フォト

2017年3月23日 (木)

真人→人間→真人

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
昨日の投稿の中にあった
 
『人生88年。
 
生まれた時は「真人」
 
1歳から「人間」
 
になり「間」を一年づつ重ねていく、
 
そして、44過ぎたら「間」を一つづつ返していって
 
あちらに還るときに真人に戻る 』
 
の件ですが、
 
『間』
 
について少々追記しますね。
 
 
 
 
『間』とは、おそらく自我のようなニュアンスでお話しされていましたが、
 
この『間』を作ることは、
 
文明社会の中で機能していくには必要不可欠だと思います。
 
しかし、人生半ばになるとそれを手放した方が上手くいくようになる。
 
『間』を増やしながらの人生に耐えうるほど、
 
ありがたいことに、
 
まだ人間は機械化していないのではないかと思うのです。
 
『間』
 
とは、人生の中で金の延べ棒のようなものだと思うのです。
 
 
様々な試練の中で一本づつ貯めてきた金の延べ棒(鎧・自我)は、
 
それがあるからこそ
 
社会や家庭の中での自分の立ち位置を確立することができたのです。
 
しかし、その重みに耐えられなくなってくるのが人生半ばではないかと。
 
そして、心身の不調や
 
今までのやり方がうまくいかないというウェイクアップコールが鳴り、
 
その金の延べ棒を一本づつ取り出して脇に積む作業が始まる
 
ミッドライフクライシス。
 
(YEメソッド2チャクラ編)
 
積み上げた金の延べ棒は誰かの手に渡ってしまうのではなく、
 
自分で持ち歩いていた重荷を一旦置いて、
 
必要な時には、それを利用していくことになるのだと思います。
 
だから、多くの人が感じる「捨てることに対する恐怖」は不要です。
 
より広い視野からの投資であり、
 
ふさわしい洋服を選ぶようなものですから。
 
(YEメソッド3チャクラ編)
 
より人生がうまく回り始めるのです。
 
そして一つづつ『間』をとった内側の空間にヴィンテージラインを作り、
 
真人 になるのでしょう。
 
(YEメソッド4チャクラ以降)
 
 
 
4月7日には、このYEメソッドの話もさせていただこうかと思います。
 
 

2017年4月7日(金)
第1部 19:00~20:00
第2部 20:15~21:00 

場所:東京・阿佐ケ谷 スペース白い花
(詳しい場所はお申込の方にお知らせします)

料金:
第1部 5,000円
第2部 3,000円(当日精算)

お申し込み:
フェイスブックイベントページの参加ボタンを押すか、
メール で承ります。
メールアドレス bpahc7@gmail.com に

「お名前・参加人数・参加する部(1部、2部、両方)・ご連絡先電話番号」をお知らせ下さい。 
 
 
 
 

2017年3月22日 (水)

更年期の様々な症状をどのように変容させていくか

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
40を過ぎるあたりから多くの方が感じ始める
 
「違和感」
 
それは身体の変調かもしれませんし、
 
心の変調かもしれません。
 
または、
 
「今まで通りやっているのに、なぜかうまくいかない」
 
という感覚かもしれません。
 
日本では男性は42歳に厄年があります。
 
日本以外でも、
 
「ミッドライフクライシス」
 
という言葉があり、
 
人間にとって人生の大きな転機があるように思います。
 
 
 
 
沖縄の師匠の甥御さんがおばあさまから聞いたお話の中に、
 
『人生88年。
 
生まれた時は「真人」
 
1歳から「人間」
 
になり「間」を一年づつ重ねていく、
 
そして、44過ぎたら「間」を一つづつ返していって
 
あちらに還るときに真人に戻る 』
 
というものがありました。
 
(「間」は自我でしょうか)
 
 
 
ミッドライフクライシスという言葉は、
 
心理占星術の岡本翔子先生から
 
ご自分の人生の変容のお話を交えて伺いました。
 
天体はライフサイクルにどのように影響を与えるのでしょう。
 
天王星の公転周期は84年。
 
そのちょうど半分が42年。
 
「変革の神ウラノス」の名が与えられた天王星は、
 
私たちが新たなステージに立つために
 
大いなる変革を呼びかけているように思えます。
 
 
 
 
お話会では、
 
この変調の時期をネガティブなものとして捉えるのではなく、
 
「新たなステージに立つためのウェイクアップコールである」
 
という視点からお話を始めます。
 
より熟成した人生を歩む道であるヴィンテージラインに向かうべく、
 
新たなエネルギーを不調としてではなく、
 
先に進むためのエネルギーにどのように変容させていくか、
 
そのためのワークもお伝えしていきます。
 
 
 
 

2017年4月7日(金)
第1部 19:00~20:00
第2部 20:15~21:00 

場所:東京・阿佐ケ谷 スペース白い花
(詳しい場所はお申込の方にお知らせします)

料金:
第1部 5,000円
第2部 3,000円(当日精算)

お申し込み:
フェイスブックイベントページの参加ボタンを押すか、
メール で承ります。
メールアドレス bpahc7@gmail.com に

「お名前・参加人数・参加する部(1部、2部、両方)・ご連絡先電話番号」をお知らせ下さい。 
 
 
 
 

2017年3月20日 (月)

エーテル体と肉体の時差

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
クラスではやることが多すぎて、
 
エーテル体リフトアップに特化することが少なかったのですが、
 
(なぜなら、エネルギーの世界では物質社会で「魔法?」
 
と言われることは当たり前の事象だからです)
 
3月のクラスでは
 
ヨンカイベント終了後もさらにリフトアップが続いていると反響がある 
 
エーテル体リフトアップを希望する声が多く、
 
みっちり立ち止まってやって見ました。
 
 
 
まず、花のエーテル体を見てみると、
 
硬い蕾のエーテル体は、
 
まだ蕾に沿って光を放ちますが、
 
ほころび始めている蕾のエーテル体は
 
花の形に光を放っているのが見て取れます。
 
これは非常に面白く、
 
身体はエネルギーの層の最終形態という仮説を考察することができます。
 
実際に、
 
エーテル体リフトアップをすると、
 
もちろん、すぐ後も変化を確認することができるのですが、
 
終了後さらにリフトアップしていくのです。
 
多くのエステサロンや美容外科で使われている
 
機器やハンドによるリフトアップは、
 
終了時からみるみる戻っていきますから、
 
なんで高い機器買うんだろう?
 
と疑問に思うほどです。
 
しかも、エネルギー体の内部から滞りを取りますから、
 
内側からの潤いや血行、ハリ感が現れるとともに、
 
エネルギーの輝きが生まれます。
 
そんなエーテル体リフトアップを体験したい方は、
 
体験会を行いますので、
 
ぜひ、足をお運びくださいね。 

2017年4月7日(金)
第1部 19:00~20:00
第2部 20:15~21:00 

場所:東京・阿佐ケ谷 スペース白い花
(詳しい場所はお申込の方にお知らせします)

料金:
第1部 5,000円
第2部 3,000円(当日精算)

お申し込み:
フェイスブックイベントページの参加ボタンを押すか、
メール で承ります。
メールアドレス bpahc7@gmail.com に

「お名前・参加人数・参加する部(1部、2部、両方)・ご連絡先電話番号」をお知らせ下さい。 
 
 
 
 

2017年3月19日 (日)

4月7日(金)更年期のエネルギーお話会@白い花

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 

神戸に引き続き、
更年期男女のためのエネルギーお話会をします。
40前後からの原因不明の心身の不調がある場合、
もしかすると更年期によるエネルギーの変化かもしれません。
ネガティブなものとして捉えるのではなく、
変容のためのエネルギーとして捉えるための
様々な手法をお話しします。

2部では、今話題のwエーテル体リフトアップ体験会をします。
リフトアップばかりか肩周りの不調の改善にもなりますので、ぜひ!
単に矯正するのではなく、あるべき状態に戻るということです。
ストレスが顔まわりにいかに影響を与えているのかが
お分かりいただけると思います。
エーテル体はエネルギーの世界への入り口です。

シェアしていただけると嬉しいです! 

山本ユキプロフィールはこちら
http://yukiyamamoto.info/pg67.html

第1部:「更年期をエネルギー的に読み解きます!熟成し

たヴィンテージラインの選択への誘い」

更年期でお悩みの方々が多いと思いますが、
思い煩うのではなく心身ともに新たなステップアップの過程にしていきましょう。
詳しい内容はこちらです。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/118477/106167/86805663

第2部:エーテル体でリフトアップ
チャクラ7の1を使ってエーテル体のリフトアップをします。
エーテル体の情報は動画をご覧下さい。
エーテル体を扱う特徴として、施術後さらに変化します。
ヨンカで施術させていただいた方から、
数日後も変化が続いているとの感想をいただいております。
 
まずは、エネルギーの世界の入り口であるエーテル体をご体験ください。
詳しくはこちら
http://blueprintjapan.com/archives/3699


日時:
2017年4月7日(金)
第1部 19:00~20:00
第2部 20:15~21:00 

場所:東京・阿佐ケ谷 スペース白い花
(詳しい場所はお申込の方にお知らせします)

料金:
第1部 5,000円
第2部 3,000円(当日精算)

お申し込み:
フェイスブックイベントページの参加ボタンを押すか、
メール で承ります。
メールアドレス bpahc7@gmail.com に

「お名前・参加人数・参加する部(1部、2部、両方)・ご連絡先電話番号」をお知らせ下さい。 

2017年3月17日 (金)

エネルギーを学ぶという事と社会性

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
エネルギーを学ぶ事と社会生活及び家庭生活について
 
私の持論がありますので少しお話しします。
 
 
 
エネルギーの周波数を学ぶことを
 
社会からの逃げの手段としているのならば、
 
成長することは難しいでしょう。
 
なぜなら、エネルギーの世界は肉体や精神が万全であることにより、
 
開かれて行くからです。
 
そして、エネルギーの世界において何かを成し遂げようとするならば、
 
社会の中での仕事、人間関係、家庭生活etcの経験は必ず役に立つでしょう。
 
反対に物質社界でうまく行かない場合、
 
この広大で捉えどころのないエネルギーの海の中でどうしてうまくいくでしょうか。
 
ですから、もしもエネルギーの周波数を学びたければ、
 
人生の前半は、社会で勝負することが一番の早道だと思っています。
 
 
そして、エネルギーを学びながらも
 
「家族がやっていることをわかってくれない」
 
というのであれば、
 
それはせっかく学んだエネルギーの実践をしていないということです。
 
エネルギー体が変容すれば、
 
周りの人もご自分のエネルギーの領域で無意識に気づくはずです。
 
もしも、エネルギーの学校に長年通いながらも、
 
ご家族に理解を得られていないのであれば、
 
私の力不足でしょう。
 
「ユキさんだから信じられるんです」
 
という話を先日聞いて、
 
違和感を感じました。
 
それは概念でしかエネルギーの世界に足を踏み入れていないということです。
 
一人一人が自分の足で立たずして
 
エネルギーの世界を教えている意味がないと思うからです。
 
また、最初から理解してもらえるとは思わないでください。
 
コツコツと続ける変容の過程を家族が身近に見てくれていれば、
 
自ずと理解してもらえるものだと思います。
 
 
 
そして、私は文明国に住むのであれば、
 
子どもにエネルギーの話をする必要はないと思います。
 
社会の中で自立できるような足こしをつけてあげる事こそが、
 
親としての責任だと思います。 
 
花の精やブッダの話に興味を持たせるよりも、
 
他に学ぶべきことがたくさんある時期です。
 
この世界に足を踏み入れるのは40過ぎてからで十分ですし、
 
様々な世界を経験していないと難しいとも言えます。
 
これも、コツコツと変容を続ける後ろ姿を見せることが
 
一番の教育だと思います。
 
 
 
私はエネルギーの世界に身を置き始めてから、
 
家族や周りの人たちに
 
「わかってほしい」
 
と思ったことは一度もありません。
 
それを主張することもしません。
 
だから、家族も私のやっていることの全容はわからないかもしれません。
 
しかし、
 
週に2、3日寝込んでいた私がすこぶる元気になり、
 
精神的にも安定し、
 
「こうした仕事が成り立つはずがない」
 
と、当初心で思っていた家族や友人に
 
私が無理に信じさせることをしなくても、
 
当たり前にそうした事象は起こり得ると
 
無意識下で知っていくのでしょう。
 
しかし、通常の会話にオーラも前世も花の精も悟りも
 
出て来ません。
 
私の娘たちは、ヒーリングを必要としないくらい元気で、
 
社会の中で自己実現すべくバリバリと働いています。
 
 
 
 
「オーラが見える」 
 
「前世がわかる」
 
「龍と友達」
 
「自我を徹見しないヒーリング・チャネリング」
 
は、全くもってどうでもいい事だと心から思います。
 
物質世界で役に立たないナルシシズム的分離された世界は、
 
想念で作り上げた幻想だと思います。
 
なぜなら、エネルギー体は当たり前に身体と層をなしているからです。
 
 
このエネルギーの海の世界には、
 
そんな自己満足より崇高で実際に役に立つことがたくさんあるのに、
 
そこにとどまっているは本当にもったいないことです。 
 
 
 
あくまで持論です。。。
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年3月11日 (土)

3月11日とトウキョウ死者の書

 

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
3月11日 2時46分
 
クラスで黙祷。
 
あの時の津波の動画を見るたびに、
 
私たちの当たり前は当たり前ではないことを思い知ります。
 
被害に遭われた方もおそらく直前まで、
 
ご自分が犠牲になるとは思わなかったのではないでしょうか。
 
 
 
「死」
 
のことを語ることは勇気のいることです。
 
自分にとっても
 
身近な人にとっても。
 
全ての恐怖の背景には「死」があるような気がします。
 
だからこそ、目を向けたくない。
 
しかし、人間は一歩づつ死に向かっています。
 
誰もが確実にその時を迎える日が来るのです。
 
 
「死」
 
に向き合わざるを得ない今日。
 
 
 
『トウキョウ死者の書』
 
をまとめて見ました。
 
死が決して終わりではなく移行への門であること。
 
そして、いかに恐怖の中ではなく、
 
その門をくぐり抜けることができるのか。
 
少しでも、そのヒントになればと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年3月 7日 (火)

次の募集はお盆です!

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
昨日は青山のレスパスヨンカのイベントに参加してきました。
 
私は、希少精油で作るオートクチュール・オードパルファンセッション
 
たくさんの方々が、素晴らしい香りの物語を作ってくださいました。
 
作品をお伝えできないのが残念!
 
 
 
そして、ブループリント協会のメンバーは、
 
ヒーリングチャクラ7を使ってエーテル体リフトアップ。
 
たくさんの方々がその効果を見て驚かれました。
 
評判を聞きつけてやって来る方々が後を絶ちませんでした。
 
 
 
 
そして、終了間際にハンドトリートメントをされていた方が、
 
背術を受けに来てくださいました。
 
50肩だとおっしゃるので、
 
ヒーリングチャクラ7を使ってみると、
 
瞬く間にスイスイ動かせるようになります。
 
以下の動画をご覧ください。
 
 
この後しっかりと手がうしろで合わせられるようになりました。
 
これはマジックではありません。
 
しっかりとした周波数で整えると このように
 
「あるべき姿に戻る」
 
という事が当たり前に起こり得るのです。
 
 
 
 
魚座時代のヒエラルキーの時代には、
 
この周波数を会得するためには、
 
様々な段階を踏んで師に弟子入りし、
 
感得する才能があるものだけが、
 
このようなことをなし得る事ができたのでしょう。
 
しかし、時代が変わった今。
 
このような事が当たり前になっていくのです。
 
 
 
 
30年前、お弁当箱のような携帯電話を
 
一部のイケている人だけが使っていた時代、
 
30年後に子どもまでがスマホを持ち
 
生活のほとんどの用事が事足りてしまう時代が来ることを予想できた人が
 
どのくらいいるでしょう?
 
 
 
 
「怪しい」
 
とか
 
「宗教っぽい」
 
と思われていたヒーリングの世界にも変革の波はやって来るでしょう。
 
誰もが当たり前にぎっくり腰や50肩をスプレーで解消してしまう時代。
 
もう来てますよっ。
 
 
 
 
 
そして、もう一つ素敵なことは、
 
この動画や数々の驚愕のリフトアップ、
 
全てプラクティショナーたちがスイスイできちゃうこと。
 
私は優雅に隣でパフュームづくりのお手伝いをする事ができました。
 
 
 
 
 
 
休む事なく背術していたメンバーたち。
 
ほとんど立ちっぱなしだったにもかかわらず、
 
終了後もつやつやお肌で生き生きと美しく気品にあふれ元気!
 
美味しいお食事をして楽しく元気に帰って行きました。 
 
 
 
エネルギーの学校では、
 
背術すると疲れたり具合が悪くなったりするヒーリングは教えていません。
 
女工のように次々にヒーリングしても
 
優雅でいられます。
 
エネルギーの世界の構造を知れば当たり前のことです。
 
 
 
 Th_img_3842
 
 
メンバーの成長が何より嬉しいです。
 
もちろんクラスの他のメンバーも同様です。
 
どこに出しても安心なメンバーです。
 
これからも様々なところで活躍してくれるでしょう。
 
 
 
こんな素敵なクラスの入り口、
 
ヒマラヤンヒーリングプラクティショナークラスは、
 
2017年 8月11日〜15日 
 
に開催予定です。
 
詳しくはこちらをご覧下さい。
 
 
 
惠、千佳ちゃん、アッコちゃん
 
お疲れ様でした!
 
 
 
 
 
 
 

2017年3月 3日 (金)

エーテル体を動かすには

 

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
ヨンカでのイベントの日が近づいて参りましたので、
 
エーテル体のことを書かせていただいていますが、
 
エーテル体が自由に使えると実にイイこと満載なのです。
 
エーテル体を表現した絵などを見ると、
 
あたかも体の表面だけに存在するように勘違いしてしまいがちですが、
 
それぞれの臓器や組織にも存在しています。
 
ですから、
 
例えば、肩甲骨あたりが辛かったりする場合、
 
肩甲骨のエーテル体を狙って、
 
滞りを見つけその部分を解消していくと、
 
面白いように解放されています。
 
これはエーテル体を見る眼力がないとなかなか気がつかないことだと思いますが、
 
やってみるとあっという間に滞りが解消されます。
 
(アストラル体の場合、気軽に扱うと、
  処理方法がわからない人はさらに具合が悪くなる場合もあるので、
  注意しなければなりません)
 
これには、エネルギー的視点からの手応えとアイディア必要です。
 
本やネットなどの情報によって固定化した想念による視点では、
 
エーテル体の手応えを実感することはできませんし、
 
さらに危険なのは、先のカッコ内のように
 
想念のレベルでの取り扱いになってしまいます。
 
 
 
 
無限に広がるエネルギーの世界を楽しみ活用することができないのは、
 
もったいないことです。
 
しかし、このエーテル体を扱う際に、
 
痛感するのは、カラダの鍛錬のことです。
 
お稽古を始めてから
 
私のエーテル体を動かせるエネルギーは格段に上がりました。
 
エネルギーをパワフルに作用させたければ、
 
肉体の鍛錬は必須です。
 
 
 
 
私の希少精油の調香の方は満席なのですが、
 
エーテル体でリフトアップの方は予約がいらないので、
 
お時間ある方はどうぞ!
 
 
 

2017年3月 1日 (水)

エネルギー体考察

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
チャクラとエネルギー体 
 
いつもお話ししているように、
 
エネルギーの世界に存在する周波数は無限であり、
 
全てを掌握することなどできない。
 
しかし、体感しやすい大きなツボとも言えるチャクラの周波数を頼りに
 
その土地に根ざして成長してきた大まかな周波数を感知し、
 
様々な世界を読み解くことは私たち肉体を持つ人間にとって、
 
エネルギーの世界を読み解く手がかりになる。
 
 
 
先日もお話したエーテル体の手応えを知りたければ、
 
1チャクラの周波数を感知し、
 
その周波数体を体現し、自らのエーテル体を優位にさせることによって、
 
その周波数のエネルギー体の状態を感知し、
 
どのような状態になっているかを知ることができる。
 
これは、本やネットの情報で体得できることではないということは言うまでもない。
 
エネルギーの世界では、
 
その情報を持っている存在からの伝達でしか、
 
それを体得することはできない(かった)。
 
だからこその師弟関係があったのだろう。
 
しかし、ヒエラルキー伝達の時代から情報伝達社会に移った今、
 
そこでも何らかの変化の波は起こらないはずはないと考えている。
 
期せずして上からの指示で生み出されたヒーリングチャクラ7は、
 
そのための一歩となるものだと思う。
 
エネルギー体を習得するために最低限必要な周波数を教えてくれるからだ。
 
この先の伝達展開がどうなって行くかとても楽しみであると共に、
 
それを受け入れるための身体と精神の状態が万全である必要がある。
 
その為のチェック機能として、
 
自分の成長過程を掌握してくれる師は必要不可欠だ。
 
そして、この先人は無限を見せてくれる存在でなければならない。
 
 
 
 
 

2017年2月27日 (月)

シンプルな中の永遠性

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
ここのところ、
 
みなさまにお伝えしている明鏡止水のワークに集中しているのですが、
 
このシンプルな動きの中にある無限の可能性に毎日ワクワクしています。
 
身体の状態を変容させることはもちろん。
 
集中力や上方のエネルギーを開いていくのに必要な練り上げる力が、
 
毎日、薄紙を積み上げるようにヒタヒタと増していくのが楽しいのです。
 
 
 
 
昨今は刺激的なものにしか反応しなくなっている世の中ですが、
 
実は、精妙な周波数を獲得するとき、
 
刺激に慣れていると難しいのです。
 
非常に精妙なる世界への感性は、
 
よりシンプルなものの中に、
 
何を感得していかれるのかにかかっています。
 
ですから、常に新しい刺激を求めている方は反対のことをなさっているので、
 
いつまでたってもその部分が開かれていかないのです。
 
見ているととても残念ですが、
 
ご自分で気づかれない限り、
 
永遠に新たなる刺激を求め続けるでしょう。
 
なぜなら、
 
それが本当のことに気づいてもらっては困る自我の策略だからです。
(というと自我が悪いものと思われてしまいますが、自我は自我の仕事をしているだけです)
 
 
 
見えない世界は様々な周波数の界からなる
 
というお話はさせていただいていますが、
 
単純にいっても 見えない世界は物質を触るような感触がないのですから、
 
1㎝を1mmに、
 
その1mmを0.1㎜に と、
 
さらにさらに精妙に見続けていかれる感性が必要なのです。
 
これはヒーリングをなさる方には必須だということ。
 
いくら新たな技術を獲得されようと、
 
この感性が育っていない方は、 
 
クライアントの方のエネルギーのそれぞれのレベルで何が起きているかを
 
見つけることができません。
 
 
 
そして、エネルギーの世界を知るには、
 
「あっ、わかりました」
 
と、わかってしまった場合、そこで成長が止まるのです。
 
ただ、黙々とシンプルなものを見つめ続けることのみが、
 
その世界を開いて生きます。
 
 
 
私が思うに、私たちに無条件に与えられている、
 
誰でもどんな時にでもできる非常に平等なシステムだと思うのです。
 
 
 
 

2017年2月24日 (金)

ヒーリングチャクラ7

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
 
作り始めた時からバージョンアップし続けていますので、
 
少々ご説明いたします。
 
 
 
Th_img_2579
 
 
 
 
もともと、ジェーン・アン・ダウのクリスタルをお借りして
 
隠岐島各地で作っていたチャクラエッセンスは、
 
現在全て、様々な周波数を持つヒマラヤで採掘されたクリスタルによって
 
ダウラギリ山中で作られたエッセンスに変わっています。
 
それぞれにブレンドされた精油は、
 
現在、
 
グル・サンポオイル
(ヒマラヤのダウラギリ山中でボン教ラマの手によって作られています
 この周波数が群を抜いています )
 
ジャック・チェイトマン、ジョン・スチュワート、ミカエル・ザヤット
 
のブレンドになっています。
 
その他、
 
ヒマラヤで採取された冬虫夏草エッセンス
 
ヒマラヤの秘境エッセンス(グル・サンポ、曼荼羅洞窟、ガリ・ゴンパ、ムクティナートetc)
 
など、
 
エッセンスは上からの指示によりバージョンアップされているので、
 
3年前のものと比べるとパワーが全く違います。
 
3年前のものが3だとすると今は30いや300になっています。
 
今後、さらにどのような展開になっていくのか私も楽しみです。
 
 
 
ヒーリングチャクラ7によって、
 
今までとても難しいとされていた、
 
チャクラの再形成のヒーリングが誰にでもできること。
 
どの周波数が問題となっての不調かわからない部位へ
 
重ねてスプレーすることによって、
 
どの領域での問題での不調か特定することが可能になり、
 
またその部分を変容させることができる。
 
自分が見ている・感じている世界の周波数を確認することができる。
 
自分が瞑想やヒーリングなどで体現したい領域の周波数を
 
体得するための指針とすることができる。
 
などなど様々な使い方ができます。
 
私的には、上からの指示によってブレンドされた精油の香りが素晴らしく、
 
誰かが近くでスプレーしているだけで場のエネルギーがガラッと変わるので、
 
本当に素晴らしいものだと感じます。
 
 
 
 
周波数を体得することはとても難しく、
 
ほんの一部の感覚の研ぎ澄まされた人だけにそれが可能でしたが、
 
ヒーリングチャクラ7を使うことによって、
 
誰でも一定レベルのヒーリングをすることができます。
 
おそらく今後
 
魚座時代に象徴された
 
『特別な人だけが可能』
 
『トップダウンのヒエラルキー』
 
の時代は変容し、
 
多くの人が『特別な人』しか可能でなかった領域を
 
当たり前になし得ていく時代になっていくでしょう。
 
既にその動きは、各方面に出ています。
 
 
 
日本では、まだまだ
 
見えない世界 VS  見える世界
 
といったエネルギーの世界の認識しか持たない方々が大勢いらっしゃり、
 
それが多くの問題を生み出しているようにも感じます。
 
エネルギーの世界には、
 
私たちが感知しきれないほどの様々な領域があり、
 
その領域間の周波数の違いは天と地ほどに違うということを
 
多くの方々に知っていただくことができれば幸いです。
 
 
 
また、このヒーリングチャクラ7を使ってヒーリングをする
 
 
入口も出口もわからないと言われていますが、
 
ここがエネルギーの学校の入口です。
 
8月のお盆の時期を考えています。
 
参加ご希望の方は、
 
お問い合わせください。 
 
 
 
 

2017年2月22日 (水)

エネルギー考 サムハラ→グルサンポオイル

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
大阪から戻りました。
 
大阪では、お稽古の先輩とクラスの仲間に
 
「サムハラ神社」という神社に連れて行っていただきました。
 
鳥居をくぐると外の世界とは違うエネルギーで満たされ、
 
グッとハラに力が入るようなパワーのある神社です。
 
日本の通常の神社と違うエネルギーなので、
 
神主さんに伺って見ると神社庁に属されていないとか。
 
なるほど、日本の神社に行くと、
 
一番パワーのあるところはお社ではないところにあるのですが、
 
ここは本殿にその中心があります。
 
ご近所のミサヲちゃんが
 
「中が良いんです」
 
と教えてくれたので、昇殿参拝させていただきました。
 
御神体のあたりに神社らしからぬエネルギー体がいらっしゃるご様子。
 
その際にいただいたお守りと購入させたお守りを手に取ると、 
 
明らかなエネルギーの違いがあります。
 
実験好きなので、
 
調子に乗ってお守りを色んなところに乗せて実験したまま眠ってしまったところ、
 
翌朝、いつもと違うエネルギー。
 
東京に戻り家に着くと、 
 
そこにはいつもの私の周波数が待っていてくれて、
 
こんなにもホッとするものかと安堵いたしました。
 
私にはもう少し高めの周波数が一番合うようです。 
 
しかし、
 
揺り動かされたエネルギーは、
 
より一層エーテル体の枠組みを広げてくれました。
 
 
 
そこで、チャクラ周波数対応の実験をして見ると・・・
 
 
 
ヒーリングチャクラ7の1チャクラ
Th_img_3814
 
サムハラ神社のお守り
 
 
 
ヒーリングチャクラ7の2チャクラ3チャクラ
Th_img_3815
 
沖縄の師匠よりいただいた蛇ちゃん
 
 
 
ヒーリングチャクラ7の4チャクラ5チャクラ
Th_img_3816
 
バルト・トドルとヒマラヤンクリスタルのドルジェ
 
 
 
ヒーリングチャクラ7の6チャクラ
Th_img_3817
 
ルブラに行く途中で見つけた頭くらいの大きさの水晶
 
 
 
ヒーリングチャクラ7のチャクラ7
Th_img_3818
 
宝珠とグルサンポオイル
 
 
(全てのドルジェや経典やクリスタルがこれと同じというわけではありません※)
という結果に。
 
 
全部集めてみるとどうなる?
 
Th_img_3819
 
と、上から覗いたら物凄いエネルギーのトルネードができていてクラクラしますので、
 
片付けましたhappy01 
 
どの周波数が良いというわけではなく、
 
好みの問題ですが、
 
全ての周波数を体現できることが望ましいです。
 
 
 
※モノには場の周波数や想念の周波数が影響します。
  同じものをお持ちになっても、持ち主によって周波数は変わってきます。
  影響を受けやすい(エネルギーに敏感な)オイルやエッセンスも、
  もちろん場や持ち主によってエネルギーが変化していきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年2月21日 (火)

エネルギーの学校で実験舞扇行

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
クラスで舞扇を使ったボディワークを始めました。
 
(*舞扇による身体の鍛錬とは、
  私の敬愛する師匠 武術家である小用先生が様々な武術のエッセンスを抽出精錬し纏めたとても純度の高いボディワークの手法の中の一つです。(高無さんの言葉をお借りしました))
 
刀禅という武術の猛者たちが練功を続ける世界に足を踏み入れたのは、
 
今から6年(?)ほど前。
 
軽い気持ちで、
 
「ナンか、体動かすことやろうかしら、日本ポイもの♪」
 
と、私が気軽に言った一言を拾ってくれた素晴らしい友人が、
 
「ユキさん、いいとこありますよ!」
 
(今でもこの時の会話は、リアルに蘇ってきます)
 
ということでトントンと話が進み、
 
友人と駒込駅で待ち合わせ、(人生初の駒込駅下車)
 
商店街を歩いていると、
 
今まで見たことのないようなエネルギーを醸し出し歩いていらっしゃる方が。
 
なんとその方が小用先生だったのです。
 
この時点で、「大丈夫?私・・・」
 
と少々不安になります。
 
気軽に行ったものの、
 
地下の道場に入ると、ただならぬ空気の中、
 
諸先輩がたが黙々と練功なさっています。
 
今では「オジキ」と呼ばせていただき親しくさせていただいている大先輩も、
 
『その筋の方でも道を開けてしまいたくなるような』
 
オーラをまとって連行する姿は震え上らんばかりです。
 
しっとりとした口調で、優しく教えていただく盤旋功も
 
私の人生に中で巡り合ったことのない動きが満載で、 
 
全然わかりません。
 
幼稚園生が大学院に入ってしまったのです。
 
わからないからとにかく続けます(単純だから)
 
2時間の盤旋功 で、わかったこと。
 
「これは、よくわからないけど大変だ!」
 
家に帰って書いたブログを懐かしく読み返してみました。
 

ここ最近、武術のお稽古を始めたのですが
素人の私が入るにはあまりに敷居の高い場だったらしく、
諸先輩方は武術を追求している人たちだし、
「はじめから最先端に来てしまいましたね~。」と言われる始末。
女性は私一人だし・・・良いのだろうか?
先生がどうやら凄い人らしい。
しかし、初心者の私に物凄く丁寧に1から教えてくださる先生は、
誰よりも腰が低く、
先生より腰を低くするためにはどれだけ頭を下げたらよいのだろうと思ってしまう。
毎回、少しずつ魂に触れる一言をぽそっと残していって下さる。
その一言に「ははーっ。」と思わず頭を垂れてしまう。

今まで私は広がること、自由を追求して生きてきたように思う。
しかし、武術のお稽古は一瞬の緩みも数センチの足のずれも許さない。
(出来てないけど。。。)
お稽古の時間は「ここ」に存在することしか出来ない。
「2時間近く足の裏の微細な動きに集中すると、暑さも憂鬱な気分もどこかへ行ってしまいます。」
と言うと、「ユキさん、悩みなんてあるんですか?」と言われたが、
本当にスッキリする。

実は、お稽古を始めてから瞑想も非常に調子が良い。
「追い求めなくても、ここにある。」味わいは筆舌に尽くしがたい。

 
今読むと、「ふん、甘い何もわかってないわね」
 
と言いたくなります。
 
その時から6年経った今でもよくわからないのですから。
 
このブログを先生がご覧になってくださったことが発覚した時には、
 
本当に穴があったら入りたくなったものです。
 
それがこれ。
 
 

あぁあああぁあ。
まさか先生がブログをごらんになっていたとは。
自己満足で書いているブログだから、先生が立ち寄ってくださっているとは思いませんでした。
今後は、心して書きます。

私が何故いま全く足を踏み入れたことがなかった武術のお稽古をしたくなったのかは、
震災後、なかなか明るい兆しが見えない中、
セッションに来てくれるクライアントの方や
エネルギーの学校に参加してくれている仲間たちを支えていく底力が
さらに欲しかったからかもしれない。
欲しいという自我があるのだからまだまだ修行が足りないけれども、
正直にそう感じた。

そして、小用先生のご様子は、

ただ技術を伝えるだけはなく人としてのあり方をお伝えくださっているような。

教える側のあり方が、生徒に伝わっていくこその伝授なのかもしれません。

 

と、ありました。

そして、次々と新たな練功法をお伝えいただけるのですが、

諸先輩がたのような背景や経験のない私は、

ますます混沌の中に入り、

また、ただ盤旋功を続けるのでした。

先輩にお相手いただくにも、

基本のできていない私は、先輩の前に立つこともできません。

そして、6年経った今でも、まだ手応えすらつかめない盤旋功です。

あまりに奥深すぎて、入口すらつかめていないのでしょう。

 

しかし、心身エネルギー共に

以前の自分とは違っていることはヒマラヤの山中で確信しました。

・もうだめだと思われるようなところでも練り上げる力が出てきて進める

・集中力がついた

・疲れにくくなった

・高所での行動が楽になった

・心が揺らがない

etc

へなちょこ練功でもありがたい事に変化はあるのです。

 

先生からダンボールいっぱいの舞扇が届いた時には、

「先生、私のところに間違えて舞扇届いてます!」

と、すぐにご連絡を差し上げるくらい、

驚きましたし、

私がどなたかに舞扇をお伝えすることなんて

1ミクロンも考えませんでした。

が、

世の中には武術をやっていらっしゃったり、

専門的に運動したことのない(私のような)方々に

全くわからないところから始めた経験を共有し、お伝えすることはできるかも。

と、クラスの中で立ち方、骨盤の水平性などをお伝えすることを考えました。

 

先日の神戸の更年期お話会でも まず立ち方と

骨盤を水平に練り上げる『明鏡止水』をお伝えしましたが、

予想通り、

一般人には、この一つの所作すら難しく難解で、

稽古会にいらしていた方々のようにスーッとできるものではありません。

まずは、眠っていた様々な身体の部位を揺り起こし

練り上げるところから始めなければ、

次に繋げるにも長い年月かかってしまします。

しかし、これが練り上がった時、

私たち一般人にも多大なる恩恵が生まれる素晴らしい練功なのです。

5月からの医療関係者クラスでも

もちろんお伝えしていきます。

 

 

素人が舞扇行によってどのような変容をしていくのか

大いなる実験を始めます。

 

 

2017年2月16日 (木)

2017/2 エネルギーの学校内容

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
2017年2月クラス内容
 
day1
舞扇行 明鏡止水
マル秘呼吸法
四大元素 水のエネルギーワーク
6チャクラ(レベル)のエネルギーについての考察
体験と悟り、体験に留まることと解脱についての考察
 
day2
舞扇行 明鏡止水
マル秘呼吸法
ピタゴラスへのオマージュ瞑想ー才能を見極める前世
宿題の発表
今回は、土日クラスと平日クラスで、
質問(興味)の対象の違いがあり、
土日はセクシャリティについて
アストラルのエネルギーを使いこなす。
平日は終末期から死の向こう側への移行
場のエネルギーを読みながらの自己実現について。
が大きなトピックになりました。
 
双方で内容のシェアが欲しい時には、
3月クラスでお申し出ください。
 
宿題は、1月に引き続きますが、
今度は、右手の小指の爪の集中です。
また、舞扇 明鏡止水の練功もお忘れなく。
 
 
 
おまけ
土日クラスの方にはお伝えしたのですが、
平日クラスで話し忘れたので、
牡蠣のオイル漬けの作り方
牡蠣はよく洗って水気を切っておく
フライパンに多めのオリーブオイルとニンニクを入れて香りをつける
鷹の爪を入れた後、牡蠣投入。
火が通ったら牡蠣を取り出し、
オイスターソースを入れて少し煮詰める
煮詰まったら牡蠣を戻して出来上がり。
ソースはパンにつけていただいても美味しいです
 

2017年2月15日 (水)

エーテル体でリフトアップ@ヨンカ

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
エーテル体。
 
聞き慣れない言葉でしょうか。
 
肉体のすぐ外側まで広がるエネルギー体です。
 
そして、このエーテル体を見ると肉体の状態がとてもよくわかります。
 
 
Th_alex_grey_psychic_energy_system
 
↑アレックスグレイの絵だと、
 
体の外側に密着しているような白い部分。
 
Th_img_3775
 
 
このように身体の外側に洋服のようにまとわりついているのではなく、
 
体の状態によって異なりますが、
 
身体の内側からおおよそ1〜3cm外側まで広がっています。
 
Img_3813
(色味が白黒しか加工できませんが、薄いブルーから灰色)
 
そして、このエーテル体を使ってのリフトアップをしてみようという試み。
 
エネルギーを動かすには、
 
動かしたい周波数のエネルギーを体現して、扱う必要があるのですが、
 
ヒーリングチャクラ7のチャクラ1を使うことによって、
 
短時間でエーテル体の状態を変化させることができます。
 
そして、
 
肉体の鋳型となっているエネルギー体なので、
 
この部分を変化させる方が、
 
肉体のみのリフトアップよりも長持ちします。
 
私は毎日耳をくるくると肉体方面からのリンパケアの働きかけもしていて、
 
それも気持ち良いのですが、
 
エーテル体リフトアップはモチが良いのと、
 
エネルギー体からの関与により、
 
エネルギー体の輝きが出てきます。
 
3月6日(月)青山レスパスヨンカで、
 
ブループリント協会マスタープラクティショナーの3人が、
 
リフトアップとエネルギーケアをします。
 
是非是非、お試しください。
 
翌朝の肌の状態、輪郭を触った感じが全く違います!
 
 
 

ご予約・問合わせ先はこちらまで☆
お電話 03-6433-5571(受付:平日11:00-19:00)
メール festa@yonka.jp

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年2月11日 (土)

5月より医療関係者の方のためのクラス始まります✨

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
連日のお知らせで申し訳ありません。
 
 
 
 
スペース白い花で精神科のドクター白川先生との協働をはじめてもうすぐ2年になります。
 
2年の間に、自分が培ってきたエネルギー領域の手法によって
 
医療現場でも確かな手応えを得られることがわかりました。
 
とても興味深かったことは、
 
複雑な手法より、とてもシンプルな手法が有効だったこと。
 
そして、「医療現場」というクライアントの方にとっての信頼の場が
 
すでに築かれていることにより セッションの精度が上がるという相乗効果です。
 
 
 
20年あまりエネルギーの世界に身を置いてきましたが、
 
「エネルギーワークが最も有効に使えるのは、
 
医療の現場ではないだろうか」
 
と考えています。
 
 
 
エネルギーの領域は、誰もが持ち 体得できる領域であり、
 
その全体性を認識し、それぞれの領域に意識を向けることによって、
 
習得していかれるものだと思っています。
 
このクラスでは、 
 
エネルギー領域・精神的な領域・身体的な領域という3つの領域からのアプローチ
 
(様々な周波数の世界の感得・YEメソッドによる内的感情の解放・舞扇による身体の鍛錬*)
 
を行うとともに、
 
参加されるみなさまのニーズを伺いながら、
 
実践できる手法をお伝えしていきたいと考えています。
 
 
 
そして、私が最も大切にしている
 
「エネルギーの周波数」
 
のそれぞれの領域での状態を見分けていくことによって、
 
回復への道のりの選択肢が増えていくであろうということ。
 
医療現場で働く方々がお持ちの経験に
 
エネルギー領域の知識や感覚、手法が加わった時、
 
未来の医療の可能性は広がっていくように感じています。
 
また、ご自分のケアのためにも使っていただけると思います。
 
 
 
 
このような経緯で、医療関係者の方のクラスを始めることにしました。
 
あと何人かの余裕があると思いますので、
 
もしも、ご興味がありましたらご参加ください。
 
日程は不定期ですが、
 
数ヶ月に一回程度土曜日の12時から17時ではじめたいと思っております。
 
まず1回目は、
 
5月13日(土)12時〜17時
 
料金 10000円
 
場所はお申込みいただいた方に連絡させていただきます。
 
 
 
*舞扇による身体の鍛錬とは、
  私の敬愛する師匠 武術家である小用先生が様々な武術のエッセンスを抽出精錬し纏めたとても純度の高いボディワークの手法の中の一つです。(高無さんの言葉をお借りしました)
 
 
 
 
 

2017年2月 9日 (木)

ヴィンテージラインへと向かう妙齢女性の皆様に

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
たくさんの皆様が神戸のお話し会のシェアしてくださり
 
感謝しております。
 
さて、更に嬉しいお知らせがあります。
 
 
 
 
更年期のエネルギーをヴィンテージラインに持っていくには、
 
エネルギーからのアプローチ
 
心理面からのアプローチ
 
身体面からのアプローチが必要と思われます。
 
身体面からのアプローチでしっくりくるもののは なかなかなかったのですが、
 
私の敬愛してやまない師匠 小用先生から
 
舞扇エクササイズの動きのひとつをみなさまにお伝えするお許しをいただきました。
 
シンプルでありながら奥深く、
 
ヴィンテージラインのエネルギーを開発してくれる
 
『更年期のケアのための舞扇ワーク』
 
お楽しみに。
 
 
 
 
 
第1部:「更年期をエネルギー的に読み解きます!熟成し

たヴィンテージラインの選択への誘い」

第2部:YEメソッドの実践
YEメソッドとは、2チャクラに滞る感情を解放し、フリーエネルギーに変容させるパワフルなメソッドです。
詳しくはこちら
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/118477/106167/84724795

日時:2月18日土曜 1部16:00〜17:30
2部17:40〜19:10
場所:神戸・元町 スペースわに
https://www.spacewani.com/アクセス/

料金:1部1000円
2部2000円(当日精算)

お申し込み:

フェイスブックイベントページの参加ボタンを押すか、メール nishijima111@gmail.comにてお申し込みください。
こちらのヒマラヤンヒーリング関西のページに詳細がありますのでご一読ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年2月 8日 (水)

希少精油でオードパルファン@ヨンカ

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
先日、ヨンカのボディケアフェスタのお知らせをいたしましたが、
 
下見に行ったところ、
 
会場が狭く、内的な話をする感じではないので、
 
急遽、メニュー変更しました。
 
もう二度とこの価格で開催することはないと思います。
 
こちらは必ず予約が必要になります。
 
よろしくお願いいたします。
 
 「希少精油で世界で一つのオードパルファン作り」
ヒマラヤ山中ででボン教ラマが蒸留した希少精油
・山本の蒸留の師匠であるジャック・チェイトマンの精油
など希少価値の高い精油を使ったオードパルファンを作るミニレッスン。
ご自身でお作りいただいたオードパルファンはお持ち帰りいただけます。
 
 
アロマトピア掲載 ヒマラヤの薬草蒸留プロジェクト
ジャック・チェイトマン 蒸留と錬金術
 
30分 5000円
 
青山レスパスヨンカ へのアクセス

ご予約・問合わせ先はこちらまで☆
お電話 03-6433-5571(受付:平日11:00-19:00)
メール festa@yonka.jp

 

Th_img_8069_2

 

Th_img_1838_2

 

2017年2月 5日 (日)

妙齢の女性のみなさまへヴィンテージラインへの誘い❤️

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
妙齢女性のみなさま(もちろん男性のみなさまも)。
 
ごきげんよう。
 
お話ししたいお話ししたいと思っていましたが、
 
関西でお話しする機会ができました。
 
更年期をエネルギー的に読み解きます!
 
熟成したヴィンテージラインの選択への誘い
 
というお話し会です。
 
 
 
 
先日、FBの先輩の投稿のくだりに、
 
サウジはビジネス以外入国禁止、
ビジネスマンの女性は45歳以上で入国OK。王族を魅惑するからだとか
 
という一文発見。
 
ウゥ〜、サウジに突っ込みたい!
 
と思いつつも、どなたもそこには無反応なので自制しておりました。
 
「サウジ、まだまだ分かっていませんね。」
 
ここからが一番パワフルなのに。
 
更年期のエネルギーを変容させた女性のエネルギーこそが、
 
この世で最もパワフルなエネルギーと言っても過言ではないでしょう。
 
(by山本)
 
 
なぜなら出産に備えるために毎月使っていたエネルギーを
 
肉体を超えたエネルギーと結びつけていかれるのがこの時期から。
 
更年期のエネルギーを変容させて
 
ヴィンテージラインのエネルギーを選択するのです✨
 
 
 
 
私の沖縄の師匠も、本格的に神事の生活に入られたのは、
 
40代後半。
 
ワタクシがヒマラヤに行き始めたのは50歳。
 
シャーマンが一人前と認識されるのは60歳から。
 
現代社会では、
 
女性も男性も「いかに若くあるか」ということに主軸を置いていますが、
 
このヴィンテージラインエネルギー変容を前にすれば、それは副産物。
 
ヴィンテージとは、元来ぶどうを収穫するという意味ですが、
 
昨今ヴィンテージという称号を得られるのは、
 
ワインにしろ、時計にしろ、ジャックの精油にしろ、
 
時を経てさらに価値を増す一品だけ。
 
私の長年愛用しているブルガリの時計は、
 
この細工ができる職人が居なくなったためヴィンテージラインとなっています。
 
 
Th_img_3721
 
どんなにお金を積んでも出せない
 
大切に育まれ成熟させた味わいこそがヴィンテージなのです。
 
 
 
 
ご自分をヴィンテージラインに乗せるのか、
 
更年期に苦しみ、悩み、諦めるの選択をするのか
 
もしくは歳を重ねることへの抵抗ラインに乗せるのか、
 
選択はご自由です。
 
 
更年期のエネルギーを変容(熟成)させることで、
 
生き生きとパワフルに生きることに自然と繋がっていくのです。
 
今回は、関西で初のヴィンテージラインお話し会を開催いたします。
 
ご自分をヴィンテージラインに乗せたい方はぜひお目にかかりましょう。
 
 
 
以下詳細です。
 

第1部:「更年期をエネルギー的に読み解きます!熟成し

たヴィンテージラインの選択への誘い」

第2部:YEメソッドの実践
YEメソッドとは、2チャクラに滞る感情を解放し、フリーエネルギーに変容させるパワフルなメソッドです。
詳しくはこちら
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/118477/106167/84724795

日時:2月18日土曜 1部16:00〜17:30
2部17:40〜19:10
場所:神戸・元町 スペースわに
https://www.spacewani.com/アクセス/

料金:1部1000円
2部2000円(当日精算)

お申し込み:

フェイスブックイベントページの参加ボタンを押すか、メール nishijima111@gmail.comにてお申し込みください。
こちらのヒマラヤンヒーリング関西のページに詳細がありますのでご一読ください。
 
 
 
 
 
 

2017年2月 3日 (金)

宝珠の香り 28

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
Th_img_3184
 
 
最終日は、搭乗前に仏像の製作所へ。
 
仏像をオーダーしようと思うのです。
 
 
Th_img_3195
 
製作所では、見上げるほど大きなものから、
 
手のひらにのる小さなものまで見せていただきました。
 
「どんな仏像ですか?写真はありますか?」
 
と聞かれますが、
 
「既製のものではなく、私の思い描くものをオーダーできますか?」
 
とお願いします。
 
崇めるものではなくて、
 
内にあるものを思い出させるようなもの。
 
大まかなイメージをお伝えして、
 
あとはメールでのやり取りです。
 
 
 
さて、今回の旅はこれでおしまい。
 
素敵なご縁をいただき、
 
私のヒマラヤネットワークがさらにふわりと広がりました。
 
そして、今回のお題である
 
宝珠の香り
 
Th_img_2094
 
ダウラギリの元で蒸留される精油たちが
 
ハーモニーを作り始めています。
 
そもそも、ヒマラヤで蒸留を始めた時は
 
ボン教医ニマさんが薬草を海外に持っていく際のサポートから始まり
 
その後、研修に役立てていただければとボン教医学院に寄贈し
 
ナウリコットで蒸留することは全く考えていませんでした。
 
グル・サンポの洞窟で
 
ここの水を使い、
 
ここの植物を使い、
 
この土地で蒸留するようにとのご指示があり
 
マノチさんに相談して始まりました。
 
本当に熱心に取り組んでくださっています。
 
 
 
 
 
なぜ、宝珠の香りなのかは
 
ダウラギリの早朝の一瞬だけ見せてくれる姿を見れば
 
もうお分かりになりますよね。
 
今回、ローゲガルゴンパのラマさんも
 
ダウラギリの神秘的なお話を聞かせてくださいました。
 
やはり特別な山なのです。
 
その特別な山で育まれた植物と雪解け水
 
3000メートル近い標高
 
ボン教のラマさんであるマノチさん
 
ミラクルな精油ができないはずがありません。
 
今まで、世界中の素晴らしい蒸留家が作り出した精油を数々味わってきました。
 
どれも本当に素晴らしい。
 
肉体に作用するもの
 
ハートに作用するもの
 
地球そのもののエネルギーを宿すもの
 
様々あります。
 
そんな中で、
 
グル・サンポオイルは
 
私たちのエネルギーフィールドのさらに上に存在する宝珠のエネルギーなのです。
 
出来上がった精油は一瞬にしてその高い周波数へと私たちを導いてくれます。
 
現在、蒸留施設を作ることもマノチさんにお願いしています。
 
近い未来、
 
グル・サンポの精油を味わっていただけるよう準備をすすめております。
 
宝珠のエネルギーを存分に味わっていただけると思います。
 
お楽しみに。
 
 
 
 
次回のヒマラヤへの旅は、
 
初の4月後半です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年2月 2日 (木)

3月6日 ボディケアフェスタ@ヨンカ

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
3月6日月曜日
 
青山レスパス ヨンカ ボディケアフェスタに、
 
私とブループリント協会のメンバーが参加いたします。 
 
ブループリント協会の惠・ちかちゃん・アッコちゃんは、
 
チャクラ1を使ったリフトアップとチャクラケア
 
私は、YEメソッドを使って骨盤内の滞りを解消・チャクラ7で全身ケア
 
をいたします。
 
ボディケアフェスタということでお手軽に30分3000円でのご提供ですので、
 
一度、体験してみたいという方は是非!
 
お待ちいただかなくて良いように、
 
ご予約いただけるようです。
 
 
Th_20170202_626
 
 
↑これだと大きく見えるかしら?
 
 
 
また、2月18日(土)夕刻
 
関西でお話し会を開催する予定です。
 
関西方面でチャクラ7やYEメソッド、更年期のエネルギーケアなど
 
ご興味をお持ちの方は、ご予定空けておいていただけると嬉しいです。
 
 
 
 

2017年2月 1日 (水)

5回目の旧正月@沖縄 2

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
そして、長滞在になってもう一つ楽しかったのは乗馬。
 
ダイビングはすでにいっぱいだったので、
 
何をしようかと思っていたら目に入って来たのが海の中での乗馬。
 
早速申し込むと、
 
海の中に入る乗馬は5月からのシーズンとのこと。
 
残念でしたが、海岸沿いの乗馬の気持ちよさたるや!
 
与那国島の一番の恵みは人がいないこと。
 
海岸も山道も誰もいないので景色を独り占めできるのです。
 
次回は是非、海の中に入る乗馬も試したいhorse
 
与那国の乗馬、本当にオススメです。
 
 
 
那覇に戻り、旧暦正月のご神事に参加させていただくために糸満へ。
 
翌日は、出発前に先生の御嶽にご挨拶。
 
先生のお宅では私が与那国から戻れなかったご連絡を差し上げた時
 
「あぁ、なんかやらなきゃならないことがあるんだ」
 
と、ご理解いただいていたとか。
 
巨人の話をすると、
 
「あっ、棒持ってたでしょ」
 
とすぐに答え合わせ。
 
「あそこは大変なところですよ」
 
とおしゃってました。
 
(色々な意味で)
 
そして、最後に沖縄での彼方への移行のお話を伺いました。
 
非常に興味深かったのは、
 
亡くなってから後のプロセスは、
 
チベット死者の書とほぼ同じとのこと。
 
スッと行けずに輪廻に入った時、
 
この地の生まれ変わりの概念では、2〜300年後になるそうです。
 
スッと上の世界に行く人も、
 
生まれ変われない人もいるそうです。
 
アストラルの世界は、想念の世界。
 
土地や環境に残る想念の中で暮らしていれば、
 
死後もその想念の中に生きることになります。
 
中国の生まれ変わりの村の中にどっぷりと浸かっていれば、
 
橋のたもとでスープを飲まなければすぐに生まれ変わって、
 
前世のことを覚えていることができますし、
 
三途の川を信じていれば、
 
向こう側でご先祖様がオイデオイデと手招きしてくれるだろうし、
 
キリストの再誕を信じていれば、
 
それまで待つだろうし。
 
様々に輪廻を繰り返したり、アストラルに留まったりするのでしょう。
 
 
 
私はアストラルが苦手だと何回も申し上げて来ましたが、
 
本当に沖縄の空港に降りると
 
その濃厚なエネルギーに圧倒されます。
 
そして、いつまでもそれに抵抗していると痛みが出始めます。
 
その苦しさを知っているので、
 
与那国でもゆっくりとそのエネルギーに委ねていきました。
 
そうすると、私の中にある感情のエネルギーがフツフツと動き始めます。
 
それは、自分の感情であり、この地に残る感情であり、
 
周りの人たちの感情でもあります。
 
その感情のレイヤーが
 
より一層アストラルの世界を鮮やかに色濃く作り上げているのです。
 
そしてそれは
 
パターン化したエネルギーに揺さぶりをかけ、
 
さらに大きな流れへと進むことができるのです。
 
年に2回の沖縄とヒマラヤが生み出すハーモニーは、
 
今の私をより大きな世界へと誘っていきます。
 
DNAの宝庫である沖縄の海。
 
その世界で生み出される宝珠を携えてヒマラヤへ行き、
 
そして、上の世界へと繋がる周波数の宝庫であるヒマラヤで生み出される宝珠。
 
宝珠にもレイヤーがあることを再認識した旅でした。
 
「アストラルも大切にしなければならない」
 
ことを肝に命じます(笑)
 
 
 
さて、長命草を蒸留してから行こうと思うので、
 
次回のヒマラヤはいつもより少し先の4月から5月を予定しています。
 
時期がずれると植物も違う顔を見せてくれるでしょう。
 
楽しみです。
 
 
 
 

2017年1月31日 (火)

5回目の旧正月@沖縄 1

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
今年も沖縄の旧正月行事に参加してきました。
 
なぜ沖縄に足を運ぶようになったのか。
 
ご存知のみなさまも多いかと思いますが、
 
おそらくもう10年ほど前、
 
偶然に斎場御嶽でご神事をされていた師匠にお目にかかり、
 
その6年後に再会したあたりからでしょうか。
 
 
 
 
などブログの沖縄カテゴリーの記事に書いてありますので、
 
お時間あればどうぞ。
 
 
とにかく、私がヒーリングチャクラ7を作ったり、
 
ヒマラヤに行ったりした大きなきっかけは沖縄から始まったと言っても、
 
過言ではないでしょう。
 
今回も糸満の御嶽の前に立った参加者は、
 
そのパワーに圧倒されていました。
 
鎧である
 
『自分』
 
を打ち砕いてしまうような力強い土地のパワーが現存しているのです。
 
「旧正月をするのは沖縄でも糸満だけ」
 
と今回再訪した与那国の方がおっしゃっていたように、
 
沖縄の中でも糸満は、
 
昔ながらの土地のエネルギーがピュアなまま残っています。
 
実はアストラルの濃紺なエネルギーは少々苦手な私ですが、
 
定期的に糸満の御嶽に足を運ぶことによって、
 
パターン化しているエネルギーが揺さぶられ、
 
常に新たな流れが生まれることになります。
 
苦手なところには大きな恵みが隠されているからです。
 
 
 
さてさて、今回の旅
 
どこからお話ししていきましょうか。
 
 
 
 
色々な切り口があるのですが、
 
まずはヒマラヤに行くヴィジョンを見せられた与那国から。
 
3年ぶりの再訪だということをフェイスブックのお知らせで知り本当に驚きました。
 
前回、与那国に行ったのは ほんの3年前なんです。
 
そして、
 
そのひと月半後の3月中旬私はヒマラヤへと旅立ちました。
 
そして、それから3年。
 
今では年に2回のヒマラヤと沖縄の旅は、
 
私の人生の中での大きな軸になっています。
 
40代のとき、私の50代がこんなにも豊かでめくるめく日々になるとは、
 
1ミクロンも思っていませんでした。
 
 
 
 
 
現代社会では、
 
女性が歳を重ねることに対して抵抗があるようです。
 
歳を重ねた方々がいかに若く見えるかに執心するのも良いでしょう。
 
しかし、それが本来の自分を否定するような形になると、
 
滞りを作り始めてしまいます。
 
流れがシャーマニズムの方向に向いてきましたね(笑)
 
シャーマンが本来の力を発揮するのは、
 
60代から。
 
沖縄の師匠も人生の前半は子育てやビジネスをバリバリとこなしてきたそうです。
 
そして、40代に入ってから神事のみの生活に入ったとか。
 
以前もブログで何回か書かせていただきましたが、
 
天王星のハーフリターンである42歳は、
 
私たち女性にとって(もちろん男性にとっても)大きな人生の中での転期なのです。
 
そして、前半で培った社会や他者の枠組みでの『自分』
 
という立ち位置を見つめ直し、
 
「自分の人生」という大きな枠組みに移行し、
 
そこで再度立ち位置を確認し軸を作って行くという素晴らしい時期です。
 
しかし、パターンを手放すことに自我は抵抗しますから
 
それを恐怖に感じ、
 
『厄年』というような呼び方になったのではないかと勝手に推測します。
 
とにかく、
 
新たな世界が始まって行くのです。
 
いつまでも前半のパターンを貫こうとすれば、
 
滞りを生み始めます。
 
要は、「40歳以降の方々はパターンを変えていきましょう」
 
という事なのです。
 
エネルギーの流れに逆らう事なく委ねて行く事で、
 
更年期の症状も少なくなって行くと思います。
 
今まで使っていたエネルギーのパターンを変容させる事で、
 
エネルギーを成熟させることに更年期のエネルギーを使うのです。
 
現に師匠は今年85歳になられますが、
 
第3の目の光の輝きは驚くほどです。
 
しかし、滞りのパターンがある人は
 
更年期のエネルギーにより そのエネルギーの滞りがさらに強化され、
 
お具合が悪くなります。
 
 
 
一度どこかでこの話を多くの人にお伝えする場が欲しいです。
 
どなたか企画してください(笑)
 
 
 
 
さて、話を元に戻しましょう。
 
前回の与那国での詳しい話は竜宮伝説とシャングリラ
 
をごらんください。
 
今回も、コトー先生の上に立つヴィラ滞在です。
 
前回同様ツインのお部屋を用意されました。
 
壁側に眠ると何もないのですが、
 
窓側のベッドを使うと、
 
それは起こり始めます。
 
今回は3メートルもあろうかという巨人が訪れ、
 
私を地下都市へと導いてくれます。
 
前回は、そこで陰陽のエネルギー上昇のワークをしていただき、
 
宝珠を得て、 
 
その宝珠を携えてヒマラヤへと向かいましたが、
 
今回は、
 
そのアストラルにとどまる無数の存在たちとのワークになりました。
 
ネットのような網目に無数に張り付いているのです。
 
夜9時から明け方3時まで、ふた晩かけてのワークです。
 
数時間しか眠らなくても疲れはありません。
 
そしてなぜだか、帰りの航空券を予約せずに来たワタクシは、
 
6日間も与那国に滞在することになりました。
 
 
 
与那国では まず人に会いません。
 
そんな中、
 
長命草を調達してくださる方に偶然お目にかかり、
 
東京にて長命草を蒸留できそうです。
 
どんなオイルができるのかとても楽しみです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年1月22日 (日)

YEメソッド その27 他者へのセッション

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
YEメソッドを医療の現場でも使っていただいているというお話し伺い、
 
大変喜んでおります。
 
より多くの方に使っていただけますよう、
 
先のクラスではYEメソッドをさらに他者に対して使う応用編を習得していますが、
 
その中で見えてきたあいまいな点について再度ご説明します。
 
 
 
まず、YEメソッドの『2チャクラワーク』で結果を出そうとしてる方がいらっしゃいますが、
 
基本的に2チャクラワークのゴールは、
 
骨盤内の滞りの解消(フリーエネルギー化)です。
 
どうしても、私たち現代人はすぐに結果に結びつけたくなりますが、
 
ここでは、フリーエネルギーにするだけなのです。
 
そして、フリーエネルギー化したエネルギーが
 
3チャクラに自然な形で登ったところで『3チャクラワーク』をするのです。
 
ここで2チャクラの問題がフリーエネルギー化していないと、
 
3チャクラの取り換え可能な鎧を「本物の自分」と勘違いし、
 
さらに新たな鎧をつけることになりますので、ご注意を!
 
こうして一つづつエネルギーを積み上げること以外に、
 
4チャクラのありのままのエネルギーを感じることは難しくなります。
 
1チャクラ2チャクラ3チャクラワークを曖昧にした4チャクラより上の世界は、
 
「自分(自我)」の域を出ることはなく、
 
独りよがりの世界になります。
 
 
 
さて、他者へのセッションにおいては、
 
少々、難しくなります。
 
性格構造論、4大元素、占星術のチャート、
 
チャクラの概念、エネルギーの傾向性など
 
多角的な視点からのアプローチが必要になるからです。
 
そして、クライアントからの「お題」に対して、
 
どの方向から光を当てていくかによって、
 
そのセッションが実りあるものになるのか、
 
堂々巡りになるのか
 
50%は ここで決まると言っても過言ではありません。
 
クラスメンバーは日々研鑽を積んでおります。
 
 
 
また、3月6日(月)青山のレスパスヨンカのボディケアフェスタに
 
お声をかけていただきましたので、
 
そちらでYEメソッドミニセッションをいたします。
 
お時間合う方は、ぜひお越しくださいませ。
 
こちらの方も詳細が決まりましたら再度お知らせいたします。
 
 
 
 
 
 
 

2017年1月21日 (土)

2016/12 2017/1 クラス内容

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
すっかり遅くなりましたが、クラス内容。
 
 
2016/12
 
地水火風内的バランス
自己作成するノートの瞑想
空について
身体およびエーテル体強化のボディワーク
マル秘呼吸法
 
2017/1
 
day1
身体およびエーテル体強化のボディワーク
マル秘呼吸法(8、陰陽、小周天)
自らの地のエネルギーについて
ノートのプレゼン
YEメソッド応用編
day2
身体およびエーテル体強化のボディワーク
YEメソッド応用編
自分の質を見極め対極を知る
自己の中心のエネルギーワーク
宿題
足指に移動させた自己の中心
についての内省
持続時間
香りに対する反応との違いの考察
以上

2017年1月15日 (日)

宝珠の香り Guru Rinpoche year 27

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)7 
 
 
 
 
ポカラからカトマンズまでは30分のフライト。
 
前回3月にはポカラの視界が悪く、
 
車での移動になることが多かったのですが、
 
今回はお天気に恵まれ
 
全て飛行機移動で時間短縮することができました。
 
Th_img_3185
 
カトマンズからヒマラヤがこんなにくっきりと見えたのは初めてです。
 
ここはパタンのレストランの屋上。
 
5階だけれどもちろんエレベーターはありません。
 
地震で崩れた建物も見えます。
 
ヒマラヤのエネルギーの名残は遠く見える山並くらい。
 
ここは、音の洪水です。
 
呼吸も浅くならざるを得ません。
 
 
 
 
カトマンズでもたくさんの用事がありますが、
 
まず、待ちきれなかったのが、
 
ムクティナートのアニさんに紹介していただいた 
 
オンギャル・ラマ・リンポチェにお目にかかる事。
 
朝一番で、リンポチェのところに向かいます。
 
リンポチェの奥様は、ローマンタンの王様の親族だそうです。
 
奥様はカトマンズでホテルを経営していらっしゃいます。
 
ホテルに着くと、
 
リンポチェはカトマンズとは思えないような
 
木が生い茂る中庭で待っていてくださいました。
 
リンポチェは、カトマンズのちびっこ尼僧院のスポンサーでもあります。
 
開口一番、
 
「子どもたちと尼僧院への気持ちありがとう」
 
とのこと。
 
そして、ご挨拶の後すぐに本題に入らせていただきます。
 
バルト・トドルについてお話伺いました。
 
 
ローゲガルゴンパでサンゲラマが発見したと言われているが、
 
バルト・トドルは3〜4種類ある。
 
800年〜900年前のことなのではっきりはしない。
 
バルト・トドルはニンマ派では全員に教えるわけではないが、
 
一番重要な経典。
 
ラマが死にかかっている人に続く道を伝えるが、
 
伝えるものと伝えられるものの信頼関係が何より大切。
 
(父の5ヶ月間の死への移行の話をしたので)
 
お父さんはあなたが教えたので信用したんだよ。
 
教える人との信頼関係が何より大切なんだ。
 
怖いものも仏も全て自然の中にあるもの。
 
肉体は5大元素で出来ている。
 
亡くなればもとに戻る。
 
初めは地→水→火→風→空
 
と返って行く。
 
トドルとは、聞いて達する事ができるという事だが、
 
見て達する、触って達する、薬によって達するということもある。
 
バルトにも様々な種類があり、
 
魂が入り生まれるミグラン・バルド、夢のバルド、瞑想のバルドなど
 
もっと沢山あるんだよ。
 

 
とても柔らかい物腰の品の良い方でした。
 
生きている人こそ、これを学ぶべきではありませんか?
 
という問いにも、
 
「そうだね、この10%でも理解できれば本当に良いと思うよ」
 
「そこにも信頼関係が必要なんだよ」
 
と、おっしゃっていました。
 
 
「次回はもっと勉強してきます。
 
また、伺ってもいいですか?」
 
と再会を約束して
 
ホテルを後にしました。
 
 
Th_img_3169_2
 
 
 
 
ボダナートに戻ると、
 
一昨年の地震の修復が終わったところ。
 
中へは立ち入り禁止になっています。
 
Th_img_3173
 
数日後のお祭りの準備で活気があります。
  
 
この子たちにも会って行かねば。
 
スーパーに立ち寄って食料を調達するのですが、
 
数回でマンネリ化してしまいます。
 
次回は何違うものを考えましょう。
 
 
Th_img_3179
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年1月10日 (火)

宝珠の香り Guru Rinpoche year 26

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
数年ぶりのマウンテンビューフライト。
 
 
 
ご覧のように外枠がないので非常に寒いのです。
 
1時間の旅ですがポカラは地上のポカポカ陽気
 
空の上は一気にヒマラヤを目の前にするのですから、
 
すごい温度差になります。
 
暑くても着込んで乗り込まなければなりません。
 
 
マチャプチャレを間近で見ることができる幸せ!
 
でも、ちょっと怖いんです。
 
所々で突風が吹くので揺れます とても。
 
しかも、今回のパイロットさん落ち着きがない。
 
意識を少し通常モードから引き上げないと冷静ではいられません。
 
通常の自我では危機感を覚えるでしょう。
 
上で気絶してしまう人もいるとか。
 
怖くなってパニックになりパイロットの方にしがみついてしまうとか。
 
色々お話伺いましたが、
 
この数日後、落ちてしまったそうです・・・
 
 
 
Th_img_3112_2
 
この日もご飯はお姉さんのダルバート。
 
ゴーヤのアチャール堪能しました。
 
自分で作ってもこんなに美味しくは作れません。
 
 
 
 
ホテルで、シロダーラを申し込むと、
 
「油がないのでできません」
 
との事。
 
仕方ないので通常のマッサージを受けます。
 
ムスタンのガタガタ道でこわばった筋肉は早めのお手入れが必要です。
 
久しぶりの湯量豊富なお風呂と
 
真っ白なシーツにダウンを着ないで寝られる幸せを味わいます。
 
 
 
 
 
 

2017年1月 8日 (日)

宝珠の香り Guru Rinpoche year 25

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
 
父が亡くなる前、
 
アロマトピアに寄稿した私のヒマラヤレポートを読み、
 
ヒマラヤの支援をとても喜んでくれました。
 
生前、「自分も支援するよ」と言ってくれていたので、
 
父に寄せていただいた御心の一部と母から預かった寄付金で、
 
ジョムソンにある
 
ヒマラヤンチルドレンズホームの子供たちに必要な野菜を作る
 
温室の費用に充てることにしました。
 
Th_img_3038
 
 
 
この日は、マネージャーさんが見積もりを持って来てくれました。
 
 
Th_img_3040
 
 
 
温室には父の名前をつけてくださるそうです。
 
 
Th_img_3041
 
 
 
ますます、ここに戻りたくなります。
 
 
 
Th_img_3036
 
ちょこっと見えるダウラギリとも暫しの別れ。
 
お風呂に入るのも
 
顔を洗うのも不自由な生活圏ですが、
 
ここに来て下に降りる日が近づく度に 
 
あぁ、もう一度最初から味わいたい!
 
と思うのです。
 
本当に私はこの土地が大好きで、
 
ここにいると思い切り呼吸をするというのが
 
そして、自由でいることがどういうことなのか気づくのです。
 
Th_img_3083
 
 
ジョムソンを早朝に発ち、
 
約20分でポカラへ。
 
Th_img_3101
 
空港から喧騒の街へ出ると、
 
あまりの空気感の違いにエネルギー体が一時凍ります。
 
それでもホテルについてマチャプチャレを眺めると、
 
まだヒマラヤに見守られて過ごすことができることに安心するのです。
 
 
Th_img_3116
 
ポカラは晴天続き。
 
昼食と夕食は、モチロンお姉さんのお店でいただきます。
 
一日2回食べても飽きません。
 
店では、日本人のバックパッカーに英語で話しかけられましたが、
 
手でダルバートを食べる姿が板について来たのでしょうか!?
 
豊富な湯量のお風呂を堪能し、
 
ホテルでクリーニングをお願いして、
 
だんだんと通常の世界に戻る準備です。
 
翌日は早朝から、久々のマウンテンビューフライトです。
 
 
 
 
 
 

2017年1月 7日 (土)

宝珠の香り Guru Rinpoche year 24

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
アニさんが仰っていたパドマサンバヴァの身体表象の五宝とは、
 
パドマサンバヴァと同じ力を持つ宝物だそうです。
 
足跡とか衣服もあるとか。
 
これは絶対に見ておかなければ。
 
しかし、そのゴンパはいつも鍵が閉まっているし、
 
外国人には見せないらしい との事。
 
ものすごくたくさんの方々のお手を煩わせて、
 
身体表象の五宝の扉が開かれることになりました。
 
その村は、崖の上に立っていて河原からジグザグ道を登っていきます。
 
途中何人かのトレッキングをしている方とすれ違ったので、
 
みんなお宝を見に行くのかと思いきや、
 
すぐに引き返していらっしゃいます。
 
それくらい何にもない村です。
 
村はずれにあるゴンパに着くとやはり鍵が閉まっています。
 
しばらく門の前で待っていると、
 
初老の西洋人の紳士が村の女性に伴われて入っていきます。
 
私が待っているラマさんとは違うので、
 
目で促されるもお断りしてさらに待つこと数分。
 
ラマさん登場。
 
ゴンパの中をぐるっとまわって本堂に着くと、
 
先ほどの方が見学されています。
 
Th_img_3057
 
ラマさんが本堂に入るように促され本堂へ入るのですが、
 
ラマさん、
 
西洋人の紳士がいらっしゃる間は前方を凝視したまま微動だにしません。
 
その方も「何かあるのでは」
 
と思われたのでしょう しばらく待っていらっしゃいましたが、
 
あまりに不自然な空気に出て行かれました。
 
途端にラマさんが、
 
「そこに座って待ちなさい」
 
と仰り、座る位置までご指示くださいます。
 
しばらくすると赤い包みを背負った老人が入っていらっしゃいます。
 
サミュエル寺院から持って来たという
 
何枚もの布の中からカッパーの美しい細工がなされた箱が現れ、
 
(元々白檀の箱だけだったそうですが、後から作られたそうです)
 
かんぬき錠の鍵はラマさんの衣の下の首から下げられ取り出されます。
 
さらに何枚もの布の中から白檀のカッパーと同じデザインの箱が現れ、
 
そこにもかんぬき錠が。
 
ラトナ曼荼羅の朱印を教わり、ラマさんのマントラ。
 
そしてウワ(玄米)を一緒に撒きます。
 
第3の目にホクロがあったこの地の王様の物語と、
 
その息子がチベットに修行に行き
 
この宝物を持ち帰ったという話をしてくださいます。
 
不思議な話満載です。
 
ようやく、さらに何枚もの布に包まれた宝物が出てきます。
 
1つづつ布の袋から出してはご説明くださり、
 
最後に頭に乗せて祝福を与えてくださいます。
 
そして、また同じ手順で箱にしまわれるという手順を十数回。
 
パドマサンバヴァからの祝福を受けているということなのでしょう。
 
ここに来るまでの経緯や
 
見守る横溝正史の小説に出て来るような老人と
 
物々しいラマさん
 
薄暗い部屋の隅には先ほどの西洋人を連れて来た村の女性が
 
蹲り宝物が出て来るたびに首を伸ばしてのぞいています。
 
そして目の前にある五宝。
 
何だか物語の世界にいるみたいな感じです。
 
五宝の他にも、
 
パドマサンバヴァが履いたと言われる草履や衣装、
 
天から落ちて来たと言われるドルジェ
 
あるラマの頭蓋骨には「ア」が浮かび上がっています。
 
そのほかにも様々な宝物を
 
袋から取り出されてはご説明いただき祝福を受ける
 
という手順で拝見させていただきました。
 
これだけ何回も祝福されたらどうなってしまうんだろうという感じです。
 
しかし、決して写真を撮ってはいけないと注意され、
 
スマホを触るだけでも怒られます。
 
そして、また宝物が開かれたのと同じ手順で箱に収められ、
 
老人が背負ってゴンパを出て行くのでした。
 
 
 
 
 

2017年1月 5日 (木)

宝珠の香り Guru Rinpoche year 23

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP)

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
 
 
 
ムクティナートから降りる朝、
 
早朝に裏口から岩山に登りダウラギリにご挨拶。
 
本当にダウラギリは私にとって特別な山です。
 
Th_fullsizeoutput_26af
 
奥の院まで降りると、
 
中からアニさんの声がするので
 
そっと中に入ると年長のアニさんがお一人でプージャをしていらっしゃいます。
 
隣に座るように手招きされたので、
 
お隣に座らせていただきます。
 
「あなたは運がいい。今日はパドマサンバヴァのプージャの日ですよ」
 
との事。
 
アニさんの染み渡る声と法螺貝、リンの音が、
 
早朝のピンとはったヒマラヤの山々に響き渡ります。
 
それから2時間あまり
 
パドマサンバヴァのプージャを独り占めさせていただきました。
 
身も心も生まれ変わったように新鮮なエネルギーで満たされます。
 
ゴンパの正面には、
 
パドマサンバヴァがダーキニーのために彫り残した
 
彫像がこの地を見下ろしています。
 
Th_img_3002  
 
 
他で拝見する
 
パドマサンバヴァよりも人間味のあるようなお顔です。
 
アニさんたちがこの地でずっと守り続けてきたのですね。
 
とてもロマンティックなお話です。
 
 
 
奥の院から出て歩いていると、
 
アニさんから
 
「パドマサンバヴァの身体表象の五宝は見た?」
 
とお話しくださいます。
 
「いいえ、存じませんでした」
 
とお答えすると、
 
「ぜひ、行ってごらんなさい連絡しておくから」
 
との事。
 
また、パドマサンバヴァのご縁が繋がります。
 
 
 
 
 

«宝珠の香り Guru Rinpoche year 22

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ