2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

2017年9月26日 (火)

YEメソッド エクササイズ2日目

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
12月23(土)24日(日)12:00〜17:00
 
YEメソッド実習クラス開催します。
 
 
 
さて、1日目のエクササイズいかがでしたでしょうか?
 
 
 
今現在でも、右手の親指の第1関節と
 
左手の親指の第一関節の感覚を比べてみてください。
 
 
 
特に思考が勝つ方は、
 
このようなエクササイズを飛ばして結果だけをみに行く傾向がありますが、
 
おそらく最終的にYEメソッドエネルギーワークに至ったとき、
 
うまくいきません。
 
こうして思考から離れて感覚を開くことは
 
エネルギーワーク上達の欠かせない要素でもあります。
 
また、8月のクラス内容報告 にもあったように、
 
感情が湧いて来る以前の状態に身を置くことは本当に本当に難しいのです。
 
まず、ここから鍛錬していきましょう。
 
 
 
 
 
今日のエクササイズ
 
「自分の右側の鎖骨を感じながら1日を過ごしましょう」
 
 
そして、事あるごとに左右の違いを感じてみましょう。
 
鏡を見てみるのも励みになります。
 
1日の終わりにどのくらいの左右差があるのか感じてみましょう。
 
 
 
 
 
 
Th_p5272848
 
右側の鎖骨
 
 
 
 
 
 

2017年9月25日 (月)

YEメソッド エクササイズ1日目

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
多くの方から、
 
「YEメソッドやっています」
 
とお話しいただき嬉しく思っております。
 
うまく行っている方、難しい方様々だと思いますが、
 
ここで再度申し上げます。
 
 
 
YEメソッドは善人になるためのメソッドではありません。
 
YEメソッドは思考の解決を導くものではありません。
 
YEメソッドに落としどころはありません。
 
 
 
YEメソッドは、いわばエネルギーワークなのです。
 
1〜3レベルのヒーリングセッションでやっている事を、
 
マッサージテーブルから降りてやっているのです。
 
 
 
ヒーリングは善人になるためにするのではありません
 
ヒーリングは思考の解決を導くものではありません
 
ヒーリングに落とし所はありません
 
 
 
YEメソッドもヒーリングも
 
滞りを解消し、
 
そこにある潤沢なエネルギーの流れを取り戻す
 
ものであるという事です。
 
 
 
ここで大切なのが、
 
「ただ、感じてみる」
 
という事。
 
しかし、実はこれが多くの方にとってとても難しい事なのです。
 
 
 
 
今日のエクササイズ
 
「自分の左手の親指の第一関節をただ感じてみましょう」
 
 
こんなことすら難しいのです、実は。
 
ただ感じることが難しかったら、
 
右手で左手の親指の第一関節を包み込んでも、
 
揉んでも、動かしても良いです。
 
そして、そうする前と後の状態を感じて見るのも良いでしょう。
 
また、左手の親指の第一関節を感じることによって、
 
呼吸や体温に変化はあるでしょうか?
 
意識が離れてしまっても、
 
また戻れば大丈夫。
 
今日は、貴方の左手の親指の第一関節が最愛の存在です。
 
今日1日試してみたら、
 
夜お休みになるときに、
 
左手の親指と右手の親指の違いを改めて感じてみてください。
 
 
 
 
 
 
 
Th_img_6532
 
ヒマラヤに向けて高度計⌚️
 
 

2017年9月24日 (日)

YEメソッドシーズン到来

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
私のところにきてくださっている方の中には、
 
「見えない世界のことをどうしたら周りの人にわかってもらえるでしょう」
 
と悩んでいるという人がたまにいるのですが、
 
私の答えは、
 
「なぜ分かってもらおうと思うのでしょう」
 
です。
 
今でも声高に私の世界観を「分かってください」と言うつもりもありません。
 
だから、私にそれがアリなのかナシなのか語らせないでください。
 
人それぞれどちらでも良いのです。
 
全員が同じ価値基準を持つ集合体は宗教のようで気持ち悪いです。
 
押し付けられた価値観は、抑圧を生みます。
 
 
 
 
私の家は(聞いた範囲では)
 
先祖代々見えない世界にも宗教にも足を突っ込んだ人はいないし、
 
占いすら疎遠。
 
(私も未だおみくじもひきません)
 
物質的な世界での成功が大切とされてきたコミュニティです。
 
そんな中で、私が「ヒーリングスクールに通う」と言った時、
 
主人からは、
 
「それはビジネスとして成り立つの?」
 
と、見えない世界にひとかけらの興味もない回答。
 
両親からも、いわば私が「フラワーアレンジメントを習う」
 
と言ったことと同じ反応。
 
それから家族は、ヒーリングスクールを一番に卒業しても、
 
「へー」
 
ヒーリングのセッションを始めるようになっても、
 
「ふーん」
 
クラスがあっても、
 
「へー」
 
娘たちは、ひたすら物質的な興味しかない着実な人生を歩み、
 
私が瞑想していてもその横でテレビをつけて大笑いしていたり、
 
ご飯を食べたり。
 
お受験ママだった私の価値観の元、
 
順調に大学を卒業しビジネスの世界で生きています。
 
彼らの中では私のしていることは
 
「飲食業です」
 
と同じような価値でしょうか。
 
他の職業と同様、
 
口先だけでなく、結果を出し、人生を充実させているか。
 
なのです。
 
 
 
 
 
 
様々な価値基準があります。
 
私の価値基準は、
 
「面白い(惹きつけられるエネルギー)かどうか」 
 
人それぞれで良いと思うのです
 
価値基準。
 
多様性があるから面白い。
 
だから、家族であろうと友達であろうと、
 
「分かってもらう」
 
事に専念するよりも、
 
ご自分の後ろ姿を見せて
 
「あら、それもありなのね」
 
と、自然な形で理解してもらうことこそが素敵だし大切なことだと思うのです。
 
だから、
 
「うちの〇〇にもヒーリングを受けさせたいのです」
 
はやめましょう。
 
本人が受けたいときにだけにしてください。
 
いやいや連れてくるなんて以ての外。
 
貴方が素晴らしく生き生きと変化して魅力的になっていれば、 
 
自ら来たいという日が来るかもしれません。
 
 
 
 
 
 
一昔前、
 
誰がゲームを作って社会的な成功を手に入れられると思ったでしょうか。
 
「おたく」と言われることに耳を貸さずひたすら没頭した人たちの成功を
 
今や至る所で見ることができます。
 
長女が初めて結婚相手を紹介しにきた時、
 
主人は言いました。
 
「おたくか」
 
最愛の娘を連れ去ってしまう相手へのささやかな抵抗だったのでしょう😄
 
しかし、彼は自分の好きなことをビジネスにして、
 
次々とその世界を切り開き生き生きと活動しています。
 
今や、甥っ子も彼の虜。
 
 
 
 
我が家では、
 
一人一人の活動に対し、
 
手の中から旅立ってしまうという内的な寂しさからブレーキをかける人はいません。 
 
もちろん寂しさもあるのだけれど、
 
それよりも本人が生き生きと活動して人生を切り開いて行く姿を見る方が
 
楽しいと思うのです。
 
私が一年の三分の一は家にいないこともそうですし、
 
高1の姪も自分でお金のかからない留学先を見つけて留学し、
 
海外の大学に行く計画を立てています。
 
おそらく、すでに日本での生活は視野に入っていないでしょう。
 
 
 
 
どこからそのスイッチが入ったのか。
 
それは、私たちの価値判断の源泉にもなってるであろう今は亡き父の
 
「面白いじゃないか」
 
という口癖だったのかもしれません。
 
 
 
 
 
「北風と太陽」
 
です。
 
人を分からせようと矯正するのではなく、
 
自分が楽しんでいる後ろ姿を見せよ!
 
楽しめていないのであれば、
 
自分の内面を見よ!
 
という事でYEメソッドシーズン始まります。
 
 
 
 
 

2017年9月22日 (金)

更年期エネルギーの活用法と40代からの終活 8 講演会の内容

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
ご自分の出生図をご覧になりたい場合は、
 
 
こちらで無料でご覧いただけます。
 
 
 
9月18日目黒不動尊での講演会にお越しいただきましてありがとうございました。
 
宣伝期間が短かったにもかからずスタッフ含め60人もの方々と、
 
濃密な時間を過ごす事ができました。
 
 
 
 
今回NPOを立ち上げたブループリントファクトリーのメンバーは、
 
皆、エネルギーの学校で学んでいる生徒ですが、 
 
では、エネルギーの学校は何をやっているのかというと、
 
 
 
現実的な社会で生きていく術
 
自己の内面との取り組み(YEメソッドetc)
 
体の鍛錬(現在は主に舞扇や竹尺を使っての小用先生発信のお稽古)
 
エネルギー感知能力獲得のためのノウハウ
 
(各周波数、臓器、エネルギーフィールド、ヒーリング技術などなど)
 
様々な周波数の土地を訪れる実習(ヒマラヤ、沖縄、ハワイ蒸溜実習など)
 
精油のエネルギー(作り手、植物採取地、蒸溜法によっての違い)
 
などなど、
 
せっかく生まれ持ってきたこの身体を使って物質のみならず様々な周波数の世界の
 
360度無限に広がる可能性を追求しています。
 
 
 
 
講演会目次
 
・ ヒマラヤで生きる人々の死生観
  「チベット死者の書」より
 
・ 更年期は人生を俯瞰し人生に彩りを与えるチャンスである
 
・ その為の自分の中の4大元素の統合と第5元素
 
・ 自分のチャクラの傾向性にみる更年期症状
 
・ 更年期エネルギーを智慧につなげるための舞扇、竹尺ワーク
 
・ 誰でもシャーマンの智慧にたどり着く資質があり、
 
  そこにたどり着くための手法がある
 
・ 智慧を汲み出す背景が、死への移行をスムーズにしていく
 
・ 生前に死後の49日を前倒しする試み
 
 
 
時間が限られていたので、さわりの話でしたが、
 
お話しした目次1項目につき1講演必要な感じです。
 
今の所、
 
YEメソッドに関しては、実習を入れたお講座を
 
12月23日(土)24日(日)12:00〜17:00
 
を予定しています。
 
 
 
Th_img_1453
 
 

2017年9月16日 (土)

更年期エネルギーの活用法と40代からの終活 7

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
9月18日15時〜目黒不動尊においてのお話会情報
 
ご自分の出生図をご覧になりたい場合は、
 
 
こちらで無料でご覧いただけます。
 
 
 
どうしたらありのままのエネルギーを感じられるかは、
 
YEメソッドのニューバージョンワークです。
 
 
 
 
さて、ここまで「死」のイメージ、捉え方少し変わってきたでしょうか。
 
生と死の間にある鎧の質感や厚さは、
 
風習や宗教、時代などによって変化します。
 
最近ではエリザベス・キュープラー・ロスの研究を始め、
 
臨死体験の記録、
 
古くは、チベット死者の書、エジプト死者の書、
 
キリスト教、仏教etc様々な宗教の教義
 
などから情報を得ることができます。
 
 
面白い記事がありましたので、
 
これも貼り付けますね。
 
 
 
 
 
では、エネルギー的にはどうなのでしょうか?
 
死の間際に立ち合わせていただく機会が
 
恐らく一般の方よりは多いと思うのですが、
 
死の間際になると、
 
上方にあちら世界が開いてきます。
 
どんなに痛みで苦しまれていても、
 
その世界の光の中に導かせていただくと、
 
瞑想などしたことのない方でも長時間その中に意識を向け、
 
痛みを忘れていられるのです。
 
しかし、
 
それが全ての方に訪れるわけでもないのです。
 
それはこの世での評価とも修行とも関係なく、
 
「この世に思い残した事があるかどうか」
 
が大きく影響するように思われます。
 
 
Th__211
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年9月14日 (木)

更年期エネルギーの活用法と40代からの終活 6

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
9月18日15時〜目黒不動尊においてのお話会情報
 
ご自分の出生図をご覧になりたい場合は、
 
 
こちらで無料でご覧いただけます。
 
 
 
その声が聞こえたのが、
 
おそらく2005年。
 
それから、クリスチャン・ジャックにハマり、
 
数千年前の世界に思いを馳せました。
 
山岸涼子の「イシス」では、
 
イシスが息を吹きかけるたびに老いていくので、   
 
「えぇ、このエネルギーを使うと老いていくの?😭」
 
と少々うろたえました。
 
(実際には自分も細胞レベルで活性化される)
 
 
 
また、話が広がっていきそうになりました(汗)
 
エジプトシリーズはまた別の機会に。。。
 
 
 
 
要は前述したように、
 
陰陽、光と闇などの二極分類(?)を見てみると、
 
現代社会において、光、陽の部分の受け入れ態勢はあっても、
 
陰、闇等は同等に見ることがなかなか難しいように思えます。
 
私は一つの階層を越える時に、
 
薄い膜のようなものを感じるのですが、
 
現代社会の陰陽には膜というよりも厚い壁があるように感じます。
 
本当にそこに壁は必要なのでしょうか。
 
 
古代エジプトにおいて
 
1は数ではなく分極していないエネルギーであり、
 
全てなるもの。
 
イシスの数は2であり、
 
多様性、変容、受容、水平の力。
 
完全なるものから放出されたエネルギー。
 
宇宙における女性原理として、
 
創造された宇宙を受胎して生み出す母体なのです。
 
「イシスの息吹」のエネルギーを
 
しっかりと味わってみると、
 
非常に深い味わいがあるのです。
 
まるで子宮の中に戻ったような甘い安心感と回帰感
 
そして、その中に光があることがわかります。
 
それは、闇によって打ち消されるようなものではなく、
 
深く奥底からの根元の光に結びついているようなのです。
 
そこには、二極性は見当たりません。
 
否定するのではなく、
 
ありのままのエネルギーを感じた時、
 
二極は消え去り、
 
むしろ、より大きな全体性へと向かうように思います。
 
 
 
 
Th__1392
 
 
 

2017年9月12日 (火)

更年期エネルギーの活用法と40代からの終活 5

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
9月18日15時〜目黒不動尊においてのお話会情報
 
ご自分の出生図をご覧になりたい場合は、
 
 
こちらで無料でご覧いただけます。
 
 
 
 
私たちはいつから
 
本当に大切なことを伝えずに生きる様になったのでしょう。
 
性について、
 
老いることについて、
 
死について、
 
どれもが人間にとって避けて通れないものでありながら、
 
語ることは憚られてきました。
 
小さい子が性に興味を持てば、
 
違う方向に興味が湧く様に代替品を用意し、
 
歳を重ねるよりもアンチエイジング、
 
「死」について語ることは
 
自分から死に向かってストップウォッチを押してしまうかの様な感覚になります。
 
人間が自然の一部であることを切り取ってしまったかの様な社会です。
 
こうした要素は 現代社会の中では「陰・闇」に回る部分であって
 
決して「陽・光」として分類されないのです。
 
 
 
しかし、ここで注目したいのが「陰・闇」についてです。
 
「ブラックベルベット」という周波数帯があります。
 
骨などの再形成の際に使う周波数帯ですが、
 
この周波数帯の中にいると非常にしっとりと落ち着いた光ある闇なのです。
 
そして、このさらに下の周波数には
 
「イシスの息吹」
 
という言葉と共に教えられた周波数帯があります。
 
この中に入ると、 
 
自分の境界線は消え失せ溶けていってしまうかの様な感覚になります。
 
それはなんとも言えない至福の世界です。
 
高い周波数での「空」とは又違った趣があります。
 
 
 
今まであまりお話した事がありませんでしたが、
 
この「イシスの息吹」についてお話ししましょう。
 
 
 
ハワイリトリートの際に身体の中に入ってきた感じたことのない領域のエネルギーがあり、
 
「これって何のエネルギーなんだろう?」
 
と考えていると、
 
「イシスの息吹です」
 
という言葉が聞こえてきたのです。
 
その言葉は、それまで聞こえても無視していた
 
アストラルの周波数領域ではない領域からのささやきだったのです。
 
エジプト神話に親しんでいたわけではないので、
 
日本に戻り「イシスの息吹」について調べました。
 
私のエジプト熱はそこから始まったのです。
 
 
 
 
 
Th__137
 
 
 
 
 

2017年9月11日 (月)

更年期エネルギーの活用法と40代からの終活 4

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
私たちにとって最大の恐怖は死であり、
 
また、全ての恐怖の根源も死にあると言われています。
 
どんなに便利な世の中になっても、
 
老いて死にゆくことを免れることはできません。
 
先のブログに「変化」することに対する恐怖
 
という文章がありましたが、
 
死は人生の中で最大の変化でもあります。
 
 
 
文明国では「死」はなるべく見ない様にしたいという傾向にありますが、
 
私が頻繁に通うヒマラヤでは、
 
「死」は当たり前に生活の中に横たわっているものです。
 
厳しい環境の中での生活ということもありますが、
 
彼らは、生まれた時から
 
自分たちが死に向かって一歩づつ歩んでいることを忘れないのです。
 
ですから、日々、今の生活と死の向こう側の生活のためにマントラを唱え、
 
祭壇を整え、祈り続けているのです。
 
彼らの生活の中には輪廻転生が当たり前に入り込んでいるので、
 
「あの僧院のリンポチェは私のおじいさんの生まれ変わりだよ」
 
という会話も、さらっと出てきます。
 
 
 
私は、 死の間際に立ち会う機会を与えていただく事が多く、
 
「生」と「死」の間にエネルギーの質感がある事を感じていました。
 
ヒマラヤに通う様になり、
 
さらにその質感は日本にいる時とは微妙に違っていて
 
もっともっとすぐ隣にあるものだと感じる様になりました。
 
この質感の違い。
 
これはなんでしょう。
 
死が遠いものだ別の世界のものだと思っているのは、
 
実は私たちの意識の鎧ではないだろうかと思うのです。
 
しかし、生きている生命体である私たちにとって
 
死は当たり前にそこにあり、
 
親密なもののはずです。
 
 
Th_img_4433
 
 

2017年9月 8日 (金)

更年期エネルギーの活用法と40代からの終活 3

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
さて、昨日の写真でもわかる様に、
 
経年劣化は逆らいようがありません。
 
では、ここにアラジンの魔法のランプからジーニーが現れて、
 
願いを叶えてくれるとしましょう。
 
「何をやってもビクともせずに元気だった23歳に戻しましょう」
 
と提案されて 戻りたいかといえば、
 
二の足を踏む私がいます。
 
心理的、エネルギー的に今が一番充実しているからです。
 
そして、今後もどの様なエネルギー変換をしていかれるのか
 
ワクワクするほど楽しみです。
 
 
 
 
体力的にはクラスでドラムワークをすれば まだ肩の痛みが残るのですが、
 
その痛みをどの様に変容させていくのか実験していく楽しみがあります。
 
理不尽に辛い事があっても、
 
どの様にそこで湧き上がってきた感情をどの様にお料理しようか試行錯誤し、
 
そして、お料理できた時の喜びを味わうだけの余裕があります。
 
何よりも、私が培ってきたエネルギーを、エネルギー変換の手法を
 
みなさまにお伝えしていく喜びがあります。
 
一人一人が本来大いなる本質から智慧を汲み出す素養があることに
 
気づかれると思います。
 
その入り口がシャーマンの世界では60歳と言われているそうです。
 
 
 
そして、最終的には、
 
自分は肉体のみならずエネルギー体でもあり、
 
たとえ身体が衰えようと、
 
エネルギー体は時空の影響を受けずに変容していくということ。
 
そして、それに伴って身体も変化していくこと。
 
そんなことを18日の更年期エネルギーの活用法では、
 
お伝えしたいと思っています。
 
 
 
 
マグダラのマリアの経年変化(本物じゃないけれど)
 
南フランスに渡って以降の作品の何と力強いことか。
 
Th_img_0 
 
 
 
Th_20101115_1170529_2
 
 
 
Th_19ee9b94
 
 
南フランスに渡った後のマグダラのマリア
 
Th_p5171290
 
 
 
Th_p5161187
 
 
 
Th_p5161175
 
 
ドナテッロの作品
 
晩年、洞窟で修行生活を送っていた時のマグダラのマリア
 
見ているだけで細胞が沸き立つ様なエネルギーです。
 
Th_mariamaddalenadonatelloe14963448
 
 
 
9月18日15時〜目黒不動尊においてのお話会情報
 
 
 

2017年9月 7日 (木)

更年期エネルギーの活用法と40代からの終活 2

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
昨日の写真は0歳
(以下年齢は3歳以降はおそらく)
 
 
3歳(おもらし小僧)
Th_img_6339
 
地上の生活に気づいた10歳くらい
Th_img_63382
 
おそらく中学生(目が怖い)
Th_img_6329
 
高校生かなぁ(遊んでばかりいた)
Th_img_6332
 
23歳(遊んでばかりいた)
 
このミュグレのワンピースまだ持っている!
Th_img_6343
 
35歳くらい?(お受験ママ)
Th_img_6336
 
42歳(まだ、娘たちと買い物するのが一番楽しかったかも)
Th_p8120116
 
これ以降の写真自体が、
 
アルバムから消えています。
 
見た目の劣化が進んだせいでしょうw
 
10歳からここまでは性格構造論のサイコパスのお手本の様な目の鋭さです。
 
その割には、外側の鎧にエネルギーを費やしているので、
 
内的密度のないエネルギーです。
 
今こういう人がいたら、近づかないかも。
 
 
 
 
42歳、天王星のハーフリターン。
 
私は今考えると恐ろしいことに、
 
40過ぎまで洗顔後、母の作ったアロエ化粧水しかつけたことがなかったけれど、
 
42歳を境に必要性を感じて基礎化粧品の力を拝借することになりました。
 
朝方まで起きていても、
 
なんの影響も受けず、翌日も元気に行動できていた日々も、
 
この辺りから怪しくなります。
 
今は忘れてしまったけれども、
 
きっとどうしても逆らえない様々な衰えが出てきたのでしょう。
 
この頃、岡本翔子先生にお目にかかり、
 
ご自分の体験を交えての天王星のハーフリターンのお話を伺ったことは、
 
私の人生の中でもとても大きな出来事だったと思います。
 
先生とご一緒したモロッコ旅行では、
 
「人生の前半の生き方のままでは上手くいきませんよ」
 
という囁き声とともに、具合が悪くなり、
 
サハラ砂漠では水すら噴水の様に吐いてしまう事態。
 
それまでは気力で乗り越えてこられたけれど、
 
自分の思い通りにはいかない苦しさを異国で味わいます。
 
 
 
日々の生活の中でも、
 
体力的な衰えはもとより、
 
行動自体が、それまでの
 
「目標を定めてそこに向かって最短距離で達成する」
 
というパターンでは上手くいかなくなります。
 
 
 
ハーフリターンから10年を過ぎ、
 
確実に10歳から育んできた力が抜けてきたのを感じます。
 
この10年様々なことがありました。
 
パターンを変えるのはもちろん簡単な事ではありません。
 
物凄い力でしがみついていた鎧を維持していくことが難しくなって、
 
外してみると、
 
その方が何と心地よいのかを知るまでが一番大きな山だったかもしれません。
 
素晴らしい師にめぐり合い、
 
その後ろ姿を見せてもらった事もとても大きな事でした。
 
それまでの師からは「手法」を学びましたが、
 
これ以降の師は「あり方」です。
 
ハーフリターン以前は、鎧によって様々な選択をしていたものが、
 
ハーフリターン以降は、どうしても隠せないエネルギーによっての選択になりました。
 
おそらく自分の鎧を外すことを覚えたからでしょう。
 
鎧に費やしていたエネルギーが、
 
戻ってくるのですから、
 
一時の調子悪さはなくなり、
 
心地よく日々を過ごす事ができています。
 
何より、エネルギー的な伸びはここにきてどんどん増しています。
 
エネルギーに正確性と密度が出てきます。
 
 
 
「目標を定めて最短距離でそこに進む」
 
というパターンから、
 
「ブループリントのラインに任せて進む」
 
になり、
 
今は、
 
「無限の可能性に向けて全てを委ねる」
 
です。
 
 
 
9月18日15時〜目黒不動尊においてのお話会情報
 

2017年9月 6日 (水)

更年期エネルギーの活用法と40代からの終活

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
18日に目黒不動にて
 
「更年期エネルギーの活用法と40代からの終活」
 
についてお話しさせていただきます。
 
 
 
「更年期」は、女性特有のものだと思われているのですが、
 
男性にもLOH症候群late onset hypogonadism syndrome)
 
というテストステロンが減少する更年期症状があります。
 
40過ぎて原因不明とも思われる心や身体の状態に
 
悩まれている方も少なくないと思います。
 
 
 
 
男女ともに40前後になると、
 
身体や心やエネルギーの状態に変化が現れ始めます。
 
「変化」に対して私たちは 「恐怖」を覚えます。
 
ですから、余裕のある文明国ではアンチエイジングが盛んなのでしょう。
 
「いつまでも若い状態のままでいたい」
 
誰もが思うことです。
 
しかし、私たちも実は生きている自然の一部であり、
 
私たちの身体は、
 
生まれて、成長し、成熟し、枯れて、彼方に旅立つ
 
というサイクルから抜けることはできません。
 
昔に比べて外見は驚くほどに若く見える現代人ですが、
 
身体の機能的には、以前と変わらずに折り返し地点がやってきます。
 
この心と身体、外見が拮抗する状態は、
 
エネルギー的には滞りを起こしますので、
 
様々な視点から自分がいる位置を確認する必要があるように思われます。
 
そして、この確認作業と自分という存在の一生を見つめ直すことは、
 
実は、自分の人生をいかに終えて行くかという終活とも深い関わりがあるのです。
 
 
Th_img_6304
 
 
9月18日15時〜目黒不動尊においてのお話会情報
 
 
 

2017年9月 5日 (火)

エネルギーの体得と伝達 7 YEメソッド

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
こうして、湧き上がってくる感情を
 
ポジティブ、ネガティブに関わらずフリーエネルギー化していくと、
 
自ずと二元論から脱する方向に進みます。
 
その上でYEメソッド3チャクラのワークをしていきます。
 
そうすればこだわりのない(勝ち負け、正誤etc)
 
その場で最適な選択をすることが、
 
無理をすることなく可能になります。
 
これは、自分を押さえつけて自己感情をさらに鎧化させて行く 
 
「通常の社会性」とは、
 
全く違うものだということは 体験された方にはよくお分かりになると思いますが、
 
エネルギーの流通が阻害されることなく 
 
日々、健やかに過ごすことができます。
 
 
 
一つ一つをしっかりと積み上げて行くことが、
 
安全かつ非常に有効なエネルギー習得方法です。
 
3チャクラ以降はどうなって行くかは、こちらをご参照ください。
 
正誤、善悪など こだわりのある方は、
 
まず2チャクラワークでしっかりと自己感情をフリーエネルギー化する必要があります。
 
そうしなければ、残念ながら
 
どこをどうしてもアストラル領域より高い領域に行くことは難しくなります。
 
ここは、非常に大切なところですし、
 
自分でやるしかない部分です。
 
しかし、お金もかからず自分で、すぐにできるので
 
何と平等なシステムなんだろう
 
と思っています。
 
 
 
 
口を酸っぱくして言いますが、
 
自分の中にこだわりがある限り、
 
二元を超えたアストラル以上の高い領域の周波数を獲得することはできません。
 
こだわりは2元から生まれるからです。
 
何かに引っかかるのであれば、
 
できればそのこだわりの部分に入り、
 
それをフリーエネルギー化するとよろしいかと思います。
 
 
 
Th__146
 
 
 

2017年9月 4日 (月)

エネルギーの体得と伝達 6 YEメソッド

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
さて、この中でも特に難しいのが、
 
自己感情の徹見なのです。
 
この部分が先に進むための大きな壁のようです。
 
第1チャクラでの
 
「感情が発生しない段階でただ存在する」
 
ということが現代人にとっていかに難しいかということは、
 
クラスの中での検証されましたが、
 
「ただ存在する」「今ここにいる」
 
には、しっかりと自己感情をエネルギーに変容させる必要があるように感じます。
 
そのためのツールがYEメソッドですが、
 
「感情をエネルギーに変容させる」
 
という部分が抜け落ちてしまう方が多く、
 
どうしても、思考的な完結をお求めになってしまうようです。
 
感情=エネルギー
 
これをしっかりと理解するのが最大のポイントかと。
 
文章的、思考的に解決しなくても、
 
骨盤内のエネルギー変化があれば、OKなのです。
 
YEメソッドでは思考のエネルギーを使うのは3チャクラメソッドからです。
 
 
 
ポジティブな感情でもネガティブな感情でも、
 
・ まずそれを思い出してみる
 
・ 次に登場人物を全部排除してその状態のエネルギーを感じる
 
  (ポジティブネガティブ共に湧いてくることに対して同意してあげる)
 
・ 同意したら自分の中にそれをただ感じる
 
・ エネルギーが変容していくのを許し体感する
 
 
という感じです。
 
さて、YEメソッドのお講座のご要望が多いので、
 
年末にYEメソッドお講座開催します。
 
おそらく12月23(土)24(日)になると思います。
 
詳細は後日。
 
 
Th__153
 
 
 
 
 
 

2017年9月 2日 (土)

エネルギーの体得と伝達 5

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
さて4までの土台の部分が出来上がれば、
 
あとはそこにどのような柱を立てていくかです。
 
これは土台に応じるべく、
 
1 社会でうまく機能できない人は今一度社会の中で仕事をコツコツと続けてみる。
  遠いようでいて早道です。
  理不尽な現代社会や規則正しい生活は、
   他と自分のバウンダリー(境界線)を構築するのにはもってこいです。
 
  現代社会の中で「見えない世界」の情報の多くはアストラル領域です。
  想念の世界であるアストラルレベルでは、
  物質社会でNOと言えない人は人間社会よりさらに曖昧模糊としたアストラルの世界でも
  NOということができず身を滅ぼします。
  また、物質レベルで物事を動かせない人は、
   意図の力も弱く、エネルギーの操縦桿である意図を使うこともできません。
 
2 自己の内面を精査する。
  知りうる限りではYEメソッドをお勧めします。
  これは「正しい」「間違っている」という2元を超えたところまで
   自己感情を精査していく機能があります。
  (年内にはお講座を設けたいと思っています)
 
  何回もお話ししているように、
  自分を二元の中に置いているうちは、
   アストラル領域から脱することはできません。
  なぜなら、顕在意識では自分を正しいと思い込んでいますが、
  潜在意識では常に自分をジャッジし、
   無意識に湧き上がってくる感情を抑え込んでいるからです。
    宗教界での抑圧による問題が絶えないのを見ればよくわかります。
  また、マントラを唱え続けたり、行を続けたりする事も
   感情を麻痺させるための手段に過ぎないことを再度申し上げておきます。
    二元を超えない限り、次の扉は開きません。
 
 
 
3 器としての身体の鍛錬
 
 
  ここが使えるようにならないと、次の積み上げができません。
 
 
 Th__107
 
 
 
 
 

2017年9月 1日 (金)

エネルギーの体得と伝達 4

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
前回の3までの下地がある方にとってネックになるところは、
 
自分が感知なさったものに対して自己容認がなかなか取れないことでしょう。
 
 
 
私の場合を申し上げれば、
 
30歳過ぎるまでは、物質以外の世界や宗教に関連した世界は
 
社会で機能することのできない完全な負け組の行き先だと教育を受けてきたので、
 
(「いた」ではなく「いる」かもしれませんw  今でも思うところは多々あります )
 
ヒーリングトレーニングに入ったこと自体、
 
家族からは「大丈夫か?」と心配され
 
社会的に知名度や学歴、家柄が最優先される傾向のあった当時の人間関係
 
の中に入る時には、それ相応の鎧をまといました。
 
今現在でも当時から続いている関係の方々は、
 
私がエネルギーの世界で仕事をしていることを知らないかもしれません。
 
 
 
ヒーリングトレーニングの入り口に立った時に、
 
『人間のヒューマンエネルギーフィールドの層を読め』
 
というお題に、
 
なぜか全ての層が読め、確認が取れた時にも、
 
「本当ですか?」
 
と、やや斜めな自己評価をしていましたが、
 
この時の教師が、
 
知性があり、あらゆる意味でしっかりとした足腰のある実力のある能力者であり、
 
年月をかけて、その教師のオーラフィールドの中で
 
自分が感知したものに対する確認作業を送ることができたのは幸せなことでした。
 
 
 
こんな背景があるので、
 
今現在「見えない、わからない」と言っている人たちが
 
どの段階で見えない、わからないと言っているのかは、
 
わかります。
 
「わかる」にもレイヤーがあり、
 
自信満々で「わかる」と言っている人も、
 
自信が全くないけれど「わかる」と言っている人も、
 
(前回の3つのことを口を酸っぱくして言われている)クラスの人たちの中では、
 
同じようなところにいるのです。
 
要は、自己容認の厳しさの度合いなのだと思うのです。
 
そのような場合には、
 
エネルギーのレイヤーをしっかり感知できる教師の元で、
 
自分が感知したものに対する確認作業をコツコツとしていくことが、
 
もっとも安全な感知力の育てかただと思います。
 
レイヤーを感知せず、一定の世界だけの感知にとどまれば、
 
思い込みの世界に入ってしまうことは多々ありますから。
 
 
 
また、足繁く通うヒマラヤでは、
 
チベット仏教の様々な宗派の方々にお目にかかり、
 
お世話になり、子どもたちへの支援もさせていただいていますが、
 
毎回思うのは、
 
「何を信じ信仰しているのかではなく、人間的に成熟しているかどうか」
 
が一番大切だということ。
 
宗派ごとの対立が当たり前にあるし、
 
ご自分の信仰しているものが最高だとお思いだし、
 
ヒエラルキーがあるし、
 
でも、私は宗教に関してはその中に入ることには、全く興味がなく、
 
(日本の神社仏閣に関しても全く興味が湧きません)
 
その中に身を置く気にもなれない
 
(パッケージの中に入った途端に、
 
自分のエネルギーの広がりが阻止されてしまうのがわかるから鎧化が進みます)
 
ので、あちらでも宗派やヒエラルキーにとらわれず、
 
人間的にエネルギー的に豊かな人と自然につながっていきますし、
 
あちらのその世界でも、ホンモノは宗派にも拘らずヒエラルキーにも拘りません。
 
だから、日本からやってきた何の背景もない私を
 
快くゴンパに滞在させてくれるのでしょう。
 
ゴンパや宗派がすごいのではなく、
 
その土地のエネルギーが格別だということをご存知なのでしょうから。
 
Th_514759044159305
 
 
 
 
今回のまとめ
 
・ エネルギーを感知するには前回の3つが必要不可欠。
 
・ トレーニングを積むには、
 
  しっかりとした足腰のあるレイヤーを感知できる教師の元で研鑽を積む。
 
・ パッケージ(宗教など)はエネルギー感知と違うベクトルに進む。
 
 
 
 

2017年8月31日 (木)

エネルギーの体得と伝達 3

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
エネルギーの世界に身を置き、
 
様々なエネルギーを体得するのに必要不可欠なこと。
 
 
 
1 社会の中で機能できるだけの足腰がついているか。
 
これに尽きます。
 
物質社会の中で物事を動かせない人が、
 
エネルギーを動かせるはずがないことは冷静に考えれば誰でもわかることです。
 
社会で機能できなくても動かせるエネルギーは
 
想念がエネルギー源のアストラルどまりです。
 
 
 
2 自己感情を常にチェックし続けているかどうか。
 
肉体を持つ限り、感情は湧き上がってきます。
 
「何十年修行を続けましたから」
 
とおっしゃる方は、
 
恐らくは、戒律という鎧の中に感情を押し込めて麻痺した状態なので、
 
すぐに崩れます。
 
 
 
3 麻痺させる方向ではない身体の鍛錬をしている。
 
身体の状態がわからずして、
 
エネルギーの状態が感得できるはずもなく。
 
これも常識的に理解できると思います。
 
 
 
 
今日はまず本当に大事な3つ。
 
「関係あるのですか?」
 
と驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、
 
本当に大事な3項目です。
 
Th__150
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年8月30日 (水)

エネルギーの体得と伝達 8月のエネルギーの学校

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
8月のエネルギーの学校は、とにかくドラムワーク!
 
感情が生まれる以前の状態をたっぷりと味わう時間になりました。
 
1日目は、15分15分を1回。
 
2日目は、40分のワークを3回。
 
ドラムワークに慣れていない私は肩の痛みが続きますw。
 
しかし、いくら場が整っても、
 
その領域を開くことがをしなければ、
 
生のエネルギーはなかなか味わうことができません。
 
ですから、初心者は意外にもすんなり味わうことができます。
 
しかし、人は一度味わえばそれを追ってしまうもの。
 
エネルギーの学校の時間を積み重ねてきた人たちがそこに入るために、
 
一番邪魔になるのが、
 
「結果を出そう」
 
と、無意識に意図してしまうところ。
 
ここを手放すには、
 
「ただ、開くこと」
 
が必要ですが、
 
実はこれはとても勇気のいることです。
 
しかし、「ただ開くこと」がエネルギー体得にはなくてはならないもの。
 
それを阻止するものを見ていかなければなりません。
 
しかしながら、そこそこの状態であっても、
 
終えた後は通常のエネルギーとは格段に違う大地への密着感があります。
 
 
以下の動画は、
 
いらした時に貧血の症状があり、
 
エネルギー体に亀裂が入り、ずれた状態だった参加者の修復。
 
修復してからでないとワークに入ることはできません。
 
修復した後、ヒューマンエンルギーフィールドを
 
沖縄で伝授されたエネルギーで満たしてみました。
 
密度があるエネルギーなのですぐに満タンになります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年8月27日 (日)

エネルギーの体得と伝達

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
エネルギーの学校の入り口クラスが先日行われましたが、
 
いつも、このクラスの最初には必ず、
 
「古代からの叡智の系譜」をご紹介します。
 
そして、今私たちがどの位置に立ち、
 
私たちに流れて来ている智慧の一滴は
 
どこから流れてきているものなのかを確認します。
 
私はこの系譜を眺めるのが大好きなのです。
 
何千年何万年前から目指してきたところは、
 
変わらないことが見えてくるからです。
 
 
 
前世には全く関心のない私ですが、
 
古代から人間が、時には命をかけて守り続けてきた叡智を
 
現代、誰でも手に取ることができるようになったことは感慨深いものです。
 
そして、また反対に
 
こうして「口にするだけでも命の危険があった情報」が開示されても、
 
未だ人間は、もしかするとそんなに「進めてはいないのかもしれない」
 
という事実にも愕然とします。
 
 
人類の利便性に関しての発展は目を見張るものがありますが、
 
古代叡智を通して魂やエネルギーの進歩は遅々たるものです。
 
エネルギーの学校でも、
 
当初は、古代叡智の知識の伝達に時間を割いてきましたが、
 
いつでもどこでもネットを検索すれば目の前に現れてくる情報に関して、
 
今では時間を割くことはほとんどなくなりました。
 
それは教えてもらうものではなく、
 
自ら学習できるだけの足腰が付いてきたということだし、
 
その足腰がなければこの先には進めないからです。
 
 
 
古代の叡智の系譜を見ていると、
 
そこには政治的な関与による智慧の崩壊や、
 
自らを誇示したり守りに入るため、
 
そして団体を維持していくためにそれを利用し、
 
捻じ曲げ、時には潰してきた姿も露わになります。
 
本来、もしかすると物質界の言語では語り尽くすことができないものでありながらも、
 
先に記した(6行前)事のために教義化したものも少なくありません。 
 
 
 
今月の初めに沖縄に行った際に、
 
天の御嶽で差し出されたエネルギーは、
 
私が培ってきたエネルギーを伝達するためのツールでした。
 
帰って早々の触れるチャクラクラスでは、
 
早速、そのツールを使ってエネルギーの伝達が始まりました。
 
そして、定例のクラスでもそれは始まっています。
 
エネルギーの学校が新たなステージに入ったことを肌で感じています。
 
 
 
古代の叡智の系譜を見てみても、
 
エネルギーの世界の伝達はエネルギーでの伝達しかありえないことが、
 
改めて見えてきます。
 
どんなにネットで知識が開示されようとも、
 
エネルギー伝達がない限り、
 
それは机上の空論に過ぎないのです。
 
そして、今後さらにAI化が進み、
 
人間しかできないことを考えざるをえない日が近づいてくる事を考えてみても、
 
この物質界においてのエネルギー伝達の先導だけは、
 
人間の身体が必要なのだと確信します。
 
 
 
さぁ、今日もクラスです。
 
生のエネルギー伝達によって、
 
メンバーがどのように変容していくのかを見ることが、
 
本当に楽しみです。
 
 
Th__040
 
これは現在のアレキサンドリアの大図書館跡の壁。
 
世界中の言語
 
 

2017年8月23日 (水)

9月18日更年期エネルギーと40代からの終活講演会お知らせ

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 

「更年期エネルギーの活用法と
40代からの終活」

9/18 講演会のご案内です。

 

この写真は、触れるチャクラクラスの最終日。
表紙の女性ステキでしょ?
クラス最終日は、
6年前に彼方に旅立った
この温井さんのお誕生日でもあったのです。
(旅立たれた時 奇しくも今の私と同い年でした)
仕事柄、旅立つまでお付き合いする事が多いのですが、
温井さんが旅立たれた時は、
「もっと何かできたのではないか」
「食い止める事が出来なかった無力感」
など様々な後悔が残り、
その想いを「箱の中」にしまい続けてきました。

 

私の左にいる匂(サギ)ちゃんは、
今年になり、
偶然にセッションに来てくれて、
今回のクラスにもご参加下さったのですが、
(後になってわかったのですが、
またまた偶然にも理紗子がインターンをした時の上司でもありました)
彼女の後ろに温井さんを感じ
「温井さんてご存知?」と伺うと
「上司でした」
との事。
はじめて温井さんの想い出を共有する事が出来たのです。
(この偶然ミラクルですよね

 

クラス初日、
この「グラッツィア温井さん特別号」
をお持ちくださいました。
(温井さんグラッツィアの編集長でした)
読ませて頂くと、
6年間箱の中に押し込めていた想いが溢れ出しました。
ラベンダーが苦手だった事。
永ちゃんがお好きだった事。
トレンチコートを誰よりも颯爽と着こなされていた事。
病室に箱買いした人参を持ち込みジュースを作っていらした事。
そして、6年目にして
初めて 泣く事ができました。

 

6年の間に
私は父をはじめとして
多くの死に立ち会い、
そして、
ヒマラヤでは死の教えを学んできました。

 

「もしも、6年前に今の私の経験があったなら
もう少し違う送り方ができたのではないか」
そう思っている私に、
温井さんは
「その事を多くの方にお伝えして」
そう仰っている気がします。

 

匂ちゃんが
大切にしていた温井さんの形見。
温井さんが生前パリのCHANELでオーダーして一回も手を通す事がなかったドレスを
持って来てくださいました。
9月18日に行われる講演会
「更年期エネルギーの活用法と40代からの終活」(2枚目の写真をご参照ください)
では、このドレスを着て
温井さんに伝えたかった
「ステキな人生の終い方」
についてお話し出来たらと思っています。

 

お時間ある方は、
是非、足をお運びいただければと思います。
当日は目黒不動尊の観音様の縁日。
境内をご案内して頂き、護摩祈願もあります。
また、刀禅の小用先生に許可を頂き、
更年期以降のケアにも有効と思われる、
舞扇のご紹介もさせて頂きたいと思っています。
短い時間ではありますが、
沢山のことをお伝えできたらと思っています。

 

お申し込みは
pinkyarrow@ezweb.ne.jp
090-1267-6745(紺野)
まで。

#終活 #更年期

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、花
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル

2017年8月21日 (月)

医療従事者クラス2回目

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 

医療従事者クラス2回目。
いらっしゃる方の背景も経験も様々なので、
最初に全員のニーズを伺い、
それをカヴァーしていきます。
また、クラス中に起こるエゴの駆け引きも、
その場でチェックしていきます。
とにかく、専門家集団なので、
西洋医学では素人のわたくしがやる事は、
エネルギーでは何が起きているのかをお伝えし、
修正方法をご提案していきます。

今回は、
・エネルギーの概念(階層と周波数)
・エネルギーが繋がる感覚(実習)
・瞑想時、日常、仕事のエネルギーのきりかえ
・「ここにいる」とは
・サイコパスへの対処法
・体操をして起こる変化のエネルギーレベル
・変化するクライアントのエネルギーを
どう扱うか
・心理療法でエネルギー的に起きている事をデモ
(実際に前に出てやって貰って読み解く)
・漠然とした恐怖心
をどの様に読み解き解除するかデモ
・仕事場で起きているエネルギー変化を
読み解き、修復するデモ(動画)

次回は、12月9日12:00〜17:00

動画は、
仕事を終えてもエネルギーを引きずり
調子が悪い場合の状態を
どの様に修復するかのデモ。 

 

 

 動画Facebook

 

2017年8月16日 (水)

触れるチャクラクラス 内容

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
触れるチャクラクラス終了しました。
 
動画チームがクラスの記録を残してくれているので、
 
Facebookのリンク貼りますね。
 
触れるチャクラクラス1日目終了。
今回は
アシスタントがいてくれるから助かります!
毎回、参加者の興味のある所が違うから
エネルギーを見ながら
臨機応変に内容を変えていますが
今日は、
造り手による精油のエネルギーの違い
が入りました。
ネイチャースピリットやデーヴァのエネルギーを感じていただけたでしょうか?
明日はどんなトピックが入るのか楽しみです
 
 
 
 
2日目
今日は、
「自分て、こういう人」
という自己認識も好き嫌いも苦手意識も
幻想に過ぎないということを
しっかりとエネルギーで感知していただきました。
これを知っていると人生に無駄がなくなると思います(^^)
ヒマラヤで作ったオイルをふんだんに使った
エネルギーフィールド修復オイルも
試していだだきました(^^)
今日も楽しかったです
 
 
 
触れるチャクラ3日目
私のクラスは全て上の計画。
今日から本格的なチャクラに入るのだけど、
物凄く深い深い周波数体感に5時間が費やされました。
ここまで深いチャクラの世界を感じることが出来た人は本当に本当にシアワセ❤️
素晴らしい上のお計らいでしたね(^^)
1チャクラはネイティヴアメリカンのドラムで。
2チャクラはジャックジャスミンハイドロゾルから入り、溶剤抽出ジャスミン、CO2抽出ジャスミン、そしてジャック20年物ジャスミンアターヴィンテージです
終了時には、エクスタシーの海に皆が漂いました💐
これだからクラスをやめられない!!!
 
 
 
触れるチャクラクラスも4日目
今日は1日実技。
皆さまお疲れになったでしょうね(^^)
オーラフィールドの亀裂の修復
身体の触れ方
セルフケア
チャクラの触り方
の実習。
一人一人にフラワーエッセンスを選び
パワフルなヘリクリサムを試し、
エルメスのパフュームに入れ込んだ
フェロモンの香りを嗅ぎ別け、
盛りだくさんでした
明日は最終日
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「触れるチャクラ」クラス最終日。
クラス後、沖縄でご一緒した次世代くんたちが遊びに来てくれたので、寂しさが紛れましたが、
5日間と思えないくらい、充実し、別れ難くなってしまう時間でした。

最終日は、ヒーリングチャクラ7を使ってヒーリングフルセッションの実習。
アストラルの付属物の除去。
を中心に行いました。

何と言っても今回のクラスでの、
周波数のエネルギー伝達は素晴らしく、
最終日は、6.7チャクラの周波数伝達。
ヒマラヤでお世話になったメンダレワとイシソギャルがチカラを貸してくれました。
「そんな事ってあるの?」
と思われるでしょうけれど、
あるのです(^^)
私の手から流れるそのエネルギーに触れると、
瞬く間に開かれたメンバーのエネルギーフィールドに溢れ、
部屋がその周波数で満たされ、
全員が一体となって
その周波数に乗っていく様子は圧巻でした

 

 

 

2017年8月 9日 (水)

2017/8 沖縄五穀豊穣ご神事

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
暑さと頭痛に苦しむ毎年の沖縄ご神事ですが、
 
今回は次世代をお連れすることもあり、
 
「アストラル」や「暑さ」に対しての抵抗をヤメます!
 
と機上で誓っての沖縄入りです。
 
若者たちは宿を決めずに沖縄入りするとのことなので、
 
上からのご指示で一件借りることに。
 
ワタクシ、全てとにかくご指示に従います。
 
しかし、通常のワタクシの就寝時間は明日になる前。
 
初日から帰る日までアストラル優勢な時間をはるかに超えて朝日を迎える時間まで、
 
起きていたものですから時差ボケです。
 
海外に出ても時差ボケにならないのですが、若者時間には時差ボケになります。
 
 
翌日は、師匠のところにご挨拶。
 
いつものように美味しい沖縄料理をご馳走になり、
 
師匠のお話を伺っていると、
 
下からこみ上げてくる力が・・・
 
通常はアストラル界のエネルギーは個人的に無視するのですが、
 
(師匠のところのエネルギーは無視すると頭痛になるほどの圧倒的な力です)
 
今回は抵抗しないと決めてきているので、
 
とりあえず話を聞きます。
 
黙って身動きせず、現実界ではここまで何一つ動きはないはずなのですが、
 
いち早く大善さん(先生のご長男)が気づかれ、
 
「何か起きてますね」
 
とお声をかけてくださるので、
 
「ちょっと失礼します」
 
と席を立って、祭壇の前に行って話を聞くと、
 
「天の御嶽に上がれ」
 
との事。
 
天の御嶽は、通常は一人であげてもらえないし、
 
入り口からだんだんとエネルギーが強くなっていくので、
 
一人で奥まで行かれる人も少ないとの事ですが、
 
(全く感知しない人は別との事)
 
師匠から「行ってらっしゃい」と許可をいただいたので、
 
一人で上がらせていただきました。
 
香炉の前で座っていると、
 
金緑青白など様々な光で輝く大きな龍を従えた人物が現れます。
 
エネルギーの使い方と言葉をいただき下に降りると、 
 
師匠から
 
「もう一人で上がれるようになりましたね」
 
とお言葉をいただきました。
 
帰りには次世代君たちを御嶽にご案内させていただきました。
 
一箇所づつエネルギーを味わってもらいながら進みます。
 
上に選ばれたメンバーです。
 
その感知力は素晴らしい。
 
 
Th_img_5972
 
 
私は、とにかく今まで
 
「沖縄ではエネルギーを開かず師匠の傘の下に入っていること」
 
と決めていたのですが
 
今回少々傘から外に出ることになりました。
 
新たなエネルギーとの交流は広大な流れを生み、
 
一日中でも遊んでいられるくらい。
 
 
 
師匠に「次世代君たちは今回どこに行けば良いでしょう?」
 
と伺うと「今帰仁城跡はどう?」
 
と言っていただきました。
 
そこにある御嶽に行ってらっしゃいとの事。
 
いつもは昼過ぎまで起きてこない次世代君達ですが、
 
その日は8時半には起きてテキパキと今帰仁に向かいます。  
 
 
 
 
次世代メンバーは、
 
まず、本山先生の講演会のお手伝いでご一緒した
 
竹倉さん(人類学者・)とみほちゃん(竹倉さんの大学院の後輩)。
 
このお二人とは、4回お目にかかったことがある程度。
 
そして、竹倉さんの生徒さんである池上さん(カメラを専攻した芸術家でありながら医師を目指す)
 
は初めてお目にかかる22歳。
 
刀禅の先輩高無さん(武術家)がそこに加わりました。
 
「竹倉さんと高無さんは絶対に合うと思う」
 
というワタクシの予想どおり、
 
素晴らしい相性でした。
 
全てのメンバーが非常に知的なところからエゲツないところまでカヴァーできる素地を持ち、
 
かつ、ハーモニーを肌で感じ取れるのです。
 
上の指示に間違いはありません。
 
とにかく何を振っても面白いように話が進みました。
 
ご本人たちもお互いに「会いたかった人に巡り会えた」との事。
 
よかったです。
 
 
 
 
今帰仁につくと、
 
上から「ガイドを頼むように」
 
との指示。
 
どのガイドかしら?
 
と思っているとニコニコと近づいてくる方がいらっしゃるので、
 
お願いしてみます。
 
城跡を案内してくださいますが、
 
当初は、本当に観光案内。
 
上からは要所要所で、次世代君たちに指示出しがあります。
 
途中、高無さんがいつの間にか、
 
「ムヌシリの師匠のご指示でクバ御嶽に来た」旨を伝えてくださり、
 
それを聞いた途端にガイドさんのエネルギーが観光案内モードからガラッと変わり、
 
「そういう方の指示ならばご案内します」
 
と、 この後山中の御嶽にご案内くださるとの事。
 
高無さんの謙虚でありながらも人の懐にスッと入る才能には大変助けられました。
 
山中の御嶽に、
 
一歩足を踏み入れた途端、
 
人間の世界ではないエネルギーに満ちているのがわかります。
 
山道を登り、御嶽の前でサンダルが壊れここで止まるように言われますが、
 
サンダルを壊さなくても分かったかも。。。
 
とちょっと思いますが、 
 
「ありがとうございます」
 
とお礼申し上げます。
 
次世代君たちへの言葉があり、目が開かれ、
 
深い時を過ごしました。
 
Th_img_6033
 
 
ご案内くださったガイドさんからマンゴ作りの名人もご紹介いただき、
 
名人にはお土産にたくさんのマンゴをいただきました。
 
 
Th_img_6047
 
 
その後、指示に従い再誕の入江にて
 
それぞれが本性に近い部分を垣間見て、
 
それぞれが授かる準備ができているものを授かり、
 
アストラルの存在に
 
「そろそろ退去」
 
と声をかけられるまで子宮である海の中に浸りました。
 
Th_img_6149
 
 
 
 
翌日は、ご神事。
 
高久さんご一家も合流し、
 
大勢で山の上の御嶽まで上がらせていただき、
 
長い間紡がれ、
 
また師匠によってその色合いが増したご神事を拝見することができました。
 
Th_img_6121
 
これはチーム刀禅。
 
 
Th_img_6089
 
大勢だったので、
 
ワタクシが進行役を務めさせていただき、
 
皆が先生に質問したいと頭の中で問うているであろう質問を伺いました。
 
ユタとノロって?
 
先生の役職は?
 
先生の下の御嶽の説明、上の御嶽の説明
 
先生がどのようにご神事に携わるようになったか
 
などなど。
 
 
 
そして、一番大切なことを伺うことができました。
 
「見えるからといって、それに流されず封印すること」
 
「内面を整えうちに始めないこと」 との事です。
 
いくら見えても聞こえても内面に応じたものしか見えないのです。
 
そして、上からどうしてもそのお役目を仰せつかった時のみ
 
開く事。
 
Th_img_6127
 
これは、私がエネルギーを感知させていくプロセスと合致します。
 
・この世に生きる同意
 
・自分の内面の徹見
 
・俯瞰
 
・偽善ではなく自然に他のために生きる
 
シャーマニックな世界にいらっしゃる師匠なので
 
そのアストラル的エネルギーに合致させることを
 
別世界のものとして、私の感知の仕方とは別物として認識していなかったのですが、 
 
今回、このお話伺えて本当に良かったです。
 
 
 
そして今回は特別な感動がありました。
 
「糸満の武人の神を祀った金萬御嶽(カニムンウタキ)に参拝し、
 
神前演武として掛け拳練功を・・・
 
その拝所は唐手を同地に持ってきた武の先人を神として祀っているところだそうです」
 
(高無さんの説明)
 
武富は元は竹富だったそうですが、先のような理由により武富になったそうです。
 
お二人が手を合わされると風が変わり、
 
御嶽が更に揺るぎなくピンと張った心地よいエネルギーに変化しました。
 
見ていると時空を超えた何かに包まれているようで胸が熱くなりました。
 
Th_img_6164
 
 
Th_img_6120
 
 
もう一人の師匠である小用先生をお招きする道が美しく整えられたような気がいたします。
 
 
Th_img_6125 
 
 
 
 
そしてその後、あまりの暑さに一旦引き上げ最後の晩餐。
 
 
Th_img_6141
 
 
ついつい話が楽しすぎて綱引きには間に合わなかったのですが、
 
いつもは深夜すぎて参加せずに帰ってしまっていた
 
沖縄相撲を見ることができました。
 
 
Th_img_6142
 
沖縄相撲の解説を高無さんにしていただいたせいもあり、
 
これが意外にも楽しかったのです。
 
私は目が悪いので、
 
対戦を待つ方々のエネルギーを見ていると、これもとっても面白いのです。
 
強そうにしていても、
 
さらに強い相手に当たりそうになると、
 
内面の弱さが出てきて、足が浮いてきてしまったり・・・
 
やはり「強さ」という鎧の下には優しく柔らかいものがあるのですね。
 
暗いのでエネルギーが尚更よく見えます。
 
 
 
 
一週間弱の旅でしたが、楽しい時間はあっという間に時は過ぎ、
 
次世代君たちは自分の子どものように可愛く、
 
手塩にかけて育ててきたクラスのメンバーは、
 
私が手をかけなくても自分たちで自立して行動できるようになり、
 
今回の旅は、私の中でも大きな節目になったような気がいたします。
 
 
 
私は、沖縄の師匠に手を引いてもらってここまできました。
 
そして期せずして、今回次世代君たちをお招きし、
 
本物のエネルギーを肌で味わっていただきました。
 
「本物を継承していくこと」
 
師匠に手を引いてもらったように、
 
私も次の担い手を引っ張っていかれるよう精進してまいります。
 
 
 

業務連絡

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
業務連絡
 
PCのメールがなぜだかストップしています。
 
旅から戻るとしばしばこうなりますが、
 
もしも、私にメールを出しても返事が来ていない方は、
 
Facebookのメッセージ経由か、
 
このブログのコメント欄からご連絡いただけますか?
 
また、11日からのクラスに関しても、
 
場所などの詳細が送られていない方は、
 
ご連絡ください。
 
ご迷惑おかけします。
山本ユキ
 
 
 
 
 
 

2017年8月 4日 (金)

沖縄です

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
沖縄の師匠に「私は貴方の手を引いていきます」と言っていただいたのが2014年。 まだ3年しか経っていないとは思えないほど、 それからの 私の人生は変化しています。

「あの時ふと浮かんだ思いに突き動かされなかったら」
という出来事によって、
通常ならばめぐり合うはずもない
師匠との関係は始まりました。
私はそれ以降、
「ふと思い浮かぶ」
という感覚をとても大切に生きています。

そして今回、
ふと思い浮かんだ次世代を師匠のもとに
お連れしました。

「本物」
を継承する事の大切さ。
師匠に手を引いてもらったように、
私も次の担い手の手を引いていく事が出来るよう、
師匠の御嶽に上り、
思いを新たにした1日でした。

 

 
 
 
 
 
 
エネルギーの世界の入り口、
地に足ついた形でチャクラやご自分のエネルギー体を知り感知し、
ヒーリングチャクラ7を使って
自分や他者へのヒーリングが可能になる触れるチャクラクラス
8月11日〜15日に開催します。
 
 
人数に制限がありますので、
お早めにお申し込みください。 
Img_5991


2017年7月30日 (日)

奇跡的治癒とは何か 解説

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
上の言葉だけだと、説明が必要になってくると思うから。
 
今日は解説。
 
 
 
 
奇跡的治癒に絶対に必要なものがある。
 
それは、
 
「委ねきれるかどうか」
 
ということだ。
 
その症状が軽いか重いかではなく、
 
人徳があるかないかでもなく、
 
年齢でも性別でもなく、
 
ただ、委ねきれるかどうか。
 
これにかかっている。
 
 
 
これは、お心当たりもあろうかと思いますが、
 
道徳的な正しさと症状の軽減は比例しないという事実。
 
まず、一つ目は、
 
自己感情を道徳的な正しさで押さえつけている場合、
 
そこに抑圧を生み、エネルギーの流れが滞りますので、
 
流れが蘇った施術後、再度、そこ(その方の道徳的な住まい)
 
に戻れば流れは再び滞り始めます。
 
抑圧があれば、 もちろん「委ねる」こともできません。
 
これは、ものすごく反感を買うかもしれませんが、
 
エネルギーの流れを見ると、
 
道徳的な正しさも含めて「こだわり」がある場合、
 
どうしようもなく滞らせていることが良くあります。
 
要は、善悪から脱しないと全ての滞りは解消されません。
 
YEメソッドをお勧めします)
 
 
 
 
 
また、「委ねる」に関しても、
 
どのレイヤーで委ねられているかが問題になります。
 
顕在意識のレベルでの「委ねる」は、
 
それほど難しいことではないでしょう。
 
しかし、潜在意識、無意識下となると「委ねる」ことに同意できるかどうかは、
 
難しくなります。
 
ヒーリングをする際に、様々な層を見ていくと、
 
お具合の悪い方は全ての層の情報が一定の方向に同意していることは、
 
ほとんどありません。
 
どこかの層が滞っているのです。
 
また、そのレイヤーには魂の都合も加味されてきます。
 
(この話は、さらに難しい)
 
その上(個を超えた)の状態に乗ってしまう場合には、
 
奇跡的なことが起こります。
 
 
 
 
ヒーリングでは、様々な層のエネルギーの滞りを解除した状態にするのですが、
 
(今の時点で上の同意が得られる範囲)
 
戻ってしまう要因には、
 
以上のような項目が考えられます。
 
 
 
 
委ねきれるならば、
 
その身体を器として使う準備が整う。
 
そしてその器の中に無尽蔵なエネルギーが行き交うのだ。
 
その流れは、臓器、組織、細胞、エーテル体、感情体、知性体、アストラル体、メンタル体etc
 
全ての層にあり、
 
その流れのハーモニーをまとめる指揮者となるのが「愛」なのだ。
 
その旋律の美しさは例えようもない。
 
 
 
これは対象のある「愛」ではなく、
 
「無対象の愛」であることは申し上げておくべきことです。
 
そこまでの場を作れる状態を選択できるか否かは
 
大きな課題です。
 
 
 
この旋律を獲得できた方は、
 
エネルギーが音色のように広がり、
 
様々なエネルギーとのリズムの交流の至福を味わうことができるでしょう。
 
人であっても自然であっても、惑星であっても、光であっても。
 
 
 
 
上は、さらりと説明してくれますが、
 
その言葉の間にある上の意図を読み解くと、
 
本当に高度なものなのです。
 
だから、普段は原文のまま載せませんが、
 
今回は、美しいエネルギーを味わっていただきたく、
 
お伝えしました。
 
 
 
 
 
 
 
エネルギーの世界の入り口、
地に足ついた形でチャクラやご自分のエネルギー体を知り感知し、
ヒーリングチャクラ7を使って
自分や他者へのヒーリングが可能になる触れるチャクラクラス
8月11日〜15日に開催します。
 
 
人数に制限がありますので、
お早めにお申し込みください。 

2017年7月28日 (金)

奇跡的治癒とは何か

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
奇跡的治癒に絶対に必要なものがある。
 
それは、
 
「委ねきれるかどうか」
 
ということだ。
 
その症状が軽いか重いかではなく、
 
人徳があるかないかでもなく、
 
年齢でも性別でもなく、
 
ただ、委ねきれるかどうか。
 
これにかかっている。
 
 
 
委ねきれるならば、
 
その身体を器として使う準備が整う。
 
そしてその器の中に無尽蔵なエネルギーが行き交うのだ。
 
その流れは、臓器、組織、細胞、エーテル体、感情体、知性体、アストラル体、メンタル体etc
 
全ての層にあり、
 
その流れのハーモニーをまとめる指揮者となるのが「愛」なのだ。
 
その旋律の美しさは例えようもない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エネルギーの世界の入り口、
地に足ついた形でチャクラやご自分のエネルギー体を知り感知し、
ヒーリングチャクラ7を使って
自分や他者へのヒーリングが可能になる触れるチャクラクラス
8月11日〜15日に開催します。
 
 
人数に制限がありますので、
お早めにお申し込みください。 
 

2017年7月26日 (水)

YEメソッド その28 第4チャクラ

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
YEメソッドは、自己感情の処理から始まり、
 
感情改革は、その後どこまで続くのだろうかと私も楽しみにしているのですが、
 
ここのところのクラスで、新たな展開が生まれ、
 
第4チャクラ以降とお話しした世界に突入した模様です。
 
第1チャクラは、この世で生きることへの同意
 
第2チャクラは、自己感情をフリーエネルギー化する
 
第3チャクラは、対外的な環境においての自己プロデュース
 
でしたが、
 
ここまでの習得でも十分にこの世を渡って行かれます。
 
しかしながら、
 
私たちの奥底にある何かは、
 
うごめき始めるのです。
 
憧憬」に向かって。
 
そして、第4チャクラへと入っていくのですが、
 
ここで、3チャクラまでの習得がどの程度のものなのかによって、
 
アストラルラインとヴィンテージライン
http://nefer.cocolog-nifty.com/isis/cat24064909/index.html
http://nefer.cocolog-nifty.com/isis/2017/04/post-a2c3.html
 
の二手に分かれていきます。
 
アストラルラインは、「自分の欲望のための世界」
 
ヴィンテージラインは、
 
「器としての自分を確立していくための世界」
 
です。
 
ヴィンテージラインに進めば、
 
上からの関与が入ってきます。
 
そして、その関与を得たものは、
 
それを自分の為だけでなく周りに還元していく事ができるかどうかを問われます。
 
そんな事が可能なのか?
 
偽善者っぽくないのか?
 
と思われる方もいらっしゃるでしょう。
 
私もそう思っていました。
 
しかし、 YEメソッドをしっかりやっていれば、
 
ワタクシのような腹黒い人間ですら、
 
自己感情を撒き散らす事なく
 
フリーエネルギーに変えてふさわしい判断をする事ができるのが、
 
YEメソッドです。
 
ですから、偽善ではなく当たり前にその方向に流れていくのです。
 
上からの関与があるにもかかわらず、
 
それが可能になっていな場合には、
 
感情が湧いてきた際、
 
是非3チャクラまでのYEメソッドに戻ってみることをお勧めします。
 
そして、期せずして周りへと奉仕が行われるようになると、
 
ハートが健やかに開き、
 
エネルギーが無尽蔵に溢れてくる。
 
これを「ハートが開く
 
と、言います。
 
「ハートは、対象に対して自ら開くのではなく」
 
「奉仕することによって自然に開き無尽蔵なエネルギーで溢れるほどに満たされる」
 
ものなのです。
 
(初期の恋愛もこれに近いものがありますが、
 
自己感情の処理がなされていないので燃え尽きる)
 
この「無尽蔵なエネルギー」こそが、
 
上の関与しているエネルギーであり、
 
それを流すハートを顕現する事が、
 
「上の導管」となる事であり、
 
無尽蔵なエネルギーの海の中で泳いでいる!
 
と自覚できる第一歩なのです。
 
2チャクラでフリーエネルギー化されたエネルギーは、
 
3チャクラの門を通り、
 
さらに4チャクラで純化された無尽蔵なエネルギーへと変容し、
 
5チャクラの門を通ります。
 
この2と4のエネルギーの質の違いは、
 
体験する以外にありません。
 
しかし、体験するならば誰にでもすぐに違いがわかるでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エネルギーの世界の入り口、
地に足ついた形でチャクラやご自分のエネルギー体を知り感知し、
ヒーリングチャクラ7を使って
自分や他者へのヒーリングが可能になる触れるチャクラクラス
8月11日〜15日に開催します。
 
 
人数に制限がありますので、
お早めにお申し込みください。 
 
 

2017年7月21日 (金)

アストラルの世界を甘く考えない 5 アストラルの全体像とその上の界

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
たかがアストラルされどアストラル。
 
と始まったアストラル特集ですが、
 
想念で動く現代社会において、
 
この見えない世界の面白い話はいくらでも出てきます。
 
なぜなら、
 
良い人がいて悪い人がいて、中間の人のレイヤーがあり、
 
いろんな思想があり、土地柄があり、
 
宗教がありというこの世のレイヤーと同じ、いやそれ以上に、
 
アストラルの世界も様々なレイヤーがあるからです。
 
私の体験した一番エキサイティングなアストラルの世界は、
 
 
 
 
 
「あぁ、その世界ね」
 
と片付けられないほど広範囲な世界なのです。
 
そして、この世界の全体像を知るには、
 
その上の界にまで上がらないと難しく思います。
 
肉体、エーテル体はもちろん。
 
ある世界を知るには、
 
その外側に出なければ全体像を知ることはできません。
 
そして、この様々な「界」を自由自在に渡り歩くには、
 
柔軟さがとても重要な要素です。
 
こだわっていれば、善悪の領域である
 
一元性に至る「界」をうかがい知ることはできません。
 
 
 
 
何があっているか間違っているかではなく、
 
どこを選択するのがふさわしいのか。
 
ということが最も大切な要素です。
 
たかがアストラルされどアストラル。
 
この領域で苦しまれている方はたくさんいらっしゃいます。
 
目の前で傷口から血を流している人を見れば、
 
周波数の高いエネルギーを放射するよりもまず止血する選択が必要なように、
 
エーテル体、アストラル体レベルに問題の根源がある場合には、
 
その部分から始めていくことが最良の選択の場合もあります。
 
幼稚園生相手に大学レベルの数式が不必要なように、
 
いくら自分が高い周波数の世界を知っているからと言って、
 
それが相手にとって最良かどうかはわかりません。
 
目の前の相手にとって何が必要なのか選択し、
 
相手の理解できるところから手を取って共に歩んでいくことこそが、
 
私たちが肉体を持って生まれた大きな意味の一つだと思うのです。
 
おそらく「上」の存在達は私達をそうして導いてくれているのだと思います。
 
 
 
私自身、濃厚なアストラル領域は苦手な周波数です。
 
しかし、ヒーリングさせていただく際に、
 
この領域での仕事は必要不可欠なのです。
 
それほどまでに現代人は想念の中で生きていると言って良いでしょう。
 
 
 
 
そして、自分でも善悪にこだわりがあるのであれば、
 
これ以上の「界」に参入する招待は受けられないでしょう。
 
アストラルの世界は、 
 
アストラルラインとヴィンテージラインの分かれ道でもあるのです。
 
目の前にある全ての要素が自分の中にも存在することの同意がなされた時に、
 
それは起こるでしょう。
 
 
 
 
 
エネルギーの世界の入り口、
地に足ついた形でチャクラやご自分のエネルギー体を知り感知し、
ヒーリングチャクラ7を使って
自分や他者へのヒーリングが可能になる触れるチャクラクラス
8月11日〜15日に開催します。
 
 
人数に制限がありますので、
お早めにお申し込みください。 
 
 

2017年7月20日 (木)

アストラルの世界を甘く考えない 4 アストラルの処理 中上級 7月のエネルギーの学校

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
さて、アストラルの処理の中級編では、
 
世界中様々な技法があります。
 
ベロボディアの輪やダスカロスの本の中にも登場し、
 
圧倒的にシャーマニックな香りがします。
 
 
 
 
沖縄の師匠は、その圧倒的なパワーで処理をなさっているようです。
 
小さい頃から
 
龍や亡くなった人が見えることが当たり前だった生活だったとのこと。
 
先生のお母様も同じような資質を持たれていたそうです。
 
代々紡がれてきた土地の濃厚なアストラルのパワーが、
 
さらに血を選び流れ続けてきたのでしょう。
 
沖縄はアストラルが濃厚な土地で、
 
私は毎回その濃密さに具合が悪くなりますが、
 
近代化された日本において
 
アストラルのエネルギーが濃厚な数少ない場所の一つでしょう。
 
とにかくアストラルの存在のパワーもものすごく、
 
それは陰陽共にですが、
 
呪術が有効なエネルギー場です。
 
 
 
未だ共にブラックマジックが有効なバリ島で、
 
ブラックマジックにかけられて具合が悪くなり、
 
私のところにセッションにいらした女性に、
 
ちょうど先生から送られてきた沖縄の神様にお供えしたおさがりのお肉を
 
召し上がっていただいた時の光景は忘れられません。
 
本当に、リトマス試験紙のようにかけられたブラックマジックが変容していくのを
 
目の当たりにすることができました。
 
ブラックマジックの解除は通常は、
 
かけた本人が解除しない限り無理ですが、
 
圧倒的なアストラルのパワーを持つシャーマンのみ、
 
それが有効なのでしょう。
 
ですから、私のところにブラックマジック解除にはいらっしゃらないで下さいw。
 
念の入った生き霊は土地で紡がれたエネルギーを扱えるシャーマンが必要です。
 
 
 
 
 
 
 
私は、アストラルのヒーリングを始めた時から、
 
なぜだか横にアストラル処理班が存在し、
 
それを処理してくれるという恩恵がありました。
 
今世でも関係性を紡ぎ続け、
 
相当パワフルな処理ができるようになりました。
 
しかし、これは意識的に作ったものではないので、
 
他の方にお教えすることはできませんでした。
 
だから、お教えするときには先に記したように、
 
しっかりと大地に返すという手法をお伝えし、
 
なくなるかどうかフィードバックをするしかありませんでした。
 
これは相当集中力とエネルギー的な体力が必要なので、
 
全員が出来ているわけではありませんでした。
 
 
 
ところが、
 
エネルギーの学校の7月クラスで行った図像学の読み取りの際、
 
メンバーの読み取りが一段階上がっていることにより、
 
上からアストラル処理班がそれぞれに与えられるという
 
期せずしての許可があり、 
 
秘儀参入が起きたのです。
 
(あえて「起きた」という言葉を使わせてください)
 
詳しくはお話しすることができませんが、
 
アストラルの領域からは、上との関与が濃厚になるので、
 
人間側がいくらお願いしても叶わない世界です。
 
そして「道」を歩むことの同意なしには、
 
与えられません。
 
これは、体験した人ではないとわかりませんが、
 
部屋の中が圧倒的に濃厚なアストラルの空間が煙のように立ち上り、
 
不思議なエネルギー空間が構築され、
 
時空の変化が起こり、
 
崇高な時間の流れの中にすっぽりと包み込まれました。
 
本当に誰一人(もちろん私も)1ミリも予想していなかったので、
 
そこが現実の世界なのかわからなかった人もいるでしょう。
 
少々ショック状態で、着ていたものを置いていってしまう人や、
 
帰り道がわからなくなってしまう人まで出ました。
 
エネルギーの学校が出来て9年目。
 
途中からは全て上の設計図によるクラス構成になりました。
 
コツコツと通い続けてくれるメンバー達だからこそ与えられたものでしょう。
 
 
 
しかし、道具を与えられても関係性を強化していくには、
 
自分の想念に泳がされず、
 
ブレない自分が要求されますので、
 
日々内省と関係性を紡ぎ続けていかなければなりません。
 
それが魔法の剣になるか、気のせいで終わるかは、
 
それぞれが日々どれだけ道具に磨きをかけられるかによって変化します。
 
そして、自分のアストラル付属物の処理をすることもできません。
 
「道」を歩むものは、
 
自らの内面の変容によってのみそれに対処せねばなりません。
 
 
 
こうしてアストラル処理の中級以上は、
 
なかなか難しい領域になります。
 
内面の成長が伴わなければ与えられない領域のようです。
 
 
 
そのためにも、
 
肉体の鍛錬、自己の内面の徹見、周波数の獲得という3点セットは、
 
エネルギーの世界には必要不可欠のものです。
 
軽々しくアストラルを扱うと自らが滅びます。
 
 
 
7月のエネルギーの学校
 
舞扇
研究課題3発表
図像学
歴史、読み取り方
グループワーク
パスワーク
1チャクラの瞑想
秘儀参入儀式
 
 
 
エネルギーの世界の入り口、
地に足ついた形でチャクラやご自分のエネルギー体を知り感知し、
ヒーリングチャクラ7を使って
自分や他者へのヒーリングが可能になる触れるチャクラクラス
8月11日〜15日に開催します。
 
 
人数に制限がありますので、
お早めにお申し込みください。 
 
 

2017年7月19日 (水)

アストラルの世界を甘く考えない 3 アストラルの処理 初級

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
日本では、
 
「類は友を呼ぶ」
 
という諺がありますが、
 
アストラルの世界では、物質世界よりもそれが顕著です。
 
物質世界では、表情や言葉、仕草などで自己感情を装うことができますが、
 
アストラル界ではそれができませんので、
 
思いがそのままエネルギーとして顕れます。
 
そして、アストラル界の住人はそこに顕れているエネルギーによって、
 
自分に似たものを見分けるからです。
 
ですから、ご自分の想念に気をつけなければなりません。
 
ネガティブな傾向があればネガティブなものが寄ってきますし、
 
強がっていれば強がっているものが寄ってきます。
 
本物のマリア様を見るのであればマリア様のよう、
 
本物のブッダを見るのであればブッダのようでなければなりません。
 
ニューエイジ好きの多くの方は、
 
見えない存在をチャネリングする人を無条件に信じる傾向にありますが、 
 
もしも、そのチャネリングする存在が本物であるならば、
 
チャネラー自身が装う事なくそれと同じようなエネルギーを持っているはずです。
 
 
 
 
前回お話したように、
 
精神的にお辛い状態の方の多くは、
 
ヒューマンエンルギーフィールドに亀裂があり、
 
そこからその方の想念に類似したアストラルの存在が入り、
 
ご自分の「想念」以上のものを背負っていることは多く見られます。
 
この場合、ヒューマンエネルギーフィールドの亀裂を修復し、
 
アストラルの付属物を除去すると、
 
瞬く間に状態が変わります。
 
そして、この際にも、
 
しっかりと除去したものを処理することが必要なのは
 
お分かりいただけると思いますし、
 
施術する側の状態によっては、
 
施術する側にそのアストラルの付属物が引き寄せられることもあります。
 
ですから、先のブログにも書いたように、
 
手軽に処理することは危険です。
 
ご自分ならまだしも、
 
部屋に残ったアストラル付属物が
 
次のクライアントについてしまうこともあるからです。
 
ですから、 
 
装うことない自己感情を掌握し続けることは、
 
私たち施術する側には非常に大切なことなのです。
 
パワフルなアストラル付属物を除去するためには
 
パワーストーンのブレスレットをつけるくらいでは(今している人がいるのか)
 
おさまりません。
 
 
 
アストラルの作業をする際に必要なもの
 
・ 自己感情を掌握すること
 
・ アストラルの手応えをしっかりと認識し確信してから作業に当たること
 
・ アストラルの付属物を炎などで処理する際には
 
   思う以上にエネルギーが必要になります。
 
    エーテル体はもちろんの事、肉体の鍛錬も必要不可欠です。
 
・ 何があっても動じない(怖いと思った瞬間にやられます)
 
 
 
 
 
 
エネルギーの世界の入り口、
地に足ついた形でチャクラやご自分のエネルギー体を知り感知し、
ヒーリングチャクラ7を使って
自分や他者へのヒーリングが可能になる触れるチャクラクラス
8月11日〜15日に開催します。
 
 
人数に制限がありますので、
お早めにお申し込みください。 
 
 

«アストラルの世界を甘く考えない 2 アストラルの付属物の処理