2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月28日 (水)

次回 岡本翔子×LUNA THERAPYは 讃アプローズにて開催

2回目になる 岡本翔子×LUNA THERAPYワークショップは、

帝国ホテル「讃アプローズ」にて 11月15日(日)12時より開催します。Photo_4

すでに半数が埋まってしまっているため、お申し込みの方はお早めに。

今日は、お打ち合わせに行ってきました。 

伝統的な日本料理の「なだ万」が枠にとらわれないお料理をというコンセプトの讃アプローズでの開催。Photo

月食材やその日に影響のある星座食材がどのように和食と組み合わさっていくのかが楽しみです。 岡本先生は凝り性なので、「古代ローマの食卓」なるマニアックな本まで持ち込まれて料理長に説明していらっしゃいました。

お会いすればするほど、本当に本当に良い方で「先生がそこまでしなくても!」ということまで、「来てくださった方がどうしたら楽しんでいただけるか。」とさまざまな所まで気を配ってくださるので本当に頭が下がります。

今日は、自分自身の最近の興味から女神信仰について質問したのですが、これが本当に面白い話で、紀元前8000年に遡った かに座時代の話から 現在の水がめ座時代の話にまで及び、それは、現在の女性性の話にも大いにつながりメチャクチャに面白かったです。

本当に神話の話は面白いから機会があれば是非皆さまにも聞いていただきたいです。 何を質問しても、興味深い話が返ってくるので あっという間に時間が経ってしまいます。

ハンズオンヒーリング・チネイザン 山本ユキホームページ 

2009年10月21日 (水)

次回のLUNA THERAPYテーマは「触れる」です。

第一回目のワークショップ、定員を超える方々に来ていただいて大盛況でした。

第一回目にいただいたアンケートをもとに、さらに2回目につなげてより一層充実した内容にしていきたいと思っております。

11月15日、第2回目の「岡本翔子×LUNA THERAPY」のLUNAのテーマは「触れる」です。

素敵な詩があるのでちょっとご紹介。

アスペクトの武居さん。 ありがとうございました!

わたしにふれてください

もしわたしがあなたの赤ちゃんなら
どうぞ、わたしにふれてください。
今までわたしが、知らなかったやさしさを
あなたからもらいたい。
あふろにいれてください、
おむつを替えてください
おっぱいをください
きゅっとだきしめてください、
ほおにキスしてください
わたしの体をあたためてください
あなたのやさしさとあなたのくれる快楽が
わたしに安心と愛をつたえてくれるのです

もしわたしがあなたのこどもなら
どうぞ、わたしにふれてください
いやがるかもしれないし、拒否するかもしれないけど、
何度もそうしてください
わたしがどうしていやがるかわかってほしいから
おやすみなさい、と抱きしめるあなたの腕が
わたしの夜を甘くしてくれる
昼間にみせてくれるあなたのやさしさが
あなたの感じる真実を伝えてくれる

もしわたしがあなたの思春期のこどもなら
どうぞ、わたしにふれてください
もう大きくなったのだからなんていわないでください
あなたがわたしにふれるのをためらうなんて
思いたくない
あなたのやさしい腕が必要です
あなたのおだやかな声をききたいのです
人生は困難なもの、とわかったいま、
わたしの中の小さな子どもがあなたを必要とするのです

もしわたしがあなたの友達なら
どうぞ、わたしにふれてください
あなたがだきしめてくれると、
わたしはあなたにとって大切な人だとわかるから
あなたのやさしさが、おちこんでいる私も、
かけがえのない存在であることを
思い出させてくれるから
そしてひとりではない、と思い出させてくれるから
わたしにやすらぎをくれるあなたのありよう、
それだけがわたしが信じられるもの

もしわたしがあなたのセックスの相手なら
そうぞ、わたしにふれてください
あなたは、情熱さえあれば、十分と思うかもしれない
でも、あなたの腕だけが、わたしの恐れをとかしてくれる
あなたのやさしくおだやかな指先をください
あなたにふれられて、わたしは愛されているということを
思い出すことができる
わたしはわたしなのだ、ということを
思い出すことができる

もしわたしがあなたの大きくなった息子なら
どうぞ、わたしにふれてください
わたしには、
抱きしめるべきわたしの家族はいるのだけれど
それでも、傷ついたときには
おかあさんとおとうさんにだきしめてほしい
おとうさん、あなたといるとすべてが違ってみえる
わたしが、大切なわたし、であると
思い出すことができる

もしわたしがあなたの年老いた父親なら
どうぞ、わたしにふれてください
あなたが小さかったときに
わたしがあなたにふれたと同じように
わたしの手をにぎり、わたしのそばにすわって
わたしを力づけてください
わたしの疲れた体によりそい、あたためてください
わたしは随分しわくちゃになってしまったけれど
あなたのやさしさに力づけられる

どうぞ,何も恐れないで
ただ、わたしにふれてください

――フィリス・K・デヴィス

原作者Phyllis K.Davis、翻訳者三砂 ちづる

「パワーオブタッチより」

ハンズオンヒーリング・チネイザン 山本ユキホームページ 

2009年10月 5日 (月)

アシジの聖フランシスコの祈り

長女がカンボジアから帰ってきて、ようやく長い長い夏休みが終わったと思ったら、

次女が秋休みに入り、今日から八ヶ岳の合宿へ。

「ずっと、雨だ。。」と肩を落として出かけて行きました。 そう、雨の八ヶ岳合宿は「修行ですか?」と思うほど辛いのです。 私が30年ほど前に味わったその修行のような沢登りの経験は、この生涯でも1、2を争う肉体的疲れでした。 今でも、道なき道をどろどろになりながら登っていくのでしょうか?

そういえば、長女は昔から僻地とか秘境とか山登りが好きで 小学生のころはよく「おじいちゃま 山に行こう。」と私の父を誘って二人のデコボココンビで日本のマニアックなおじさんたちが好みそうな所へ旅行に行っていました。 

カンボジアから帰ってきた後も「あぁいうところを経験しなければ! 私は、とにかく世界を見る!」と熱く熱く語っていました。撮ってきた写真を見てみると愛想のない日常からは考えられないくらいキラキラした目でカンボジアの子どもたちと井戸を掘ったり、遊んだりしています。Mika1

そこれにしても、子どもたちの瞳のきれいなこと!

この子どもたちのきれいな瞳には、遠い国から来たお兄さんやお姉さんたちはどんなふうに映っているのでしょうね?

自分たちで稼いだお金で買ってプレゼントした筆記用具が彼らの未来に少しでも彩りを添えるものであってほしいと思う心はどんなふうに伝わっていくのでしょうね?

私たちが当たり前のように使っている水を得ることができなかった家族に、日本から井戸を作りに行った若者たちはどんなふうに映っているんでしょうね?

「何かをしてもらう。」よりも、「自分に出来ることをさせてもらう。」ことに喜びを見出すことを若いころから感じることができるなんて本当に幸せなことです。私なんてやっと最近になって実感できるようになってきたのに・・・

平和の祈り
    わたしをあなたの平和の道具としてお使いください
  憎しみのあるところに愛を
  いさかいのあるところにゆるしを
  分裂のあるところに一致を
  疑惑のあるところに信仰を
  誤っているところに真理を
  絶望のあるところに希望を
  闇に光を
  悲しみのあるところに喜びをもたらすものとしてください
  慰められるよりは慰めることを
  理解されるよりは理解することを
  愛されるよりは愛することをわたしが求めますように 
わたしたちは与えるから受け ゆるすからゆるされ 自分を捨てて死に 永遠のいのちをいただくのですから

(アシジの聖フランシスコの祈り)
主よ、わたしを平和の道具とさせてください。
わたしに もたらさせてください……
憎しみのあるところに愛を、
罪のあるところに赦しを、
争いのあるところに一致を、
誤りのあるところに真理を、
疑いのあるところに信仰を、
絶望のあるところに希望を、
闇のあるところに光を、
悲しみのあるところには喜びを。
ああ、主よ、わたしに求めさせてください……
慰められるよりも慰めることを、
理解されるよりも理解することを、
愛されるよりも愛することを。
人は自分を捨ててこそ、それを受け、
自分を忘れてこそ、自分を見いだし、
赦してこそ、赦され、
死んでこそ、永遠の命に復活するからです。
『フランシスコの祈り』(女子パウロ会)より

FOR PEACE

LORD,
make me an instrument of Your peace.
Where there is hatred, let me sow love;
where there is injury, pardon;
where there is doubt, faith;
where there is despair, hope;
where there is darkness, light;
and where there is sadness, joy.

O DIVINE MASTER,
grant that I may not so much seek to be consoled as to console;
to be understood as to understand;
to be loved as to love;
for it is in giving that we receive;
it is in pardoning that we are pardoned;
and it is in dying that we are born to eternal life.

Saint Francis of Assisi
Oh! Signore, fa di me un istrumento della tua Pace:
   Dove e` odio, fa ch'io porti L'Amore.
   Dove e` offesa,  ch'io porti il perdono.
   Dove e` discordia,  ch'io porti l'Unione.
   Dove e` dubbio,  ch'io porti la Fede.
   Dove e` errore,  ch'io porti la Verita`.
   Dove e` disperazione,  ch'io porti la Speranza.
   Dove e` tristessa, ch'io porti la Gloria.
   Dove sono le tenebre, ch'io porti la Luce.

Oh! Maestro, fa ch'io non cerchi tanto:
   Ad essere consolato, quanto a consolare;
   Ad essere compreso, quanto a comprendere;
   Ad essere amato, quanto ad amare.

Poiche': Si e`: Dando, che si riceve;
     Perdonando che si e` perdonati;
     Morendo, che si risuscita a vita Eterna.

10月18日お料理とワインについての岡本先生のブログ

ハンズオンヒーリング・チネイザン 山本ユキホームページ 

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »