2018年6月 1日 (金)

ブログはhatenaに移行しました

ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
次回の医療従事者クラスリンク)は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
BDAクラスは7月1日(日)12:00〜17:00
 
 
 
 
ブログの更新はすべてこちら
 
新しいメールアドレス

2018年5月31日 (木)

お知らせと5月のエネルギーの学校 BDA


ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
次回の医療従事者クラスリンク)は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
ヒマラヤより戻りました。
 
今回も非常に中身の濃い日々を過ごすことができました。 
 
 
 
さて、2005年からココログの方でブログを作ってまいりましたが、
 
管理者である私がコメント返信できないなどの不具合があり、
 
9月にniftyを撤退し、
 
すべてこちらに移行することにしました。
 
ブログの更新も次回からは、こちらだけになります。
 
また、それに伴いメールアドレスも変更したします。
 
こちら↓をご参照ください。

お問い合わせ・連絡先 of New Site 5

 

 

さて、5月のエネルギーの学校のメニューはこちらです。

  • ヒマラヤ話
  • バーバラブレナンのCore Light Healingと整列について
  • あきらめることとあきらめないこと
  • 神様の寝台に自らを委ねること
  • 指揮者を作る あるいはアスパラガスであることに気づく
  • テルマについて
  • 感情を形態の下に置く瞑想
  • 中央脈管を作ることについて
  • トーラスベルトの宿題
  • 感情を箱の中に入れていることについて(土日のみ)
  • ハイドロゾル(土日のみ平日来月・要グラス)
  • パスワーク
  • 形態を整列させるエクササイズ
宿題は
  • トーラスベルトについてさらに深める
  • パスワークの絵を完成させる
  • 体のどこか1か所を選んで整列させる

 

トーラスベルトに関しては、

ただこなしてきた人、関心を持って取り組んできた人の差が大きく、

自覚を持って取り組む大切さを切に感じます。

 

 

今回のヒマラヤでメインになったテーマが

 

BDA (Body Design Alignment )

肉体レベル(細胞・原子etc)

体感・感情・思考レベル

横隔膜の向き

etc

の整列と整列のデザインについてでしたので、

さっそくクラスの中でも実験に入りました。

 

かなりの手応えがあり、

YEメソッドの次なる局面が開示された感じです。

 

これは改めて

まとめて書いていきます。

(教わった人もまずご自分で実感でき明らかなエネルギー変容があった時点で伝えるようにしてくださいby上

 

 

Th_20180531065522

 
 
 
 
 
 
 
 

2018年4月24日 (火)

ナンバーワン・ファーストワン・オンリーワン

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この言葉のことをいつも思い出します。
 
「ナンバーワン、ファーストワン、オンリーワンと戦略を考えたときに、先駆者になるのは他の人に任せたほうが良さそうだし、何か一つを突き詰めることはあまり得意ではないから、じゃあオンリーワンだなって」
 
彼女の切り口、言葉の組み合わせはいつも絶妙。
 
そして、このアイディアも。
 
 
 
 
得意不得意。
 
不得意な分野は他に任せて、
 
自分の得意分野から切り開いていく。
 
とても刺激を受けました。
 
私は何がなんでも自分で全てをやろうとしていたから。
 
 
 
 
「ナンバーワン、ファーストワン、オンリーワン」戦略

を考えたときに、私の得意分野はファーストワン。
 
その頃からエネルギーの学校では、
 
「今まで誰かがやってきた何か」
 
よりも、
 
純粋に上が提示してくる「何か」を検証していくスタイルに変わってきました。
 
毎回、
 
「きっと誰もやったことがなくてデータがないから
 
自分たちでデータ集めるしかない」
 
「本当に有効なのか」
 
エネルギー的事象を仮説をたて、実験検証する。
 
そして、その中から生まれたものに関しては、
 
それを紡ぐのが得意な人が紡いで行けばよし。
 
なぜなら、
 
それでオンリーワン・ナンバーワンになるのが得意な人がいるから。
 
 
 
クラスでアンニュイな文学作品を読む課題を出す。
 
「学生の時だってこんなに読み込まなかった。もう無理」
 
それでも読み込む。
 
セリフ覚えちゃうほど。
 
「もう無理」
 
から出てくるすっばらしい見解。
 
それぞれが書評家になれそうなコメント。
 
そして別世界にあったと思っていた
 
その作品の裏に潜む「自分」に気づいていく。
 
そう。
 
全ての人がすっばらしい個性を引っ張り出すところまで
 
何かに向き合うことをすれば、
 
その人だけが持つ美しい色合いは浮かび上がる。
 
私はうまく人付き合いができないけれど、
 
相手の中に潜む美しい光が見えることが得意分野だから、
 
鎧ってる部分を剥ぎ取っていくために、ありきたりな方法ではなく、
 
「なぜ?」
 
と皆が驚く方法でアプローチしていく。
 
ありきたりの方法では巧妙な鎧はスルリと逃げていくから。 
 
攻めに攻めていく。
 
それは一般社会のパッケージの中にいることには耐えられないほど、
 
無限に向かいたい私も。
 
人は、本当は自分の鎧の巧妙さを自分が十分に感じているから。
 
だから感情が揺れるのだと思う。
 
最終的にはその戦略を知っている自分(本性)がその手を緩めないこと。
 
自分(鎧)が諦めるまで。
 
自分(鎧)が自分(本性)を装うことをを諦めた時、
 
本当の世界が見えてくる。
 
Th_img_7499
 


2018年4月23日 (月)

4月のエネルギーの学校 

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
4月のエネルギーの学校は、
 
「トーラスベルト」
 
の実験。
 
 
 
 
今の時点で確認できたことは、
 
トーラスベルトによって、
 
私たちの身体(エネルギー体+肉体)に入ってくるエネルギーには
 
傾向性(方向の優位性)があり、 
 
それは人によって違うことがわかります。
 
そして、ヒューマンエネルギーフィールドに漏れがあるかどうか、
 
トーラスベルトを使うと確認できます。
 
トーラスベルトを材料として、自分で仮説を立て実験実証してくるのが、
 
今月の宿題となります。  
 
しかし、このベルト非常にパワフルなので、
 
長時間つけると発熱することもありますので注意しなければなりません。
 
 
 
4月のエネルギーの学校
 
トーラスベルト実験
 
文学作品の作品読み込み
 
YEメソッド(体感、感情、思考の分離)
 
実際の臨床の動画を見て、エネルギー的に何が起きているのかの解説
 
平日クラスは神経へのアプローチ
 
土日クラスは舞扇を使っての神の手
 
(土日クラスのお誕生日オイルを渡すの忘れてしまった!)
 
 
 
 
 
 

2018年4月19日 (木)

glu先行販売締め切ります。ありがとうございました。

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
昨日お知らせした「glu」ですが、
 
おかげさまでたくさんのお申込みをいただき、
 
これで終了とさせていただきます。
 
ヒマラヤから戻りましたら、
 
新しいホームページとともに、
 
朝、昼、晩の3本シリーズで販売を再開させていただきたいと思っております。
 
今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
Th_img_8845
 

2018年4月18日 (水)

「glu」先行販売のお知らせ

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
思えば2014年からヒマラヤに蒸留器を手荷物で運び始め、
 
試行錯誤しながら
 
ようやくみなさまにご提供できるだけの精油を製造するまでになりました。
 
ヒマラヤのエネルギーをなるべく多くの方に受け取っていただきたいという思いから、
 
これでもか というような高い周波数のマニアックな瞑想用のブレンド。
 
(これはあまりに高価になるので内輪だけに検討中)
 
そして、一般の方に手に取っていただきやすいように、
 
地方の製品プロデュースを手掛けている長女に依頼し、
 
下記のような製品が出来上がりました。
 
 
 
今回は、この
 
「glu morning」
 
先行販売を行いたいと思います。
 
(「glu afternoon 」「glu night 」も販売予定)
 
お試しなので、数量が70本と限られています。
 
爽やかな朝を迎えるにふさわしい消臭芳香剤となっております。
 
(裏情報では
 
これはあくまで裏情報なので内密に!
 
夜間のアストラルトリップの浄化にもw
 
内容は、
 
ヒマラヤ、ダウラギリ山中でボン教ラマによって手作業で作られている
 
ジュニパーベリーを中心に、
 
(彼らはこのジュニパーの葉を毎朝焚いて1日を始めます)
 
世界中の選りすぐりの精油をブレンドしています。
 
エタノールも米エタノールを使いより安全にお使いいただける製品になっております。
 
ケミカルな消臭芳香剤から「glu」へ。
 
ぜひ一度お試しください。
 
 
 
 「毎日使う消臭・芳香剤を、オーガニックなアロマオイルから作って、子供も含め家族全員で使いたい。」

​そんな思いからgluができました。

Th_img_8845

 

コメント欄

みなさま、ごきげんよう。

 
 
 
何回やっても、いただいたコメントになぜだか返信できません。
 
ので、一時コメント公開をストップしています。
 
返信できるようになりましたら、
 
コメントさせていただきますので、
 
少々お待ちくださいませ。

2018年4月17日 (火)

光の網 2

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
 
クラスでは、様々なエネルギーワークをします。
 
自分もヒーリングトレーニングを受けているとき、
 
教えてもらった技法はすぐに使うことができたのですが、
 
エネルギーの学校でも、
 
新たな技法はその場でそれなりにできるようになります。
 
しかし、その技法を持ち帰ってご自分で試すと、
 
「この場ほどうまくはいかない」
 
という話をよく聞きます。
 
「長年積み上げて来たエネルギーの場と上がホールドする場の連携がある」
 
という話でも説明はつくのですが、
 
ふと「光の網」
 
これがエネルギー伝達経路になっているのではないか
 
という思いにかられ、
 
自分でも様々な実験をしてみました。
 
 
 
 
私は色々な国の方に遠隔ヒーリングもしているのですが、
 
なぜ地球の裏側まで離れたところにいらっしゃる方へのヒーリングが
 
目の前にいらっしゃるかのように有効に働くかという明確な説明を
 
聞いたことがありませんし、
 
自分でも長年積み重ねて来た手応えはあるものの、
 
なぜ有効なのかという明確な説明をすることはできませんでした。
 
 
 
 
しかし、どうやらこの光の網の存在がポイントとなのではないかと感じています。
 
離れたところにいる人とのテレパシーもこの光の網が関係しているように思います。
 
 
 
 
パワフルなヒーリングにおいて、
 
2つの有効なエネルギー源 があります。
 
1つは圧倒的な肉体の鍛錬による大地との連携エネルギー。
 
もう1つは、圧倒的な上からの関与による周波数のエネルギー。
 
そして、この2つが関与した時、
 
そのヒーリングは非常に彩り豊かなものになります。
 
そして、物質的なレベルにまでそれぞれのエネルギーを紡ぐもの。
 
それが光の網なのではないか。
 
そのような仮説を立てています。
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年4月16日 (月)

光の網 1

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
ここ暫く仮説を立てて実験し続けている話をしようと思います。
 
これ以外のことを書こうとしても止められるのでw。
 
 
 
小さい頃、変わった子であったことは、
 
以前にもお話ししたと思いますが、
 
その頃に見ていたものは、
 
よく「見える」人が見ているような、
 
妖精でも霊でもオーラでもなく、
 
「光の網の目」
 
 
「目を閉じると見つめ返してくるひとつ目」
 
の二つでした。
 
 
 
ですから、目を開けていても目を閉じていても、
 
何はなくても私には非常に興味深い鑑賞物があるのですから、
 
他のこと(食べ物、動物、遊び、友達、テレビ、勉強etc)には
 
全く興味が持てませんでした。
 
世の中で一番美しく無限で状況により変化して行く網の目は、
 
どんなに親しい人より正直にその状況を教えてくれるし、
 
目を閉じると見返してくる目は、
 
どんなに隠そうと思っても、私を見続けているからです。
 
しかし、その状態は頭の中を空っぽにしてリラックスしている事が条件です。
 
幼稚園はまだしも、小学校に通う子どもに
 
宙を見つめたり目を閉じている事が許されるはずもなく、
 
母は何回となく学校から呼び出され精神疾患を疑われました。
 
しかし、家にいれば自分の部屋の窓から空を見続ける事ができるので、
 
学校が始まることを予測させるサザエさんと4月の空気の香りは、
 
今でも自分のいる場所から駆り立てられる感じがして好きではありません。
 
 
 
小学生だった私が唯一好きだった日常生活は、
 
夕飯の支度の少し前になると陽が傾いてきたオレンジ色の部屋で、
 
母が私と妹を脇に座らせて聞かせてくれた創作の物語です。
 
常に何らかの教えを落とし所とする絵本に興味のなかった私も、
 
妹と私を主人公にした母の冒険物語はどこに向かって行くのか、
 
いつ終わるのかわからない無限への扉が開かれるようで、
 
本当にワクワクしながら陽の傾く時間を楽しみにしたものです。
 
学校に行けば「一般的な人が感じる自分という枠組み」と、
 
「私が感じている自分という枠組み」が
 
今にして思えば違う周波数の領域であり、
 
一般生活は非常に窮屈で息ができないと感じていました。
 
今だったら病名がついて投薬されかねませんし、
 
今病名がついているお子さまも周波数の領域の問題かもしれませんね。
 
 
 
しかし、一般社会で生活していくことは
 
頭の中を空っぽにしていては難しく、
 
5年生の時についに一般社会に戻るタイミングがきて、 
 
私の頭の中には様々な思考や感情が溢れ始めました。
 
それでも、たまにぼーっとする時間ができると、
 
当たり前のように光の網の目を見つめている自分に気づきます。
 
それは太陽の光が見えるように当たり前に目視できるものなので、
 
他の人にも見えていることを疑ったことはありませんでした。
 
 
 
思春期には鋼鉄の鎧を作り上げ、
 
「効率よく生きる」
 
「誰にも負けない」
 
事が人生の第一プライオリティになり、
 
目標を作っては最短距離で到達することを楽しんでいましたが、
 
30歳の時、原因不明の頭痛に襲われ、
 
西洋医学ではどうにもならず、
 
「負け組の領域」
 
と思っていたスピリチュアルな世界に足を踏み入れてしまいました。
 
頭痛は催眠療法でよくなったものの
 
なぜあれ程までに辛く治らなかったものが良くなったかシステムを知りたくなり、
 
催眠療法を習いました。
 
例に漏れず、スピリチュアルな人たちは話している内容も、
 
「あなたが隣に座ると緊張が移ってくるわ」
 
とか
 
「天使が」
 
とか
 
「何とかのエッセンスが」 
 
とか
 
小さな石がすごいパワーでクラクラする
 
(お前はそんな小さな石にやられてしまうほど小さな存在なのか!
 
と心の中で叫びました)
 
とか
 
どうでも良い話のオンパレードで辟易しましたが、
 
(今でもその手の話は辟易します)
 
ふと、その中でも知的そうなアシスタントをしていた女性に、
 
こっそりと
 
「目を閉じると見返してくる目があるのですが・・」
 
と打ち明けると、
 
「精神疾患ですから病院に行ってください」(バッサリ)
 
と言われ、
 
『あぁ、こんな負け組の集団の中でもそういう位置なのね』
 
と思い知り、
 
光の網の目の事も目を閉じると見返してくる目の事も、
 
誰かに話すことはなくなりましたが、
 
唯一信頼していたヒーリングの師に打ち明けた所、
 
「あー、山本さんは第3の目の壁が薄いからね」
 
との見解。
 
なるほど壁が薄いとこうしたものが見えるのか
 
と何となく納得しそこに注目することはありませんでした。
 
 
 
しかし、ヒマラヤに行くようになり、
 
ぼーっとする時間が増えるようになると、
 
光の網の目も目を閉じると見返してくる目も
 
当たり前に目視できる生活が戻ってきます。
 
それは、生きているのです。
 
 
 

2018年4月13日 (金)

ヒマラヤ期間 ヒーリングチャクラ7およびクリアの販売お休み

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
風の中に春の香りを感じる今日この頃です。
 
(学校嫌いだった私は日曜日のサザエさんとこの時期が嫌いですw)
 
今月末からヒマラヤに参ります。
 
その間のヒーリングチャクラ7およびクリアの販売を
 
5月末までお休みさせていただきます。
 
ご入用の方は、
 
4月25日までお振込確認できるようお願いいたします。
 
ご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
昨年は帰国日にスワヤンブナートでのウエサク祭を味わいましたが、
 
今年は、ダウラギリ山中でご一緒する皆と味わうことになりそうです。
 
非常に貴重なエネルギー体験ができるかと思います。
 
 
 
Th_img_5167
 
 
 

 
 

2018年4月 4日 (水)

目という窓

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 

 
 
 
 

 
 
光の網の目は、
 
目という窓から世界を見た時に現れる。
 
だから、目という窓を使うには、
 
通常の意識状態では目が窓になり得ないということだ。
 
思考や感情で邪魔されない状態を顕現する時、
 
目が窓になり、
 
光の網の目が現れる。
 
 
そして、それは。
 
知らず知らずに
 
そして安全に自分の次元を変えていく唯一の道でもある。
 
 
 
光の網の目は、
 
イメージではなく、
 
確かに目視できるものなのだ。
 
 

2018年3月25日 (日)

張り巡らされた金の網の目

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
私が幼少期から見てきた
 
「空間に張り巡らされている金色の網の目」
 
が、エネルギーを感知し、
 
周波数の海を渡り歩いていくための
 
皆に渡せるツールなのではないかという仮説に心踊り、
 
この短い文章を投稿します。
 
 
 
 
 
 
 

2018年3月18日 (日)

神の手御嶽

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
2月に伝授していただいた「神の手」
 
のお礼に師匠の所と、それが降ろされた御嶽にご挨拶に行ってまいりました。
 
今回は1泊とい強行スケジュールに関わらず8人ものクラスのメンバーが
 
同行。
 
それぞれが朝一番の飛行機に乗って那覇空港で待ち合わせ、
 
レンタカーに乗って師匠のおうちへ。
 
こうした行程もメンバーはテキパキと効率良くこなしてくれます。
 
いちいち指示出しをしなくても、
 
もっとも的確な行程を選択できるのも
 
ブループリントラインへの訓練の一環でもあります。
 
師匠の所ではいつものように土地の神様にご挨拶しますが、
 
今回はエネルギー感知能力が変化して来ているせいか、
 
いつもとは違った色合いに触れることができました。 
 
主に藍原さんからの「神の手」の質問にお答えいただき、
 
更に「心」をどのように保つのか、
 
そして、それが「神の手」という事。
 
というお話をいただきました。
 
おめでたい席で振舞われる「なかみ汁」やご馳走をいただき、
 
御嶽へ向かいます。
 
 
 
山自体がご神体の御嶽ですが、
 
人里離れた山中に香炉があります。
 
Th_img_8717
 
その前で皆で、「神の手」をやらせていただきました。
 
ひと気がないので未だ自然の神々の息吹がそこ此処に感じられます。
 
溢れる神気の中、それぞれに時を過ごします。
 
Th_img_8706
 
自分の状態を整えては「神の手」
 
また状態を整えては「神の手」
 
と繰り返していると、
 
自分の中の変化が進んで行くのがわかります。
 
いつまでも此処にいたい気持ちになりますが、
 
フクロウの鳴き声がアストラルの存在に時間を譲らなければならないこと
 
告げています。 
 
此処で「神の手」をさせていただくのは本当に感慨深いものです。
 
香炉では、何重もの次元が後ろに広がって行くのが感じられ、
 
本当に深い体験をしました。
 
 
 
夜は定番の「ししや」で夕食を取り、
 
Th_img_8715_2 Th_img_8716
 
それぞれの宿に戻ります。
 
前回前々回と大丈夫だったのですが、
 
ホテルに戻って明け方から、今回また例の沖縄頭痛が始まります。
 
窓には例の存在がきているのがわかりますけれど、
 
身動きが取れません。
 
身体を引きずるようにして早朝待ち合わせ場所に向かいます。
 
 
 
 
今回の師匠オススメの御嶽は、街中にありながらも、
 
横道の中に入ると自然のエネルギーが溢れています。
 
Th_img_8732
 
昨日からご一緒だったエネルギー体ともじっくり話をし、
 
皆は、「神の手」を更に練り上げ、
 
それぞれの心の状態を整えます。
 
Th_img_8731
 
こうしてエネルギーの助けを借りて、
 
練り上げて行くことは、観光地化されている場所では決してできないことですから、
 
今回は、他の場所を探索することもなく此処で時を過ごします。
 
メンバーも、
 
練り上げて行くことで生まれる変化を感じ取ってくれたことでしょう。
 
日々の積み重ねとともに、こうした場所でエネルギーの助けを借りて、
 
更に練り上げて行くことを重ねることでしか、
 
周波数の手応えをつかんで行くことはできません。
 
そして、何気なく師匠が
 
「あそこに行ったら?」
 
とおっしゃる場所は実はとても大切。
 
私たちのような他所から来たものにも導きにより場が開かれるからです。
 
おそらく、ただ観光で行っても扉は開かれません。
 
師匠に感謝です。 
 
 
 
沖縄の周波数、
 
これは、私たちがどうやって他の方のお役に立っていくかというときに、
 
非常に大切なことを教えてくれます。
 
ヒマラヤの周波数はこれとは全く異なり、
 
私たちの魂が呼応する世界を教えてくれます。
 
この全く異なる周波数の世界に導き手がいてくださることは、
 
エネルギーを学ぶものにとって、
 
非常に幸せなことです。
 
 
 
 
Th_img_8714
 
 
 
 
 
 

2018年3月14日 (水)

エネルギーを感知するということ

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
祭壇とは神と自らを繋ぐ架け橋
 
我が祭壇は自らの中にありしもの 
 
自らに花を捧げ、大地の栄養を与え、水を与え
 
灯りをともし、常に新しき風を与えよ
 
神とは外に探すものにあらず
 
自らの中にあり
 
自らの中の神と繋がりしとき
 
すべてのものの中に神を見
 
すべてを慈しむことになるであろう
 
我が肉体は神聖な祭壇なり
 
 
これは15年前、2003年にヒーリングトレーニングに入る際、
 
自分の身体の絵を書く課題が出て、
 
その時に上から言われた言葉です。
 
 
 
 
様々な種類の「エネルギーを感知する」があります。
 
昨日のブログにあったようにヒューマンエネルギーフィールドの第1層を感知する。
 
事もそうですし、
 
「高い存在からの声が聞こえる」
 
とか、
 
この神社は「気」がいい 
 
とか。
 
しかし、「その感じる」という感覚はあくまで主観的な感覚であり、
 
UCLAの研究室にある特別な装置がどこにでもあるわけでもなく、
 
(私のところにあるNESもこの装置も
 
ある一定の周波数を感知するものであり
 
エネルギーも固定されるものではないので
 
全体像は不明で現れる情報が絶対的なものではないように思う)
 
ですから、物質界だけでカタがつくものであれば、
 
見えないエネルギーを感知する必要など一つもないと思うのです。
 
 
 
私も、30歳の時に自分が原因不明の頭痛になり、
 
(その当時の)西洋医学や東洋医学を上から下まで全部チェックしても
 
何一つ変化がなく(今だったら解明できるかもしれませんが)
 
仕方なく、見えない世界に頼らざるを得なく、
 
しかし、約2年がかりでどうにもならなかった頭痛がスルリとなくなり、
 
「なぜ良くなるのだろう?」
 
という興味から入ったエネルギーの世界です。
 
西洋医学で治っていれば足を踏み入れる必要はありませんでした。
 
何事も効率よくこなしたい私は、
 
これもすぐに解明できると思って足を踏み入れましたが、
 
探求すればするほどに、
 
「本当のこと」
 
は、遠ざかっていきました。
 
曖昧なんです。
 
周波数の事が知りたかったので、
 
厳しいとされるヒーリングスクールで学び周波数には落とし所ができましたが、
 
さらにその上にある「本当のシステム」を知りたくなります。
 
インドのヒマラヤの麓まで
 
「本当のこと」を体現していると評判の人のリトリートに参加したり、
 
プロフィールに書ききれないくらいいっぱい学び
 
いっぱい修了書をもらいましたが、
 
「本当のこと」が腑に落ちることはありませんでした。
 
 
7年ほど前に入った小用先生のお稽古は、
 
探求のためというよりは
 
「そろそろ身体を鍛錬しておかなければという年齢になった」
 
という気軽な理由でしたが、
 
入ってみればけして(最も)気軽なものではなく、
 
いまだに一番最初に教えていただいた動き一つ
 
「出来た」
 
と思える事もなく、
 
ただただ末席に置いていただき通い続ける日々ですが、
 
お稽古に参加させていただくと、
 
確実に指針になると思っていた身体が実は実に曖昧なものであり、
 
それを確実なものにしていくのは至難の技である事を日々感じます。
 
しかし、そこに肉体という物質と、
 
お相手してくださる先生や諸先輩がたからのフィードバックによって、
 
はじめて不確かな身体に基準が構築されています。
 
 
 
 
2013年に再会した沖縄の師匠からは、
 
「心」
 
について。
 
沖縄のシャーマニズムについても沖縄の言語についても何一つわかりません。
 
師匠も私に教えてくれるのは
 
「心」
 
のことだけです。
 
「心」
 
も実は曖昧なものなのです。
 
しかし、師匠はご自身の神様に向かう生き方あり方をお示しになることによって、
 
私にそれを教えてくださいます。
 
私はただ後ろ姿を見ているだけです。
 
 
 
二人の師匠それぞれ、
 
自分の身体、自分の心の状態をいかに整えるか。
 
ということをその佇まいによって教えてくださるのです。
 
 
 
 
曖昧で主観的なエネルギーの世界は
 
自らを整えることでしか確実な周波数を獲得していくことは
 
不可能ではないかと思っています。
 
周りにはよく話す事ですが、
 
私が周波数を変化させるのを
 
(普段から訓練のために色々な場面で周波数を変化させている)
 
一番的確に感知されたのは、
 
エネルギーや修行の世界にいる人ではなく 驚くことに小用先生です。
 
 
 
身体という神聖なる祭壇を整えること
 
心というつかみどころなく振り回される曖昧なものを整えること(YEメソッド)
 
なるべく広い視野からの俯瞰(知識、知性)
 
 
 
この3本の柱でエネルギーの学校は成り立っています。
 
 
 
 
具体的には、
 
文学書を読み込む
 
 (行間が読み取れない人に流動体のエネルギーが読み取れるはずもなく)
 
舞扇のお稽古
 
 (器の土台作りとエネルギー感知、ブループリントラインのために)
 
YEメソッドを軸にした内的な取り組み
 
 (自分の心の統制を取れない人が俯瞰できるはずもなく)
 
パスワークをして絵を描いたり
 
課題に対して仮説を立て実証していく取り組み
 
これが中心であり、
 
「そろそろ煮えて来たかな」
 
という頃にエネルギーワークをやってもらい、
 
「あっ出来ているね」
 
と確認を取るのです。
 
パラドクスのようですが、
 
内的な成長が進んでいるかどうかの確認のための
 
エネルギーワークでもあります。
 
 
 
「エネルギーの感知は、
 
内的な取り組みを続けていれば自ずと出来てくるもの」
 
という仮説が、
 
ここに来て、だんだんと立証されています。
 
おそらく一生ヒーリングを職業にしないであろう人たちでも、
 
(クラスの半数以上はそうかも)
 
それぞれの神経に確実にエネルギーの手を下ろし、
 
エネルギーを流し変化を起こす事ができます。
 
普通できません。
 
それを習得しようとしなくても、
 
神聖な器(祭壇)を整える作業をしていれば、
 
自ずとそこにエネルギーは流れ入ってくるのです。
 
 
 
 
エネルギーの学校は、
 
「本当のこと」を探求するための集団であり、
 
内的取り組みをすることにより、
 
様々な周波数を獲得可能であるという仮説を実証し続けている集団でもあります。
 
(これ以外に獲得不可能だと思っています)
 
 
 
 
最初に物質界でカタがつけば足を踏み入れることもない世界
 
と書きました。
 
私は効率を何よりも大切に生きてきたから曖昧なものは効率的とはいえません。
 
しかし、
 
「本当のこと」の探求をしているうちに、
 
「自分」
 
に著しい変化が生まれて来ました。
 
ですから、30歳以前の私を知っている人には今の私は別人でしょう。
 
40歳以前も50歳以前も同じように別人でしょう。
 
自分が作り上げた様々な枠組みや鎧からどんどん自由になるのです。
 
その分それに費やしていたエネルギーは他のことに使えるのですから、
 
実はこれが一番効率の良い生き方かもしれません。
 
また更に10年後に
 
「10年前の私とは別人」
 
と言っていたいものです。
 
 
Th_p5272785
本当のこと
 
 
 
 
 
 

2018年3月13日 (火)

3月のエネルギーの学校

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
今回のクラスでは、
 
肉体の傷がヒューマンエネルギーフィールドの第1層ではどうなっているのか、
 
また、第1層レベルにエネルギーを流すことで
 
どのような変化が起きてくるのかを実習しました。
 
Th_img_8686
 
 
クラスの中で手術痕がある人に傷の状態を見せてもらいました。
 
(ありがとうございます)
 
平日クラスでは31年前の手術痕。
 
その状態がどうなっているのかを
 
まず、全員で確認しました。
 
 
Th_img_8690_2
 
 
バイクに乗っていた際に車と接触した際に大腿四頭筋断裂と
 
ライダーブーツごと踵が捥げてしまう事故だったそうです。
 
当時は足の機能が8割戻れば良いといわれたそうですが、
 
1年後には軽いテニスができるまで筋力は回復したそうです。
 
しかし、肉がそぎ落ちた踵は1年経っても傷が閉じることなく、
 
免疫が下がり緑粒菌感染を起こし何年も保護する必要があったとのこと。
 
4年後に剣道を再開するも、お稽古の度に踵は痛み、
 
踵が割れたそうです。
 
ここ1年半ほど酵母液を飲みスプレーをして半年後に傷の縫い目から白い膿が出て
 
少し柔らかくなったそうで、今年に入ってからは乾燥して割れていた部分に
 
柔らかさが出てきたとのこと。
 
 
 
 
Th_img_8689
 
 
ヒューマンエネルギーフィールドの第1層レベルを触ってみると、
 
明らかにその膜組織の断裂、
 
探っていくとそれは奥深くまでクレバス状になっています。
 
面白いことに全員が第1層にアプローチをしている間に、
 
その部分の修復が始まり、
 
その場で傷の部分の痛み(傷そのものかその周りの組織の)
 
が出てきたそうです。
 
意識的に第1層にプラーナを流し入れる作業を終えると、
 
傷の状態が柔らかく暗い小豆色だった傷が
 
ほのかにピンクに変化してきているのが目視できました。
 
その後、皆でチェックしてみると、
 
クレバス状だったヒューマンエネルギーフィールドが
 
平らになっていることも確認されました。
 
 
 
帰宅後、顎関節右側に痛みが出て、
 
怖さと罪悪感が上がってきたそうです。
 
夜には、大腰筋から上に向けて痛みが上がってきているとの事。
 
翌日もさらに変化は続いているそうです。
 
このことからもわかるように、
 
ヒューマンエネルギーフィールドの第1層を修復した後に、
 
第2層を扱う必要があることがわかります。
 
ヒューマンエネルギーフィールドは層になっており、
 
傷を受けた際に影響を受けるのは一つの層ではなく、
 
何層にも影響が及んでいるので、
 
肉体的な傷のみならず感情的な部分まで滞らせているのです。
 
第1層のエネルギーの状態に変化が起これば、滞らせていた他の層にも 
 
変化が起こり始めます。
 
全ての層を扱わなければその滞った部分からまた滞りが始まります。
 
実際のセッションであれば、
 
全ての層の修復を行います。
 
31年前の傷にも変化を及ぼすことが可能だという事もわかります。
 
 
 
 
土日クラスでは、
 
盲腸の手術痕のヒューマンエネルギーフィールドの状態を皆で見てみました。
 
4年前の手術痕と幼少期(数十年前)の手術痕を見てみると、
 
幼少期のものは全く亀裂が確認できないほど修復が進んでいましたが、
 
4年前のものにはやはりクレバス状の断裂を確認し、
 
全員でチェックしていく過程で修復が進みました。
 
目視でも変化を見ることができ、
 
やはりご本人も
 
その部分の修復が進んでいる体感があるとおっしゃっていました。
 
 
 
3月のエネルギーの学校
 
1日目
 
・ヒューマンエネルギーフィールドの第1層実習
 
・関係性のコードについて
 
・YEメソッド(体感、感情、思考の分離)
 
2日目
 
・ヒューマンエネルギーフィールド第1層実習その2
 
・舞扇
 
・硬結の絵
 
・課題図書の読み込み
 
・パスワークを絵に落とし込む
 
宿題
 
・ヒューマンエネルギーフィールド第1層スキャニングの精度を上げる
 
・腋窩神経へのアプローチの精度を上げる
 
・課題図書の行間に潜むエネルギーの読み込み
 
・硬結の絵とのエネルギーの呼応
 
・自らを手持ちの食材にたとえ何を表現するのかを内省
 
・「神の寝台に委ねる」を内省
 
 
 
以上
 
 
 
 

2018年3月11日 (日)

311とヒーリングボランティアとヒーリングについて

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
今年もこの日がやってきましたね。
 
もう7年、まだ7年。
 
それぞれの心の中に様々な思いがおありになると思います。
 
未だ、お辛い思いや生活をなさっている方々がたくさんいらっしゃるのが現状です。
 
 
 
エネルギーの学校のクラスの有志は、
 
今でも定期的に気仙沼でボランティア活動をしてくれています。
 
今月も24日〜26日までヒーリングボランティアを予定しています。
 
このリンクには今までのボランティアの報告もリンクしてありますので、
 
ぜひご覧ください。
 
そして、今まで彼女たちは自腹で活動していました。
 
もしも、現地に行くには日程が合わないけれど、
 
何か協力したいというお気持ちがある方は、
 
NPO法人ブループリントファクトリー活動支援の方にお気持ちをいただけると
 
助かります。
 
 
Th_20375668_274446286295957_8667098
 
 
 
日本でヒーリングというと、
 
「あやしい」
 
という認識が非常に多くのパーセンテージを占めると思います。
 
実際に、しっかりとした教育背景がなく週末の講習を受けただけでも、
 
「ヒーラーです」
 
と名乗ることができるのが日本のヒーリングの現状です。
 
自らの内的取り組みや、しっかりとした扱う病状に対しての知識がなくとも、
 
漠然とした「光」「エネルギー」「気」を流すことで
 
「ヒーリングをしている」
 
という(本人はおそらく良いことをしているという)認識です。
 
 
 
昔ヒーリングの師匠がこんなニュアンスの話をしてくれました。
 
「ヒーラーは、キラキラした世界に生きるのではない。
 
光のない闇の中に自らが入り、自らの光を体現し暗闇に光をもたらすのだ」
 
と。
 
内的に癒えていない人には闇の中に入って行くことは辛いことです。
 
まだ傷跡の残る被災地に赴くことはまさにこれです。
 
覚悟が必要なのです。
 
 
 
気仙沼でも当初は御多分に洩れず、
 
「ヒーリング?」
 
と、大歓迎されるわけでもなかったようです。
 
しかし、コツコツと数を重ねて通ううちに、
 
「ヒーリング」という言葉を聞いたことすらないお年寄りが、
 
楽しみに待っていてくださったり、
 
明らかに状態が好転したり・・・
 
(詳しくは上記のリンクからの活動報告を是非ご覧ください)
 
地道な積み重ねがそこにはありました。
 
なかなかできることではありません。
 
本当に本当に彼女たちを尊敬しています。
 
ボランティアに参加している人たちは、
 
少なくとも4年以上長い人は10年以上
 
エネルギーの学校で内的取り組みやエネルギーetcについて
 
学んでいるメンバーです。
 
 
 

2018年3月 5日 (月)

次回の医療従事者クラスは6月30日

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、 6月30日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
 
 
週末に行われた医療従事者クラスでは、
 
ヒューマンエネルギーフィールドの第1層をスキャニングする実習をしました。
 
肉体の情報が豊富なこのエネルギー体は、
 
医療従事者の方にはとても汎用度の高いエネルギー体でもあります。
 
練習をして程なく全員が感知することができました。
 
あとは精度を上げていくことです。
 
通常はエネルギーを使って滞りを解除しますが、
 
今回は、ヒーリングチャクラ7の1チャクラ1を1本使い、
 
その場で状態を変化させていきました。
 
これで解消しないものは、
 
次のレベルのヒューマンエネルギーフィールドを見ていきます。
 
このレベルを医療従事者の方が使いこなすことができれば、
 
現時点で原因不明の症状を
 
エネルギーのスキャンにより何らかの傾向性を見つけ
 
探っていく足がかりができます。
 
心理的なものであれば意識から乖離している部分には滞りを感知しやすく
 
手術後は、このフィールドのエーテル体の膜の部分に断裂が入り
 
臓器であればプラーナの滞りがある部分が感知できます。
 
専門分野をお持ちの方はぜひとも習得していただきたい手法です。
 
漠然とした「エネルギー」「気」「光」etc.ではなく、
 
しっかりと周波数をより分け、第1層 のレベルで行うことが何より大切です。
 
ですから、このクラスでのスキャニングの訓練は今後も続けていきたいと思っています。
 
この手法を持ち帰ってくださった方が
 
現場で使ってくださってのフィードバックも楽しみです。
 
個人的な悩みの部分からテクニックに入ることができ楽しくなってきました。
 
次回の医療従事者クラスは 
 
6月30日(土)12:00〜になります。
 
 
 
 

2018年2月28日 (水)

セルフヒーリング@オーストラリア 5

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、3月3日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体


 
 
 
 
 
そして、
 
なぜセルフヒーリングが必要なのか。
 
帰国後セッションに入りエネルギーを読み取る作業に入ると、
 
今まで見ていたものよりも詳細に
 
様々なレベルの周波数の世界が読み取れるようになっています。
 
今までが虫眼鏡だったら、
 
今度は顕微鏡に格上げした感じでしょうか。
 
今まで内的なワークをする事によって、
 
「周波数を変化させることが容易になる」
 
というお話はしてきましたが、
 
内的な取り組みによって観る能力も飛躍的に向上する事がわかります。
 
こうした能力は、誰かに与えられるものではなく、
 
自らの内側をしっかりと見て、滞りを取り、繋がる事によって成されるのです。
 
(内的な取り組みをしっかりとせずに、
 
オーラフィールドの穴によって知覚される情報は、
 
ほとんどの場合、自分のアストラルのレベルの
 
偏った情報しか見ていない事はクラス内の検証によって
 
明らかです。
 
「見える」人がクラスにやって来て、皆と同じワークをすると、
 
「見えるはず」の人が一番外れている事がほとんどです)
 
 
 
ですから、皆様。
 
コツコツとYEメソッド。
 
お金もかからず、いかなる時も自分でできるワークです。
 
しっかりとしっかりと取り組みましょう!
 
 
 
Th_img_8364
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年2月27日 (火)

セルフヒーリング@オーストラリア 4

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、3月3日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
そして、この子どもが安定した状態にあることこそが、
 
内なる光の安定に繋がる事も確認しましたが、
 
双方の周波数を合わせることが非常に難しいので日々訓練中です。
 
今までは二つの周波数を合わせるといっても、
 
時間的に多少のズレは有効内だったのですが、
 
これは完全に一致させなければならないので意図の力と集中力が必要です。
 
ロウソクの炎の揺れがなくなるような状態です。 
 
 
 
 
光の子の状態は、
 
持ち込んできたブループリントのみならず、
 
高い知見が得られるので、
 
今後、YEメソッドの方に加わってくるかもしれません。
 
何れにしても高く豊潤なエネルギーが必要ですので、
 
まず、今あるYEメソッドや「神の手」etcでエネルギーレベルを上げる必要があります。
 
 
 
 
先住民の方が入られていたという
 
ティートリーの湖にも立ち寄りました。
 
既に5時近かったのですが、
 
入ってみると水は暖かくまろやかです。
 
Th_img_8616
 
湖の周りに自生しているティートリーの根からその成分が浸み出して
 
このような色になっているそうです。
 
一度はいると もう出たくなくなる感じです。
 
Th_img_8617
 
先住民の方は傷や疲れを癒すために
 
ここに入られたということです。
 
湖から上がると
 
お肌や髪は柔らかくすべすべ。
 
そして、芯からポカポカと暖かさが続きました。
 
 
 
 
 

2018年2月26日 (月)

セルフヒーリング@オーストラリア 3

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、3月3日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
10数年まえにジョン・ブラッドショーのインナー・チャイルドが出た頃、
 
随分と取り組んだインナーチャイルドのワークでしたが、
 
海のリズムに身を委ねていると
 
久しぶりに浮かび上がって来たのが4歳の私。
 
見ると明らかにすでにブロックが存在しています。
 
時間を逆行し、3歳に時には存在しないブロックが4歳の時には
 
後頭部から肩にかけて
 
そして呼吸を制限するように下方に繋がっています。
 
目には既に諦めのスクリーンが降りています。
 
腰は反り、膝はブロックされ緊張した状態で立っています。
 
エネルギーが流れることで痛みが出るかのように
 
エネルギーが循環することを拒む姿勢。
 
そしてエネルギー。
 
私の感情の揺れがあるごとにそれは強化されます。
 
 
 
 
それからの時間は殆ど彼女に注ぎました。
 
ずっと一緒にいるのです。
 
とにかくずっと。
 
性格構造やチャクラの概念でしっかりフォローして来たつもりですが、
 
エネルギー的には取りこぼしがありました。
 
父親と母親へのコードはしっかりと繋がっているものの
 
さらに奥にある父性と母性のコードは宙ぶらりんのものがありました。
 
それを丁寧に修復し繋ぎ直すと
 
自分の中に滞らせていたエネルギーが息を吹き返します。
 
(この父性と母性の元は特定の人間のものでは無い)
 
無の中にそれを証明するような無限に広がる光があるのが見えます。
 
感情の揺れの多くは(殆ど)
 
この部分からきている事。
 
外側を原因に思っていても、問題の根源はここにある事。
 
改めて、認識しました。
 
Th_img_8655
 
 
 

2018年2月24日 (土)

セルフヒーリング@オーストラリア 2

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、3月3日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
ある朝、海岸で神の手の練習後、
 
周波数を移行させる訓練をしていました。
 
ある周波数になった時、
 
チャントが聞こえてきたのです。
 
それは肚の底からじんわりと湧き上がって染み込んでくるような、
 
歌声でした。
 
思わず目をやると、数人の先住民の方々が昇る太陽に向かって、
 
編み込んだ太い綱を持ちそれを漕ぐようにゆっくりとリズムを取り祈りを捧げています。
 
Th_img_8455
 
 
身体の中の深い部分を揺らすような
 
原初の記憶が蘇るようなそんな旋律です。
 
その旋律から流れるように太陽や海、自然の神々、祖先に向かって
 
流れるようにコードが繋がっているのが見えます。
 
太陽にコードが繋がっているのを見るのは初めてだったので驚きました。
 
美しさに圧倒され、しばらくその様子を見ていると
 
その中の一人の老婦人が私に気づきました。
 
深い皺が刻まれた高貴な表情。
 
叡智に満ち溢れたその目は私に隣に座るように語りかけてきました。
 
近くに行って隣に座ると、
 
「太陽は私たちのお母さん
 
私たちを養ってくれる。
 
だからこうして毎朝祈りを捧げにくるのよ」
 
身体から染み出すようなチャントを聞かせてくれる。
 
そして力強い手で私の手を握り、
 
「あなたも伝えていかなければならない。
 
紡ぐ事が人間の役割だから。
 
紡いだ綱はそのシンボルなの。
 
わかった?」
 
と私の目を覗き込む。
 
私はその旋律に身を委ねながら自分がさらに開いて行くのを感じました。
 
 
 
 
するとさらに精妙な周波数が訪れ、
 
自分が大きく広がって行くのです。
 
馴染みの世界。
 
私はここが好きです。
 
ベルベットのような滑らかで深い声が聞こえてくる。
 
そして、その声に太陽とのコードのことを尋ねてみる。
 
この土地に住む民族は、
 
自分たちが自然に生まれかわることもあることを信じているとの事。
 
そしてまた、
 
人間関係のみならずさらに高い周波数の世界にもコードは繋がり、
 
受け渡す事ができるとの事。
 
ヒマラヤで教わった右手と左手の手法を使って行うことなどを教えてもらいました。
 
早速、人間関係以外のコードを探すと行き場を失ったコードが見つかります。
 
何本かのコードを声に導かれながら修復して繋ぎ直していきます。
 
コードが繫ぎ直される毎にエネルギーシステムが
 
カッカッと音を立てるように変化していきます。
 
 
 
 
 

2018年2月23日 (金)

セルフヒーリング@オーストラリア 1

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、3月3日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
オーストラリアから戻りました。
 
時差も殆どないので快適な朝を迎えました。
 
しかし、この身体の軽さエネルギーの広がりは時差だけのせいではないようです。
 
 
 
前回も滋養をいただいた場所ですが、
 
今回もさらに深い部分のヒーリングがなされました。
 
まず、以前にもお話ししたように
 
チャクラの回転方向が逆になるため
 
最初は完璧な排出があり
 
その後ものすごい勢いでパワフルな吸収がなされます。
 
吸収するエネルギーもパワフルなので
 
底上げされたエネルギーによって
 
通常では認識しないような深い部分にまで光が当てられます。
 
 
Th_img_8629
 
 
それに加え
 
日の出前に海岸に降りて「神の手」を練習する事が 
 
さらにエネルギーのパワフルさに拍車をかけました。
 
滞在していた31階のベランダでやるのと海に降りてやるのとでは
 
エネルギーのパワフルさが全く違います。
 
練習する毎に
 
新たなエネルギーとの交流が始まり
 
教えていただいた意味は実は表層であり
 
その後ろにはこの手法の深い意味が隠されていた事が明かされます。
 
ともすればこうした手法はルーティンワークになり
 
日々、こなす事(日々やる人も少ないのが現状ですが)
 
で満足してしまいがちですが
 
よりエネルギーに耳を傾けそこに委ねていけば
 
確実に自らを手放し「空」へのプロセスを確認する
 
素晴らしいツールになります。
 
多くの人が「見えない」「聞こえない」「感じない」と言いますが、
 
こうした日々の取り組みが、とても大きな差になると思います。
 
私たちはボヤボヤしたり麻痺させて生きている暇なんてないくらい
 
この世はエキサイティングな教材や情報に溢れています。
 
 
 
オーストラリアの
 
食物もエネルギー同様に濃く(色、香り、味、エネルギー、触感)
 
日々、豊かなエネルギーが溢れます。
 
Th_img_8357
 
 
そして、何よりも入ってくる物質的な情報量が少ないため、
 
情報過多な日常からの離脱でもあり、
 
その分時間を有効にエネルギーに向ける事ができます。
 
静かな状態で自然の中に入り
 
体感と心と思考を切り離して太陽溢れる雄大な自然のエネルギーと交流するのは
 
まず最初に一番肉体に近いエーテル体の膜内のプラーナを充実させます。
 
光が強まり、見えなかった影が鮮明に浮かび上がってきます。
 
浮かび上がった硬結を見つけては探り、様々な情報を得て解きほぐしていきます。
 
それは一つの周波数で完結するものもあれば
 
複数の周波数に及んだり
 
時間を遡る必要があったり
 
数世代前の情報に行き着くこともあります。
 
時空を自由に行き来しながら
 
そこに繰り広げられるエネルギーに浸っていると
 
全てが大きな流れの中にあり
 
もし滞らせているものがあるとすれば
 
その要因は必ず自分の中で見つかる事がわかります。
 
 

2018年2月12日 (月)

2月のエネルギーの学校

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスリンク )は、3月3日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
 
 
2月のエネルギーの学校
 
 
 
課題図書の行間を読む
 (エネルギーの偶数層流動体のエネルギー育成のため)
 
腋窩神経にエーテル体ダブルの指を的確に下ろす練習
 
様々なエーテル体と膜(筋膜)との関係の説明
 
ダブルキレーション
 (3種のエネルギーを読み、適合させる訓練)
 
「神の手」
 
硬結を絵で表現する
 
自分の求めてきたものを食材で表現し、
実際に自らの手持ちの食材を吟味し、いかに料理していくか内省する。
 
 
Th_img_8315
 
今月の宿題
 
腋窩神経を確実に捉える練習
 
課題図書さらに特定の行間に潜むエネルギーを読み取る
 
硬結の絵
 
自らの手持ちの食材で何を表現していくか内省
 
「神の寝台に委ねる」という一節を内省
 
 
 
 
今月は先月に引き続き、
 
さらに神経をエーテル体ダブルの手を使い
 
詳細な部分まで明確に下ろして触る練習をしました。
 
積み上げていくことにより、
 
より確実な「手」を作り上げていくことができるようになります。
 
またダブルキレーションでは、
 
ペアのエネルギーとクライアントのエネルギー、
 
そして自分のエネルギーを読み取り調整する非常に高度な部分まで見ていくことにより、
 
自分のエネルギーや心身の傾向性を見つけ、
 
さらに解放していくという手法を学びました。
 

2018年2月 9日 (金)

神の手 2

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスは3月3日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 
Th_img_6032
 
 
 
まず、沖縄のシャーマニズムについてお話しするには、
 
太陽系のエネルギー形態の中でのアストラル領域についてご説明しなければなりません。
 
 
 
Th_img_8232
 
 
クラスの時にざざっと書いたものなので読みづらくてすみません。
 
このように、私たち人間の持つ周波数の中でも、
 
肉体に近い領域であり、
 
周波数としてもとても体感しやすい領域です。
 
アストラルの世界は広大で、
 
下は悪しき霊の存在するところから
 
上は私たちが天使や肌の白いマリアさまを見たりする領域まであります。
 
(要は人間の思いによって作られる領域でもあるということ)
 
アストラルの世界を動かす力は、
 
私たちの想念、思いですから、
 
アストラルの世界の周波数に入った時に何が見えるかは、
 
その人の傾向性や心の状態に応じます。
 
日本では見えない世界の研究が非常に遅れていますが、
 
ヴァレリー・ハントValerie Virginia Hunt, Ed.D (July 22, 1916 – February 24, 2014)
 
のUCLAにおいてエネルギー領域の研究著書
 
「電子工学によるオーラ研究」
 
には、ロルフィングやシャーマン系治療、エネルギー視力を持つものによっての
 
エネルギーの周波数研究がなされています。
 
しっかりとした欧米の4年以上かけて学ぶヒーリングスクールでは、
 
周波数の違いを用いたヒーリングは常識ですが、
 
日本ではまだまだそれを受け入れる素地さえないのが実情です。
 
日本においての見えない領域を語る人は、ほとんど(90%と言って良いくらい)
 
このアストラル領域です。
 
(オーラとか守護霊とかほとんどのチャネリング、ヒーリングetc)
 
しかし、これは見えない領域に限りません。
 
世界の経済や政治を見ても、
 
そのリーダーの根底には「自分の欲望」が見え隠れしていることは、
 
私たちの知るところとなっているのが良くわかります。
 
ですから、私たちは自分の「心」の状態を俯瞰して、
 
より広い視点から見るということができていないのかがわかります。
 
「私が」
 
という気持ちこそが、
 
このアストラル領域から抜け出すことのできない最大の要因かもしれません。
 
そして、鬱や精神的な病、「心」の治療において
 
このアストラル領域がなぜ有効なのかがお分かりいただけると思います。
 
おそらく、西洋医学が発展する以前、
 
精神的な病を治療していたのは土地のシャーマンだったのでしょう。
 
 
 
さて、シャーマニズムにおいて中心となる周波数は
 
このアストラル領域であり、
 
人間の周波数の中でも横隔膜の下に存在し、「善悪」の存在する2元の場でもあります。
 
アストラルの優勢な土地に行くと、
 
濃密な独特な空気感を感じるでしょう。
 
アストラルの優勢な時間帯もまたそれを感じるかもしれません。
 
広い領域から見ると下層に存在するアストラル界ですが、
 
たかがアストラル、されどアストラル。
 
この分かりやすい領域で「心」の状態を整えていられるかどうかは、
 
この上の領域で、アンタカラナの構築ができるか思い込みの世界に入るのか
 
という非常に重要な二つの分かれ道になりますし、
 
バカにしていれば確実にアンタカラナの構築はないでしょう。
 
 
 
現在、自分の心に囚われず広い視野で選択できることは、
 
誰にとっても必要不可欠のことのように思いますが、
 
心と体感と思考を切り離すことは非常に難しいことです。
 
沖縄の師匠の素敵なところは、
 
シャーマニズムにありがちな善悪説(ご自分の土地の必要な人には用いているが)
 
にとどまらず、非常に広い視点をお持ちのところであり、
 
「心」の状態を整え、より高い領域に人間を導いて行こうとなさっているところです。
 
 
 
 
 

2018年2月 8日 (木)

神の手 1

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
 
次回の医療従事者クラスは3月3日(土)12:00〜です。
 
 
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
初めて師匠のところに伺ったのが旧暦の新年だった事もあり、
 
毎年この時期ご挨拶に伺っています。
 
今回は、「『神の手』を伝授します」というお話をいただいたので、
 
小用先生をはじめとした刀禅のみなさまと
 
私たちエネルギーの学校のメンバー総勢32人で伺いました。
 
大人数と限られた時間で、
 
沖縄の先生の背景をお話することができなかったので、
 
こちらでお話しさせていただきます。
 
 
 
 
沖縄の先生に初めてお目にかかったのは、
 
2007年斎場御嶽でした。
 
まだ今のように世界遺産認定されていなかった斎場御嶽は、
 
受付も、駐車場も観光バスもなく、静かな朝の時間がありました。
 
早朝にお参りに行くと、一番手前の拝所ウフグーイで3人の方が
 
ご自分達の周りに他とは異なるエネルギーの空間を作って拝みをされていました。
 
独特の空間なので、
 
邪魔しないようにその方達が立ち去るまで待ってお参りさせていただきました。
 
次の拝所ユインチに行くと、
 
また先ほどの方々がご祈祷されていたので、
 
今度は後ろから様子を拝見させていただくと、
 
一番前にいらっしゃる年配の女性の上にアストラルの火の精が降りてきて
 
交流なさっている様子が見えます。
 
(口でアストラルを語る人は大勢いますが、
 
実際に火の精を降ろして交流できる人はほとんどいません)
 
「これは本当にすごい方なんだ」
 
と感動したのを覚えています。
 
すれ違いざまにその女性が「ありがとうね」と言って通り過ぎていかれました。
 
その後最後の拝所サングーイでのご祈祷が終わると、 
 
「この下の家にいるからお茶を飲みにいらっしゃい」
 
と誘ってくださいました。
 
図々しくも、寄らせていただくと、
 
海を見下ろす絶景が広がる高台のお家。
 
その家のご主人のご病気のための拝みを先生にお願いしたとのこと。
 
ご主人は「この方は、沖縄の人でもなかなか会うことができないすごい方なんだよ」
 
と年配の女性をご紹介くださると、
 
帰る際にその方が、「いつか勉強にいらっしゃい」と連絡先をくださいました。
 
それから時が経ち2013年
 
私のところに来ていた若い鍼灸師が「沖縄の言霊を使って治療をしたい」
 
というので、
 
「沖縄は圧倒的にアストラルが優勢であり、
 
古くから伝わる伝統の中にある沖縄の言葉を扱うことは非常に難しい」
 
と話しました。
 
アストラルの優勢の土地に古くから伝わる伝統は、
 
伝統を紡ぐものがその地を離れる事すら許さない強さがあります。
 
また実際に沖縄の神聖な地では、
 
よそ者が近づくだけで、恐ろしいまでにエネルギーを閉ざし、
 
実際に風が吹き始め、木々が閉じて行きます。
 
この光景を、見た事があるものならば、簡単に手出ししようとは思わないはずです。
 
しかし、若者には通じません。
 
その時に、斎場御嶽でアストラルの存在を下ろしていた先生を思い出したのです。
 
そこで、大切にノートに挟んであった連絡先にお電話してみました。
 
「数年前に斎場御嶽でお目にかかったもので、
 
先生からいつかお勉強にいらっしゃいとご連絡先頂いたものです」
 
と申し上げると、
 
電話口に出られた先生は、その時の事を覚えていて下さって、
 
「今どこにいるの?」
 
「東京です。先生、勉強に伺いたいのですが」
 
と申し上げると、
 
「明日とあさっては、旧暦の新年前で珍しく家にいるからいらっしゃい。」
 
先生は二つの御嶽の祭司をなさっているので
 
2日間空いていらっしゃる事はまずないそうです。
 
ここから先生との時間が再び開き始めました。
 
 
 
沖縄の風習やアストラルの存在との交流、
 
神のために24時間生きるというあり方を伺う度に教えていただいています。
 
 
 
沖縄のシャーマニズムの役割の中で、いくつかの言葉を聞くと思います。
 
ユタ(自己申告制の霊能者。能力の差はあるが降ろしている霊は下ろすものの「心」の状態によって様々なので、さして高い霊ではないことがほとんど。沖縄の先生は認めていない)
 
ノロ(琉球王国時代に認定されたその土地を司る役割を担うもの。玉飾りを持っている。霊能力は特にない。武富の御神事の際には先生の後ろにつかれる)
 
ムヌシリ(先生の役割がこのムヌシリ。今では沖縄でもその存在を知るものも少なくなっている。現在先生も他にこの役割の方が何人残っているかわからないそうです。24時間神のため*に仕えその言葉をおろし、土地人々を導くお役割をする人)*この神のついては全体像から追って紐解きます。
 
 
沖縄のシャーマニズムに関しては私は全くの門外漢でありますから、
 
それを語ることはできませんが、
 
世界中の密儀にはステップがあり、
 
それに沿って必要なものが教えられます。
 
そして、それは公のものではなく、
 
伝えられたものは命をかけてもそれを守らねばならないと言われています。
 
また、「謙虚さ」は沖縄の先生からも小用先生からも教えていただいている、
 
何よりも大切なことのように思います。
 
今回教えていただいた「神の手」も、
 
実は「来た人誰にでも教える気軽なものではない」ことをお伝えしなければなりません。
 
星窪御嶽の天の御嶽には最近は先生ですら上がることが少なくなっているようです。
 
初めていらした方は、誰にでも教えてもらえて上がらせてもらえると思ってしまいますが、
 
そうではありません。
 
積み重ねられた年月と関係性の中、
 
前回、金満御嶽で「掛け拳」の奉納をご覧になり、
 
風の流れや空気感が変わったことをご覧になり、
 
「これは『神の手』だね」
 
「心を伝えることができる方々だね」
 
という流れからの今回の伝授です。
 
 
 
Th_img_6034
 
先生が「神の手」を授かった御嶽
今日は力尽きたので、ここまで。
 
次回はエネルギーの全体像からのアストラル領域のお話をさせていただきますね。
 
(オーストラリア前までに終わりますように・・・)
 
 
 

2018年1月26日 (金)

1月のエネルギーの学校

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
1月のクラスは、
 
解剖実習で溜め込んできた仮説を次々と実証することになりました。
 
 
 
 
まずは、
 
自作の横隔膜模型(?)
 
横隔膜の手触りを味わっていただけると思います。
 
これを味わえば、
 
「横隔膜が硬くなっている」
 
「横隔膜に触れてアプローチする手技」
 
ということが机上の空論だということがわかっていただけると思います。
 
実際に解剖に参加してみると、
 
内臓へのアプローチは、
 
エーテル体の手を使ってアプローチする以外あり得ないことがよくわかります。
 
 
 
 
また、今月は特に神経をエーテル体に落とし込み、
 
針を使ったと同じような変化が可能になるのではないかという仮説の実証をしました。
 
一つも身体に触れることなくみるみる変化が出る様子に、
 
興奮を隠すことはできませんでしたし、
 
思わず今月のほとんどをエーテル体に費やしてしまいました。
 
 
 
どこに行っても、
 
「ヒーリング」
 
という言葉を使えば「怪しい」と言われる世の中ですし、
 
そちらに興味がおありになる方々にしても、
 
実際に物質で扱うことのできない、
 
「見えない世界」「瞑想」「マインドフルネス」「ヒーリング」etc
 
を教えたり語ったりしていても、
 
様々な周波数が明確に(いわば水とザラメの手触りほどに違うほど)違うのに、
 
鍋の中にイタリアンと和食と中華の調味料を一緒に料理するがごとくブームに乗って
 
語られているのをみると、
 
力が抜けるのが本音です。
 
(でも これって 私が「柔道と空手の違い」を聞くのと同じ? w)
 
 
 
 
そんな中、私にとってエネルギーの学校の存在は、
 
見えない世界を実際にこの世界に広げ、(絵巻物を開いて見せるように)
 
ただの
 
「愛や慈悲だけではなくしっかりとした自己認識」
 
を積み上げている(はずの)人たちの中で、
 
安心して実証し、
 
クラスに参加するすべての生徒によって、
 
それが実証可能であることを検証していかれる素晴らしい場でもあります。
 
 
 
1月のエネルギーの学校
 
エーテル体解剖学 神経1
 
  仙骨孔 脊椎 顔面へのアプローチ
 
 
 
課題図書の検証
 
自分の核となる硬結を絵にしてくる
 
内なる炎(骨盤内の炎)
 
 
 
Th_img_8211
 
 
 

2018年1月23日 (火)

解剖実習から戻りました

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
みなさま、ごきげんよう。
 
ハワイの解剖実習から戻りました。
 
実習後に発熱しホテルで缶詰になり、
 
また今回も海には足も入れずに帰ってきました。
 
 
 
外なる宇宙に意識を向けることは多かったのですが、
 
内なる宇宙も素晴らしかったです。
 
医療従事者クラスを始めた頃から、
 
解剖実習には行かねばならないと思っていましたが、
 
人体がまさかここまで素晴らしいとは。
 
自らの内側に持ちながらも
 
なぜ思春期にここに興味を持たなかったのか
 
悔やまれました。
 
 
 
 
「私たちは表面の皮一枚で人を評価判断しがちだけれども、
 
その内側には美しく精妙で何一つ無駄のない宝物を等しく持っている」
 
 
 
 
これは、他者にも自分にも言えること。
 
今でこそ、他者の外見にはまるで興味なけれども、
 
自分の外見にはまだ少々未練が残ります。
 
(体重は計らないけれど)
 
若い頃なんて、
 
「いかに他者から評価を得られる容姿になるか」
 
それしか興味がなかったかも、
 
と言っても過言ではなかったかもしれません。
 
 
 
もしも、思春期に解剖実習していたら、
 
皮一枚にこだわることがバカバカしく、
 
その下にある考えられないくらい精妙で、
 
女の子の敵である脂肪ですら機能的で愛すべきものであることがわかっただろうに。
 
そして、
 
ボーイフレンドを選ぶ基準も、
 
もっと早くから外見で選ぶことを辞めていただろうに・・・
 
(今は発するエネルギーにしか興味なし)
 
実習室でご献体の皮膚を切り開いていくときに、まず考えたこと。
 
他の先生方が ご自分の専門の部位に集中していらっしゃる傍でね😊
 
(私以外は全員「○○先生」ここでも私はいつもの「あの変わり者は誰だ?」状態)
 
 
今日からのクラスでは、
 
持ってきた材料がエネルギーの世界でどのようにお料理できるか、
 
実験実証して、
 
また、こちらでもお話ししたいと思います。
 
 
 
ヒマラヤブログも途中で止まってますが、
 
あまりにぶっ飛んだ内容なので、
 
もう少々煮詰まってから。。。
 
 
ではでは、雪に気をつけて!
 
 
 
 
 

2018年1月12日 (金)

ドナテッロのマグダラのマリア

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
もう一つ私の心を掴んで離さなかったのは、
 
ドナテッロのマグダラのマリア
 
Th_img_8046
 
 
Th_img_8067
 
 
Th_img_8059
 
 
Th_img_8061
 
 
Th_img_8063
 
 
肉体の状態の周波数で交流しようとすれば弾き飛ばされるようなパワー。
 
どの周波数だと交流できるのか試してみる。
 
横隔膜以下では難しく、
 
個を失くして初めて感じあえる。
 
そして、彼女の「強さ」が自分の中にも眠っているということを気づかせてくれた。
 
今回どのくらい時を過ごしただろう。
 
マグダラのマリアの作品はたくさんみてきたけれど、
 
やはりドナテッロは他の追随を許さない。
 
当時あまりなショッキングな作品に批判が多い中、
 
小さなロレンツォが
 
「見たんだね」
 
とささやいた逸話が真実性を帯びてくるように思える。
 
 
 
 
サンボームの洞窟での晩年のマグダラのマリアです。
 
この状態のマリアがルネッサンスに生まれたことで、
 
南フランスからの流れがさらに感じられます。
 
 
 
 
 
さて、今日からハワイに行ってきます。
 
 

2018年1月11日 (木)

たまゆらの奇跡

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
 

フィレンツェから戻りました。
 
この時期相変わらず空いているので、
 
たっぷりとエネルギーを味わうことができました。
 
何と言っても朝の散歩は素晴らしく、
 
まだ、月の残る暗闇(7時くらいだけれど)にホテルを出て
 
ウフィッツイやガリレオ博物館の前を通って
 
ベッキオ橋に向かいます。
 
 
ウフィッツイの間の月
 
Th_img_8107
 
ガリレオ博物館前
 
Th_img_7927
 
ドゥオーモの上の月
 
Th_img_7897
 
そして、
 
Th_img_7909
 
Th_img_7926
 
Th_img_7933
 
Th_img_7936
 
Th_img_7952
 
 
 
次の日は、
 
Th_img_7981
 
 
Th_img_7988
 
この美しい一瞬は2度と戻らず。
 
たまゆらの美しさの積み重ねがこの世を作っているのですね。
 
芸術家はこれを作品に残し、
 
その手段を持たない私はiphoneで残します。
 
万葉の世に私が生まれていたのなら、
 
私はこの溢れるほどの素材を
 
迷うことなく歌に綴りたいと思ったことでしょう。
 
うつろう流れの美しさを大切にする一年にします。
 
 
 

2018年1月 6日 (土)

香と詩集とフィレンツェ

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッドheart04(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
#ヒマラヤ #冒険家 #研究家 #アッパームスタン #ガリゴンパ #チベット #バルトトドル #ローマンタン #ネパール #ヒーリング #エネルギーの学校 #blueprint #ヴィンテージライン #ナウリコット #ヒーリングチャクラ7 #Adventurer #瞑想 #tibet #unexploredarea #nepal#distillation in Himalaya #蒸留#精油 #アロマオイル #ハイドロゾル#蒸留水#エーテル体#アストラル体
 
 
 
皆様、どんな初夢をご覧になりましたか?
 
私の今年の初夢は精油に関するものでした。
 
様々な精油を棚から取り出しブレンドしているのです。
 
そこで早速、お正月は「glu oil」作りとシロダーラめぐりをしていました。
 
 
「glu oil」
 
は、ヒマラヤのダウラギリ
 
で作ってもらっている精油をメインにしたブレンドオイルです。
 
これを「内なる炎」のメディテーションで使うのですが、
 
あまりにウットリする香りと周波数なので
 
その香りをまといながら時を過ごしたくて、
 
パフュームとしても使ってしまっています。
 
良質な香りの中にいると自然に詩的な世界が開かれますよね。
 
これは、実際に肉体のレベルから 香りによって
 
さらに上の周波数が開かれて行くからではないかと推察しています。
 
 
ブレンドすると言っても 
 
私ではなく全て上のブレンドなのです。
 
ヒーリングチャクラ7にしてもクリアにしても、
 
glu oil にしても、
 
使い道は様々なのですが、
 
全て目隠しでブレンドしても出来上がったものは、
 
驚くほどに絶妙な香りなのです。
 
 
 
シロダーラは、
 
日本ではなんとオイルを使わないシロダーラもあるのですが、
 
(これって常識ですか?)
 
試してみましたが、私はオイル派。
 
上質の施術ですと、
 
肉体よりもエネルギー体の周波数が有利になり、
 
その心地よさたるや筆舌に尽くせぬものになります。
 
誰か、そのオイルにglu oilを垂らしたもので施術してくださらないでしょうか。
 
 
 
さて、そうした香りとオイルの滑らかさに包まれながら始まった一年です。
 
 
 
「君かへす朝の敷石さくさくと
 
雪よ林檎の香のごとくふれ」 北原白秋
 
 
良質な香りの中にいると良質な歌集に手が伸びます。
 
香りによって素敵な連鎖が開いて行くのです。
 
香りも詩もエネルギーも
 
「間」の中に宝物が隠れています。
 
今年も「間」をさらに大切に感じていく一年にしましょう。
 
 
 
花の女神の街フィレンツェではどんな香りに出会えるのか、
 
歌集と glu oil を持ってワクワクしながら行ってきます!
 
 
Th_img_8842
 
 
 
 

«2017/10ヒマラヤ 内なる炎 16