土) 20:16 5月1日 双子座
6 満月 6月26日(土) 20:31 5月15日 山羊座
7 新月 7月12日(月) 4:41 6月1日 蟹座
7 満月 7月26日(月) 10:37 6月15日 水瓶座
8 新月 8月10日(火) 12:09 7月1日 獅子座
8 満月 8月25日(水) 02:05 7月16日 魚座
9 新月 9月8日(水) 19:31 8月1日 乙女座
9 満月 9月23日(木) 18:18 8月16日 牡羊座
10 新月 10月8日(金) 3:45 9月1日 天秤座
10 満月 10月23日(土) 10:38 9月16日 牡牛座
11 新月 11月6日(土) 2:37 10月1日 射手座
11 満月 11月21日(日) 17:14 10月16日 双子座
12 新月 12月6日(月) 2:37 11月1日 射手座
12 満月 12月21日(火) 17:14 11月16日 双子座

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年5月13日 (木)

宇宙の錬金術とブラックホール

ますます面白くなってきました。

宇宙の錬金術。

宇宙でさえ金を作り出すことは果てしなく難しい。

">

ブラックホール。

ブラックホールは穴ではなく、非常に重い質量を持つ星であった。

そして、ブラックホールなしには宇宙は今の姿にはなっていなかった。

">

まだ、夜が明けぬうちに起きだして、暗い部屋の中でこれを見ていると、

本当に吸い込まれそう。

金もブラックホールもヒーリングのエネルギーと馴染み深く、

思わず、デッキに出て空を眺めるのでした。Caib1yn3

2010年5月 8日 (土)

身体の中をパスワーキング

連休の合間、雨の中をお越しくださりありがとうございました。

最後のヒーリングの前にやろうと思っていた身体の中のパスワーキング、

出来なかったので、書いておきますね。

私たちは、自分の身体が不調を訴えない限り、そこに目を向けようとすることはあまりない。

日本人の女性であれば平均して86年は心臓は鼓動を続け、肺は呼吸を続ける。

自分でありながらも、あまりにも当たり前になって、そこに目を向けることは稀である。

身体のためのパスワークは、自分の身体と仲良くなるためにはとても良い方法であるし、施術を行う人にとっては、自分の身体に目を向け、耳を傾けられないとしたら、どうして人の身体の声を聞くことが出来るであろうか。

魂にとって身体は乗りものであり この人生を生きていくためには必要不可欠であると同時に、魂の学びにとっても非常に有益な「何か」を日々教えてくれる。

身体の中をパスワーキングする方法は、いくつもある。

私が催眠療法のクラスで習ったものは、自分を小さくして自分の口から入っていき、探検するというもの。

または、自分を大きな建物とイメージして、一つ一つの器官を部屋と例え一部屋一部屋様子を見に行くのも楽しい。

工場に例えて、それぞれの器官を部門として、部門責任者に様子を聞いてみるのもよい。

器官それぞれに、順調か不満はないか尋ねてみる。もしも不調があったのであれば、どうすれば改善できるかを話し合ってみる。

(何回も言ってきたことですが、私はすべてのクライアントや知人に定期健診を受けるように勧めています。勿論私も定期的に検診を受けています。現代において西洋医学と連携しないのはダイソンの掃除機がそこにあるのに埃を舞い上がらせる箒を使っているようなものだと思うから。要はバランスだと思うのです。今何をするのがベストなのか良く考え、賢く生きることです。)

今日の瞑想中に流れていた曲

Sergei Rachmaninoff 's Masterpiece : Ave Maria

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

2010年5月 6日 (木)

パスワーキング

私は、今まで色々学んできて、

人の役に立てることは本当に幸せなこと。

と思っていますが、

「自分がどこへ行きたいのか?」については、

「さて?」と途方に暮れます。

ここのところ、

「エネルギーの世界があることは事実だし、その手ごたえを伝えていきたいとは思うけれども、そこにだけ生きるのは間違いであり、それを、把握することにより、物質的社会の中でどう生きるのか? 自分をしっかりと地に足着いたものにしていかなければ意味がない。」

と、口癖のように語っている私がいたのですが、

明日の誘導瞑想の準備をしていたら、

昔、手に入れたマニアックな本が出てきて

しばし読みふけってしまった。

パスワーキングの本なのですが、

点だったものが線に繋がったような爽快感があり、

自分の歩んでいる道の霧がちょっと晴れたような感じがします。

パスワーキングと脳の構造、下垂体や中脳辺縁系あたりの記述はゾクゾクするほど面白く、

最近語っていた事柄が、古代の先人たちからの知恵として脈々と受け継がれていたものと同じ香りがするのは何と素敵なことなのだろうか。

久々に、心躍っています。

クラスの中で徐々にお伝えしていきますね。

山本ユキHP ハンズオンヒーリング・チネイザン・関係性ヒーリング

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »